みんな私に恋をするのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > みんな私に恋をする
 > (レビュー・クチコミ)

みんな私に恋をする

[ミンナワタシニコイヲスル]
WHEN IN ROME
2010年【米】 上映時間:91分
平均点:5.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ラブストーリーコメディ
新規登録(2013-12-05)【HRM36】さん
タイトル情報更新(2018-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・スティーヴン・ジョンソン
キャストクリステン・ベル(女優)べス
ジョシュ・デュアメル(男優)ニック
ウィル・アーネット(男優)
ジョン・ヘダー(男優)
ダックス・シェパード(男優)
ダニー・デヴィート(男優)
アンジェリカ・ヒューストン(女優)
アレクシス・ジーナ(女優)
豊口めぐみ(日本語吹き替え版)
森川智之(日本語吹き替え版)
高宮俊介(日本語吹き替え版)
福田信昭(日本語吹き替え版)
塩田朋子(日本語吹き替え版)
楠大典(日本語吹き替え版)
川島得愛(日本語吹き替え版)
音楽クリストファー・ヤング
デイヴ・ジョーダン(音楽監修)
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
製作ゲイリー・フォスター[製作]
マーク・スティーヴン・ジョンソン
美術カーク・M・ペトルッチェリ(プロダクション・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》  大好きな俳優のダックス・シェパードとジョン・ヘダーの共演作という事で、これはチェックしておかねばと手に取った一本。

 いざ観賞してみると、二人以外にも見知った顔が色々と出演しており、嬉しかったですね。
 好きな俳優さん達が、撃たれたり殺されたりする心配も無く、平和なラブコメ映画の中で楽しそうに笑っているのだから、それだけでも、ある程度は満足。
 軽快な音楽に「画面の切り替え」によるギャグ演出なども上手く決まっており、誰が見ても最低限の満足度は得られるタイプの映画じゃないかな、と思いました。

 魔法によってヒロインに恋する五人組の中で、ルックスでは一番見劣りする中年禿げ親父が、中身は意外と男前というギャップも面白い。
 ジョン・ヘダー演じる奇人変人マジシャンも、間違いなく一番オイシイ役どころでしたね。
 彼だけが唯一特定の相手が見つからなかった為(=禿げ親父はヒロインの上司と、モデルと画家はそれぞれ同性で結ばれる事が示唆されている)ちょっと可哀想だったけど、自分としては「ハートを投げたお嬢さん」辺りと、ちゃっかり後日談で結ばれているのを期待したいです。

 小さな車で渋滞をすり抜けていくシーンも、小気味良い快感がありましたし、マジックでドアを開けてみせる件なんかは「嘘っ!?」と声が漏れちゃうくらいの意外性があって、かなり好き。
 魔法が解けて、四人の男達がヒロインに別れを告げる際に、恨み言は口にせず「コインのお蔭で、恋が出来て良かった」と満足気な様子だったのも、凄く良かったです。
 ヒロインのせいで色々迷惑を被った形な訳だから、ちょっと女性に都合が良過ぎると感じないでもないけれど、ここは「失恋した男の恰好良さ」みたいなのも感じられるし、良い落としどころだったんじゃないかと。
 ラストに皆で集まり、楽しく踊ってハッピーエンドというのも、気持ち良い終わり方でしたね。

 で、不満点としては……彼氏を運命の相手と感じたキッカケが「借金を調べる間もない」という台詞なのは、ちょっと浪漫に欠けるかな、という事。
 それと、個性豊かな男性陣が、それぞれペアルックやら壁画やらでアピールする様が破天荒で面白かっただけに、本命の彼氏との恋が育まれていくパートは、真面目で地味で、観ていて面白くなかったとか、その辺りが挙げられるでしょうか。
 結果的に、映画の中では一番つまんなくて魅力に欠ける男をヒロインが選んだように思え、どうも二人の仲を祝福する気になれなかったんですよね。

 かなり早い段階で(あぁ、この男と結ばれるんだな)と分かる作りになっている為、五人いる男性陣の中で、ヒロインは誰を選ぶのかってドキドキが全く無いのも、ちょっと勿体無い。
 ポーカー云々の台詞により、チップのコインの持ち主が神父である事は大体分かるように出来ていると思うし、結婚式でも神父の言動が怪し過ぎるしで、その辺りの種明かしの仕方も下手だった気がします。
 (いや、神父のコインなんだろ? もう分かってるよ……)と、観ていてじれったくなるし、最後の最後で「助手のフアン」が出てきて終わりというのも(だから何?)と思えちゃうしで、オチが弱い印象です。

 後、これは自分がダックス・シェパード好きだからこそ気になる部分かも知れませんが、五人組の中で、彼が演じるモデルの扱いだけが極端に悪いというのも、如何なものかと。
 他の面々は「移動する事を提案」「車を運転」「ドアを開いてみせる」と、クライマックスで活躍しているのに、彼だけ活躍しておらず、別にいなくても良かった形になっているんですよね。
 「モデルやるくらいルックスが良くても、どれだけ筋肉を鍛えていても、恋愛では何の役にも立たない」というメッセージなのかも知れませんが、ちょっと受け入れ難いです。
 ヒロインからも「あなたとの別れは楽」なんて言われちゃうしで、流石に可哀想。
 そんな彼が、実生活では主演のクリスティン・ベルとラブラブであるという現実とのギャップを踏まえたギャグなのかも知れませんが、映画の中は映画の中で、きちんと彼にも見せ場を与えて欲しかったところです。


 ……それと、これは完全に余談になってしまうのですが、現段階で投稿されているレビュワーが、日頃から(この人のレビューは面白い)と認識し、すっかり名前を憶えている二人であるという偶然にも、ちょっと吃驚。
 贔屓の俳優さん達が出演している事も併せ、映画のクオリティ以上に忘れ難い、印象深い一品になりそうです。
ゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2018-01-26 11:12:41)(良:2票)
2.前歯に青海苔 これはイタイ。(。>д<)
どんなに着飾った綺麗なオネーさんであってもこれにはドン引き。
笑えたというよりもホント心が萎えてしまった。・・ ・
でも そんなところを除いたならば、無難に楽しく見れてしまう 確実にファンタジックコメディなミラクルラブストーリー。でも、べス役のクリステン・ベルは 前髪が命の女優さんじゃないかと思う。前髪あったら素敵なんだが(お付き合いなどしてみたいんだが)、髪をアップにしてるとどうも色気が足らぬ。(さっきの取り消し。お付き合いはヤメとこうかしら、)などまあヒロインの容姿について好き勝手にナンダカンダと言ってはしまいましたが、仕方がないじゃないか ヒロインについて語ってナンボのラブストなんだから。でもまあ当然、今後のご活躍を願ってはいますよ 頑張ってくださいネとでも言いたい。ところでそれはそうと男子のほう、彼氏はなかなか素敵だった 同姓のこんなオッサン目線から見てみても憎めないほど素敵な色オトコ君だと思ってしまった 背が高くて笑顔が素敵。ぶっ飛ばすぞ このやろ的素敵。 以上。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-12-22 12:40:45)(笑:1票)
1.ジョン・ヘダーが出ているというので見ましたが、あまり特徴がなかったかも。そこそこ、どたばたあり・笑いありの、ラブコメでした。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-12-17 11:45:12)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5266.67%
6133.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS