そこのみにて光輝くのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > そこのみにて光輝く
 > (レビュー・クチコミ)

そこのみにて光輝く

[ソコノミニテヒカリカガヤク]
2013年【日】 上映時間:120分
平均点:6.78 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-04-19)
ドラマラブストーリー
新規登録(2014-05-03)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2014-10-07)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督呉美保
キャスト綾野剛(男優)佐藤達夫
池脇千鶴(女優)大城千夏
菅田将暉(男優)大城拓児
高橋和也(男優)中島
火野正平(男優)松本
伊佐山ひろ子(女優)大城かず子
田村泰二郎(男優)大城泰治
原作佐藤泰志
撮影近藤龍人
配給東京テアトル
美術井上心平
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.救われない世界、でも生きていくしかない。
そういう哀しい物語を上手く表現している。ただし、リアリティの描き方で好き嫌いは分かれる映画。
simpleさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-08-14 18:55:00)★《新規》★
22.《ネタバレ》 仕事を辞めパチンコと散歩の毎日を過ごす青年が
偶然パチンコ屋で知り合ったフレンドリーな若者の住む
バラックで出会った若者の姉に惹かれる。
しかしこの家族は寝たきりの父、疲れきった母、
若者も傷害事件で仮釈放中、姉も家族のため体を売って生活しているなど
数々の問題を抱えて極貧の状態であった。
青年は若者の姉の抱える問題に向き合うことになる。

良い作品。
全体的にドンヨリとした陰鬱な世界観だが妙なリアリティがある。
青年役綾野剛、若者役菅田将暉、姉役池脇千鶴の演技がすばらしい。
だらしない男の印象だった青年が実はしっかり者で
うざい印象の若者もだんだん憎めなくなってきて
姉もこの生活から抜け出すことを諦め気味になってて
でも青年の言葉で少しずつ心動いていく。
そういった変化が良かったです。
SASUKEさん [DVD(邦画)] 8点(2017-11-11 23:03:20)
21.《ネタバレ》 失礼を承知で言うなら「しょーもない作品」の一言である。
各役者の演技力、菅田将暉演じる拓児の憎めないキャラクター、そして池脇千鶴のヌード。
ただそれだけで支えられて居るだけ。残念ながら内容が何もない。
これが社会の底辺の物語ですとでも言わんばかりの設定にして、
あなたたちとは違う世界の物語を感じ取りなさいとでも言いたいのか。
山で人を殺したって、あんなチェックもろくにせずに発破ってただの殺人ですわ。
まぁ現時的には過失致死罪でしょうが。
綾野剛は自身の贖罪も行えない癖に安っぽい倫理感と愛を振りかざして
やってる事は一家を崩壊に導いてるだけ。
結末も描けず放り投げて、後は皆さんのご想像にお任せしますの放り投げの
シャットダウンエンド。こんなのが、なんちゃら賞みたいなのを取るから邦画は進歩がないし
こういう映画を素晴らしいと言う風潮に辟易しますわ。

いや、もちろんこういう映画の存在意義まで否定するつもりはないが評価に見合わないのか、
他にこの作品を越える物が本当に無かったのかと思うと嘆かわしい。
こういう作品は沢山ある作品の中に埋もれてこそ輝く。
神輿にのせて皆で担ぎ立てるような物では無いと思って居るので
この作品のファンならびに関係者には申し訳ないけど酷評させて貰いました。
デミトリさん [インターネット(邦画)] 4点(2017-03-10 01:18:27)
20.《ネタバレ》 池脇千鶴がちょうどいいの。
いい女過ぎると嘘臭いし、魅力が無いと萎えちゃうしね。
この絶妙な立ち位置が素晴らしいの。
そこ以外じゃ絶対に光り輝かない場所に立ってたね。
ハッピーエンドではないけど、救いのあるラストで良かったよ。
殺しちゃってたら後味悪かっただろうけど、殺さない程度の絶妙な落とし所に安心しました。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2016-11-27 14:31:53)
19.《ネタバレ》 うーん。もうこういう不幸な方ばかりを選んで歩く人たちのことを、映画でまで観たいとは思わないなあ。おめ、馬鹿か、達夫っ(はねるようなイントネーションで)と言いたい。
なたねさん [DVD(邦画)] 2点(2016-10-06 21:02:37)
18.《ネタバレ》 特に大きな山場も無いのに、最後まで引き込まれました。
達夫、拓児、千夏の3人のキャラクターに役者がピッタリでした。
綾野剛は、こういうグダグダしたヘタレだけど、芯がぶれてなくて気持ちが優しいというキャラが上手いし、
菅田将輝も、明るくてくったくなくてバカだけど根が良い奴ていうのがハマってます。

そして何より引き付けられたのは池脇千鶴。
彼女の演技を見るのは多分初めてですが、何もかも受け止めて包み込む包容力のある千夏そのものに見えました。
割とその辺にいそうなちょっと可愛いお姉さん風で、スタイルも肉感的で、やたら細かったり人工的な感じではないところが、この作品の雰囲気に合ってました。

千夏には、男のずるさもワガママも何も見返りを求めずただ受け止める包容力、いうなれば母性があります。
酷い家庭環境でも逃げ出さずに受け止めて対処してる。
対処の仕方が一般的ではないとしても、誰を責めるわけでもなく、しょうがないじゃない私がするしかないんだから、という感じで黙々とこなしてます。

最初は、達夫が千夏が売春をしてるのを知った後も気持ちが変わらないのは何故かと思ってましたが、見ているうちに理解しました。
達夫が自分のトラウマを千夏に話したとき、千夏が「だから、あたしみたいな女でいいんだ」と言うと「そうじゃない」と否定してました。
傷心の達夫は、本能的に自分を丸ごと受け止めてくれる千夏の包容力を求めたんですね。

人間としては達夫や拓児よりクズ度の高い社長(高橋和也)も、ただ都合の良い女として千夏を扱っていたのではないことは言動でわかります。
達夫が「家族を大切にしてください」と言ったとき、「大切にしてるから、おかしくなるんだ」という捨て台詞は良かったです。
達夫が山へ戻る気持ちになり、3人にやっと僅かながら未来への希望が見えたあと、そのままハッピーエンドにはならないだろうと思いましたが、誰も死ななくて良かったです。

そしてラストの美しい海岸でのシーン。
泣き笑いの千夏とつられて弱い笑みを浮かべる達夫。
どん底の中わずかな希望を感じさせ、黒い画面に白抜きでタイトル。
狙ってた感が漂うとはいえ余韻の残る終わり方は良いと思います。
nanapinoさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-08-21 18:32:29)
17.《ネタバレ》 地方の貧困と、弱者同士の儚いラブストーリー 冒頭から、どう見てもクズの主人公綾野剛の、どうしようもないその日暮らし振りが、同じくクズとしかいいようがない大城拓児と出会って、なんとなく仲良くなるあたりはかなりリアルだ 汚くてバカで育ちが悪いが良い奴、って言う感じが、ひしひしと伝わって来るのはそれなりに巧い作りだと思った 大城家の家は凄まじく貧乏だが、地方都市の海沿いのバラックにはこんな人達が住んでるかも、と思わせる容赦ない演出 主人公がその凄まじい家に、ためらいながら入る一歩目を運命的に見せているカメラワークは秀逸 しかし中盤で綾野剛がクズではなくて、山で発破を使う仕事をしていたが、部下を失って街に降りて来て悔恨の日々を送っている人物だと言う事がわかると気持ちがさっと冷めた どうしようもないクズがほんのちょっとでも前に進む話じゃ無くて、「元々はクズじゃなかった」&ありがちな「心にキズを負って立ち直れないでいる人」だったのだ これはちょっとがっかりした 個人的な期待が裏切られたせいか、主人公が山で部下を失ったシーンを、最初に見せても良かったんじゃなかろうかと思った ヒロインが週三回の工場のアルバイトをしながらも、体を売って家族を支えても、尚この究極の貧困という状況がいまいちピンとこない 寝たきりの父親の世話だけじゃなく、性欲の処理までもする貧困からくる残酷がテンコ盛りすぎる理由がわからない この話に感情移入するためにも、この状況になったはっきりした理由が欲しい なので、むしろヒロインはもっとクズの方がリアルだ ラストで主人公が拓児をアパートの廊下で抱きしめるシーンは泣ける この拓児役の菅田将暉の熱演が光る この人を憶えておこうと思った エンディングもほんのちょとだけ救いが有るとおもわせる展開 朝の美しい光の中で、この二人にとっては今がどん底で、この先には今よりはマシな未来が待っていると思わせるラストシーンに心が震えた
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2016-05-10 12:36:54)
16.《ネタバレ》 役者陣が素晴らしかった。ただ達夫が山に戻るって設定が弱くて原作読んだら、だいぶ設定が変えられていた。でも2時間にまとめるならば仕方なかったのかな。拓児が社長を刺した時は不謹慎ながらクスッと笑ってしまい、ずっと「か〜ず〜こ〜〜」って言ってたボケ父が「ち〜な〜つ〜〜」って言い出した時はゾッとした。
movie海馬さん [試写会(邦画)] 6点(2016-04-28 16:02:05)
15.《ネタバレ》 素晴らしい作品でした。
もちろん決して明るく楽しい作品ではないけれど、
始まりからラストカットに至るまで、制作陣、出演者達に一分の隙もなかったです。
特に菅田将暉さん、彼は凄かったですね。
なんとも愛らしくて、感情移入しまくり。
達夫、千夏、拓児がとにかく這い上がる事だけを切に願って、映画に没入してしまいました。
そんな中、三人で祝杯をあげるシーン。
よーし、やったぞ!
と思って、何気に時計を見たらまだ80分。
そう、前半の陰鬱な展開で時間感覚が麻痺していたようです。
と言うことは、もう一悶着あるのか。。。って落ち込みましよ、マジで。
そしたら案の定、祝杯を台無しにしてしまう事件発生。
あちゃーと思ったけど、誰も死ななくて、本当に良かったです。

なんとか踏みとどまった彼らに、泣きそうになりました。

そして美しいラストシーンとタイトルの余韻。

この軽薄な時代にこんな作品に出会えて良かったです。



余談ですが、テレビとかで喫煙シーンを問題視する向きがあるようですが、
この姉弟のようにライターひとつで運命が変わるような事もあるんですよね。
性描写や暴力シーンなどレイティングは仕方ないにしても、
世の中が勝手に『汚い』と定めてるものを観て、どう感じるか?
そんな問いかけすら許さないような風潮は怖いですね。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 9点(2016-02-20 15:24:25)
14.主役の演技力は素晴らしいと思うし、ラストの美しさなどは「すごい!」としか言いようがないくらい救済感あふれるシーンで、映画としてのクオリティは決して低くないと思いますが、登場人物に共感できる部分がない、というより、大嫌いな性質の人間ばかりだったため、映画の評価よりも不愉快さが先行してしまいました。
特に、拓児のような精神的に弱いダメ人間、どこまで自分を下げりゃ気が済むんだと言いたくなるような千夏。解説には「閉塞感漂う北の町で~」とありましたが、町に閉塞感があるわけじゃなく、こういう人たちの目線で社会を描けば、南国のパラダイスだって閉塞感漂う世界になっちゃいますよ・・・としか思えませんでした。ラストシーンが本当に美しかっただけに、とても残念でした。
もうちょっと違うカタチで料理してくれれば、美味しさを味わえたと思うのに・・・。単に、自分の好き嫌いだけで、料理そのものの評価まで下げるようなマネはしたくありませんが、やはり平均点よりは低い点数になってしまってすみません・・・。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-12-09 10:28:53)
13.《ネタバレ》 お話自体は大したことじゃない、出だしも特に大したことじゃない展開、なのに冒頭20分で、もう、僕はこの映画の世界にどっぶり惹きつけられました。それは、多分、そのリアルさから伝わってくる確かなキャラの存在感のせいだと思います。どの登場人物も、本当に存在するとしか思えない、それでいて、ずっと見ていたくなる魅力にあふれていて、特に主役の達夫、千夏、拓児の3人にはひきつけらます。達夫の受身体質なんだけど骨太で、やさぐれているんだけど、心にはちゃんとしたバランス感覚があるとこや、千夏の体から湧き出るエロさと時折見せる少女みたいにはにかむ笑顔の清らかさ、拓児のやんちゃでガサツなんだけど人懐っこっく犬みたいなかわいさ、これに僕はやられました。達夫と拓児2人でいるとこなんか、特に何もなくても、全然、飽きずに見ていられます。あと、中島の地方にいそうな町の顔役のおっさんぶりも素晴らしく、それでいて競輪に夢中になってる拓児を見つめる目の狂気さときたら、あーた、めちゃ怖いです。何気ない日常の風景にもリアルさは溢れていて、それとともにどこからか漂ってくる不穏な空気感、悲惨な中のつかまのキラキラ輝く幸福感も、この映画を退屈にしない要素でした。リアルさの中にある光と闇のバランスもちょうどいいです。特に僕が印象に残ったシーンは、家族になろうとする主役の3人が乾杯するシーン。達夫と千夏のようやく闇を抜けれる希望が溢れだそうとしている表情と、それを交互に見て、はしゃぐ拓児に、もうこの先は、この3人の幸せホームドラマにしてくれと、マジで思いました。ただこの映画、全体的に、地味で辛気臭い感じもするんで、ダメな人はいると思います。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 7点(2015-07-03 18:44:21)
12.鑑賞後しばらく経っているので、箇条書きで軽くレビュー。

・主演2人の演技が良かった、途中まで綾野剛と池脇千鶴だと気付かなかったぐらい(笑
特に綾野剛は、あまり良いイメージがなかったので、こういった役もできるんだと見直した

・監督は優しいと思う。過去作は「オカンの嫁入り」しか見たこと無いけど、こういった話なら
もっとエグくできると思う(それこそ、園子温だとか 笑
なのにこの監督は必要以上に、エグく描いていない、そこに好印象を持った

・そういう作品の分母がわからないが、近年、邦画でセックスを描いた作品に良作が多い気がする。
「ふがいない僕は~」とかも好きだったので、この作品にもハマった
Sugarbetterさん [DVD(邦画)] 7点(2015-06-20 05:12:14)
11.づるづると曳きずる昭和夏の朝
火蛾さん [DVD(邦画)] 10点(2015-04-12 13:58:35)
10.セックス、暴力が出れば「体当たり演技!」、ジメジメした人間描けば「これぞ日本映画!」
私は、こういう映画が存在するから邦画が嫌いになるのだ!
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-04-06 22:42:37)(良:1票)
9.とても丁寧に作られた作品。演技、演出、脚本、撮影、音楽などすべてレベルが高い。暗い話なんだけど、ただジメジメするのではなく、少し渇いた映像のおかげか陰湿な印象はあまりなく、むしろ美しく深遠な絵画を見たという印象。この独特な感覚は日本というかアジアの映画ならではのように思う。また、この印象は、菅田将暉演じる拓児のキャラに引っぱられた部分も大きい。最初の登場時は、思いっきり引いてしまったけれど、だんだん憎めないなあと思い、最後には幸せになってほしいと心から願ってしまう。池脇千鶴演じる千夏もそう。最初は擦れた部分が目についたのに、最後には神々しさすら感じるようになった。綾野剛は2人と比べるともうひとつだが、瞬間の表情などには引きつけられるものはあった。舞台を現代にしたのも僕は正解だったと思う。この映画が描く悲惨はある意味、経済成長した日本の暗部として、ずっと存在し続けたものだと思う。でも、2013年の現代、それは、単なる「貧困」としてだけでなく、前科者の社会復帰の困難やビジネス化された介護からの排除など、ある種の人びとが「階級」として社会から「排除」されてしまう現実として、顕在化している。そういう世界を丁寧に描きながらも、そこを主題化するのではなく、そこにある「希望」を家族や人間関係をめぐる普遍的な物語として描いたところに、この映画の魅力はあるのだと思う。
ころりさんさん [DVD(邦画)] 8点(2015-03-25 14:37:50)
8.《ネタバレ》 まるで韓国映画のような世界観。繊細な日本人にこんな現実はあるのだろうか?千夏が発狂しないのが不思議だ。自分がボロボロになっても、自分の身内を慰めようとする千夏はまるでマグダラのマリアのよう。最後の朝日が、まるで宗教画のように綺麗だ。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2015-02-26 06:58:27)
7.《ネタバレ》 原作は80年代の衰退していく地方都市を舞台にした、ハードボイルド的な男性目線の小説ですが、そこに女性の視点・感性を取り入れ、時代設定も80年代から今に移すことにより新たな世界観を構築しています。正直、原作の世界観が好きな者としては、中島や松本といった男性キャラクターの設定や主人公達の苦悩の理由が分かり易くはなったけれども軽くなり、その分池脇千鶴が演じる千夏の存在感の重みが目だってしまい、やや女性向けの作品になってしまってるのかなとも感じました。

しかしながら、あの美しいラストはやはり女性監督ならではの感性だと思いますし、80年代の世相と今の世相はまた違うものなので、これはこれで有りだと思います。


TMさん [DVD(邦画)] 7点(2014-12-30 01:53:09)
6.《ネタバレ》 けだるく鬱屈した演出と漂う閉塞感。
こういうカビ臭い日本映画特有の湿度の高い暗さが苦手。
ラストの光を浴びた二人を描くために、それまでの前フリが重くて長い。
重苦しい内容をそのまま重苦しい演出で描くのがどうも肌に合わない。
テーマが重いなら、もっとドライに軽さも出しながら演出してくれたほうが切なさが増す。
菅田将暉は憎めないし、高橋和也の下衆キャラも立っていたけど、メインとなる綾野剛と池脇千鶴の二人には惹きつけられなかった。
原作の1980年代の設定を、映画では現代に置き換えているようだが、介護を取り巻く状況など、設定に少し無理が生じているようにも思えて違和感を感じるところも。

この監督の作品は初めて見たが、どうも相性が悪そうな気がする。
この作品は映画祭でも高評価を得ているのだが…。
調べてみると、呉美保は大林監督の元で学んだらしい。
大林監督は世間的な評価とは最も食い違った苦手な監督の一人なので、やっぱりそういうことなのかもしれない。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 4点(2014-12-11 02:24:18)(良:1票)
5.『海炭市叙景』と同じ原作者ですか。なるほど、映画全体から漂う閉塞感と暗さは共通のものを感じた。ただ、今作品の方が微かながら救いを感じさせる部分があるのでとっつきやすかった。物語もメインのキャラクター3人に焦点を当てているので分かりやすく、より感情移入しやすくなっている。ストーリーは、簡単に説明すると、社会の底辺でうごめく若者が、そこから脱しようともがいたり、或いは何も目的を見出だせずにただ惰性で日々を送っていたり、何ともやるせない感じが実にリアルに描き出されていた。池脇千鶴のすれた感じも良かったが、特に良かったのは菅田将暉だ。暗い物語の中でも唯一、前向きに行動する愛すべきキャラクターだった。汗をかきながら笑顔で美味そうにカレーを食べるシーンが何故か心に焼き付いている。かと思えば次のシーンでは感情を剥き出しにして狂気を見せつけてくる。その触れ幅が1番大きい役を彼は本当に自分のものにしていたように思う。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 8点(2014-12-02 20:10:31)
4.《ネタバレ》 海での二人の抱擁シーン・・こんなに美しくて悲しいラブシーンはない。
絶対にうまくいかない、幸せになれないって分かりきっているのに。
後半は拓児が危うくて危うくて、どうしようもないバカっぷりには切な過ぎて涙が止まらない。
どうしようもない状況から、もがいてもがいて這い出ようしても、努力しようと一歩踏み出しても、どうしようもない辛い現実がそこにはある。
ラストは「それでもこの世界で生きていかなければならない」とも、美しい海辺への逃避にも見えたり。
「大人は判ってくれない」ではこちらに振り向くのだが・・・
kosukeさん [映画館(邦画)] 8点(2014-08-03 22:00:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 6.78点
000.00%
100.00%
228.70%
300.00%
428.70%
500.00%
6313.04%
7730.43%
8521.74%
9313.04%
1014.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS