Menu
 >
 >
 > ホビット/竜に奪われた王国

ホビット/竜に奪われた王国

The Hobbit: The Desolation of Smaug
2013年【米・ニュージーランド・英】 上映時間:161分
平均点: / 10(Review 36人) (点数分布表示)
アクションドラマアドベンチャーファンタジーシリーズもの小説の映画化3D映画
[ホビットリュウニウバワレタオウコク]
新規登録(2014-03-11)【ネフェルタリ】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【イニシャルK】さん
公開開始日(2014-02-28
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ジャクソン
キャストマーティン・フリーマン(男優)ビルボ・バギンズ
イアン・マッケラン(男優)ガンダルフ
リチャード・アーミテージ(男優)トーリン・オーケンシールド
オーランド・ブルーム(男優)レゴラス
エヴァンジェリン・リリー(女優)タウリエル
リー・ペイス(男優)スランドゥイル
ルーク・エヴァンス(男優)バルド
スティーヴン・フライ(男優)湖の町の統領
ジェームズ・ネスビット(男優)ボフール
ミカエル・パーシュブラント(男優)ビヨルン
ケイト・ブランシェット(女優)ガラドリエル
ピーター・ジャクソン(男優)(ノンクレジット)
ベネディクト・カンバーバッチスマウグ
森川智之ビルボ・バギンズ(日本語吹き替え版)
羽佐間道夫ガンダルフ(日本語吹き替え版)
東地宏樹トーリン・オーケンシールド(日本語吹き替え版)
稲垣隆史バーリン(日本語吹き替え版)
玄田哲章ドワーリン(日本語吹き替え版)
平田広明ボフール(日本語吹き替え版)
稲葉実グローイン(日本語吹き替え版)
小島敏彦オイン(日本語吹き替え版)
土田大キーリ(日本語吹き替え版)
茶風林ドーリ(日本語吹き替え版)
宮田幸季オーリ(日本語吹き替え版)
野島昭生ラダガスト(日本語吹き替え版)
塩田朋子ガラドリエル(日本語吹き替え版)
森田順平スランドゥイル(日本語吹き替え版)
平川大輔レゴラス(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子タウリエル(日本語吹き替え版)
大友龍三郎スマウグ(日本語吹き替え版)
磯部勉ビヨルン(日本語吹き替え版)
高木渉蜘蛛(日本語吹き替え版)
山路和弘バルド(日本語吹き替え版)
銀河万丈湖の町の統領(日本語吹き替え版)
志村知幸ブラガ[憲兵長](日本語吹き替え版)
天田益男ナルザグ[捕虜となったオーク](日本語吹き替え版)
最所美咲ヒルダ(日本語吹き替え版)
清水理沙シグリッド(日本語吹き替え版)
落合弘治フィーリ(日本語吹き替え版)
原作J・R・R・トールキン「ホビットの冒険」(日本語翻訳版・岩波書店、原書房刊)
脚本フラン・ウォルシュ
ギレルモ・デル・トロ
フィリッパ・ボウエン
ピーター・ジャクソン
音楽ハワード・ショア
編曲ハワード・ショア
コンラッド・ポープ
撮影アンドリュー・レスニー
製作フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン(共同製作)
ゼイン・ウェイナー
MGM
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給ワーナー・ブラザース
特撮ウェタ・デジタル社(視覚効果)
美術ダン・ヘナ(プロダクション・デザイン)
振付ベネディクト・カンバーバッチスマウグ(モーションキャプチャ)
衣装リチャード・テイラー〔特撮〕
録音クリストファー・ボーイズ
ゲイリー・サマーズ
その他ハワード・ショア(指揮)
コンラッド・ポープ(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.《ネタバレ》 前作に比べるとテンポが良くて見やすい。エルフ2人のスーパーテクニカルアクションが格好良いが、原作にないらしい場面が最大の見どころというのはどうなのか(笑)。そしてイケメンにはやっぱりイケメン向きの役割があったか。

前作以上にドワーフやホビットの「小ささ」の表現が磨かれていて、189cmのトーリン役アーミテージを始めドワーフだけやホビット1人の場面でもしっかり小さく見える。この点は『ロード・オブ・ザ・リング』で常に違和感があったので技術の進歩というのは素晴らしい。

今作ではドワーフの頑固さや傑出したリーダーであるトーリンの独善性が描かれる。「勇敢な種族」は勇敢であるだけに潔い。つまり諦めも早い。まあこの回はドワーフがめんどくさい奴らであることを強調する回なんでしょう。そろそろビルボも活躍させないといけないし。

竜のおしゃべりはカンバーバッチだからつい長くしたかったんだろうな。この竜は「悪いことするために存在する悪役」であり、物語上の作為的な障害物と言える。しかしそもそもこの世界はオークが完全に邪悪でマシな奴すらいない世界なので役割的な作為性はある程度は仕方がない。

映像表現は素晴らしいがその表現に唯一不満が。ファンタジーとはいえ人間が演じるので仕方がないが、一応前日譚なので『ロード・オブ・ザ・リング』の登場人物はもう少し若く見せる工夫があってもいいんじゃないかと思った。全部CGで化粧するのは大変だろうが、せめてガンダルフのヒゲはちょっと短く黒めにするとかしたらいいのに。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-01-06 04:19:27)
35.《ネタバレ》 5に近い6。中盤までは良かった。終盤、スマウグが出てきてからはファンタジー色が強くなりすぎて児童映画を見てる気分になった。スマウグが喋りすぎの竜になってしまっていて、前作で感じた孤高さ・残忍さが感じられず残念。一方、サウロンの登場はハラハラさせられ、続きが気になる。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-01-18 06:37:24)
34.三部作の真ん中の第二作なんてどうせ、中途半端なところで終わるんだろう、と思っていると、やっぱりその通り。
一応、正味2時間半もあるんだから、少しは物語が進むかと思ったら、これはさにあらず、ちいとも物語が進んだ気がしない。「竜が出た」って事実さえ分かれば、別にこの第二作は無くっても構わないんじゃないの、という気もしてくる。
だけど、表面的な見栄えという事に関しては、よくぞここまでやるなあ、と。CG使えばここまでできます、っての(だけ)を連発し、2時間半持たせてしまう、これはこれで一つの芸なのかな、とも思います。
とりあえず、急流すべり好きの方には、ご満足いただけるでしょう。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2017-01-12 22:44:55)
33.《ネタバレ》 ロードオブザリングより前の出来事の映画3部作シリーズの二作目。巨大グモの大群がいる森での冒険や、樽に乗って激流をくだる冒険など、今回も見所沢山で、楽しめたんですけど、全体的にはちょっとダラダラしたかな。テレビアニメのドラゴンボールみたいな引き伸ばし感覚を少し感じました。特に、クライマックスのドラゴンのくだりでは、肝心のドラゴン退治を次作にまで引っ張るのは、3部作全体で、ちょっと物語の切り方が、バランス悪いように感じました。ドラゴン退治まではうまくまとめれば出来たような。でも、より長く世界観を楽しめるので、好きな人はこれでいいのかも。次作も今じゃすぐ見れるし。レゴラスやガラドリエルなどのロードオブザリングのキャラの更なる活躍は単純に燃えるかと。
なにわ君さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-09-28 15:58:52)
32.《ネタバレ》 ロードオブザリングの前の状況がだんだん見えてくる展開は悪くないと思います。ただ、竜のエピソードは矢が刺さって今回で決着すると思っていたので見事に裏切られました。これだと3時間近い時間をかけて本当に途中のままぶった切られた感しか残りません。3作目で闇の勢力との決着が待っているのですから、2作目の区切りとして竜を倒しておくのが、観る側へのサービスとしては正解だったのではないかと思います。
まあでも、これだと3作目を見ないわけにはいかないですね。
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2016-05-28 12:39:42)
31.《ネタバレ》 ファンタジー世界でドラゴン退治に出たおっさん達一行は長い旅の末、
ドラゴンの巣へと忍び込む。
主人公はドラゴンを上手く騙そうとするが全てドラゴンに筒抜けだった。
ドラゴンの知識は半端じゃなかった。
激怒するドラゴンに立ち向かうおっさん達一行といった話。
映画「ロードオブザリングス(以後LOTR)」の主人公の親父の若い頃の話
「ホビット」の第2弾。
LOTRも雰囲気重視の話は大したことない映画だったけど
ホビット第1弾はその遥か下を行く映画だったので第2弾も見る気なかった。
でもこの第2弾は期待しなさすぎてまぁまぁ面白く感じました。
あと半永久的な寿命を持つエルフ族がLOTRと同じ姿で出てきたり
あとドラゴンが出てくるだけで燃えますねー。
これだけしっかりドラゴンが描かれている作品は少ない。
SASUKEさん [DVD(吹替)] 6点(2015-06-25 00:10:00)
30.《ネタバレ》 いくら三部作とはいえ1本の映画として金を取っているのだから話の落とし前をつけて欲しい。自分はパッケージ化された後に鑑賞したのですぐに次作が観れそうだが、封切りで観た人は「続きは来年」ではちと可哀想。まあ、ロケに使われたニュージーランドの景色は素晴らしい。暫定7点。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-04-03 22:41:32)
29.これ一作で終わらないのを知らずに見たが、とにかく長い。
美形ばっかりの映画が良いとは思わないけど、むさ苦しい野郎ばっかりの映画も見ていて辛い。
misoさん [インターネット(字幕)] 5点(2015-03-25 19:56:40)(良:1票)
28.もう完全に飽きてしまった。
ホビットシリーズは3部作ではなく、ぜったい1本入魂のほうがよかったのでは?
miumichimiaさん [ビデオ(字幕)] 4点(2014-12-23 11:37:07)(良:1票)
27.《ネタバレ》 凄く好きなシリーズなので公開初日に映画館へ。前作よりも闇の勢力が迫ってきているのを感じる一方でドワーフ達は相変わらずポップな旅を続けているのがなぁ...
そしてアクションシーンも少しやり過ぎで私の思う作品とは違っていました。
最終作へ期待を込めての7点です。
dy2cyrさん [映画館(字幕)] 7点(2014-12-20 14:38:08)
26.《ネタバレ》 13日に完結編が公開ということなのでそれ合わせて鑑賞。ロード1に匹敵するぐらいの中途半端な終わり方でしたがまあ映画公開までもうすぐなのでそこまでマイナス要因にはならず。ストーリー的には別段大したことはないですが、今回もピーター・ジャクソンならではのアクションシーンがてんこ盛りな作品なので見応え十分で非常に楽しかったです。特に最後の竜との対決は迫力満点でこれぞボスキャラという感じですごく盛り上がりました。それだけに決着つかずの終わりには不満を感じてしまいましたが。王の帰還が映画館で見てメチャクチャ面白かったので今回の完結編も期待してます。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2014-12-09 22:55:53)
25.三部作の最終作公開のタイミングを知り、一年前の公開時にスルーしたままになっていたこの第二作目をようやく鑑賞。
「ロード・オブ・ザ・リング」(以下LOTR)は全作を劇場にて高揚感たっぷりに観たタイプなので、同様に繰り広げられる大ファンタジーの壮大な世界観には、やはりアガる。
ただし、生じた高揚感の矛先は、この“前日譚”を通り越して、やはり「LOTR」に向いていることは否めない。

前日譚であることの宿命とはいえ、「LOTR」と比べてしまうと物語規模の圧倒的な小ささを感じてしまう。そして、ストーリーテリングの推進力も、圧倒的に弱い。
「LOTR」は、常に別の道程を辿る各パーティーの冒険が並行して描かれ、それがストーリーテリングに厚みを持たせていたが、今作は基本的に主体であるドワーフ一行の冒険のみが延々と続くので、どうしても飽きてしまう。それぞれのキャラクターに華がないことも痛い。
最終作を観ていないので明言はできないが、無理に三部作などにする必要はなく、単作で纏め上げたほうが良かったと思う。

大スクリーンで観てナンボの作品であることは間違いないので、自宅の小さなテレビで観たことは大いにマイナス要因だっとは思うけれど、現状の期待値では最終作を観るために劇場に足を運ぶことは正直難しい。

英BBCの「SHERLOCK」の大ファンなので、マーティン・フリーマン(ホビット)とベネディクト・カンバーバッチ(スマウグ)の「対峙」は、ちょっと胸熱だったけれどね。

最後にこれだけは言いたい。
前作では敢えて突っ込まなかったが、“ずんぐりむっくり”が身体的特徴のはずのドワーフなのに、“王”や“恋愛担当”は結局細身のイケメンであることが、なんだか納得いかない。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-12-08 16:58:13)
24.あいかわらず長いストーリー展開。ドワーフだけじゃビジュアルもたないのでイケメン補正。
イケメンだから物語進むといった印象受けました。
とまさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2014-11-02 14:23:20)
23.《ネタバレ》 ロードオブサリングの感動再び!と勢い込んで観たものの、確かに映画としてはある一定の水準に達してはいるのだけど、さすがに原作のボリュームを考えるとこちらも同じような枠組みで三部作にするにはやっぱり無理があったんじゃ…、と思わせた前作。――今回、続編である本作を鑑賞してみて、そんな僕の懸念は残念ながら確信へと変わっちゃいました。壮大な世界観、世界の存亡を懸けた血湧き肉踊る躍動的なストーリー、個性豊かな魅力に満ち溢れたキャラクターたち…。前シリーズに横溢していたそんな魅力があらゆる面でスケールダウンしちゃってますって、これ。やっぱりスピンオフという位置づけで一作だけですっぱり終わらせちゃうか、それとも90分位の尺で三部作としちゃうか、どちらかにしたほうが良かったと思います。もう、今作の中盤からクライマックスに掛けての半端じゃない「頑張って引き伸ばした感」は観ていて痛々しくさえありました。そして、主人公ビルボをはじめとする髭もじゃドワーフたちにほとんど魅力が感じられないせいでいまいちストーリーにのめり込めないってトコがもう致命的ですね。冒頭から襲い掛かってくる巨大毒蜘蛛の群れだとか樽を活用したドワーフたちの脱出シーンだとか、細部の映像のクオリティの高さは相変わらず良かっただけに残念っす!!最終作が公開されればもちろん観るけれど、うーん、今からちょっと期待薄な予感が…(笑)。でも、一縷の望みにかけて次作を待ちたいと思います。頑張れ、ピーター・ジャクソン!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2014-10-31 19:40:13)
22.《ネタバレ》 前作は1本の作品として纏まっていたけど、今作は完全に繋ぎの回になってしまってますね。
とりあえずわかったことはエルフ最強ということ。
彼らの戦闘シーンのスピードと美しさは特筆すべき映像感覚だったけど、その分だけ髭のおっさんたちの無能さが際立ってしまってます。
ビルボが参加してなかったら蜘蛛に食われて全滅だし、助けてもらっても直ぐエルフに捕まるという情けなさ。
エルフの里からの脱出もビルボ頼り、鍵穴も早々に諦めてビルボに見つけてもらって、アーケン石もビルボひとりに押し付けるという非情さ。
ラストでちょっと頑張ったけど、結局はスマウグを怒らせただけで終わってしまった。
そのスマウグもちょっと喋り過ぎで、威厳が失われてしまってたように感じる。
それでも、まあ、髭のおっさんたちの珍道中を面白おかしく描いた作品だと思えば、悪くない出来なのかも知れない。
とりあえず映像の迫力だけは凄かったです。
もとやさん [DVD(吹替)] 6点(2014-09-12 11:40:16)
21.《ネタバレ》 ただただ圧倒的な映像にため息が出る2時間40分 しかし前作の次々に危機が訪れるようなのっけ盛り型のアクションではなかった ストーリーが複雑になったせいか中盤が退屈に思えたのはロードオブザリングの劇場版2作目のようだ しかしシリーズ最高傑作のSEE版ロードオブザリング2作目の様にホビットにもSEE版が出るに違いない SEE版にはエルフの王、スランドゥイルとドワーフの王のトーリンの過去の確執やら、急に仲良くなった様に見えたエルフのタウリエルとイケメンドワーフのキーリの交流が描かれたりするんだろうな 劇場版はこの辺がはしょられた感じだったので今ひとつ深くストーリーに入り込めなかった 湖の町・エスガロスに住むバルドとドラゴンとの確執ももうちょっとわかりやすく見せて欲しい SEE版に期待する イケメンドワーフのキーリの傷が思わしくないので湖の街に残る事になったが、仲間達の何人かが同じく街に残る事を志願する この旅の使命よりも旅の仲間の命を優先する展開はロードオブザリングでの、旅の目的よりも攫われた仲間の奪還を優先させたシリーズのお約束の様に思えた 「なによりも大事なのは仲間だ」というリングシリーズ最優先のテーマだ ラストは相変わらず「おいおい、ここで終わりかよ」って思った しかし「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」と同じホビットシリーズの解説篇的な立ち位置になる作品じゃなかろうか
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-08-30 12:00:55)
20.《ネタバレ》 巨大蜘蛛との格闘シーン、樽に乗っての川下りシーン、そして終盤のドラゴンとの格闘シーン等、目に楽しませるシーンが多くて良かったですね。特にそのドラゴンは実に巨大で、小さなビルボとでっかい竜の対比が効果的。でも竜スマウグはやたらと饒舌で、あの会話好きはスマウグの怖さを低下させていたような気もします。風景的な美しさは前作のほうが多かったかな。あの終わり方は、いやがうえにも先が気になるね。早く完結編が見たい。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2014-07-19 20:55:40)
19.《ネタバレ》 死にかかったドワーフが女エルフに助けられるのも、彼がイケメンだった為。レゴラスが助けに来たのも女エルフのおかげであり、それも全てドワーフの彼(キーリだっけ?)がイケメンだったから。逆に言えば、あのドワーフの中に「イケメン」がいなかったらはたしてどうなっていたか!?急流下りは助からない、仮に助かってもその後の街でのオークの襲撃は助からない、キーリも当然助からない。世の中やっぱり顔なんだという厳しい現実を突き付けられた悲しい映画でした・・・シクシク。
最後はキングギドラ化に大爆笑しつつ、ここで終わんのかよ!と盛大にずっこけて終了。
バルドが髭のある時のオーランドブルームにそっくりすぎて、一人二役だと勘違い。後で調べたら、タイタンの時のアポロン役かぁ・・・いたなぁこんなやつ。これからブレイクする役者になるのかな?しかしほんと、顔似てるよなぁ
みーちゃんさん [映画館(字幕)] 7点(2014-07-15 11:19:28)(笑:1票)
18.《ネタバレ》 前作にそれほど大きな印象なく、最後は何やらドランゴンが出て来て「つづく」となった記憶があるんだけれども、どうもそこから話が続いて行ってるように感じない始まりで、また「前作はいったい何の話だったけ?」と記憶がボンヤリなので、置いてかれたような気分でした。「つまらないなぁ」と感じはじめて、ようやく川下りシーンで面白くなって行きますが、その後はまた「ちょっと長いよ~」という気分に。ゴラムが全く出てこないのは、やっぱりつまらないです。
だみおさん [DVD(吹替)] 4点(2014-07-14 19:09:00)
17.王国を取り戻すことが目的であるはずなのに、そもそもドワーフを唆したガンダルフは、”新たな敵”と対峙することとなりどうにも物語の行く末がボケて来ているように感じる。主人公たちであるドワーフに肩入れしようにも、行く先々で「欲深な…」と罵られ、結局あの財宝をみればその表現もあながち間違ってないかも…と感じて、さらにう~ん…。ロードオブ…同様、三部作なのかはたまたそれ以上かわかりませんが、物語の落としどころは回を重ねるごとに不透明さを増してますな。
黒兵衛さん [DVD(吹替)] 5点(2014-07-13 14:37:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
438.33%
5822.22%
6822.22%
7925.00%
8719.44%
912.78%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 6.66点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review2人

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 
音響効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞クリストファー・ボーイズ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS