ロスト・ボディのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロスト・ボディ
 > (レビュー・クチコミ)

ロスト・ボディ

[ロストボディ]
The Body
(El cuerpo)
2012年【スペイン】 上映時間:111分
平均点:6.33 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスミステリー
新規登録(2014-01-11)【8bit】さん
タイトル情報更新(2014-10-07)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストホセ・コロナド(男優)ハイメ警部
ベレン・ルエダ(女優)マイカ
ホワン・パブロ・シューク(男優)パブロ
撮影オスカル・ファウラ
あらすじ
年上のやり手実業家を妻に持つ薬品ラボの研究者。ある日妻は心臓発作で急死するが、その亡き骸は遺体安置室から忽然と消失してしまう。誰かが盗み出したのか?それとも妻は本当に死んだのか?謎が深まる中、彼の周囲に不可解な出来事が起き始める… スペイン発、謎が謎を呼ぶサスペンスミステリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.《ネタバレ》 謎解きが卑怯で無理ゲーすぎる!
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 6点(2019-09-14 23:53:36)★《新規》★
23.《ネタバレ》 謎を解く映画だが、それは我々観客に投げられた謎である。推理小説に限らず、こういう作品が多いが
それならそうと前もって言ってはくれないので、なんとなく観てしまったら最後にいきなりひっくり返されて「どや?」いわれた。
あ、ボク推理するトコロだったのね?う~ん、しまったなあ。
警部が立脚しているごくごく序盤では「誰の仕業か」になるけれど、アレックスが中心になると「超常現象」に変わるんだよこの作品。
とにかく煙に巻かれた。それが制作側の狙いなのかもしれない。予想の的を外すのに貢献している。散漫になってしまったきらいもある。
と、いうわけで終わった際、あ、「意外な犯人モノ」だったのか、という感想になった。そりゃ意外だよ。考えてねえんだから。
ただ、まじめに考えてもラスト数分で語られた事件の真相にはたどり着けなかったであろうとは、思う
伏線がないではなかった。観客の代わりに行動すべき筆頭であるはずの警部が一切真相に迫ろうとしないのだから
妻が死んだというのにアッサリしているという理由でアレックスに敵意を見せることでその性格をうまく隠れ蓑にした。警部の正体を見破ることは普通に考えたら難しいだろう
だからといって面白いかとは別問題だ。正直な話、終始状況判断に忙殺されて推理どころではなかったし、リアリティがないのが不満
ややこしすぎる。とくに遺体袋の中に忍ばせた電話への転送。あんなもの入れたらグチャグチャになっちゃうよ。
記憶を小出しにするアレックスとは同じ土俵に立てないから、推理は全てアレックス任せで、こっちは謎を追いかける気にもなっていないのに。
総括すると、自己の利益の為なら他人は死んでも構わないと思うような自分勝手な犯罪者連中に感情移入をさせられながら
いつモルグ全体がポルターガイスト化してみんなを襲い始めるのだろうかと待っている感じだったけど実際は計画殺人で、復讐劇でした
ポルターガイストでもなきゃこんなまわりくどい復讐はやらないだろうと思うじゃん?
そのために娘をつらい目に遭わせてしまった。父親がこんなの容認する人格だからこそのこの呆れた復讐劇なんだ、と妙に納得
この造りに感心はできないが。殺したい程憎い相手に娘を近づけるか?ネタバレになるので葛藤も描けない。
作品の構造的な欠陥だろう。予想しえない心理で、無理のある行動だと断じられても仕方がないのでは?
アレックスがおかしくなってきて、マイカが生きているという結論に結び付けた時の、なぜ毒を飲んだのに生きてるんだ?という問いかけに
別のグラスを用意していたんだろう、という仮説をたてるのがおかしかった。いや、いくらなんでもそれは。笑えたので評価する。
便器に捨てたけど水が流れずに仕方なく拾って食べちゃうシーン超最高です。おえっ。嘔吐シーンはいつ見ても辛いのでお控えあれ
最後の死体が出たという時の状況がわからなかった。アレックスを逮捕して移送中に丁度良く死体が発見された。
死体を見つけたのは誰なのか説明されなかったが、警部ではマズイからこれはただの偶然らしい・・・。偶然というスキルを使って死体を見つけた。
死体につける、カルラの名前が刻まれたたタグをチラ見せしていたが、あれはなんだ?怨霊映画へ観客をミスリードするために、警部がモルグの遺体から
外して、その遺体の名前を娘の偽名に使ったのか???なんで警部がそんなことをしなきゃならんの?
ひっくり返されるのが楽しいという方に、オススメするか。良きにつけ悪しきにつけ、物を言える作品である
うまシネマさん [インターネット(吹替)] 5点(2019-09-11 12:02:58)★《更新》★
22.《ネタバレ》 大富豪のおばちゃんと婚約した主人公が財産を引き継いだまま別れるために奥さんをバレないように毒殺・・・したはずが
遺体安置所から死体が消え、容疑者として怪しまれることに


警部は最初から結構怪しいのはちょっと残念でしたが、奥さんや娘と序盤から伏線を張っていたのは見事
どこかで出てくるかとは思ってましたが、使い方はうまいと思います。
警部の休暇や酒に溺れて停職になってたのも何かの伏線かと思いきや何にもなかったのは好感が持てました。
やはり全てを伏線にしてしまうとおもしろくないですからね
トイレで手紙の証拠隠滅を図る所は思わずもらいゲロをしそうでした。。。

気になる点がやはりいくつか
主人公がトイレで見つけた手紙、あれが主人公にマイカが生きているのでは?と印象付けたシーンでしたが
手紙をどうやってあの場所に置いたのか、手紙の内容をどうやって仕入れたのかは明かされませんでした。
殺人をやたらと否定してましたが、誰のせいで夜警が死にかけたのか
事故ですが、夜警が死にかけたことの葛藤シーンみたいなのはあってもよかったのでは と思います。
復習のために身体を汚す娘に許容する父の構図はいかがなものかと・・・
サスペンスは根本からしっかりと理解できる構図にしてほしいものです。
結果的には楽しめないことはないのでこの点数です。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-09-08 22:55:50)
21.《ネタバレ》 何かミスリードされているような展開があると思えば、予想しきれないオチでした。少なくとも私は。途中ホラーかと思ったけど・・・終わった後は、良くできているサスペンス映画だったと思えます。ただ、盛り上がりがイマイチなくて、前のめりになったのは最後の種明かしだけです。2回観ると違うんでしょうが。
ラグさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-09-08 00:40:53)
20.非常に良質なサスペンス。


この路線かな?いやあっちの路線かな?もしかして・・・??と、作者の思惑通り、頭をフル回転させて視聴。


素直におもしろかった。

何より役者の演技が素晴らしく、ホセ・コロナドの渋さにノックアウトされた。
SWさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-09-06 13:28:59)
19.《ネタバレ》 う~~ん、いまいち。『ロスト・アイズ』でも思ったんだけど、この監督とは相性悪いのかな~。
ジャンルをまたいだ作品は大好きだが、この映画みたいに「あっちとみせかけてこっち、と見せかけて、実は…」みたいな、振り回すのが目的の軽い作品は好きじゃない。
引っかける部分が違うだろう、もっと内容で勝負してくれよ、と思ってしまった。観客をだますための脚本だから、あちこち不自然なんだよね。

死者の携帯電話をあっちゃこっちゃに置いたり、死体袋に入れてみたり、意味があるようで実はナシ。単にホラーにみせかけるための演出で、警部がそれやるのはどう考えてもおかしいだろ。
探偵さんは都合よく旅行に出てるしなぁ。全て観客をだますための演出で、いらない不自然なもの。

それに、復讐のためとはいえ、警部は死体安置所の警備員を殺しかけてしまったわけでしょ。ラストで「人を殺しておいて…」と恨めし気に主役の男を断罪しているが、自分はどうなのさ。本気で人殺しは許せないと思っているなら、もう少し態度に出てもよさそうなもんだ。
つまり、「人間が描けていない」

いいんですけどね…どんでん返し系サスペンスだから。
人間が描けていなくても、トリックを重ねて行ってラストでびっくりさせれば成功!ってタイプの作品だから。そういうのが好きな人には評価されると思うし。

私は映画が大好きで、長年たくさんの作品を見続けてきましたが、最低限人間が描けていなければ、映画としてはいまいちと言わざるを得ません。
この作品はいまいちです。スミマセン。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 4点(2018-01-17 20:52:42)
18.サスペンスかと思ったらホラー、かと思ったらミステリー、かと思ったら…こちらの注意を誘導するのが大変上手い。おいおい、と思ったけどまあ全く予想してないオチだったので楽しかった。
にしきのさん [地上波(吹替)] 7点(2017-01-09 00:07:08)
17.ごく普通のサスペンス系かと思ったが、ラストから振り返れば良く出来た作品。
でも、そこまで着くのに多少飽きがくるのも確か。上手く集中できれば満足のいく最後に辿り着くのは間違いない。それが評価の分かれ目か。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2016-12-23 17:46:39)
16.《ネタバレ》 凄いオチだけど復讐の回りくどさやリアリティの無さも凄い。意外性だけって気がしないでもないけど、緊張感もそれなりにあってハメられた感に満足。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 6点(2016-12-17 23:38:10)
15.《ネタバレ》 映画を観ていて、展開的にこの夫婦両方とも犯人じゃないだろうから(いや犯人なんだけど、それはさておき)、そうなると、この「夫の不倫相手の女」が黒幕でその元恋人とやらが実は刑事でそいつと組んでやってるのかな、なんて思いつつ、でも警部の奥さんの話をしつこくやってるからこれは何かの伏線なんだろうけど、さすがにこの警部が恋人は無理あるし…、と思ってたら「親子」!!

普通に考えたら一番自然な関係性だけどw
でも惜しかった俺!

と、まぁ個人的にはそんな感じでしたが、でもあまり考えずに映画を観ていれば「おお、そうだったのか」とびっくりする人がいても全然おかしくありません。
ややアイデア倒れでノベル系ゲームをそのまま映画化したような雰囲気ですし、映画中にも故意に観客をミスリードさせようとする感がありありですが、でもなんの捻りもない凡庸なシナリオよりはよほどいいと思います。

それにしても、これ、娘が美人じゃなかったら全然成立しない話で、もし不美人だったらどうなってたんでしょうか。
…いや、親父が単独で始末つけただけなんでしょうけど。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 6点(2016-12-15 00:19:29)
14.《ネタバレ》 確かに結末には驚かされましたよ。ただしサプライズのためのサプライズであり、心情的にはまったく理解不能で感心するよりも呆れてしまいました。
母親の仇に抱かれ続ける娘と、そのことを止めもしない父親。この時点でもうありえないでしょ。しかも彼女が動かさねばならないのはターゲットの心という不確実なものであり、彼女がどれだけ美人で、どれだけ色仕掛けを使っても、ターゲットが妻との別れを決意し、しかも殺害にまで思い至るという保証はどこにもないわけです。確信部分がほぼ運任せという粗い計画。こんなものに長い時間と娘の貞操を費した親父がバカにしか見えませんでした。事故にでも見せかけてさっさと殺せばいいだろと。
また、冒頭で悲劇とはまったく無関係な警備員に瀕死の重傷を負わせるので、仕掛け人の側にも正義はありません。この点でも冷めてしまいました。
ザ・チャンバラさん [インターネット(字幕)] 4点(2016-10-20 21:29:19)
13.わー、おもしろかった!

そうきたかー。

この程度でも、僕にとっては大どんでん返しです。

単純に生まれてきて、よかった。

それにしても、金持ちのBBA、てめーオレでも殺意がわいたぜ。

若いころ綺麗だったかもしれんが、年取ったら、もう少し奥ゆかしくせーよ。

スジとか血管とか見苦しいんだよ!

ま、女優さんの役作りがうまかったとも言えるんでしょうね。 以上。
プラネットさん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-13 20:50:28)
12.《ネタバレ》 最後の最後にうまいことオトしてくれて、うわあすごい、と思わず声が出た。もともと鈍感力の強いワタクシは凡作であってもオチが読めないタチなのだが、下手くそ&こじつけなどんでん返しには不満は山と残るのだ。でも本作は伏線もキレイに張ってあるし、思い返す限りプロットの破綻が見当たらない。
役者が全員なじみの無い顔ぶれなのも良かった。誰が怪しそう、とか正義そう、とかの事前イメージが入らずにすむ。
殺された女社長はホントに根性で生き返りそうだと客に思わせる性悪ぶりで怪演。観る側がそう思わないと面白くならないので、ここ大事です。
種明かしの直前、警部の発した台詞「わかるよ、疲れるよな。8時間も演技したんだ。」
容疑者相手への嫌味セリフにも聞こえるこの言葉。なんと自分のことだったのだ。エンドロールが流れる最中にはた、と気付き、いや膝を打ちましたよね。ここ2,3年のうちに見たサスペンスものでも出色の出来でありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-03-31 00:20:32)
11.《ネタバレ》 ※レビュー閲覧注意※
予備知識なしで鑑賞したほうが10倍楽しめます。
ここ1年で最高の映画でした。スペイン産の良作間違いなし。
どんでん返しがあるということは知ってたが結末がどう転ぶか予測不能で非常にトリッキーな脚本。最後10分は痺れた。こうなるのか~と。
個人的にはカルラの体当たり演技は評価したい。美人な愛人を装い密かに抱く殺意の表情は一味違った女性の魅力を醸し出している。裸もあり。
油断すればするほど余韻に浸れる。そんな映画でした。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2016-03-22 12:41:22)
10.《ネタバレ》 TH16さえ手に入れば俺だって
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-11-20 22:31:37)(笑:1票)
9.《ネタバレ》 なかなか愉しめました。観終わって冷静に考えるとかなり無理があるという真相でしたが、無茶なプロットでも脚本次第でここまでの作品に仕上がるというわけです。ヤリ手女房のイヤミ女ぶりはなかなかのもので、これじゃあ殺したくなるのも無理はございません。登場人物の中に必ず犯人や事件の真相があるというミステリーの王道を踏まえたオーソドックスな撮り方も好感が持てます(まれにそうじゃないミステリーも有りますからねえ)。まあ観て損はないと思います。 あんまりネタばれしたくないんですけど、でもこれだけは突っ込んでおきます。「旦那が離婚するという選択をしたら、どうするんだよ?(笑)」。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-11-18 21:20:22)
8.《ネタバレ》 えーーー!マジで!? 大どんでん返し系?映画って大したことないじゃん! ってのがほとんどだけど、これはビックリした~。スペイン映画だから知らない人ばっかりだけど面白かったです、娘はちょっとS・ヨハンソン似(じゃない?w)。まさかの犯人とは? コレから観る人は結末見ちゃダメだヨ~
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-11-13 07:48:22)
7.《ネタバレ》 期待せずに見たおかげで結構楽しめました。死体が消えるというギミックをウマく使っており、生きているのか死んでいるのか判らなくしてしまうのは高評価です。サスペンスの背景に合う深夜の嵐というのも雰囲気が良くて素晴らしかったです。

ネタが少々強引な点と娘が体を張り過ぎな点が違和感でしたので少し控えめの点数にしましたが、サスペンス映画としてはなかなかのものなのでもう一点くらい上乗せしてもイイくらいです。予備知識無しで鑑賞することをお勧めします!
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-11-04 13:47:03)
6.《ネタバレ》 時々「REC」などスマッシュヒットを飛ばすスペイン映画 とりあえず拾い物である 殺されるオバさんがほんとにイライラさせるイヤなババァで、対する警察も最初っから主人公を目の敵にする偏った捜査でこれもイライラさせる この辺はウマイ パッケージビジュアルはその嫌みなババァがヒロインのごとくばっちり決めた写真なのにはかなりの違和感がある お話は意外な展開でもあるし、それほど意外でもない展開 どっちだよ(笑) 展開は予想出来ないが、途中途中で警察関係者でなければ成し得ない迷彩がチラホラ現れる 「これは犯人をはめる警察の罠でしょっ」て思わざるを得ない展開が頻繁に出ると、有る程度犯人の予想がついてしまうのはちょっと頂けない 警察署内で犯人に脅迫状とか、モルグの死体の中に携帯電話とか、死体のタグを替えたり戻したりとか警察関係者でなければやりようが無いし、警察関係者の中で唯一のキャラは警部のハイメのみって言うのは余りにも直球で、逆に「いくらなんでもそんなわかり安くはないよな」って思わせるのが既に迷彩だったのか ラストはそれまでの現象が犯人の幻想であるオチになるのかと思いきや「やっぱり犯人はこいつかー」みたいな展開は少し意外でもあり「やっぱりなー」でもあった さらに事件のキーになる女が実は犯人の「むにゃむにゃ」だったのは面白い 思い返せば途中にも色々伏線が仕込まれていて、もう一度見直せば面白いかもしれないな しかし今すぐ見直す程でも無いか これを本当にやったら犯人のポケットから8時間前に毒薬が出て来てるし完璧に完全犯罪だな オチがドンデン返しとまではいかないのがちょっと中途半端な印象だ
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-07-02 17:01:25)
5.《ネタバレ》 まるでゲームのように進む作品に十分に翻弄されながら観ました。ありえないとはおもいつつ、奥さんが生きている可能性を頭のどこかに入れてしか観れないと思いました。その段階で作り手の術中にはまっているんですよね。予備知識ほぼなしで観て正解でした。刑事の「誰かの恨みをかっていないか?」という問いかけがばっちり効いてましたね。まさかのラストも丁寧にわかりやすく描かれていてグッド。ネタあかしもグッド。やられました!
 それにしても親子で体張ってるなと(笑)ナイススペインサスペンス映画!
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2015-04-08 16:04:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
314.17%
428.33%
528.33%
6833.33%
7625.00%
8416.67%
914.17%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS