300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~
 > (レビュー・クチコミ)

300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~

[スリーハンドレッドテイコクノシンゲキ]
300: Rise of an Empire
2014年【米】 上映時間:103分
平均点:5.52 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-06-20)
アクションドラマアドベンチャーファンタジー戦争ものシリーズもの歴史もの漫画の映画化3D映画
新規登録(2014-05-17)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2015-04-29)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ノーム・ムーロ
キャストサリヴァン・ステイプルトン(男優)テミストクレス
エヴァ・グリーン(女優)アルテミシア
レナ・ヘディ(女優)ゴルゴ王妃
ハンス・マシソン(男優)アエスキロス
デヴィッド・ウェナム(男優)ディリオス
ロドリゴ・サントロ(男優)クセルクセス王
ジャック・オコンネル〔1990年生〕(男優)カリスト
アシュラフ・バルフム(男優)バンダリ
山路和弘テミストクレス(日本語吹き替え版)
朴璐美アルテミシア(日本語吹き替え版)
湯屋敦子ゴルゴ王妃(日本語吹き替え版)
咲野俊介クセルクセス王/若いクセルクセス(日本語吹き替え版)
井上和彦スキリアス(日本語吹き替え版)
成田剣アエスキロス(日本語吹き替え版)
山野井仁ディリオス(日本語吹き替え版)
佐々木睦エフィアルテス(日本語吹き替え版)
勝部演之ダレイオス王(日本語吹き替え版)
楠見尚己カシャニ(日本語吹き替え版)
秋元羊介老いた評議員(日本語吹き替え版)
志村知幸海軍指揮官(日本語吹き替え版)
原作フランク・ミラー[原作]『Xerxes』(未出版)
脚本ザック・スナイダー
カート・ジョンスタッド
音楽ジャンキーXL
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影サイモン・ダガン
製作ジャンニ・ヌナリ
マーク・キャントン
ザック・スナイダー
デボラ・スナイダー
トーマス・タル
ワーナー・ブラザース
製作総指揮マーティ・P・ユーイング
ジョン・ジャシュニ
スティーヴン・ジョーンズ[製作]
デヴィッド・ヴァロッド
制作東北新社(日本語版制作)
配給ワーナー・ブラザース
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
美術パトリック・タトポロス(プロダクション・デザイン)
衣装アレクサンドラ・バーン
編集デヴィッド・ブレナー〔編集〕
日本語翻訳松崎広幸
スタントツヨシ・アベ[スタント]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23. 前作の続きにするほどの内容ではありませんね。残念。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-01-26 17:12:39)
22.《ネタバレ》 前作と比較すると、男祭り度が50%ほど減ってやや残念です。それなりに楽しめますが、お姉さんたちが頑張りすぎだな。。。ガチムチでいいと思うのですけど?
ないとれいんさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-02-23 12:09:09)
21.前作は画面いっぱいに大量のガチムチマッチョがいたのに。今回は細マッチョばかり。ガチムチマッチョ成分が薄くなってそれを補うかのように血しぶきが増えた。そして海上での戦いは思ったよりも盛り上がらない。
たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2018-01-30 21:00:19)
20.前作と比べてインパクトに欠けた。レオニダスが主人公じゃないだけでかっこよさが半減して・・
ラスウェルさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2016-02-17 00:12:53)
19.前作をしっかりと踏襲しつつ、しっかりと一つの作品に仕上げている。及第点といったところ。主役はエヴァ・グリーン。彼女の存在感がなければ印象は薄くなっているでしょう。
カワウソの聞耳さん [DVD(字幕)] 5点(2015-09-09 21:05:45)
18.《ネタバレ》 アクションシーンは前作同様見応えはありましたが、設定やストーリーがちょっと…。
女ボスの容姿は良かったですがイマイチ強さが伝わらなかった気がします。
もう少し主人公サイドを圧倒するシーンが欲しかったですね。
また女ボスとのセックスバトル?になったり、主人公がヤリ逃げするのが非常に謎。
最後の策でも大群に対して女ボスに特攻で終わりとかなりあっけなかったのが消化不良な感じです。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2015-06-08 00:41:46)
17.“インパクト”のみで勝負し、娯楽映画として見事に勝利してみせた「300<スリーハンドレッド>」から早8年。
8年越しの続編は、物語の時間軸的にはほぼ同時進行の「番外編」という立ち位置だった。
スパルタ王レオニダスの死闘の裏では、また別の死闘が繰り広げられていた!という話。

前作自体が好き嫌い大別される作品だっただけに、もはやこの第二作目においては“好きな人以外立入禁止”にすべきだろう。
まず最初に断言させて貰いたいのは、「セックスより上手ね」と、最後の死闘の最中に敵役の最強最悪の女傑に言い放たせた、この「番外編」の在り方は正しい!ということだ。

前作でスパルタ王を演じたジェラルド・バトラーが、あまりに熱苦しく、あまりに豪傑だっただけに、今作の主人公テミストクレスを演じたサリヴァン・ステイプルトンなる俳優の存在感が希薄だったことは明らかだ。
彼が率いるアテナイ軍も、豪傑揃いの精鋭300人だったスパルタ軍と比較してしまうと、当然ながら脆弱に映ってしまい、映画に添えるべきインパクトに欠けていたと思う。

しかし、その希薄さや脆弱さは、ある意味必然的なことだ。続編であり番外編である今作が、物語の本筋である前作に対して“同様”のインパクトで勝てるワケがないし、勝つべきではない。

その代わりに今作は、また別のインパクトをちゃんと用意出来ていた。
それこそが、前述の「台詞」を放つペルシャ帝国海軍指揮官アルテミシアなる最恐の悪女であり、それを演じたエヴァ・グリーンに他ならない。
彼女一人で、主人公率いるアテナイ軍はおろかペルシャ王すらも凌駕する存在感を放っている。
最近数作では印象的な悪女ばかりを演じているエヴァ・グリーンだが、彼女が現役最恐の“悪女女優”であることは間違いない。

彼女と主人公の「一戦」が、今作の最大のハイライトであることは言うまでもないだろう(ニヤリ)。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-05-17 22:56:52)
16.《ネタバレ》 現代ハリウッドで、最先端の映像技術でもって独自の圧倒的な世界観を有する独創的な作品を数々創り上げてきた天才映像作家、ザック・スナイダー監督。彼が、その溢れんばかりの才能を惜しみなく注ぎ込んで製作した、いまや伝説と言っても過言ではない快作「<300>」の約7年ぶりとなる続編ということで、けっこう期待してこの度鑑賞してみました。ただ、今回はそんな彼が監督から単なる製作へと廻ったということで、一抹の不安を感じてはいたのですが、そんな僕の懸念はどうやら的中してしまったようです。何が駄目かって、やっぱ〝筋肉〟!あの前作でのスパルタの皆様方の全身に満ち充ちていた通常人のマッチョの二割増(当社比)だった筋肉が、今回は見事にこそげ落ちてしまってるやん!もう何か叫んだだけで全身から脂身がぼとぼとと零れ出てきそうな半端じゃないマッチョ比率の高さが、前作の最大の魅力だったのに、こんなの「<300>」じゃなーーーい!!ストーリーやらリアリティやら史実やら「そんなのどうでもいいんじゃぁぁ!!わしゃあ、スーパーマッチョの男どもがその滾らんばかりの男汁を撒き散らしながら画面狭しと暴れまわる超かっちょ良い画が撮りたいだけなんじゃぁぁ!!」と言わんばかりの潔いまでのその内容のなさと、それと反比例するかのような拘りに拘りまくった唯一無二の映像美が素晴らしかったのに、本作はそんなこそげ落ちた筋肉と一緒にその独自性もどっかにいっちゃったみたいです。もう、ふつ~~~の大して面白くないファンタジー合戦映画でございました。やっぱ、ザック・スナイダーじゃなきゃ駄目なんですね。それでも、悪役を演じたエヴァ・グリーン嬢のその超絶ドSな女王様振りに、僕のM心がびんびん反応してしまったので+1点しときます。僕も、彼女に鞭でビシバシやられたいっす(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2015-05-04 22:01:20)
15.前作同様、躍動感あふれる戦闘シーンのオンパレード、なのに、なんだろうこの面白くなさ。前作はスパルタの異常なまでの戦闘への意欲、勝利への欲望があって、ここではない、今ではない何かを感じられたが、今作は全く感じられなかった。女司令官の妖艶さ以外は見るところがなかった。やたらと血しぶきが多い映画だった。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-05-04 21:13:30)(良:1票)
14.《ネタバレ》 なんか思ってたより面白くない、というか薄味な感じ。残念ながら前作のほうが面白かったね。男たちの熱い戦いを期待するとこれは肩透かしくらうかも。あ、でもエヴァ・グリーンはとっても良かったw。なんか次もあるっぽい??からこうご期待といったところでショウカ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-12-18 08:59:14)
13.《ネタバレ》 エヴァ・グリーンを際立たさせる為なのだろうけど、主人公やクセルクセス王含めて全ての男性キャラの存在感が薄いのが面白かった。
良くも悪くも、あの豪快な脱ぎっぷり含めてエヴァ・
グリーンの為の映画。
さあ、皆んなでエヴァ・グリーンの前にひれ伏そう!
たくわんさん [映画館(字幕)] 6点(2014-12-17 10:11:52)
12.前作からのスタイリッシュな映像や流れるような殺陣シーンにはさらなる磨きがかかっているものの、同じような戦闘シーンの連続でいささか飽きてくる。前作のスパルタ軍にもあったがギリシャ軍の「自由のため」とか「仲間のため」という大義名分もさらに鼻につき、これもまた食傷気味。前作同様史実をベースにしているものの、史実そのものにドラマ性が薄いためか、アルテミシアなる強烈なキャラクターを創作しているが、「スパルタのレオニダス王と300人の戦士」の精神性やドラマ性には遠く及ばす、何らのカタルシスを得ることができなかったのは残念。
田吾作さん [DVD(字幕)] 5点(2014-11-15 16:05:34)
11.《ネタバレ》 前作からもう7年も経ったんですねぇ、早い、、、。あの世界観再び、という感じで、デフォルメされた古代世界の映像が再び堪能出来るわけですが、前作の主人公のおっちゃんに比べると本作の主人公のおっちゃんはキャラが薄めのように思う。それと前作は男たちの筋肉美が強調されていたように思うが、本作は血しぶきのエレガントさに重きを置いていたように感じる。終盤、船上でのノンストップ斬りは見もの。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-10-30 13:20:08)
10.《ネタバレ》 300の続編で時系列的には前回の裏で起こってたこと。見どころは沢山あった。まずあの不気味なクセルクセス王がなぜあんな不気味になったかの成り立ちを見せるんだけど、やっぱ不気味やわー。次にペルシアの女将軍の存在がいい。悪い女の敵役みたいなんがいてこそテンション上がります。しかも強くてエロいときたらばっちり。首を切ってその首にキスをする狂気もあってクセルクセス王なみの存在感。てゆーかあのクセルクセス王を作った黒幕でさらに、素性がギリシャ人。自らの復讐のためにクセルクセス王を誕生させた衝撃の事実。あと今回の主人公もクセルクセス王の誕生のきっかけを作っていて、その二人がぶつかりあうのが今回のテーマってゆうとこがなんだか因縁めいていて、よーできた話やわ。二人の戦いはセックスバトルまでにまで発展するオスとメスの攻防戦。今回は戦場が荒ぶる海の上なんだけど、主役の考える色々な作戦がおもしろかった。でも敵も負けておらず、海上にオイルをまき散らしたり、そこへ精鋭部隊を潜水で送り出す。精鋭部隊の兵士はみんな袋を背負ってるんだけど、精鋭部隊ってゆうから何をするのかと思えば、ただ主役たちの船の上に上がるだけ。そこへ女将軍の火のついた弓矢が背中の袋めがけて飛んできて、どっかーんと爆発。自爆特攻部隊だったのだ。彼らの船に上がった時の目が怖い。死んでる。すでに。斬ってはスロモ、斬ってはスロモは今回も健在だけど、最後の船の上のさらに馬の上の主人公の動きはもう、完全に戦国無双のテレビゲームの構図、ゲームしてる気分になった。てか、もう一度前の300観たくなった。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-15 00:28:10)
9.《ネタバレ》 7年越しのシリーズ第2弾はギリシア連合軍とペルシア帝国軍。舞台はサラミスの海戦。冷酷で強靱で妖艶なペルシア女将をエヴァ・グリーンが好演。血涌き肉踊る戦闘シーン。絶妙なスローモーション映像が健在ですが、斬新な衝撃を受けた前作には及びません。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2014-08-12 00:53:34)
8.《ネタバレ》 序盤から説明が長えぇーーーーーー!!!
史劇ではあるんだろうけど所詮映画という名のフィクションでしかないのだから
あまり歴史に沿った流れを延々と流されても厭きるばかり

前作の続編かと思いきやいわゆるスピンオフ、サイドストーリー的な話で
全体を通して見た感想とすると『必要だったのかこの作品?』と首を捻るばかり

ただやっぱりこの作品を見たいと思うきっかけになった
女優のエバァ・グリーンの妖艶さには諸手を挙げて拍手を贈りたい

とにかく妖艶でエロい
SMに興味が無い自分でもこの人の妖艶さには完全に呑まれた

あとの俳優の演技やスプラッター表現等どーでもいいと思わせる程
彼女の演技ありきのこの作品・・・やべぇ、かなり好きになってる自分が居るのに
今気付いた(*´ω`*)ゞテヘッ♪
sting★IGGYさん [映画館(字幕)] 5点(2014-07-21 19:39:47)
7.《ネタバレ》 わりと史劇が好きなので期待したが戦い方が一緒で途中からやや飽きてくる。戦闘の演出も3D用に作ったのか吹き出る血などしょぼく見えてしまった。そもそもの目的や経緯をあんまり理解できなかったので途中から始まり途中で終わってしまった印象しかない。それでも仕上がった体だけは画になる作品。
ぷるとっぷさん [映画館(字幕)] 6点(2014-07-06 06:14:10)
6.主人公に魅力を感じない。祖国のために戦っているのは分かるが、結局それ以上でも以下でもない。前作の主人公及びスパルタ側には、戦うことで己の存在意義を見せつけていたのに対し、今回の主人公は義務感で戦っているように見えた。またペルシャ側の女指揮官もありがちな設定のままで、特にこれといった印象に残るような魅力がなかった。なので平均点同士の戦いからは平均点しか生まれない。次作ではもっとハチャメチャしてほしい!
Dream kerokeroさん [映画館(字幕)] 5点(2014-07-01 18:57:07)
5.《ネタバレ》 続編とは言え監督は変わり、ザック・スナイダーは脚本・制作としての参加です。戦闘シーンでスローモーションが多用されたり、一連の殺陣を連続したスローで繋いでいく手法など、前作のアクション演出を踏襲しているのは判るものの、やはりその魅せ方は本家の方が格段に上だと思いました。前作はキメの画で止まってくれていたのに対して、簡単に言っちゃうと無暗矢鱈にスローになっている気がしました。あと終盤のテミストクレスの船上での単騎駆けのシーンは予算が尽きたのか知りませんが、ちょっとCGがショボかった……。折角の最大の見せ場の一つだったのに勿体ない。
あと基本的にストーリーが弱いと思います。ビジュアル先行のシリーズなのだからそんなに凝った話にする必要は無いかと思いますが、海戦を描くにあたって両者が知恵を絞っての対決に見えないので今市盛り上がりに欠けます。具体的に言うと、片方が勝利する戦闘ではもう片方が異様にバカに見えてしまう。アルテミシアの部下の無能っぷりとか必要なかったのではないでしょうか。アルテミシアの有能な部下をテミストクレスがそれを上回る智謀で叩く方が良いと思います。
あとアルテミシアが序盤で血が滴る敵の首級を掲げますが、多分これはワイルドの『サロメ』を意識してのことでしょう。愛した預言者が自分の物にならず、結果として斬首してしまう悪女の代表・サロメ。本作でもアルテミシアがテミストクレスを誘惑しちゃったりするのですが、そこらへんのドロドロした関係をもっと濃厚に描けばお話ももっと面白くなったかなーとも思います。
ちょっと許せなかったのが役者の完全な棒読み演技ですね。多分アクションシーンに力を入れているからこその手の抜き様なのでしょうが、主要キャスト以外は基本的にどっか遠くの方を見つめてセリフを喋ってるだけ。腹筋の割れ具合だけでキャスティングされた訳でもあるまいに、流石にもう少し……ねぇ?
民朗さん [映画館(字幕)] 4点(2014-06-22 18:57:49)
4.《ネタバレ》 絶望的な状況でもスガスガしささえあった前作と比べると、悲壮感ただよう第2作。そういう意味では前作のほうが好きだったかな。最近のハリウッド映画特有の、「続編になった途端、冒頭でダラダラ説明しだす」所で挫けそうになります。予備知識無しで見たので誰が主役なのか一瞬わかりませんでした。ただ、アルテミシアの登場で復活。他のレビュアーさんと同様に、彼女の魅力でもってる作品だと思いました。最後のほうまでいくと、「いけずなテミストクレスに片思い」みたいな感じに見えてきて、ちょっと好きになっちゃいました。エヴァ・グリーンの好演が光ります。 前作の精鋭部隊と違って一般人の寄せ集め軍団の戦いだけれど、そんな彼らに影響されて、一度は挫け傷ついたペルシャ人が再び立ち上がるという展開には熱くなりました。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 6点(2014-06-22 11:36:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 5.52点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4417.39%
5730.43%
6939.13%
728.70%
814.35%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS