Menu
 >
 >
 > REDリターンズ

REDリターンズ

RED 2
2013年【米】 上映時間:117分
平均点: / 10(Review 29人) (点数分布表示)
アクションコメディシリーズもの犯罪もの
[レッドリターンズ]
新規登録(2013-12-05)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2017-08-05)【+】さん
公開開始日(2013-11-30
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ディーン・パリソット
演出チャド・スタエルスキ(スタント・コーディネーター:追加撮影)
キャストブルース・ウィリス(男優)フランク・モーゼス
ジョン・マルコヴィッチ(男優)マーヴィン・ボックス
アンソニー・ホプキンス(男優)エドワード・ベイリー
イ・ビョンホン(男優)ハン・チョバイ
ヘレン・ミレン(女優)ヴィクトリア
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(女優)カーチャ・ペトロヴィッチ
メアリー=ルイーズ・パーカー(女優)サラ・ロス
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)イヴァン・シモノフ
ニール・マクドノー(男優)ジャック・ゴードン
スティーヴン・バーコフ(男優)コッブ
デヴィッド・シューリス(男優)カエル
ティム・ピゴット=スミス(男優)フィリップス長官
磯部勉フランク・モーゼス(日本語吹き替え版)
山像かおりサラ・ロス(日本語吹き替え版)
樋浦勉マーヴィン・ボックス(日本語吹き替え版)
沢田敏子ヴィクトリア(日本語吹き替え版)
石田太郎イヴァン・シモノフ(日本語吹き替え版)
勝部演之エドワード・ベイリー(日本語吹き替え版)
安原義人カエル(日本語吹き替え版)
阪口周平ハン・チョバイ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ジャック・ゴードン(日本語吹き替え版)
深見梨加カーチャ・ペトロヴィッチ(日本語吹き替え版)
津田英三デイヴィス(日本語吹き替え版)
梅津秀行フィリップス長官(日本語吹き替え版)
水野龍司マッケノン(日本語吹き替え版)
音楽アラン・シルヴェストリ
編曲アラン・シルヴェストリ
挿入曲リンキン・パーク"Given Up"
撮影エンリケ・シャディアック
ピーター・メンジース・Jr(追加撮影監督)
製作マーク・ヴァーラディアン
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術ジム・クレイ〔美術〕(プロダクション・デザイン)
アンドリュー・アックランド=スノウ(美術監督)
ドミニク・マスターズ(美術監督スーパーバイザー)
衣装ベアトリス・パッツアー
編集ドン・ジマーマン
録音グレッグ・ランデイカー
スティーヴ・マスロウ
スタントラウロ・チャートランド
その他アラン・シルヴェストリ(指揮)
あらすじ
元凄腕CIAエージェントのフランク。恋人サラと平穏な日々を送っていた彼は、ある日、かつての同僚マーヴィンから新たな仕事への協力を依頼される。殺伐とした日々への逆戻りを嫌うフランクだったが、あれよあれよと巻き込まれ、結局はリーダーシップを取ることに。そして、テロリストが手に入れた究極の核爆弾製造技術を巡り、熾烈な戦いが繰りひろげられるのだった。 ブルース・ウィリスを始めとする豪華ハリウッドスターたちによるアクション・エンターテインメント「RED」の続編。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.もう、ボーグナインを登場させるなんていうウルトラCも無いんだけど、登場人物それぞれいい味出してて(イ・ビョンホンもしっかりと変な髪型で)、1作目とは無関係に楽しめる作品になってます。コミックのヒトコマっぽい絵が随所で挿入されるのからも感じられるように、コレ、要するにマンガのノリですね。後半、ちょっと飛ばし過ぎな感じで、もうちょっと丁寧な描写があってもよいのに、とか思っちゃうんですけれど、それでも敢えて、どこまでも突っ走っていく。
こういうのが、シリーズを長持ちさせるコツかも知れませぬ、皆さん元気なうちに、できればもう一本。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 7点(2017-07-17 12:48:08)
28.なんかストーリーはよくわかんないんだけど(まあ、わからなくてもいい)それなりに楽しめる。サラ役の女優がもうちょっと魅力的だったら良かったのにと思う。若くもなく可愛くもなくナイスバディでもない。それにしても頭脳明晰で狂気じみた役をやらせたらアンソニーホプキンスの右に出る者はいないね。彼がこの映画のいいアクセントになっていた。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 6点(2017-02-19 22:56:08)
27.《ネタバレ》 このシリーズ、ストーリーがイマイチわかりづらいしスカッとしない。今作ではそれに加えて、敵が味方になったり裏切ったりと、ストーリーが余計ゴチャゴチャに。
前作では空港でのシーンが印象的だったけど、今作ではそれに匹敵するようなシーンも特にない。2匹目のドジョウは取れなかったし3匹目のドジョウはいない。
たろささん [地上波(字幕)] 4点(2017-01-30 00:11:02)
26.《ネタバレ》 前作に引き続きコメディ要素が入った老人アクション映画
前作に比べると老人感が減ってます。

登場人物全員がそれぞれ持ち味があり、さすがだなーって思えます。

前作もおもしろかったので、結構期待して観ましたが裏切られない程にはおもしろかった。
みんな結構なお年にも関わらず魅せるところはみせてくれるし、年だからこそ笑えるところ等見どころはいっぱい

娯楽映画としては普通に面白かったと思います。
メメント66さん [DVD(字幕)] 6点(2017-01-06 02:59:06)
25.《ネタバレ》 続編なんだけど、1の方が年寄りが頑張っているというシュールな面白さがあったけど、今回は真っ当なアクション大作風になった。今回は老人感あまりなかったし。アンソニーホプキンスはこれもセルフパロディっていうことかな、レクター博士ぽくてとってもはまっていた。最後の結末は大味すぎてちょっと拍子抜け。十分楽しめた。今作は大味だったし、1の方が挑戦作ぽくて評価できたけど、でもエンターテイメントとしてはこっちのが上かもしれない。
タッチッチさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-10-14 17:30:32)
24.またまた、殺し屋高齢者合コン映画の続編。
ヒロインが前回にも増して、プッツン行動で笑わせてくれます。
美人というわけでもなく、若くも無いのに、可愛いし可笑しい。
イ・ビョンホンが、怒りで爆発寸前で堪えてるのも可笑しい。
もう登場人物がどいつもこいつも、世間とズレていて変です。
この変な連中が、結果として世の中のために決死の活躍をするという
歳寄り向けのファンタジーとして、よく出来ています。
いいぞ、もっとやれ! です
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-04 22:36:55)
23.《ネタバレ》 同じアメコミ原作物でも『キックアス』の続編が妙に真面目になっていて正直つまらなかったので全然期待しないで観たんですが、どうして、このキレキレぶりは自分としては前作を凌ぐ面白さだったと思います。劇中にいろいろな過去作のセンスの良いパロディが盛り込まれているところもツボで、カーチェイスのシーンでのジェイソン・ボーン・シリーズのパロディにはニヤリとしてしまいました。嬉しいのは前作を凌ぐヘレン・ミレンのはっちゃけぶりで、彼女この映画の中でまったく笑顔を見せないポーカーフェイスで押し通しているのに痛烈なコメディ演技が成立しているところがまた凄い。まるでバスター・キートみたい、さすが英国が誇る大女優です。またそれに負けないのがマルコビッチの怪演ぶりで、もうこうなるとブルース・ウィリスの影が薄いですね。アンソニー・ホプキンスも、あの当たり役をの高度にパロった様なキャラを嬉々として演じているのがまた愉しいところです。 こうなると次作も期待してしまいます。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-12-13 22:09:46)
22.1作目と比べるとメインであるはずのじじばば要素が減って代わりに韓国と若手要素が増えて、また隙やミスが多い。

面白かったけど個人的には1作目のほうが良かった
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 6点(2015-05-17 23:52:06)
21.個人的には1の方が好きだったなぁ。でも相変わらずのヘレン・ミレンのキャラのカッコ良さには満足。そしてアンソニー・ホプキンスの博士役、超頭脳と殺傷の迷いの無さははハンニバルを彷彿(笑)。余った時間を潰すには最適な軽快アクションシリーズ。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-03-09 14:20:49)
20.《ネタバレ》 「最近の若い奴らが観るような映画は、なんや言うたらCG?みたいな小細工に頼り、内容の方もとても大人の鑑賞に耐えられへんような荒唐無稽のコミックヒーローみたいなモンばかり…。それに比べて、昔のアクション映画は良かった。確かにCGちゅうもんに比べたら画がショボイって言われるかも知れへんけど、そこには人間味溢れる温かみみたいなモンがあった。それにストーリーだって、なんやダークナイトや言うて暗い小難しい話ばっか創りよってからに…。それに引き換え、昔のアクション映画には夢あり笑いあり涙あり、そしてほんのちょっとお色気もあり(ムフフ♪)でほんま楽しかったのう…」という、定年後のおじいちゃんたちをメインターゲットに、往年の豪華俳優陣をそろえ、古き良きアクション映画を堪能させてもらえるエンタメ映画としてそこそこ面白かった作品の続編。こういう頭空っぽにして観られる薄味娯楽映画って、確かに面白いのだけど、当然ながらその内容をすぐに忘れちゃうのが短所なのよねー。という訳で、前作の内容はほとんど憶えていない状態で今回鑑賞してみたのだけど、そういう作品の長所は「ストーリーなんてあってもなくても別段問題ナシ」なので、全く問題なかったです(笑)。ま、頭空っぽにして観るべき薄味エンタメ映画なので明日には速攻で忘れちゃいそうな内容でしたけど、今回も頭空っぽにしてぼちぼち楽しめました。何より、大御所俳優たちが「まだまだ若い奴らに映画界を任せておれん!」とばかりに存分に楽しんで演じているだろうことが画面の端々から伝わってきて素直に良かった!これから超高齢化社会を迎える日本の爺さんたちには、こういう映画を観てまだまだ現役で頑張ってもらいたいものです。そしたら、メアリー=ルイーズ・パーカーみたいな若くてピチピチした可愛いおねーちゃんがチューしてくれるかもよ?!なーんちって(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2015-01-31 22:42:19)
19.《ネタバレ》 イ・ビョンホンがブルースウィリスの仲間になってと前にどこかで観たような映画の展開になってました。相変わらず頭をからっぽにして観るには非常に良い映画でした。
とむさん [DVD(吹替)] 5点(2014-10-09 23:40:33)
18.《ネタバレ》 1作目のヒットを受けて作った2作目なのだろうが、1作目の良さがほとんどスポイルされてしまっていた。引退したスパイたちが若者を出し抜く痛快さは冒頭だけ。イ・ビョンホンやキャサリン・ゼタ=ジョーンズを入れたことで平均年齢は若くなって「引退した」という設定がどこかに行ってしまった。それぞれのキャラも立っておらず、ジョン・マルコヴィッチはまともだし、ブルース・ウィリスはヘマばかり。これでは全然面白くない。唖然としたのはメアリー=ルイーズ・パーカー。ど素人な彼女は、キャーキャー怖がっていてこそ場を和ませる役割なのに、一緒に活躍してしまっては存在価値はないでしょうに。1作目が何も考えずに楽しめただけに、残念感が半端なかった。
EOSさん [DVD(吹替)] 3点(2014-09-17 00:04:37)
17.1作目を観ている必要はほぼ感じられない作品。観てなくても十分楽しめます。必要なのは考えないこと。重厚なストーリーや人間ドラマの喜怒哀楽は期待しないこと。これはあくまでもエンターテインメントです。それぞれのキャストのファンならば尚更に楽しめること間違いなし。小ネタも効いるし、楽しいひと時を過ごせますよ。でも、観ているそばから内容を忘れていく…。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-15 11:18:53)
16.《ネタバレ》 1作目は記憶にないので、期待はずれだったのでしょう。2作目はキャストがすごく豪華で楽しめました。中でも、ヘレン・ミレンの最強さがケタ外れでカッコイイ。さらに、A・ホプキンスも単なる偏屈博士で終わりかと思ったら、悪役の本領発揮で見ごたえあり。マルコヴィッチの安定感もいいですね。短い出番ながら、D・シューリスやB・コックスのネチッこさも存在感あります。ヒロイン度がアップのM・R・パーカーも輝いている! この俳優陣の中では、B・ウィリスの存在感はとても薄く感じてしまいました。ラストも活躍したようで、アクションでなく機転でシメているのがなんかせこい。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 6点(2014-07-03 20:09:14)
15.ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、アンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ等豪華キャストでかつ、それぞれの出演作へのオマージュがあり、気軽に見るには良い映画だと思います。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-22 00:42:12)
14.《ネタバレ》 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ老けたなぁ、、、(笑)いやそれはともかく、ストーリーはもの凄くペランペランです。でもそういう映画じゃないんでしょうね。それよりも、この豪華役者陣たちの楽しんだ演技を見てくださいな、と。彼らのこれまでの役柄を生かした、ある種セルフパロディ的な役回り。アンソニーホプキンスの悪役も悪くなかったですね。アクションが全体的に平凡だったのが難点。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-06-13 23:18:05)
13.あらかじめ分かっているが豪華出演陣。でもちょっとくどすぎませんか?
kaaazさん [インターネット(字幕)] 6点(2014-05-17 22:08:20)
12.大ヒットした前作は、個人的には“消化不良”だった部分が多く、分かりやす過ぎる程に魅力的なコンテンツに反して、不評を禁じ得なかった。
そもそもグラフィックノベルが原作なのだから、現実味なんて微塵も意識せずに、もっと“マンガ的”に最後の最後まで突っ走れば良いのに……と惜しんだことをよく覚えている。

そんなわけで、それほど期待もしていなかった続編だったが、この想定外の面白さは、劇場で観なかったことを後悔させる程だ。
前作で感じた消化不良感を見事に解消してくれていることが嬉しい。
アクションシーンも、コメディシーンも、この映画のコンテンツに相応しく振り切れていて、本来見たかった“娯楽性”をしっかりと見せてくれている。

ストーリー自体は、前作と同様に、“取って付けた”という表現が相応しいほどに薄っぺらい。
ただし、この映画に関しては、ストーリーなんて正直どうでもいいと思える。“それっぽい”展開をその場しのぎの説得力だけで繰り広げてくれれば充分だ。
何故ならば、このコンテンツは、それを補って余りあるキャストの魅力で支えられているからだ。

ブルース・ウィリス&ジョン・マルコヴィッチのハゲ親父コンビの安定感と存在感は抜群。
ヘレン・ミレンのガンアクションは相変わらず“ズル過ぎる”し、この大女優にあの“女王”ネタをヤらせるのは、更に“反則”だ。
キャリン・ゼタ=ジョーンズ姐さんのロシア将校には萌えずにはいられない。(彼女の顛末は大いに不満だが……)
そして、アンソニー・ホプキンスに最凶のマッドサイエンティストを演じさせるという、これまた反則的に間違いない恐怖感。
そりゃあ面白くなるに決まっている。

でも、今作の娯楽性を高めたハイライトは、そんな豪華絢爛なキャスト陣をある意味従えて強く印象づけた“ヒロイン”の存在感だ。
前作に引き続きメアリー=ルイーズ・パーカー演じるこの“地味”なヒロインが見せる想定外のハジけっぷりこそが、今作の最大の娯楽性であったと思う。

前作の素地があったからこそ深まったこの続編の面白さだと思うが、一気にこのシリーズのキャラクターたちを好きになってしまったことは嬉しい誤算だ。
きっとこの愛着はシリーズが続く程深まる類いのものだろう。ブルース・ウィリスをはじめまだまだしぶとそうな爺さま、婆さまたちの続投を期待したい。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 8点(2014-05-10 01:21:24)(良:1票)
11.《ネタバレ》 前作の良かった所が鳴りを潜めた 前作フリークスぽいジョン・マルコヴィッチはいたってまともになっている 病気が治ったのか(笑) しかしそれでも今回の登場人物の中では魅力的なキャラだ この辺が今作の問題だと思う 前作よりもキャラが振り切れて無い クールばぁさんのヴィクトリアも前回ほど活躍しない 予告編で一番良い所を見せるのは流行なのか 予告編以上のアクションは無かった ヴィクトリアの一番良い所は予告編でやってた ヒロインもイタすぎる、おばさんが飛び跳ねるのを見るのは気持ちが悪い 冒頭に手錠をかけられたブルース・ウィリスが、突入してきた連邦捜査官達を一蹴するあたりが一番よかった 今回、ロートルじじいチームが桁外れに強いシーンがほとんど無い そこがほんとに不満 若い仲間も増えて、「引退した伝説の凄腕エージェント集合」感が薄れたのがつまんなくなった一番の理由だと思う オチも判り安すぎる しかも爆弾が爆発した後で空のケースを見せられてもくどいだけだろう 誰もがすでに爆弾が飛行機に有ると思ったはずだ ならば爆発する前に空のケースを見せる演出ならば、やっぱり爆弾は飛行機の中なんだって思ったのに まぁそれでもあのオチ以外ありえないのでカタルシスも何も無いけど このオーディエンスを舐めた不可解なオチは結構腹立たしい
にょろぞうさん [映画館(字幕)] 6点(2014-02-24 16:13:10)
10.それぞれの俳優のキャリアをパロディ的に活かすあたり、
『ギャラクシー・クエスト』の監督らしい味だ。
ロケーションのスケールを広げつつも、テンポは軽快であり、
続投組も新規キャラクターも見せ場を与えられ、そのバランスも申し分ない。
新規組では、イ・ビョンホンがアクティブな魅力と色気を放っている。

前作の『ガントレット』シーンを今回担うのは彼だ。

逆に続投組ではヘレン・ミレンら女性陣が光る。
ポーカーフェイスで大見栄を切る彼女の射撃アクションも前作を継承して爽快である。

カーアクションで滑稽に弾けつつも、一方では堅気の健気さを覗かせる
メアリー=ルイーズ・パーカーはその絶妙なバランスで今回キャラクターが
豊かに膨らんだ。
彼女がラストにサンバを踊りながら見せる陽気な笑顔がいい。




ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2014-01-05 21:42:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 6.31点
000.00%
100.00%
200.00%
313.45%
426.90%
526.90%
61137.93%
7931.03%
8310.34%
913.45%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 2.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS