WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~
 > (レビュー・クチコミ)

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~

[ウッジョブカムサリナアナアニチジョウ]
2014年【日】 上映時間:116分
平均点:6.98 / 10(Review 49人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-05-10)
ドラマコメディ青春もの小説の映画化
新規登録(2014-03-16)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2016-05-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督矢口史靖
佛田洋(特撮監督)
キャスト染谷将太(男優)平野勇気
長澤まさみ(女優)石井直紀
伊藤英明(男優)飯田ヨキ
優香(女優)飯田みき
西田尚美(女優)中村祐子
有福正志(男優)小山三郎
マキタスポーツ(男優)田辺巌
近藤芳正(男優)林業組合専務
光石研(男優)中村精一
柄本明(男優)山根利郎
田中要次(男優)指導員
清野菜名(女優)高橋玲奈
菅原大吉(男優)勇気の父
広岡由里子(女優)勇気の母
古川雄輝(男優)
谷澤恵里香(女優)
原作三浦しをん「神去なあなあ日常」(徳間書店刊)
脚本矢口史靖
矢口純子(脚本協力)
音楽和田亨(音楽プロデューサー)
林祐介(音楽制作 ストリングスアレンジ/ピアノ)
撮影芦澤明子
製作市川南〔製作〕
東宝(「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会)
日活(「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会)
TBS(「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会)
徳間書店(「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会)
朝日新聞社(「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会)
毎日放送(「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会)
企画TBS
博報堂DYメディアパートナーズ
日活
プロデューサー濱名一哉(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
特殊メイク藤原カクセイ(特殊メイクデザイン)
美術藤原カクセイ(特殊造形)
編集宮島竜治
動物
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
49.《ネタバレ》 良質の娯楽作品。
それを矢口監督は提供し続けてくれる。
本当に感謝。
彼のような監督が多い方が業界としては健全なのだろうけど・・

怪優、染谷くんの主演映画。
好感持てます。
そしてクライマックスのラストの祭り。分かりやすい祭りですね~(笑)

それに長澤まさみって色んな役に挑戦してますね。頑張れ~!
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2018-07-29 15:05:18)★《新規》★
48.チャラい友達はかつての自分、それも許容できる大きな人間になってくれ。なんちゃって
東京ロッキーさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-04-24 17:47:30)
47.《ネタバレ》 あの恐怖のジェットコースターは最高!

林業になる過酷さを、あの可愛いチラシ?にのせられ、
軽ーい気持ちで何にもないところに行くけど、
怒られ怒鳴られヒルに喰われマムシに噛まれながらも、
山の男になっていくあんまり知らない主人公だったけど、
いいキャスティングだった。
まわりの俳優陣もすごかったし。

一番驚いたのは優香ちゃんかな(笑)
新しい生物さん [インターネット(邦画)] 8点(2017-12-18 03:03:41)
46.ベタな内容ですがベタが嫌じゃないならおすすめです。
アフロさん [インターネット(邦画)] 7点(2017-09-24 18:07:09)
45.《ネタバレ》 矢口監督の作品とは知らずにスタート。
矢口監督と言えば、ウォーターボーイ、スウィングガールズと二本見て「若い頃に出会いたかった」という感想だったのですが、・・・
これは・・面白い。
歳をとって自分が一周したからか?
それとも単純にこの作品が面白いからか?
恐らくは後者なのでしょう。
ダメダメな主人公が少しずつ成長(本人には頑張り感は無いのに)していく様に感動し、
ヒロインの長澤まさみの演技に惚れ惚れし・・
昨年大河ドラマで脱純情女優、汚れ役もこなし二度目の大ブレイクを果たした彼女。
その片鱗を垣間見れる作品ですね。
惜しむらくは、再会を果たすシーン。
主人公の手から◯◯がパラパラと・・なったところ。
あれは蛇足。
ヒロインは嫌悪感しか湧かないだろうと思え、それからどんな頑張っても「好き」になるはずがない
と感じた。
あのシーンが無ければ、10点をつけていたかもしれない。

追加でもう1つ
中村林業(株)の社員で、柄本明に似ている俳優さんがいらっしゃるが、
ミスキャストだと思う。
祭りに参加させないとした寄り合いで、お茶を持って座る社長の隣にいらっしゃる方。
このシーンまで、えっとぉぉ違う方だよね? いや、・・・
と感じていた。
私だけ?
yoshi1900olololさん [インターネット(邦画)] 9点(2017-09-10 14:24:53)
44.《ネタバレ》 田舎の人間の田舎臭さと田舎の素晴らしさがよく描かれている。大学受験に落ちた主人公が目にした一枚のチラシからという何とも不純な動機から選んだ仕事に色んな人と接するうちにどんどん好きになっていく。そんな主人公が大学時代の仲間の態度を見て、カメラを壊すシーンが私は一番好きです。そんな主人公、勇気の姿を見た村の人々と仕事仲間が勇気の事を完全に仲間だと認め、祭りを盛り上げるシーン、丸太にぶら下がり、下るシーンの可笑しさ等、笑えるシーンが多い。出てくる子供達の大人をからかう姿も面白い。面白い作品を見せるんだという監督の想いが伝わる作品です。生き甲斐とは何か?携帯電話等、繋がらなくても言葉が有れば相手に気持ちが伝わる。この作品に出てくる人達は皆、自分の気持ちに対して真っ直ぐで正直だ!言葉の重みと大切さをきちんと見せてくれている。だからこそ、最初は勇気に対して良い気分を見せていなかった伊藤英明や長澤まさみが気持ちに応えて見せるのだ。田舎で生きている自分にとって改めて田舎の人間の人間的な素晴らしを見る事が出来て良かったです。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2016-11-14 17:55:02)
43.《ネタバレ》 一人のチャラチャラした青年が山奥の村の生活を通じて成長するとゆう映画。ある意味、ルーキーが色々経験するとゆう新兵モノでもあり、さらに長澤まさみとの恋愛青春モノの要素もちょっとあり、ノホホンと楽しんで観られるとてもよく出来た娯楽作品でした。林業とゆう普段あまり知らない仕事の内容とか、村での生活の独特さとか、へー、そうなんだと新鮮さを感じる部分も多く、笑いどころも所々にあって、退屈さはほとんど感じませんでした。巨大な大木を切る様や、最後の祭りの模様(巨大すぎるチンチンのジェットコースター)などには、スペクタクル感もあって、映画としての迫力も良かったです。キャラとしては先輩キャラの伊藤英明がかなりのはまり役で、遠くから走って車に乗り込むシーンはスゴスギ。木を切るシーンも実際に役者が木を切っている部分をちゃんと描いてて、実在感を感じます。挨拶を何回もゆうとか、エンドクレジット後のチラシとか、おにぎりの伏線の回収とか、なるほどーと感心する箇所も多く、なんかニンマリしてしまいます。鑑賞後は、楽しい映画を観たなーって感じでまたまたニンマリ。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-11-05 17:32:25)
42.《ネタバレ》 林業という漠然と木を切って売るだけの仕事というイメージしかない職業に、スポットを当てて、それだけの単純な仕事ではないということを知ることができてよかったと思う。よくよく考えてみれば野菜と違い、木の成長は遅い。自分が育てた木は自分のためにではなく、孫やひ孫のため。奥が深い。
1年もど田舎にすんでいると、都会に戻ったときにいろいろと煩わしさや、便利すぎる点、汚れた空気などが気になって、また田舎に戻りたいという気になるのは、人それぞれの感覚の物だと思うが、長澤まさみみたいな可愛い子がいれば、100人中100人が田舎に戻るだろうな。
まあ、現実はそうあまくないのだが。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-10-12 14:57:55)
41.《ネタバレ》 軽い気持ちで林業研修プログラムに参加した主人公が、徐々に変わっていく様がいい。
スローライフを見学に来たチャラい学生たちこそ、かつての自分の姿。
その姿に苛立ちを感じるということは、自分が成長した証拠。
王道の青春ものという感じ。ただ、ちょっとタッチが軽いので、もっと深く切り込んでくれたらとは思う。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2016-07-31 23:17:21)
40.期待せずに何気に観たら楽しめましたし、そんなに考えた事も無かった林業にも興味が湧きました。伊藤英明さんはやっぱり熱血な役が似合う。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-05-16 01:59:54)
39.《ネタバレ》 個人的な話ですけど、サラリーマンを辞めた後に自宅のパソコンが壊れて一週間近くネット環境から離れたことがあります。スマホを持たない自分は情報の収集量と収集効率が格段に落ちました。当初は形容しがたい不安感と不自由を覚えましたが、数日を経るとどうってこと無くなりました。ネットワークから得ていた情報の大半が、生活に必須のものでは無かった事に改めて気付かされた出来事でした。
で、本作のテーマは何か? スマホが無くても生活は充実する。コレですねw
高校時代の友人の林業見学は原作に無いエピソードですが有効なアレンジでした。主人公が林業生活に適応して行く過程の省略をリカバーし、「林業=スローライフ」をたしなめ、ラストのヨキの涙への伏線として機能しています。主人公がその後の一生を林業で過ごすかどうかは分かりません。でも、現代的な利便性より優先すべき価値観を持った経験は彼の成長の証です。それが心地よく響く映画でした。
再び個人的な話ですけど、そろそろスマホを持とうと思っておりますw
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-04-10 02:45:57)(良:2票)
38.不覚にもベタな展開に感動した。ただ、雑なつくりがちらほらと見え、少し残念。
クロさん [地上波(邦画)] 5点(2016-04-06 15:32:02)
37.木々の臭いが心地よい、思った以上に良い映画でした。
あんなにイイお姉ちゃんがいるなら私も山でがんばってみたい。
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 7点(2016-03-12 22:43:02)
36.見る前の予想を裏切らないベタな展開のベタな映画。
だがそれが逆に安心して見られるし面白く良かったと思う。
ベタなストーリー展開はやはり万人に受けるからこそなんだな、と改めて思った。
misoさん [地上波(邦画)] 7点(2016-03-07 19:05:27)
35.どうも染谷の演技が気になってしまってダメ。林業のシーンは良かったし、伊藤英明はじめキャストも良かっただけに残念。
nojiさん [地上波(邦画)] 5点(2016-02-28 22:43:03)
34.カルチャーショックにもめげずに頑張るチャラチャラした主人公、やっぱりさかりのついたオスのエネルギーは強い。僻地や村人の雰囲気がコミカルに描かれているのであまり現実感がないですが、共感ラインぎりぎりの脚本と演出が、笑いと涙の絶妙なバランスを作り出しています。
ProPaceさん [地上波(邦画)] 8点(2016-02-28 01:02:38)
33.こういう映画ってあるよな〜、という感じ。
青春という雰囲気が分かりやすい。こんなに幸せな現実ばかりでは無いと思うけど、娯楽作品としては時々観たくなる展開なので加点したくなる。
simpleさん [地上波(邦画)] 7点(2016-02-26 22:47:23)
32.《ネタバレ》 結構下ネタをぶっ込んでくるけど、なぜか不思議とそう感じない独特の調和がとれてるね~。まぁそれは伊藤英明・染谷くんの意外なほどのハマり具合もあって、かつ日本の林業の奥深さもしっかり描いているのも良い点かな。でも最後のお祭り?はチョットやりすぎでしょ(苦笑) 俳優さんたちのバランスがとれていて観てて楽しかったですね。なかなかでした。
Kaname🌟さん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2016-02-13 22:50:07)
31.けっこう笑えた(^^)
しかし昔の人はあんなんして大木を切ってたんやなぁ~。
城作るん、ほんまに大変やったやろなぁ~。
アキラさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2016-02-08 23:21:07)
30.ほんまに長澤まさみがいるなんて最高やん。長く続けられる最高の要因だと思う。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2016-02-08 21:31:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 49人
平均点数 6.98点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
412.04%
536.12%
6816.33%
72244.90%
81428.57%
912.04%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.42点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review6人
4 音楽評価 6.50点 Review4人
5 感泣評価 5.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS