テルマ&ルイーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > テルマ&ルイーズ
 > (レビュー・クチコミ)

テルマ&ルイーズ

[テルマアンドルイーズ]
THELMA & LOUISE
1991年【米】 上映時間:128分
平均点:6.41 / 10(Review 162人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-10-19)
ドラマバイオレンスロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
助監督ボビー・バス(第二班監督)
演出ボビー・バス(スタント・コーディネーター)
キャストスーザン・サランドン(女優)ルイーズ・ソーヤー
ジーナ・デイビス(女優)テルマ・ディッキンソン
ハーヴェイ・カイテル(男優)ハル
マイケル・マドセン〔男優〕(男優)ジミー
クリストファー・マクドナルド(男優)ダリル
スティーヴン・トボロウスキー(男優)マックス
ブラッド・ピット(男優)J.D.
ティモシー・カーハート(男優)ハーラン
ルシンダ・ジェニー(女優)リーナ
ジェイソン・ベギー(男優)州の警察官
ケン・スウォフォード(男優)少佐
マルコ・セント・ジョン(男優)トラックの運転手(ノンクレジット)
塩田朋子ルイーズ・ソーヤー(日本語吹き替え版)
佐々木優子テルマ・ディッキンソン(日本語吹き替え版)
菅生隆之ハル(日本語吹き替え版)
川島得愛J.D.(日本語吹き替え版)
西凜太朗ジミー(日本語吹き替え版)
田中正彦ダリル(日本語吹き替え版)
木下浩之(日本語吹き替え版)
脚本カーリー・クーリ
音楽ハンス・ジマー
挿入曲B・B・キング"Better Not Look Down"
撮影エイドリアン・ビドル
アレクサンダー・ウィット(カメラ・オペレーター)
製作リドリー・スコット
ディーン・オブライエン(共同製作)
カーリー・クーリ(共同製作)
配給松竹富士
美術リサ・ディーン
衣装エリザベス・マクブライド
編集トム・ノーブル
録音グラハム・V・ハートストーン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントボビー・バス
バディ・ジョー・フッカー
スティーヴ・ボーヤム
ノーマン・ハウエル
その他ディーン・オブライエン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
満たされない日常生活から解放されるためにルイーズ(スーザン・サランドン)とテルマ(ジーナ・デイヴィス)は2人で旅行に出かけた。しかしバーでテルマをレイプしようとした男をルイーズが射殺したことから楽しい旅行は逃避行へと変わっていく。女をみれば性の対象としか見ないバカな男たち。女であるがゆえの悲哀や潔さのすべてがつまった問題作。映画史に残るラストシーンは必見。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
162.《ネタバレ》 数十年ぶりに再鑑賞。ラストシーンとその後に流れるG・フライの記憶は鮮明に覚えていたが、改めて観て傑作だと実感。ルイーズはS・サランドンだったのか! C・セクストンも出てるし! みんな若いなあ。1990年代、男が女性の上に立つ時代を女性目線で痛快にアンチテーゼする展開は良いが、今改めて観ると最後は悲しすぎる。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 9点(2018-07-29 06:02:02)
161.《ネタバレ》 ラストシーンの二人の表情は、何度観ても最高だと思う。
私の中ではそれに尽きる映画。
とてもリドリーが作ったとは思えないところもなんだか良い。
それにしても、スーザン・サランドンは美しい。そして魅力的。
roadster316さん [DVD(字幕)] 9点(2018-04-30 23:38:03)
160.《ネタバレ》 観終わった帰りがけ、ずーっと放心状態だったのを思い出します。どんどん追い詰められていって、あのラストって。切なすぎる。
ゆっきーさん [試写会(字幕)] 8点(2018-04-25 21:07:06)
159.《ネタバレ》 人に勧められて見たのですが、まあ、大方の予想通り、ラストありきの無理やりな流れが目立ちました。1991年ってそんなに女性軽視の風潮残っていましたっけ?もうずいぶんと男女平等の時代だったように思いますけどね・・
女性軽視につながりそうですが、、なんだか全体的に雪だるま式に悪くなる過程がとにかく軽くて「やっぱ女は・・」的な印象が目立ちました。もう少し思慮深い行動をした上で今の結末になるのなら納得ですが、どうも自業自得としか思えないストーリーや描写がてんこ盛りです。(まあ、この映画で描かれている男も大概バカで最低な男ばかりですがね・・)

切ない余韻も含めて、言いたいことはよく分かるし一流役者揃いなのはGoodです。でも別の監督のほうが良かったかもしれませんね。ちなみに、マイケル・マドセンの役どころが全く理解できませんでしたが、、でも、大好きな役者さんです。。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-09-20 18:20:41)
158.1991年当時、どれだけ女性が虐げられていたのか。そしてそれが変わろうとする転換期。とまぁ、あまり深く考えずに見れば、役者さんの演技、演出は良かったと思う。さわやかな女の友情を見た。男の自分にはあと一歩理解しきれないけど。
ババロンさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-04-25 07:53:24)
157.《ネタバレ》 メキシコへの道のりは遠く、行きつく先は断崖絶壁。不条理な現実。不運の積み重ねで運命が一変してしまうことは、誰にでも起こりうる。冒頭の会話シーンだけで彼女たちの性格や親密さ、置かれた状況が自然に理解でき、これからの展開を期待させる導入部は見事。思わぬ殺人から逃亡劇は始まり、だんだんと引き返せなくなっていく展開も、人物描写が深く掘り下げてあるお蔭で、なぜ2人が犯罪を犯すことになったのか、なぜお互いがお互いに付き合うのか理解できる。当時の女性の立場や差別を適度に盛り込み、追われる身となって初めてテルマの心が解放されていく様子や、そんな彼女を手放しで喜ぶルイーズの優しさには感銘させられる。観客もこの時点は、2人の逃亡劇にすっかり魅了されているのだ。2人を追うこととなるハル警部は、最後まで本気で2人を救いたいと願い続けていた。彼女たちは本来は普通の女性だと彼には分かっていたのだろう。彼は観客の代表であるかのようだ。ラスト間際、2人の車を追いかける彼の後ろ姿は痛々しい。結末は衝撃的であるが、同時に心地よい開放感も感じさせるものであった。ハナマル!
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 7点(2016-11-15 22:01:35)
156.アメリカの映画を見ててつくづく思う。銃社会はあかん!せめてBB弾にしよ!
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-08-29 21:43:29)
155.《ネタバレ》 ルイーズが恋人とコーヒーを飲みながら別れるくらいまでは良い映画だったが、それ以降は
2流の映画になってしまった感じ。惜しいと思う。
特にガソリン車を撃った経緯は3流映画。選択肢がなくなり、自由を求めた者たちが
どんどん自由を失って、最後に、崖から飛ぶことしか残らなかった。
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-27 00:03:17)
154.《ネタバレ》 予備知識無く観始め、非日常を求める女たちの軽~いロードムービーかと思ってたら一転、非日常どころか超がつくような非日常になってしまった!戻りようもなく坂道を転げ落ちるように犯罪を繰り返しながら逃避行を続ける二人。時にはいがみ合いながらもノーフューチャーな旅を続けるうちに深い絆により結ばれていくのが分かる。そして最後の場面、ある程度予想されたエンディングながら、手をつなぎ合ったまま車を発進させる二人を観てると切なさに胸が締め付けられる。鑑賞後の余韻がとても深い映画であった。好み40/50、演出11/15、脚本13/15、演技9/10、技術6/10、合計79/100→8/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 8点(2015-07-02 23:05:25)
153.《ネタバレ》 ○どうもリドリー・スコット作品は苦手な印象だったが、本作は面白かった。○真面目なスーザン・サランドンと明るいジーナ・デイビスの関係も良く、途中に出てくるマイケル・マドセンやブラッド・ピットが良いアクセントになっている。○女版ニューシネマといわれているが、まさに俺たちに明日はない、いや私たちに明日はない。徐々に追い込まれていくのが、乾いた田舎の果てというのも良い。○ラストもジーンとくる。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-22 20:40:47)
152.おそらく、これはラストシーンを一番最初に思いついたね。あのラストシーンをやりたいために作りました、そんな印象の映画。
タケノコさん [DVD(字幕)] 6点(2013-11-14 21:39:26)
151.いつもヨーロッパの影を引きずっているような監督が、アメリカの中のアメリカ、西部を描いたというのがまず興味。広い空。ちょっとした週末の冒険旅行、馬鹿亭主からの逃避を兼ねたバケーションのはずが、男どもによって延々と延長されていく。馬鹿な男によって回転され続け、やがて静止したような澄んだ世界に入っていく独楽のような女たち。それにしても女二人で旅に出ると、出会う男はみんなこんなどうしようもないのばっかしなんだろうか。なんか女性からの「交渉打ち切り宣言」みたいな映画で、ラストはもうちょっと交渉の余地を残してほしいとも思うのだけど(男は指輪くれたしさ)、良かれ悪しかれ、このキッパリ感が記憶に残しているんだろう。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2013-06-03 10:06:23)
150.《ネタバレ》 テルマの男を見る目のなさにはあきれてしまう。
甘さからの大ポカには、ルイーズに感情移入して一緒に腹を立ててしまうくらい。
そんな足手まといのテルマが終盤はルイーズをリードする展開になるのがおもしろい。
二人の対照的なキャラがロードムービーで活きている。
ルイーズの悲しい過去を推察したテルマが、ルイーズをさりげなく思いやるのがいい。
ちょっとしたシーンもセンスが良くて笑える。
電話での旦那のひと言だけで警察が来ていることがバレたところや、黒人がパトカーのトランクにタバコの煙を吹き込んだところなど。
ストーリーも後半尻上がりに盛り上がっていくが、ラストが…。
うーん、他に選択肢はなかったんだろうか、どうしても短絡的に見えてしまう。
晴れやかに宙を飛ぶ二人の表情から、抑圧からの解放を表現したかったのだろうが、カタルシスよりも違和感が残った。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-31 00:11:43)(良:1票)
149.うん、やっぱりラストあるからこそ二人の逃避行が引き立つのですね。
nojiさん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-04 10:06:26)
148.《ネタバレ》 あのラストに鳥肌がぶわっと立った。
フライボーイさん [ブルーレイ(吹替)] 9点(2012-12-12 01:27:55)
147.《ネタバレ》 日頃抑圧されている二人が気分転換の旅に出るが、予期せぬ展開で犯罪に巻き込まれ、逃亡犯となり、とまどいつつも、ふっきれて自由さを感じ、自分らしさを取り戻してゆく。意外な展開と衝撃のラストが見どころ。狙いは明快だが、脚本の甘さが目に立つ。①あんな明るい駐車場でレイプするか?女も声を出して人を呼べばよい。②銃は撃ったことがない二人なのに、あんなにうまい。テレビで覚えた?意味不明。③ルイーズ(L)は過去に強姦されたトラウマを持つ。これが衝動射殺の遠因だが、強姦を思い出したくない為にテキサスを通りたくないは理解しがたい。緊急時なのだから。④(L)の恋人は、(L)に金を送ってくれと頼まれると、強い不審を覚えながらも、金を持参して現地に飛び、直接お金を渡し、さらにプロポーズの指輪も渡す。この行動が奇異。長年付き合っている恋人を旅行中に押し掛けてプロポーズするか?相手の様子がおかしいときに。しかも男はこれ以降出番がない。⑤(L)の強姦のトラウマが直接描かれない。(L)は物事をきっちりすませる性質の独立した働く女。恋人もいるが、結婚に踏み切れないのはトラウマのせいだろう。男性に対する不信感が強い。そこを正面きって描いていないので、彼女が男性を支配したときの開放感が薄い。⑥テルマ(T)はヒッチハイカーと懇ろになり一晩過ごすが、そこに至るまでがまどろっこしい。中ダルミでだ。男が金を盗み、それが(T)の拳銃強盗の契機となるので、男の役割は大きい。だが男はすぐに捕まり、刑事が二人の関係をいとも簡単に見抜く。このあたりは安直。⑦(T)の夫のまぬけっぷりが目立ちすぎる。(T)がこの男に抑圧されているから物語が成立するのである。もっと自己中心的で女を自分の支配下に置くようなキャラであるべき。⑧最後に刑事は叫ぶ。「よく考えてやれ!痛みつけられっぱなしの女なんだぞ」これは神(観客)目線に立った発言である。だが、刑事に二人の女の何が分るというのか?通り一遍の調査しかしてないではないか。◆二人の犯罪行動の動機の背景には男性に対する復讐がある。男性社会の鳥籠の中で暮らしてきたので、それは理解できる。だがその方法は全て銃に頼ったもの。銃一つで男女の力の差が逆転するだけ。犯罪にせよ、逃亡にせよ、女性らしい知恵や勇気、優しさで行動してほしかった。飛び降りは論外。笑いのツボは黒人がトランクの警察官に煙草の煙を吐くところ。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2012-07-09 21:11:56)
146.《ネタバレ》 いちいち断るのも面倒くさいですが、フィクションのクライムロードムービーをして観るならば、結構面白かったです!最後の結末も含めて、言いたいことはわかります。
ただ、どうしても考えてしまうのが『おかんにコレやられたらたまらんだろうな』ってことっす。いい歳こいて何やってんだか…ってね、ただこの映画、主人公が若かったとしたらこの良さがでないだろうしなぁ。。。と、まぁ、なんともぶっ飛んだ作品ですが、単純にガス抜き娯楽ムービーとして観ればよろし!ってことですかね。
ろにまささん [地上波(吹替)] 6点(2012-05-02 16:26:41)
145.《ネタバレ》 テルマあってこそのテルマ&ルイーズですよね。もしもこれがルイーズ&ルイーズだったならば、な~~~んも面白い事にはなっていなかったですよね。いらん事余計な事をしでかすテルマが微笑ましかった。いいじゃないか、一生に一度くらいハメを外してみたって あのままではとても気の毒なカゴの中の小鳥だったじゃないか
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-04-25 22:25:15)(良:1票)
144.面白いっちゃあ面白いんですが、手放しで絶賛する気は起きない。二人の結末はもっと違ったもののほうが似合いそう。あまり感情移入できない。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-05 16:09:40)
143.《ネタバレ》 後戻りできない方にどんどん転がっていくし、イライラさせられっぱなし(特にテルマに)だし、でもなぜか面白くて2回観ました。話の内容や2人のキャラよりも、朝焼けの空や赤茶色の荒野に、抑え気味の音楽がすごく合っていて、雰囲気そのものを楽しむことができました。映画館の大画面や音響だったらもっと楽しめたと思います。ラストは良かったですね。泣けました。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-17 22:24:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 162人
平均点数 6.41点
010.62%
110.62%
253.09%
384.94%
4106.17%
51811.11%
63924.07%
73722.84%
81811.11%
9148.64%
10116.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review12人
2 ストーリー評価 5.82点 Review17人
3 鑑賞後の後味 5.52点 Review17人
4 音楽評価 5.92点 Review14人
5 感泣評価 5.77点 Review9人
chart

【アカデミー賞 情報】

1991年 64回
主演女優賞ジーナ・デイビス候補(ノミネート) 
主演女優賞スーザン・サランドン候補(ノミネート) 
監督賞リドリー・スコット候補(ノミネート) 
脚本賞カーリー・クーリ受賞 
撮影賞エイドリアン・ビドル候補(ノミネート) 
編集賞トム・ノーブル候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1991年 49回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)ジーナ・デイビス候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)スーザン・サランドン候補(ノミネート) 
脚本賞カーリー・クーリ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS