Menu
 >
 >
 > アメリカン・ハッスル

アメリカン・ハッスル

American Hustle
2013年【米】 上映時間:138分
平均点: / 10(Review 32人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス犯罪もの政治もの実話もの
[アメリカンハッスル]
新規登録(2014-01-05)【8bit】さん
タイトル情報更新(2017-08-27)【+】さん
公開開始日(2014-01-31
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・O・ラッセル
キャストクリスチャン・ベール(男優)アーヴィン・ローゼンフェルド
ブラッドリー・クーパー(男優)リッチー・ディマーソ
エイミー・アダムス(女優)シドニー・プロッサー/レディ・イーディス
ジェレミー・レナー(男優)カーマイン・ポリート
ジェニファー・ローレンス〔女優・1990年生〕(女優)ロザリン・ローゼンフェルド
マイケル・ペーニャ(男優)パコ・ヘルナンデス/シーク
ジャック・ヒューストン(男優)ピート・ムセイン
シェー・ウィガム(男優)カール・エルウェイ
アレッサンドロ・ニヴォラ(男優)アンソニー・アマド
アンソニー・ザーブ(男優)ホートン・ミッチェル上院議員
コリーン・キャンプ(女優)ブレンダ
サイード・タグマウイ(男優)
ロバート・デ・ニーロ(男優)ヴィクター・テレジオ(ノンクレジット)
桐本琢也リッチー・ディマーソ(日本語吹替版)
中村千絵シドニー・プロッサー(日本語吹替版)
堀勝之祐ヴィクター・テレジオ(日本語吹替版)
坂詰貴之カーマイン・ポリート(日本語吹替版)
脚本デヴィッド・O・ラッセル
音楽ダニー・エルフマン
挿入曲デューク・エリントン”Jeep's Blues”
ピエロ・ピッチオーニ”La chatte à la Satie”
フランク・シナトラ”The Coffee Song”
エラ・フィッツジェラルド”It's De-Lovely”
トッド・ラングレン”I Saw the Light”
トム・ジョーンズ”Delilah”
エルトン・ジョン”Goodbye Yellow Brick Road”
サンタナ”Evil Ways”
ザ・ビー・ジーズ”How Can You Mend a Broken Heart”
ポール・マッカートニー”Live and Let Die”("ポール・マッカートニー&ウィングス"として)
デヴィッド・ボウイ”The Jean Genie”
レッド・ツェッペリン”Good Times Bad Times”(ノンクレジット)
撮影リヌス・サンドグレン
製作チャールズ・ローヴェン
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮ブラッドリー・クーパー
配給ファントム・フィルム
振付マンディ・ムーア〔振付〕
衣装マイケル・ウィルキンソン
編集ジェイ・キャシディ
アラン・バウムガーテン
あらすじ
1979年、ニュージャージー州アトランティックシティ。詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、パートナーのシドニー(エイミー・アダムス)は、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されるが、司法取引に応じる。偽のアラブの大富豪を餌にした、おとり捜査に協力する事になった二人は、標的のカーマイン市長(ジェレミー・レナー)に接近する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.やっぱりストーリーが弱い。最後も思いの外スカッとしない。俳優の演技合戦を楽しみましょ。
たろささん [インターネット(字幕)] 7点(2017-06-29 16:38:38)
31.《ネタバレ》 絵に描いたような善人の市長を騙す事に心痛めるアーヴィンの詐欺師らしからぬ葛藤が興味深い。詫びを入れに行った際の修羅場は「裏切るくらいなら裏切られるほうがマシだよなぁ」と言った人の事が思い浮かび、司法取引の一端である他人を売って自身の罪をチャラにしてもらう制度の胸糞悪さが際立っていた。特筆すべきはデ・ニーロでワンシーンのみの登場ながら、小賢しい詐欺師どもを瞬時に抜き差しならぬ状況に追い込んだ存在感は流石。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 8点(2017-03-26 01:12:34)
30.クリスチャンベールの役作りと演技は圧巻。
内容も悪くない。見ている時は、まあ引き込まれるのだが、もう一度見ようとは思わない。
そんな映画でした。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2016-09-15 19:32:27)
29.まあ、これだけのキャスティングなんで、達者な役者の皆様の安定した芝居を鑑賞するだけで、140分十分楽しめるのですが。しかし、制作側の方は、その役者陣を使いこなすだけで手一杯だったのか、その上に立つ演出の方向性までは固まっていませんでした。いっそ、もっとコメディチックな部分を強調した方がよかったのでは?
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-05-02 01:50:17)
28.《ネタバレ》 ジェニファーローレンスの演技は良いけど、癖が有りすぎた。
デニーロの登場で映画に緊張感が生まれ、良いアクセントとなっていた。

そこそこ面白い作品だった。
タックスマン4さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-02-09 09:56:48)
27.《ネタバレ》 なかなかおもしろかったよ。本物の詐欺らしく、派手さがないところが良い。少し実話の中の人物に配慮して、エゲツナイ部分は少なくしたようだが、もう少し踏み込んだら深い部分の人間像をもっと描けた様に思う。
cogitoさん [DVD(字幕)] 7点(2015-06-22 20:54:35)
26.C・ベールは体重を20kg増やしたそうだ。イケメンをぶっ壊すハゲ頭にぶよついた身体。CGでなんとかなりそうなご時勢にあっぱれな根性ではある。もっとも私は”太ってない”のに”太っている”と思わせることができるのが巧い役者だと思うが。ま それはいいけど。
イケてないパンチ頭で嬉々として嫌なFBIを演じたB・クーパーもえらいが、一番良かったのはJ・ローレンスかな。なんだかじわっと情念が滲み出るような女優さんですね。
ちょっと話は弱いかなー。詐欺師が主人公なのだから、こちらをも煙に巻く仕掛けが、いかに鮮やかに決まるかが肝だと思うんだけど。その辺の驚きが小さかった。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-06-17 00:29:37)
25.《ネタバレ》 お話自体は正直ソレホド面白くない(実話ベースだから仕方ないかも)のだけども、出演の皆さまの役作りがお見事。クリスチャン・ベールはどうやったらそんなになるの!?的な容姿で役者魂炸裂だし、短いながらも圧巻のロバート・デ・ニーロの登場シーンのすごさときたら!ゾクゾクしたよホント!! ある意味見応え十分な本作、とてもうまく計算された配役に感心した次第でゴザイマシタ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-04-17 21:32:03)
24.《ネタバレ》 この映画を観た人は誰しもが納得するところだと思いますが、ワン・シーンだけなんですがデ・ニーロが登場してから緊張感が高まりテンポがすごく良くなるんです。そこまではどちらかと言うとモタモタした展開だっただけに、これは監督が狙ったのか映画の神に愛されているデ・ニーロだからこそ成し得る御業なのか、面白いところです。そしてクリスチャン・ベイル、あそこまで醜く肉体破壊してまで役作りに励む役者魂は、彼こそデ・ニーロの後継者たり得る人物なのかもしれません。良く観察してみると、この映画での彼の演技はなんか若いころのデ・ニーロを彷彿させるものがありました。 終わってみれば主要キャラはみなルーザー(負け)でカタルシスのかけらもないし、映画の登場人物に感情移入出来ることを求める人には耐えられないお話しでしょうね。でも俳優の演技を愉しむという観点からは、主要キャラ四人が全員オスカー・ノミネートというのも納得の逸品だと思います。
S&Sさん [DVD(字幕)] 9点(2015-03-03 23:45:10)
23.ハゲでお腹が出てて、でも魅力的なおっさん。ダンディではないが。詐欺師の映画として観ると痛快な感じは無くて少々物足りない。ストーリーも解りにくくてイマイチだが、それぞれのキャラが立ってる点はおもしろい。特に、ジェニファー・ローレンス。うざくて痛くて圧巻です。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-11-01 20:57:47)
22.《ネタバレ》 でっぷりとしたお腹にざんばらハゲを隠すためのバレバレの一九分けヘアがトレードマークの生粋の詐欺師アーヴィン。彼の仕事上でも私生活でも名実共にパートナーである男にだらしない女イーディス。自分の出世のことしか頭にない自己中心的な俗物FBI捜査官リッチー。鬱からくる情緒不安定でネイルアートだけが生き甲斐の現在別居中のアーヴィンの妻であるロザリン。一癖も二癖もあるそんな彼らの本音と建前、嘘と真実、愛と憎しみが複雑なタペストリーのように絡み合うコメディタッチの社会派ドラマ。このデビット・O・ラッセルって監督、前々から感服しいてたことだけど役者を使うのが実に巧い!!「あんた、何処まで肉体改造したら気が済むねん!」ってくらい今回も役者魂を見せ付けてくれる胡散臭さ爆発なクリスチャン・ベール、絶対に友達になりたくない“ザ・やな奴”を見事に演じたブラッドリー・クーパー、いつおっぱいポロリするか分からないような露出狂ファッションで常に男を振り回すビッチを生々しく演じたエイミー・アダムス、関わり合いになりたくないけど客観的に見る分には面白いイタいお騒がせ女ジェニファー・ローレンス…、他にもほんのチョイ役ながら相変わらず存在感抜群のデ・ニーロやらおバカな市長役のジェレミー・レナーやら、そんな豪華な役者陣が織り成す見事な熱演の数々は見応え充分でした。ただ…、ストーリー的にちょっと弱いかな~と感じたのも事実。実際にあった事件を元にしたからか、いまいちカタルシスに欠けるという印象が拭えない作品でもありました。個人的には、同監督の前作「世界にひとつのプレイブック」の方がドラマティックで好きですね。それにこの監督って良くも悪くも優等生なんですよね~、作品としてもう少しアクの強さみたいなものが僕は欲しかったですかね。それでも、最後まで安定して観ていられるエンタメ映画の佳品に仕上がっていたと思いまーす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2014-10-31 23:39:50)
21.思ったより面白くなかった。クリスチャンベールの役作りは圧巻だが、背景が理解できないとどうしても話にのめりこめず、自身の知識不足を実感するばかりだった。
おっちょさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2014-09-15 18:28:51)
20.《ネタバレ》 話の大筋自体はそんなに面白くはないが、見どころは「世界でひとつのプレイブック』と同じく口論シーンかと。警察でありながらもっとも憎たらしいブラッドリー・クーパーのブチ切れっぷり、有能な詐欺師でありながらヨレヨレで情に流されやすいベイルさん、引っ掻き回すジェニファー・ローレンス、男を翻弄し男に翻弄されるエイミー・アダムスが本音でわーわーケンカするのを観ているのは非常に楽しい。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-07 09:39:24)
19.相変わらずラッセル監督の映画の登場人物は人間臭くスマートじゃない。そして映画の中で感情をぶつけ合う。
でも、そんなラッセル監督の映画に出てくる人間が僕は好きです。
同監督作「ザ・ファイター」からはクリスチャン・ベールとエイミー・アダムス。
「世界にひとつのプレイブック」からはブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンス。(デ・ニーロもそうですね)
これまでにもラッセル監督の映画の中で人生を奮闘する登場人物を演じた主要キャストが演技合戦を繰り広げる。
デ・ニーロの出番は僅かでしたが、こういう役を演じるとさすがの凄味を出しますね。
しかし本作は特に中盤までは間延びしていて非常に長く感じられました。
詐欺師モノにしては小気味よさが無く、個々の人間関係が重たく感じられました。
本作に関してはこの部分がもう少しあっさりでも良かったのかもしれません。
とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-07 00:11:05)
18.《ネタバレ》 先入観も前情報もなく見ました。ものたりない。
かといってド派手な演出が欲しい訳でもない。
ものたりないのは「脚本」なのでしょうか?

俳優さんたちは豪華で魅力的、デニーロさんがでてきたときはホントにビックリしました。

「ハゲ」は、この映画テーマの比喩なんですかね?
ハゲがやらた目立つ、人事ではない。
たかしろさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-20 11:32:14)
17.《ネタバレ》 途中、あ、ちょっと長いな、モタモタしてるな・と感じたけれどそれでも
最後まで見飽きさせない技量は納得でした。
B・クーパー・・あの「プレイブック・・」の!?しばらく分からなかった・・じゃなくて
後で配役名を見て気付いた;
J・ローレンス、好きだなあ。E・アダムスもすごい熱演だけど。
ああ・・やっぱり映画っていいなあ・・と満足して暑い外に。
モタツキ感と良い市長さんが可哀想だからマイナス1点。
AKOさん [映画館(字幕)] 7点(2014-08-12 09:48:50)
16.《ネタバレ》 悪人出身であっても有能な人間は必要とされ、実際に大きな成果を上げるのだと思いました。市長家族の悲痛な叫びが忘れられません。ジェニファー・ローレンスが"Live and Let Die"に合わせて頭を振って踊るシーンは良かったです。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 3点(2014-08-12 03:30:37)
15.《ネタバレ》 俳優達にオスカーを獲らせまくってるデヴィッド・O・ラッセル、本作でも俳優をうまく使いこなしています。精悍なイメージの強いクリスチャン・ベールをぶくぶくに太らせ、おまけにハゲ頭全開という衝撃的な冒頭で一気に観客の心を掴み、その後は華も実力もある俳優達を続々と登場させて、まったく目を飽きさせません。普通に考えれば、市長役はクリスチャン・ベール、詐欺師役はブラッドリー・クーパー、FBI捜査官はジェレミー・レナーだろと思うところですが、各俳優の得意とする役どころを微妙に外してきているのが本作のミソ。汚職政治家が人間的には物凄く良い奴だったり、詐欺師が良心の呵責に苦しんだり、ハミだし刑事を気取るFBI捜査官がお母さんと同居中だったりと、単純な善悪に縛られない人間の二面性が本作の大きな構成要素となっているため、各俳優のパブリックイメージを裏切ったキャスティングが見事に功を奏しているのです。この辺りのレイアウトのうまさには驚かされました。特にクリスチャン・ベールはハマり役。登場時には「なんだ、この汚いオヤジは」と思ったものの、2時間眺めているうちに、女性にモテて当然の良い男に見えてきてしまうのです。本来は二枚目というベールの個性が、抜群のサジ加減でキャラクターに反映されています。。。
また、突然のデ・ニーロ投入によって映画の空気をガラっと変えるという演出も素晴らしいと感じました。前半部分はややコミカルだったものの、デ・ニーロ演じるマフィアのボスの登場により、少しでも判断を誤れば殺されるという緊迫感あるサスペンスへと豹変するのです。ここ10年ほどは仕事を選ばなくなり、その存在にもはや何の有り難みも感じなくなっていた御大ですが、本作のように効果的な使い方をすれば、まだまだ光るものはあるようです。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-08-06 19:56:53)(良:1票)
14.《ネタバレ》 素晴らしい! ストーリー展開には若干もたつきを感じたけど、登場人物のキャラがたっていて2時間強も全く飽きさせない。なにより音楽が素晴らしく、冒頭のアメリカ~スティーリー・ダン~シカゴの選曲の妙にノックアウト。C・ベイルとJ・ローレンスはエンディング・ロールで初めて気がつくほどの変身振り。最高に楽しめました!
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2014-07-26 00:30:32)
13.寝不足の状態で夜中の映画館に、しかも割とスクリーンに近いところで鑑賞したからか、めまぐるしいカメラワークに翻弄され、ストーリーに必死についていくのがやっとでした。自分はわりと、評論家や世評にモロに影響を受けてしまうことが多いんですが(笑)、この作品には周囲ほどは熱狂できませんでした。デビッド・O・ラッセルの前2作はとても好きだったものの、それらの良かった点(役者のいきいきとした演技、音楽の挿入の仕方など)が、本作では裏目に出てしまった印象があります。家でBDで見返せば、劇場で見たときよりはすんなり見れるかもしれません。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 5点(2014-06-19 00:40:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
326.25%
413.12%
5412.50%
6721.88%
71134.38%
8515.62%
913.12%
1013.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 7.66点 Review3人
5 感泣評価 4.00点 Review1人

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞クリスチャン・ベール候補(ノミネート) 
主演女優賞エイミー・アダムス候補(ノミネート) 
助演男優賞ブラッドリー・クーパー候補(ノミネート) 
助演女優賞ジェニファー・ローレンス〔女優・1990年生〕候補(ノミネート) 
監督賞デヴィッド・O・ラッセル候補(ノミネート) 
脚本賞デヴィッド・O・ラッセル候補(ノミネート) 
美術賞 候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞マイケル・ウィルキンソン候補(ノミネート) 
編集賞ジェイ・キャシディ候補(ノミネート) 
編集賞アラン・バウムガーテン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS