ビフォア・ミッドナイトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ビフォア・ミッドナイト
 > (レビュー・クチコミ)

ビフォア・ミッドナイト

[ビフォアミッドナイト]
Before Midnight
2013年【米・ギリシア】 上映時間:108分
平均点:7.44 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-01-18)
ドラマコメディシリーズものロマンス
新規登録(2013-12-22)【Carrot Rope】さん
タイトル情報更新(2019-07-01)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・リンクレイター
キャストイーサン・ホーク(男優)ジェシー
ジュリー・デルピー(女優)セリーヌ
シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック(男優)ハンク
ウォルター・ラサリー(男優)パトリック
宮本充ジェシー(日本語吹替版)
岡本麻弥セリーヌ(日本語吹替版)
脚本リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク
ジュリー・デルピー
配給アルバトロス
字幕翻訳松浦美奈
その他ニューセレクト(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 さらにまた9年が経過。何とあの二人は、夫婦になって、双子の子どもまで授かっていた。
予告編を見た瞬間から、思わず目元が緩んでしまう。

だが本作は甘い展開がほとんどなく、苦み全開。中年夫婦の危機がこれでもかというほど執拗に描かれる。
まさかセリーヌの垂れた乳を見ることになるとは…、そしてそれを見てもまったく興奮しない自分がいる(笑)
二人が繰り広げる大口論と、その前後の所作のやけに生々しくて嫌なリアリティに惹きつけられた。

散々口論して疲れ果て、あの二人の間にも愛はなくなったのか? 子育て、仕事という生活を前にしては、輝いた記憶も愛も擦り減ってしまうのかと思いきや、最後はどうにかこうにかあの頃の記憶を復活させて、二人は仲直りする。
タイムマシンのくだりを最初きいているときのセリーヌの白けた表情のリアリティもまた良い。最後の最後でジェシーを許す表情も。
また9年後の彼らが見たい。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2019-01-08 13:10:43)
15.《ネタバレ》 大人から親へ。

「サンセット」の続編だが前二作とはかなり違う部分が多い。海に出るように開放的だ。

前は街に既にいた、今度は旅の始まりからすべてが始まる。
歩く二人、前作と違って今度はちゃんと出て映されるものと映されないもの、、やはり喋って喋って喋りまくり、空港、抱擁、彼女に語ったことが大体合ってたことが解る。

別れ、車で待つもの、海沿いの道、後ろに乗るものが誰なのか、彼女と彼の関係はどうなったのか気になる。
動き続ける車で回り続ける舌、娘、車内でじゃれ合う、写真、食う、盗品を渡した上に黙認、やはり会話だけで過去が語られる。

くっちゃべる二人の挙動を楽しむ姿勢は貫かれる、そこに車に揺られるものの挙動が背景として加わる、喋り方の真似、やつれた男と少しふっくらした気がする女、久々に二人に話しかける存在、尻にタッチするのは将軍に「了解」の合図、店、子供たちとサッカー、海辺。

二人は別れて様々な人々とも語り合う。会話が途切れるシーンも多い。
腰かけて動きが少ないはずなのにキャメラは動きまわり、会話に参加する人も増える、水着、「波止場」の話は面白かった、時間、かじられるリンゴ、家族どうしのしゃべくり、男が食事中に下品な話をするのは若い二人を刺激するため、、悪態や三文芝居をするのも親しさから。

本作の性に対する踏み込み振りときたらどうだ。さり気なく腰に手をやり胸を揉みしだく。全二作ですら自分の脚にのっけたりくらいだったのに。
それをやっても許される仲ということか。スカート姿や胸が強調されるの母親ではなく異性としてか。

本当にヤギも登場、食卓を去った後は前作を思い出すようにまた二人だけでしゃべり続けながら歩き続ける、映画、ポンペイ、遺体、白黒、50年代、遺跡、蝋燭。
聖人一同「十字斬ったぐらいで許されると思うなよ」

指を舐める、海辺の椅子、沈む夕日は会話と運動を止める、秘密はまだ共有する仲、作家として本にサイン、宿。

前二作でけして映されることのなかった情事が映される。
意外と胸があったのか(ry
どんどんとんでもないことを言い始める二人、拒んだら求め、下着、求めたら拒んだり、ズボン、それが思わぬ口喧嘩にまで発展してしまう。
“弦”、どんどん現実的に生々しく、それとも今までが御伽噺のように綺麗すぎたのか。あんなに離れたがらなかった二人が…。

ドアは終わりを告げるのではなく、休ませずに延長戦をさせるため。
それでもあの場所で待ち続け、あの場所へ行く。向かい合わせが不意に距離を詰め、言葉が途絶えた瞬間、キャメラは静かに去っていく…。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2016-08-26 07:22:36)(良:1票)
14.今年、35歳、結婚7年目、二児の父親。

紛れも無い「18年」という時間の中で、奇跡のように美しい“出会い”と“再会”を経て、ともに人生を歩んできた男女の様を描いた本作を観て、言うまでもなく、身につまされ、“辛辣な時間”を耐え忍んだことは確かだ。
きっと「夫婦」という生き方を経験している殆どすべての男女が、多かれ少なかれ同じような時間を経てきていると思う。
それは、世界中で、日々繰り返されている、あまりにありふれた男女の「現実」だ。

同じ監督が、同じ俳優二人と、物語内と同じ時間経過の中で映し出してきた稀有な映画シリーズの第三作目。
「ウィーンの夜明け」と「パリの夕暮れ」を経て、ついに結ばれた二人の「9年後」。
この奇跡的な三部作を観終えた人の多くは、“時の残酷さ”をひしひしと、いやひりひりと感じることだろう。
それは間違ってはいない。時間はいつだって残酷だ。
主演俳優の顔に刻まれた皺の数と、主演女優の少し垂れた乳房は、そのことをあまりに雄弁に物語っている。

ロマンティックな“夜明け”と“夕暮れ”で結ばれた二人も、時が経ち、子どもが生まれ、世界中のどこにでもいる“普通”の夫婦となった。
そこに映し出されていたのは、見紛うことなき「倦怠期」。
そして、日常の中で密かに孕み、着実に育み続けてきた双方の鬱積が、休暇中のギリシャの地で不意に弾け、二人を失望で埋め尽くしていく。

ああ、あんなにもロマンティックな時間を経てきた二人でも、こういう夫婦像にたどり着いてしまうのか……。

彼らの18年間を追ってきた観客は、彼らと同様に失望に苛まれるかもしれない。
けれど、それと同時に、18年というリアルな時間経てきたからこその「人間味」と、それに伴う人生の「価値」を感じることが出来る。
彼らの大いなる“失望”は、出会って18年、共に人生を歩み始めて9年という「時間」があったからこそ、“辿り着いた”ものだということに気づく。

泥沼の夫婦喧嘩の果てに、彼らはお互いに対して心底失望する。
じゃあ聞くが、9年前に恋が成就しなければ幸せだったのか?そもそも18年前に出会わなければ幸せだったのか?

いや、違う。

はるか昔のときめきも、結ばれ子を授かった多幸感も、セックスの恍惚も物足りなさも、互いに対しての尊敬も失望も、ぜんぶひっくるめて、もはや二人の人生であり、愛の形なのだと思える。
そして、その事実は、たとえもしこの先二人が離別してしまったとて消え去りはしない。

前二作と同様に、本作のラストシーンでも「結論」は映し出されない。
二人の間に生じた問題は何も解決されておらず、溝は最大限に広がったまま、夜は更けていく。
けれど、不思議とそこには“眩さ”を感じることができる。
その眩さの正体が一体何なのか。35歳の僕には明確に説明することができない。
ただ、この二人の18年分を見てきたけれど、この夜更け前の二人が一番好きだ。ということは断言できる。


主演のイーサン・ホークとジュリー・デルピー、そして監督のリチャード・リンクレイターの三者によって織りなされる「会話」が、益々素晴らしい。
前二作と変わらず、他愛なく自然な会話シーンのみによって映画は構成されている。
ただし、リアルな時の重なりとともに、一つ一つのやり取りが、より自然な味わい深さを携えている。
それは時に滑稽で、時に愚かしく、時に恐ろしい。

会話が互いを傷つけ、会話が溝を深めていく。
けれど、遠ざかっていく彼らをつなぎ留めたのもまた会話だった。
これが「台詞」であることが、まったくもって信じられない。


また「9年後」があるのだろうか。
物凄く気になるし、物凄く観たいけれど、いよいよこの先を見ることが怖すぎる気もする。
彼らの心持ちが幸福であれ不幸であれ、そこには“悲しみ”の予感がつきまとうように思う。
それが「時間」というものの宿命だと思うから。
その様を心して観られるように、自分自身が人間として成熟していかなければならないとも思う。


“タイムマシン”でやってきたジェシーが読んだ手紙の通りに、南ペロポネソスの夜が“最高の夜”になるであろうことは、喧嘩とセックスを繰り返す世界中の夫婦が、深く納得するところだろう。
何だかんだで、そういうことが分かるようになる人生は、やっぱり悪くない。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2016-06-26 22:21:44)
13.この会話を聞いて違和感ないのは不思議な感じだ。
言い争いも多いが、気分が悪くなることがない。平和な雰囲気が漂うこのシリーズの最後(?)に相応しい。エンドロールの曲を聞きながら、何となく癒やされる。そして日常に戻ろうと考える。説明が難しいが、そういうちょっとした活力を与えてくれる作品。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-09-20 23:19:56)
12. 流石の安定感。
 延々と続く二人の会話を見ているだけでとても嬉しい気持ちになる。

 前二作ではお互いに対する気持ちを延々と続く会話の中から発見し、結果的に結ばれるという内容だったが、本作では忘れてしまった想いを再発見していくという歳月を感じさせる内容になっている。
 前二作はロマンスやファンタジーを感じさせる内容だが、今作はドキュメンタリーに近い。
 夫婦の理想を見せてくれた。
タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-07-18 01:57:47)
11.「恋人までの距離」「ビフォア・サンセット」の続編とは知らずに鑑賞。
「恋人までの距離」がおもしろくなかったので、知っていれば見なかったのにと後悔。
会話主体で絶え間なくしゃべり続けるのを聞かされるとうんざりしてしまう。
特に二人のまくし立てるような口喧嘩では、ちょっとは黙ってろと不快指数は頂点に達し、早く映画が終わってくれと念じるように…。
言葉以外で訴えかける演出がないと単調。
画変わりもほとんどないので、ラジオドラマを鑑賞しているようだった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 2点(2014-09-09 00:22:57)
10.《ネタバレ》 全2作が好きで期待しすぎたせいか、今作はあまり入り込めませんでした。運命的な出会いをし、多くの困難を乗り越えて結婚したであろう二人の会話が、極めて現実的だったからかも知れません。胸を出したまま電話に出るセリーヌの後ろ姿に、過ぎ去った時間を感じました。それこそ、この映画の狙いでしょうけど・・・
モリーさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-08-16 17:54:29)
9.《ネタバレ》 なんだ、こんな男だったのか・・。前、前々二作のファンだったので、残念です。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2014-07-15 23:16:35)
8.《ネタバレ》 待望の第三作。映画館でみていたらと後悔しています。珍しく他の登場人物が多く、その異なった年代の人々から多種な「愛の形」を引き出していましたが、二人は特有の愛をみせてくれていました。元妻との子と暮らしたい葛藤しつつ双子を見守るジェシーと日々の子育てを格闘と感じつつで本当に双子を愛しているかわからないというセリーヌ。夫婦には「時限爆弾」はいくつも抱えているものですね。またまたよく練られた台詞が今回はさらにリアルさに溢れている。18年前はセリーヌの祖母のお葬式でで二人は約束の再会ができなかったのですが、今回大往生したジェシーの祖母の死に対する二人の感情が私には印象的でした。ところで、監督の悲しい実話ですがご参考になれれば:http://www.slate.com/blogs/browbeat/2013/05/30/before_sunrise_inspiration_before_midnight_is_dedicated_to_amy_lehrhaupt.html
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2014-07-07 10:04:26)
7.《ネタバレ》 この二人の醸す空気がいいんですよね。そしてその二人が夫婦になったら今度はどんな感じなの?とワクワクドキドキでした。そう、ほぼ期待は裏切られてないかな。この二人らしさと、夫婦なら誰もが「ある、ある」と思うであろう苦いクスクスのミックス度が、ほどよい。イーサンも心配してたほど老けてなかったし、二人のかけあいのナチュラルさは健在だし、個人的には満足でした。でも、ラストシーンでの心のほっこり感は、前2作のほうがありますね。それで、マイナス1点です。3作未見の方は、ぜひ「ビフォアサンライズ」からどうぞ。(「恋人までの距離(ディスタンス)」なんていうダサイ邦題になってますから、お気をつけて)
おばちゃんさん [映画館(字幕)] 7点(2014-03-05 10:54:28)(良:1票)
6.《ネタバレ》 ラブコメ会話劇、9年越しの「ビフォア」シリーズ最終章。今作では一緒になっていた男と女が双子の娘を連れてギリシャでバカンス、白昼から夜更けまでクッチャべる。二人以外の人物も登場。終盤は夫婦ゲンカ、怒れるオンナとなだめるオトコという展開になるがオトコのなだめ勝ちでハッピーエンド。9年後に4作目はないのか…。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2014-03-02 00:55:19)(良:1票)
5.この2人を見るたびに、本当にカップルなんじゃないか、と思わせてくれましたが、本作でもその相性の良さは健在です。セリフのテンポがすごく良くて、心地いいんです。ブラック・ユーモアを絡めた2人の掛け合いが、とても楽しめます。この映画を映画館に見にいく人たちは、大半が前作、前々作を見ているでしょう。そんな人たちと一緒に映画館で見ていると、他では味わえないアットホームな雰囲気を感じられました。「ジェシー、セリーヌ、お帰りなさい!」と心の中で思っているはずです。
shoukanさん [映画館(字幕)] 8点(2014-01-31 23:29:58)(良:1票)
4.《ネタバレ》 なんだかね。胸を出したまま電話で話しだすセリーヌ(というよりジュリーデルピー)に脱帽です。女ってあんなものだし、結婚生活ってこんなものだって体全体で表現してくれていました。
前作「ビフォアサンセット」でキスもしないで終わった(まあ、飛行機には乗らなかっただろうなぁとは思っていましたが)2人が結婚して、ジェシーは2人のことを書いた小説のおかげでいっぱしの小説家に一応なっていて、前妻に問題がある分息子には負い目があって、仕事で飛び回っている先で適当に遊んでいて、かたやセリーヌは双子の育児と自分の仕事のことで常に心が沸騰寸前で、こんなはずじゃなかったと思ってもじゃあどんなはずだったのか心もとなくて・・・・。結婚20年の中年女には涙必至の3作目でした。ラスト、迎えに行ったジェシーも、タイムマシン話にのってあげたセリーヌも大人になりましたね。でも、この2人にはいつまでも喧嘩しながら年をとってほしいかな。
showrioさん [映画館(字幕)] 8点(2014-01-30 12:00:46)(良:2票)
3.《ネタバレ》 前作と前々作を見てきた人ならば、あれから9年後の2人に、しかも実際の9年後に再会できるということだけで、もう感涙してしまうわけです。しかし、これまでの作品の実績によりかかるのではなく、あくまでも過去を崩さずに、しかし着実に過去を発展させた結果を存分に提示してくれます。長回しや延々と続く会話の応酬には「相変わらずだなあ・・・」と嬉しくなりつつも、しかしその中で提示される内容、そしてそこから拡がるジェシーとセリーヌそれぞれの「現在」は、まさに95年とも04年とも違う世界を示しています。クライマックスのホテルの一室での20分間の感情のぶつけ合い、しかしただぶつかり合うだけではなくて、アクセルとブレーキとハンドルを双方が目まぐるしく操作しながら行われるぶつかり合いは、何とスリリングなことか!そして最後には、タイトルの意味も分かり、第1作から通じてのタイトルの意味まで分かってしまうという、何とも味わい深い着地です。お見事。
Oliasさん [映画館(字幕)] 8点(2014-01-26 20:29:10)(良:1票)
2.前二作が好きな人の期待を裏切らない作品に仕上がっていました。
前作同様、最後のシーンはもう少し二人の会話を続けて聞きたかった…。
映画館だったので仕方がないのですが、ニヤリとするシーンがあるたびに、両脇に座っていたおじさん(私もおじさんですが…)が「ふふっ」とか「ははっ」とか声を出して笑うので、逆に興ざめして楽しめませんでした。
「他人のふり見て我がふり直せ」、私も他人に迷惑をかけないよう気を付けたいと思いました。
ケーズコレクションさん [映画館(字幕)] 9点(2014-01-19 18:36:45)(良:1票)
1.前作から9年。そのあいだにジェシーとセリーヌのあいだに双子の娘が生まれ、2人の関係も前2作までとはうって変わって「生活感」と「倦怠感」あふれるものに・・・。前作のセリーヌにもちらりと見えたリアリストな部分と、ジェシーのちょっと無神経な部分がそれぞれ加速して、もう2人の会話はひたすらかみ合わない。言わなきゃいいことを言ってしまい、ちょっとした言葉をひきずってしまって、結局悪い方へ悪いほうへと向かってしまう。ロマンティックな設定だった前2作と比べ、今作は恋愛成就の「その後」を、ひたすら痛い会話劇として描いてしまいます。でも、この映画の本領は、トゲがあるセリーヌの言葉やジェシーの無神経な態度の繰り返しのなかにも、恋愛モードによるオーラ抜きで生身の人間として関係をつくっていくさまが積み重ねられている部分。前作もそうでしたが、「会話」中心の構成でも「言葉」だけで伝わるわけではない人間関係というものを描いた映画として、あいかわらずのクオリティです。
ころりさんさん [映画館(字幕なし「原語」)] 8点(2014-01-13 10:49:45)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 7.44点
000.00%
100.00%
216.25%
300.00%
400.00%
500.00%
6212.50%
7425.00%
8531.25%
9318.75%
1016.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.66点 Review3人
4 音楽評価 8.66点 Review3人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
脚色賞リチャード・リンクレイター候補(ノミネート) 
脚色賞イーサン・ホーク候補(ノミネート) 
脚色賞ジュリー・デルピー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2013年 71回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジュリー・デルピー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS