劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)
 > (レビュー・クチコミ)

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)

[ゲキジョウバンハンターハンターファントムルージュ]
2013年【日】 上映時間:97分
平均点:3.67 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-01-12)
アクションアドベンチャーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2014-02-08)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2021-03-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤雄三
潘めぐみゴン=フリークス
伊瀬茉莉也キルア=ゾルディック
藤原啓治レオリオ
沢城みゆきクラピカ
浪川大輔ヒソカ
内田直哉ノブナガ=ハザマ
大塚明夫ウボォーギン
山口勝平フェイタン
日高のり子シャルナーク
木内秀信フランクリン
朴璐美パクノダ
宮野真守クロロ=ルシルフル
平野綾レツ
川島海荷パイロ
藤木直人オモカゲ
二又一成長老
大西健晴
村川梨衣
KENNフィンクス
原作冨樫義博
脚本米村正二
作詞北川悠仁「REASON」
岩沢厚治「REASON」
作曲北川悠仁「REASON」
岩沢厚治「REASON」
編曲ゆず「REASON」
主題歌ゆず「REASON」
製作市川南〔製作〕
日本テレビ(ハンター協会2013)(製作幹事)
集英社(ハンター協会2013)
東宝(ハンター協会2013)
マッドハウス(ハンター協会2013)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
丸山正雄(クリエイティブプロデューサー)
中谷敏夫
制作マッドハウス(アニメーション制作)
配給東宝
作画佐藤雄三(絵コンテ)
菅野利之(作画監督)
吉松孝博(メインキャラクターデザイン/キャラクターデザイン)
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 原作の流れに沿った全く別のお話しとは…想定外。初映画化というのになんとも中途半端な時点からスタート。この本作のみに出てくるキャラの魅力のないこと、オモカゲだったっけか?ヤベもう忘れた(苦笑)素直に最初のハンター試験のとこからしてくれたほうが百倍マシ。初めて観た人がチンプンカンプンな内容もマイナス点、おまけに原作ファンにも「なんじゃこりゃ」感を与える造りもマイナス。残念でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2016-05-28 08:54:54)
8.原作のファンですがつまらなかったですね。ハンターハンターの世界観とはほぼ遠い。ただ自分がもしハンターハンターで映画作れっていわれたらって考えると確かに難しいんですよね。ワンピースやナルトなどの他のジャンプ作品に比べてファンが少し濃い気がしますし、何より作者が変人ですからね。結局あの変人の作品はあの変人にしか作れないってことなんだろうなあと思います(けなしてるわけではありません)。
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 4点(2015-02-08 04:17:07)
7.レギュラー放送「キメラアント編・一挙放送」の流れで観ただけに、トホホ感が余計に目立ちましたね。大人の鑑賞に堪え得るレベルではなく、完全に子供向けの稚拙な内容でした。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2014-08-02 18:48:10)
6.《ネタバレ》 特に映画にしてやるような話ではない。元旅団のがっかり感が半端ない。あんなもんなら抜けてくれて良かったよ。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-07-18 18:28:55)
5.冨樫ならこんなストーリーは書かないだろ。
ナルトとワンピース要素が混じったHUNTER×HUNTERって感じ。お子様向けと言うか。
それにしても元幻影旅団の4番。異常なくらい魅力なかったなぁ。
ライトニングボルトさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-06-27 14:05:20)
4.ハンター×ハンターの新作が読みたいが、休載続きなので劇場版の新作で我慢しなきゃイカン。高級寿司屋に行きたいが、貧乏なので回転寿司屋にしなきゃイカン。

そういう物悲しさはあるが、とりあえず寿司食ったという一抹の満足感に浸れる…みたいな劇場版だった。

東映動画やスタジオぴえろのようなアカラサマな手抜き感が無い分、マッドハウスは良心的な仕事をしていたと、思う。

しかし…なんで劇場版オリジナルキャラに、メンチ役でキャスト済みの平野綾を登用したんかな?二又一成じゃあるまいし。ちょっと腑に落ちん。
aksweetさん [DVD(邦画)] 5点(2014-06-20 23:29:47)
3.《ネタバレ》 ようやく登録されましたね、待ってました。原作はジャンプ休載中。初のアニメ映画化。全滅させられたクラピカのクルタ族が持つ緋色の瞳をめぐる戦い。ゴンとキルアの友情。幻影旅団同士のドリームマッチは人形を使ったパチモン。ゆずの主題歌がハマリ爽快な後味。敵役オモカゲの声はわがハトコ・藤木直人、キャラのインパクトは弱いです。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2014-02-16 00:39:28)
2.《ネタバレ》 原作既読。限定100万名入場者特典で0巻が貰えましたが、週刊少年ジャンプで読み切りとして掲載された分で既に読んでいました。その0巻の延長線上にあるといえばある今回のお話でしたが、0巻で描かれたクルタ族の末路への経緯や幻影旅団の過去が描かれると思いきや、オリジナルで違和感のある世界で拍子抜け。クラピカはほぼお休みでキルアのトラウマ克服話みたいになってますね。キャラ崩壊しているし、コレは無かったコトにした方がイイんじゃないかと思います。『緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』なんて副題を付けてるし、冨樫が0巻で描いたクルタ族絶滅やそれをやった旅団の設定をした上での映画、と思った私が甘かった。ヤツがそんなに仕事をするわけないわな。
ロカホリさん [映画館(邦画)] 3点(2014-02-12 23:22:46)
1.常に冒険してる分、お話的に想定内というか予想通りな出来映え。敵のオモカゲの声が下手くそだと思ってたら藤木直人でした。
真尋さん [DVD(邦画)] 5点(2014-02-09 12:51:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 3.67点
000.00%
1111.11%
2111.11%
3222.22%
4222.22%
5222.22%
6111.11%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS