ウルフ・オブ・ウォールストリートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ウ行
 > ウルフ・オブ・ウォールストリートの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ウルフ・オブ・ウォールストリート

[ウルフオブウォールストリート]
The Wolf of Wall Street
2013年上映時間:180分
平均点:6.91 / 10(Review 74人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-01-31)
ドラマコメディ犯罪もの伝記もの
新規登録(2014-01-11)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2020-10-19)【Y-300】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・スコセッシ
キャストレオナルド・ディカプリオ(男優)ジョーダン・ベルフォート
ジョナ・ヒル(男優)ドニー・アゾフ
マーゴット・ロビー(女優)ナオミ
マシュー・マコノヒー(男優)マーク・ハンナ
カイル・チャンドラー(男優)パトリック・デナム
ロブ・ライナー(男優)マックス・ベルフォート
ジョン・バーンサル(男優)ブラッド
ジョン・ファヴロー(男優)マニー・リスキン
ジャン・デュジャルダン(男優)ジャン=ジャック
ジョアンナ・ラムリー(女優)エマ
シェー・ウィガム(男優)テッド・ビーチャム
イーサン・サプリー(男優)トビー
ジェイク・ホフマン[男優](男優)スティーヴ・マッデン
ボー・ディートル(男優)ボー・ディートル
テッド・グリフィン(男優)ヒューズ
ロバート・クロヘシー(男優)ノーラン・ドレーガー
サンドラ・ネルソン(女優)アーリヤー・ファラン
スパイク・ジョーンズ(男優)ドウェイン(ノンクレジット)
レジナルド・ヴェルジョンソン(男優)劇中テレビドラマ「Family Matters」より(ノンクレジット)
エドワード・ウッドワード(男優)劇中テレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」より(ノンクレジット)
エドワード・ハーマンストラットン・オークモントのコマーシャルの声
加瀬康之ジョーダン・ベルフォート(日本語吹き替え版)
桜井敏治ドニー・アゾフ(日本語吹き替え版)
白石涼子ナオミ(日本語吹き替え版)
森田順平マーク・ハンナ(日本語吹き替え版)
後藤敦ジャン=ジャック(日本語吹き替え版)
脚本テレンス・ウィンター
音楽ロビー・ロバートソン(音楽総監督)
撮影ロドリゴ・プリエト
製作マーティン・スコセッシ
レオナルド・ディカプリオ
製作総指揮リック・ヨーン
アーウィン・ウィンクラー
ジョージア・カカンデス
配給パラマウント・ジャパン
衣装サンディ・パウエル
編集セルマ・スクーンメイカー
録音トム・フライシュマン
ユージーン・ギーティ
フィリップ・ストックトン
あらすじ
ジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、22歳でウォール街の投資銀行で働き出し、巧みな話術と斬新なアイデアで業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がる。そして26歳で証券会社を設立し、4,900万ドルもの年収を得る。彼は常識外れな金遣いの粗さを見せ、「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
74.長尺に耐え得る様に吹替版にしました。
いまだにSNSで話題になるので気になりながらようやく鑑賞。
 
しかし噂に違わず下品極まりない映画でした(笑)
それもこれがご当人がまだ現存していて自伝ベースの映画化とは。
 
途中から私もハイテンションになってきた気がしてなんとか最後まで鑑賞。
(英国おばさんを巻き込みだしたあたりで中弛みしましたが)
バブルの頃の日本も似た様な雰囲気があったでしょうね。
 
彼がやってる事は最後の方はほぼ詐欺で、いまだに投資詐欺は絶えないから虚業界隈でも一番儲かるんでしょうな。
私も若い頃にはいろいろありましたが、良心の呵責に負けて向こう側には行きませんでした。
あそこで負けなければもしかしたら今頃は、、、なーんて、
少し考えてしまう内容の映画でした。もちろんやらなくて良かったけれど。
 
映画的にはA級の長尺映画であそこまで裸体やセックスシーンが出てくる作品はこのあたりが最後かもしれませんね。
そういう意味では貴重な作品かも。そしてディカプリオってやっぱり凄いわ。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2024-05-02 18:31:26)
73.《ネタバレ》 原作小説は未読。ちょっと、ホリエモンとかがブイブイ言わせてた頃を連想しましたが、ITバブルは、それでも、多少なりとも中身が少しありましたが、こちらは、すべてが虚業ですからね。主人公のディカプリオは、それなりに名の通った証券会社に就職して、その会社の売上No.1男から、ヤクでテンション上げて売上成績も上げる方法を学びます。胸を叩きながら低い声で歌いテンションを上げることを学びます(ラグビーのハカみたいなものでしょうか?)。その後、ブラックマンデーで勤めていた会社は倒産。電話で口八丁で低位株を売りつける方法で復活。徐々に、地道に、派手に会社を大きくしていく物語です。前にNo.1男から学んだとおりにヤクは常用してるし、職場にストリップ嬢、風俗嬢を呼んで乱痴気騒ぎをしたり、とにかくメチャクチャで基地外で破滅的なのですが、でも、社員慰労会をやる日本的経営と言えなくもないなと思ったり。仕事の内容に魅力は感じませんでしたが、刺激になりました。
camusonさん [DVD(字幕)] 7点(2023-03-06 18:30:58)
72.FUCKの頻出569回でダントツとのこと!
共感には程遠い物語も痺れるようなディカプリオの演技に引き込まれる。
観終わって麻痺させられた常識が無事戻ってきてホッと一息…
ProPaceさん [インターネット(字幕)] 7点(2022-03-13 20:58:26)
71.《ネタバレ》 脚本が素晴らしい。ダレることなく一気に見ることができた。スコセッシは歳を取ってもまだどんどんうまくなっているように感じる。
「ディパーテッド」よりこっちの方が圧倒的に完成度が高いし、単純に面白かった。この後全くテイストの違う「沈黙」も撮っているし。本人も70過ぎても撮るごとに進化していることに充足を感じているのでは?皆さんが言っているように己の欲望に忠実に邁進している人物たちをなんのためらいもなく真っ直ぐに描いているので、本当に清々しい。ただ、ウォール街の人間って本当にあんなにラリッてるの?というのが率直な疑問。個人的にはトンでいるのに必死にカウンタックを運転して家に帰るのがリアリティーがあって面白かった。あれは実話か脚色か?ちょっと思ったのは、この人間の下世話な欲望を余すことなく描いている感じが私淑している今村昌平っぽさを今回は出したかったのかなぁと。
エリア加算さん [インターネット(字幕)] 9点(2021-08-28 22:00:38)
70.《ネタバレ》 清々しい映画だ。

人を騙し、法を犯し、金をガッポガッポ手にしたジョーダン・ベルフォート。
そんな彼が会社を失い、家族を失い、投獄されてしまうのだが、それを特に惨めには描いていない。
なぜなら、これはベルフォートの自伝に基づいた映画だから。
彼の嘘に騙された被害者の顔が一つも出てこない本作は、ベルフォートの青春映画なのだ。
だから悪びれる必要なんてない。
これが彼の謳歌していた青春だから。

自分のやったことが正しくないということぐらい、ベルフォートも分かっているだろう。
ただ、自分は絶対に"勝ち組"だった。勝っていた。
ベルフォートはその自信を持って過去を振り返っていると思う。

「コカインと風俗をやらずにこんな仕事できねえよ」
「俺は金持ちと貧乏を両方経験したが、絶対に金持ちの方が良い」
「全ての悩みを金で解決できるようになれ」
欲望剥き出しの直球すぎる台詞たち。
深みもへったくれもなくて大好きだ。

著名な監督と豪華キャストが集結した制作費1億ドルのハリウッド映画なのに、とてもギラギラしている。
傑作である!
Y-300さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2020-10-19 00:38:44)
69.《ネタバレ》 結局いくら儲けたとしても女とクスリこれしか無いのか
デカプリオは熱演だと思うけど最後まで主人公に共感できず
草のつるぎさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2020-05-29 09:35:04)
68.この映画をどう受け取っていいのかわからない、というのが正直な感想。
ああやってハチャメチャにやってるところをコメディとして笑える人は痛快に感じるんでしょうが、
私は笑えませんでした。すげーな、とは思うが、それ以上の感覚は沸かない。
この映画、普通の一般人をコケにしてると思うんですよね。罵られてヘラヘラ笑ってられるか!
・・・とはいえ、映画としてはよく出来ていて、内容テンコ盛りで3時間飽きずに見ることができましたし、演技もすばらしい。
しかしなぁ、、、心のどこかで引っかかるものがあり、イライラするんだよなぁ
Keytusさん [インターネット(字幕)] 5点(2020-04-25 10:49:16)
67.《ネタバレ》 長い
常にパーティーパーティー
長い割りにテンポが良く一応最後まで観れたので5点
メメント66さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-04-15 11:52:50)
66.げっそりします。セックスしか楽しみがないのか?と聞きたくなる乱痴気騒ぎが終始続くだけ。「ウォール街」のような他人を利用して儲けていることへの葛藤・心の揺らぎが主人公にも仲間にもありません。人物がみんなゴードン・ゲッコーを2~3段階スケールダウンしたような感じで、ストーリーにも起伏がないため、3時間損した気分でいっぱいです。ホントうんざり。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 3点(2020-02-11 17:46:07)
65.すまん。 ディカプリオ渾身の180分より、M・マコノヒーのたった数分の方がはるかに強烈だったわ。彼 (マーク・ハンナ) のスピンオフ映画、やらないかな? (^w^)
タケノコさん [DVD(字幕)] 6点(2020-01-31 18:12:50)
64.う~ん..高評を目にし 期待してたのに..あまりの バカバカしさと下品さに、ガッカリ..一つの演出方法として 間違ってはいないし、言いたいことは分かるのだが..物語として、映画として、観るに堪えない 内容..残念...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 3点(2020-01-05 17:44:20)
63.破天荒すぎじゃないかね。飛行機チャーターして売春婦50人とどんちゃん騒ぎって、ありうるのかね?
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-07-10 01:58:15)
62.個人的にマフィアとかギャングの映画は、ゴットファーザーとアンタッチャブル以外はノーサンキューなんですが、実話ベースだから鑑賞してみました。まさに映画の題材としては最高級な人物。
これだけ長いと中だるみがありそうですが、これは嘘みたいにグイグイ引っ張っていく。
一気にまくしたてて観客に飽きる暇を与えない。まさに自分自身が詐欺にあっているかのよう。

脚本自体よく出来ているとは思うんだけど、ディカプリオの迫真の演技がなかったら成立しなかったのでは・・?と思ってしまいました。オモシロカッタ!
めたもんさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-06-26 17:42:42)
61.《ネタバレ》 マーゴット・ロビーがとにかく美しくて見とれてしまう。本人はもうこういう役はやりたくないそうだが、彼女の完璧な外見は成功者の「トロフィー」としてぴったりなんだよね。ディカプリオと釣り合うどころかだいぶ超えている。

全編通じてバディ映画の雰囲気があって仲間意識が強調される。司法取引に応じても仲間を売らずに切り抜けようとするし、天敵であるFBI捜査官もどこか捕まえたくなさそうだ。こいつらのやってる「悪いこと」の描写は経済犯罪よりもセックスとドラッグに集中する。その無茶苦茶さが痛快なのでついベルフォートに肩入れしたくなる。

だがちょっと待って下さいよ?この話はジョーダン・ベルフォートという男の自伝が元になっている。仲間達は極端にダサくダメな奴に描かれていて、なのに美しい友情がある。肝心の詐欺は抽象的にしか描かれずスイス銀行マンの方が悪く見える(あいつのセックスシーン、いるか?)。被害者である顧客は一切画面に出て来ず電話の声だけ。

この映画の3時間は退屈ではないが疲れる。この長さは多分2時間くらいだと観客が冷静になってベルフォートの嘘に気付いてしまうからだろう。3時間のまくし立てに観ている側も呑み込まれていく。ディカプリオが突然観客に話しかけるメタ演技は最初の方にだけ出て来るが、あれは作り手の「これはあくまでこいつの言い分ですよ」という言い訳なのだ。

この映画は大変評判が良いが、詐欺師の言い分そのまんまで観客を騙しに来る映画でもある。相手に考えさせるな、電話(台詞)を切らすな、札束(裸)を喰らわせろ。ベルフォートの詐欺の手口をそのまま映画で観客に向けて実演している。気をつけよう。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-01-03 06:19:22)(良:1票)
60.《ネタバレ》 これは…今年いちばんの好み映画でしたね。
ディカプリオが惚れ直すぐらい素晴らしかった。マシューマコノヒー序盤だけで贅沢な使い方でした。
money・SEX・drugのオンパレード。そりゃそうだ、地味な成功者の半生なんてつまらない。
品が無いのは承知だがこんな金の使い方は夢があっておもしろい、まさしくヤバすぎる人生。
「俺にこのペンを売ってみろ」なんか地味に考えさせられた。
答え方でセールスマンとしてのスキルが試される。
単純にド派手だけではなく成功者の法則も見えたりして学ぶことが多かった。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-12-17 01:33:52)
59.《ネタバレ》 テンポよく、最後までダレルことなく観られた。さずがスコセッシ。スコセッシは、昔はデニーロとよくタッグ組んでたけど、今はディカプリオが多いね。ディカプリオの怪演は見もの。理性の抑えが効かない役を狂ったように演じている。バカと天才は紙一重というけど、ディカプリオはどっちなんだろう?なんて思った。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2017-07-30 12:04:52)
58.《ネタバレ》 2017.06/05 BS鑑賞。アメリカンドリームの一つか。でも乱痴気騒ぎ、性風俗の乱れと汚い言葉の連続にはうんざり。また肝心の大金持ちに成っていくさまが希薄で弱い。でも見ている段に面白いが余り印象は残らないか?
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-06-22 21:23:02)
57.口八丁で億万長者になれるという実話を元に描かれた話。
こういうのを見ると、真面目に普通に会社勤めして、はした金を稼いでいるのがバカらしくなる。
ただ、どちらがいいのかは、本人次第。
ディカプリオの熱演で、映画に引き込まれるが、さすがに3時間は長い。
結構無駄なシーンも多いので、2時間ちょいにまとめて欲しかった。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-06-15 15:07:46)
56.騙して、儲けて、ラリッて、ヤッての繰り返し。それ以上でも以下でもありませんが、実話ものとしては文句なくおもしろい。こういう人物が実在すると知るだけで、良かれ悪しかれ「what a wonderful world!」という感じがします。
しかし、ストーリーとしては疑問も。さんざんラリるシーンが出てきますが、それは〝本業〟の詐欺や逮捕劇とは直接関係しません。「スカーフェイス」のような話になるのかと思いきや、さにあらず。ならばこれほど執拗に描く必要はあったのでしょうか。それに、自宅でも会社でも旅行先でもあれほど派手に吸ったり飲んだりしながら、なぜ立件されなかったのか不思議です。アメリカってこんなに麻薬に緩い国でしたっけ?
そしてもう1つ。会社があれほど大きくなるまで、なぜ詐欺は発覚しなかったのでしょうか? 有能そうに描かれていたFBIが、実は無能だったということですかね。などとインネンをつけたくなるほど、作品の世界にすっかりのめり込んだということです。
眉山さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-01-13 04:38:23)
55.狂って儲けて、狂って儲けてのワンパターンを永遠と続く映画です。
ただそれだけ。私には何が面白いのか正直わかりませんでした。
デカプリオの悪役はハマってるけど正直、もうお腹いっぱいです。
デミトリさん [DVD(吹替)] 3点(2016-12-05 01:06:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 74人
平均点数 6.91点
000.00%
100.00%
200.00%
345.41%
434.05%
568.11%
61824.32%
71317.57%
81520.27%
91216.22%
1034.05%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review3人
2 ストーリー評価 7.28点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.71点 Review7人
4 音楽評価 7.28点 Review7人
5 感泣評価 7.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞レオナルド・ディカプリオ候補(ノミネート) 
助演男優賞ジョナ・ヒル候補(ノミネート) 
監督賞マーティン・スコセッシ候補(ノミネート) 
脚色賞テレンス・ウィンター候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2013年 71回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)レオナルド・ディカプリオ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS