Menu
 >
 >
 > ダイバージェント

ダイバージェント

Divergent
2014年【米】 上映時間:139分
平均点: / 10(Review 21人) (点数分布表示)
アクションSFアドベンチャーシリーズものロマンス小説の映画化
[ダイバージェント]
新規登録(2014-06-08)【8bit】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【イニシャルK】さん
公開開始日(2014-07-11
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ニール・バーガー
助監督ブライアン・ゴーレス(第2班:第一助監督)
演出J・J・ペリー(格闘コーディネーター)
キャストシェイリーン・ウッドリー(女優)ベアトリス・”トリス”・プライアー
テオ・ジェームズ(男優)トビアス・“フォー”・イートン
アシュレイ・ジャッド(女優)ナタリー・プライアー
レイ・スティーヴンソン(男優)マーカス・イートン
ジェイ・コートニー(男優)エリック
ゾーイ・クラヴィッツ(女優)クリスティーナ
マイルズ・テラー(男優)ピーター
トニー・ゴールドウィン(男優)アンドリュー・プライアー
アンセル・エルゴート(男優)ケイレブ
マギー・Q(女優)トリ
メキー・ファイファー(男優)マックス
ケイト・ウィンスレット(女優)ジャニーヌ・マシューズ
坂本真綾ベアトリス・”トリス”・プライアー(日本語吹き替え版)
鈴木達央トビアス・“フォー”・イートン(日本語吹き替え版)
山像かおりナタリー・プライアー(日本語吹き替え版)
菅生隆之マーカス・イートン(日本語吹き替え版)
岡寛恵ジャニーヌ・マシューズ(日本語吹き替え版)
音楽ランドール・ポスター(音楽スーパーバイザー)
ハンス・ジマー(エグゼクティブ音楽プロデューサー)
ジャンキーXL
撮影アルウィン・H・カックラー
製作ルーシー・フィッシャー
ダグラス・ウィック
製作総指揮マイケル・パセオネック
バリー・H・ウォルドマン
配給KADOKAWA
特殊メイクジェイク・ガーバー
ケヴィン・ヘイニー
美術アンディ・ニコルソン〔美術〕(プロダクション・デザイン)
アンドリュー・マックス・カーン(美術監督)
編集リチャード・フランシス=ブルース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.これどう考えても頭の悪い人が脚本書いたでしょ?だよね?え?違う?そんなことないって?まあどうでもいいけど・・ (酷評ですが不思議なことに全く腹は立ちませんでした。ケイトがなぜ出演したのかは理解不能ですが、、ある意味では結構面白い映画なのかもこれ)
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 3点(2017-04-14 22:00:17)
20.管理社会ものとして設定は斬新。

斬新さだけであることが非常に残念。
アクションシーン特にクライマックスは多分それなりの演出だったのではないかと思うが、
その頃にはうんざりしているのでどっちらけである。
本来であれば心理戦ですすめられるような設定なのだが、
そこまでの脚本ができずにこんな結果だったのだろう。

とりあえず次回作はつくらないでもっと別なことにチャレンジしてほしい。
病気の犬さん [DVD(字幕)] 4点(2016-04-27 17:44:47)
19.不要な場面多すぎでしょ。2時間半近くは苦痛ですよコレ。「勇敢」な方々はアサシンクリード並に壁を登ったり高所から飛び降りたり楽しんでましたけど。
真尋さん [DVD(吹替)] 3点(2016-01-04 06:31:26)
18.《ネタバレ》 まぁ独特の世界観なんだねとは思うけど、何かイマイチ乗れないなぁ。主役の子はなかなかかわいいが、それで終わりだし、ケイト・ウィンスレットが出てるのも何かフィット感に欠ける感じ。というか警察的な人たち(組織の名前なんだっけ??w)は何故あんなにテンションが高いのか謎(笑)。ほんと普通に電車ぐらい乗り降りしろよってね、飛んだり跳ねたりすりゃいいってもんじゃないよ(苦笑)。なんだかんだ言って、長い時間を使った割に結局内輪の小さな話しで終わったしまった感がとても残念でゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2015-08-09 10:08:50)
17.《ネタバレ》 この街に住める私たちは幸運だ。戦争で他の街は破壊されたという。私たちの祖先は、平和を守るため5つの派閥を作った――。「博学」知識や論理を重んじる彼らはあらゆることを知っている。「平和」彼らは農作業を担当、親切で仲良しでいつも楽しそう。「高潔」正義と秩序が信条の彼らは、常に真実を語る。「勇敢」彼らは私たち市民と街を守る警察であり軍人だ。私はずっと彼らに憧れていた。私の派閥は「無欲」、簡素な暮らしと奉仕の精神を大事にする。堅物の私たちは他の派閥から信頼され、政治を任されている。そう、これから大人になろうとしている私たちは、今日人生を決める適性検査を受けることになる。自分の属する派閥が診断されるのだ。だが、私はこの時知らなかった。自分がどこにも属さない、将来体制を揺るがすとして怖れられている“ダイバージェント(異端者)”であることを…。終末戦争後の荒廃した未来社会を舞台に、そんな特異なシステムによって支配された世界で「異端者」と診断された少女の恋と成長と戦いをダイナミックに描いたSF作品。こういう設定勝負のSF映画って、どれだけその設定に説得力なりリアリティなりを持たせられるかが勝負となるものだけど、いやー、見事なまでに破綻しまくりのアホ映画でしたね、これ。敢えていちいち言わないけど、もう設定のおかしなところや突っ込み所を挙げていけば鼻血が出そうなほどいっぱい有りまくりで、僕は最後まで苦笑いの連続で顔面が引き攣りそうでした(笑)。冒頭の訓練シーンの間延び具合とか半端ないっしょ!確実にいらんシーンが30分はあったし。それに物語の重要な核となるであろう「異端者」の体制を揺るがすという謎の能力の正体も、〝洗脳薬が効かない〟だけって…、なんやねん、それーー!!他にも「え、んなあほな~!」やら「どうしてそーなるの!!」やら「お父さんとお母さん、お涙ちょーだいのために出しただけやろ!」やら「最後は、『やっぱり愛が世界を救うんだよね、うむうむ』ってナメとんのかーー、こらーー!!」と血管切れそうでした。今作といい、いまやトンデモお馬鹿映画として映画史にその名を刻むであろう某『ハ〇ガー・ゲ〇ム』といい、こういう観客にへりくだったような猿でも分かるだろ的中2病アホ映画が最近ちょっと多過ぎるような気がします。良識ある映画ファンを自任する僕としては、こんなお馬鹿映画がこれからの映画界の新たなメインストリームにならんことを祈るばかりです。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2015-06-09 01:47:13)(良:1票)
16.最初から無理あるでしょと思う未来の管理社会、そこにダイバージェント
無派閥とか言ってたけど、アウトロー、自由人、マルチ。。。
柔軟性、適応性の高い人ってことかな?それが危険分子ということか
なんて思いながら見てた、なんか無駄に長い映画でした
主演の女優さんはかわいいけど。

全体像が見えないというかキチンと把握できないです
結局「なんのため?」っていうとこに説得力がないというか。
電車の乗り降りくらい普通でいいじゃん(笑)

こういう作品にケイト・ウィンスレットがいることに違和感でした
envyさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-05-28 20:38:26)
15.平均評価ひく!まー、確かに長いし、途中挿入歌なんかあって青春ものまるだし感があるし、ストーリー的にもよくある感じだし、映像もとりたてて新鮮なものじゃないし、勇敢チームが街を闊歩するのはウェストサイドストーリーみたいだし、近未来ものSF映画だけど、それっぽいの期待しちゃうとダメかもね。僕は、期待してなかったからか、そんなに悪くはなくて、そこそこ楽しめました。家族の絆よりも派閥のつながりが一番とゆう奇妙な世界で、一人の女の子が、色々な決断をして、女性の戦士に成長していく感じが、観ていて引き込まれ、この先どーなるのかとゆう、ほどよいサスペンス感もあって、特にクライマックスのラスボスとの対峙は結構スカッとしましたね。ムカつくねんもん。ラスボス。とりたてて、すごい映画ではなかったですが、ほどよい暇つぶしにはなりました。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-05-21 00:49:31)
14.《ネタバレ》 長いだけでつまらない。まぁ結局のところ自称頭がいいって奴は難癖つけてトップになりたがるってことだね。世の中に対する皮肉でも込められてるのかな?てか異端者二人にやられる組織ってなんだよ!もっと優秀な警備置いとけよ!あと微妙なロマンスを挟むなよ!冷めるわ!
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-04-28 00:28:02)
13.《ネタバレ》 この作品には「高潔」がいるのに「博学」の暴走を批判するという描写はなく、「平和」がいるのに「博学」と「無欲」の争いを憂えるという描写もない。5種類のケーキを買ってきたのに、3個だけ食べて2個冷蔵庫にしまったまま腐らせたというのと同じくらい、素材の料理方法がヘタくそです。

そして一番アウトだったのが、前半にたっぷり時間をさいて描く「勇敢」のスポ根ドラマ。同期生との友情、ステキな先輩との淡い恋、厳しい訓練、鬼教官、ライバルのイジメ・・・。そこのところは、まったくスキなく完璧に描ききっています。スポ根に興味のない私なので、だるさが尋常ではありません。

そしてようやくスポ根攻めが終わったと思ったら、後半ではノンストップ”ツッコミ場面攻め”があなたを襲います。まるでバレー部の鬼コーチが部員であるあなたにレシーブ練習で”ツッコミ場面”という名のボールを次々容赦なく叩きつけてくるように。そう、結局この映画は”退屈”に負けない忍耐力を鍛えてくれる、ガチのスポ根映画だったのです。たぶんな。
フィンセントさん [DVD(字幕)] 1点(2015-03-25 11:08:11)(笑:1票)
12.企画自体の“意図”を理解せぬまま観ていたので、SF映画としての何とも言えぬ程度の低さと、軽く浅はかな人物描写の“正体”を見極められぬまま、この完成度の低い映画を観終えた。

悲壮感が漂うべきディストピアを描きながら、全編通して滲み出てくる軽薄さの正体。
それは、この映画が“ティーン向け”の企画であるということだった。

ストーリーの大部分を半ば意味不明に占める“学園モノ感”、ありがちな“スポ根感”に、薄っぺらい“友情”と“裏切り”と“恋模様”。
どうしてこのディストピア映画には、こんなにも無駄な要素が散りばめられているのだろうと、終始感じ続けた違和感の正体こそが、“ティーン向け”という一言に集約される。
「ああ、成る程」と、変な具合に合点がいってしまった。

終末戦争を経て、人間を5つの精神的なカテゴリーに分別し管理する社会という発想は、説得力には欠けるけれど、この手のSF映画の設定として悪くはないと思えた。
この設定を礎にして、人間の持つ本質や社会の哲学性が導き出されることを期待した。
が、当然ながら、そんな気の利いたストーリー展開が用意されているわけもなく、ただただ浅はかで、冗長なストーリーに終始していた。

誰が見ても明らかだろうが、物語の根幹であるはずの“5つの派閥”という設定が全く生かされていない。
「無欲」出身の主人公が、「勇敢」に鞍替えして、「博学」の横暴に立ち向かうという展開なわけだが、残りの「平和」と「高潔」は何をしてるんだというくらいに描写が皆無である。
というよりも、映画のほぼ8割方は、「勇敢」に属した主人公らの“学園青春ドラマ”を延々と見せられる。
そもそも、「勇敢」の阿呆ぶりは最初からヒドくて、どうして主人公が彼らの生き方に憧れを抱くのかあまりに理解不能であった。

どうやら「ハンガー・ゲーム」のヒットを受けて、二番煎じを狙った企画のようだが、主人公の女の子は、残念ながらジェニファー・ローレンスにはなれないだろう。
そして、どうしてケイト・ウィンスレットはこんな映画に出ちゃったのか……。

最後に、あの派閥選択の儀式は時間がかかりすぎるだろうから、やり方を変えた方がいいと思う。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2015-03-22 21:52:06)(良:1票)
11.ガタカみたいなハンガーゲームみたいな…。私はこういうライトノベル系は嫌いじゃないんですが、それにしても皆さん点数低いんですね。これがダメならハリーポッターもダメそうですが。トワイライトシリーズも途中までは面白かったんですが。これも、シリーズ化するみたいだけど、こんなに評判悪くて最後まで続くのかなー?
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-03-21 22:19:43)
10.《ネタバレ》 主演女優かわいい!以上(笑)

言いたいことはいろいろあるけれど一番納得いかなかった点が
「ローテク世界の中の超ハイテク具合」
そこまでの科学力・技術力があれば、街や生活はもっと近未来な感じにならないかなぁ?
たかしろさん [DVD(字幕)] 5点(2015-01-08 16:28:05)
9.《ネタバレ》 全然面白くなかったです(笑)。戦争があって、それを教訓に人類は5つに分類され、分類されなかった人は無派閥になってしまうって、そのシステム自体が争いを招くだろうに、と真っ先に思ったので、そもそもの設定から違和感。異端者だと殺されるってのも何で?って感じですし。彼女、優秀なだけですやん。そういう細かいこと考えないティーン向けの映画なんでしょうけど、肝心の恋愛も全然ロマンチックじゃないんだよな~。終始上滑りしているというか、自分の感性にはまらずに見終わってしまった作品でした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2014-12-20 09:22:38)
8.《ネタバレ》 この映画のメモです。「ガタカ,リベリオン,ハリーポッターと賢者の石,アイランド,タイム,ハンガー・ゲーム,ファイト・クラブ」「富裕層と貧困層」「生まれながらに」「自分の人生は自分で」「周囲とは違う自分」「近未来(魔法)」「どこまで夢?」「アシュレイ・ジャドが…」「フォーはダイバージェントを狩る方だと最後まで思っていた」「ジャニーヌもダイバージェントだと思っていた」「ウィンスレットが…」「ダイバージェントが敵味方もう少しいた方が…」こんな感じの映画。
蝉丸さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-11-25 23:27:49)
7.派手さはないが途中まで、そこそこ引き込まれた。そう、途中まで・・・。ヒロインがイチャイチャし始めてからは退屈極まりない。というのも、異端者、というキーワードよりも結局、愛、というありふれたものに焦点が当てられて、ん?あれれ?でSFやサスペンスの要素は木っ端微塵に砕け散ってしまいました。(笑)だから他の方々も仰られている通り、まるでティーンエイジャー青春ドラマ、そものもです。大きな期待はしていなかったけど、これはその期待以下の以下でしたね。それに無駄に長い!唯一の救いは、主演のシェイリーン・ウッドリーが拾い物だったこと。テレビドラマなどの出演が多く、受賞歴もかなりあり、今後の銀幕での活躍が楽しみな女優さんです。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 3点(2014-11-08 07:54:05)
6.《ネタバレ》 これ 劇場予告で「たった1度の性格検査で人生が決まる。」って言ってませんでした?言ってましたよね?でも、その性格診断テストの後で結局自分の意志で所属派閥きめられるんじゃん。そうするとあのテストはネットでよくある無料の性格診断(そのあと妙なサイトに誘導されそうになるやつ)と同じなのでは?たった1度のテストで異端児と判断された主人公が突然当局から追われる身になるものとだとばかり想像していたので、出鼻をいきなりくじかれてイヤーな予感はしたんですが、まさにその通りの展開に。普通に「勇敢」の訓練が始まっときには頭の中は?????でいっぱい。全然異端者じゃないじゃん。異和感たっぷりの140分だったのでまあこの点数で。
S.H.A.D.O.さん [ブルーレイ(吹替)] 2点(2014-10-26 20:24:27)
5.アメリカのティーンズ向け映画でした。日本の漫画誌ジャンプでお決まりのトーナメント展開みたいなものがあるように、アメリカのティーンズファンタジー映画では団体戦が結構な率で行われますが、この映画もそんなところです。
最初の世界観で心を掴められればいいのでしょうけれど、無欲、平和、勇敢、博学、高潔の派閥に属しなければ落ちこぼれの世界観の設定は掴まれるところは無かった。
最初の段階でもうちょっと入り込めたら楽しめたのかもしれない。
マイオデさん [映画館(字幕)] 2点(2014-08-01 08:45:30)
4.素直におもしろかったと思いますよ。 文句を言い出したらきりがありませんので... ただ、この程度の内容なら90分以内の作品にまとめるべきですね、140分は長すぎます。
ミスプロさん [映画館(字幕)] 5点(2014-07-17 17:44:54)
3.《ネタバレ》 5つの派閥に分かれると言うのに興味を持って見たが、出てきたのはほぼ「勇敢」のみ。「平和」と「高潔」に至っては全く描かれてもいない。お話も「無欲」から政権の座を奪取したい「博学」のショボいクーデターのみ。「博学」と「勇敢」って一番仲悪そうなのに、その「博学」にいいように操られる「勇敢」。そもそも「勇敢」も何から市民を守ろうとしているのか?存在理由が良く分からない。「無欲」が実は腐敗していた?と言う裏事情が描かれる事もなく、お話として全く盛り上がる事もなく終わったのは致命的でした。前半はまだ興味を持って見れたけど、後半のダメダメさ加減がハンパでなかったです。唯一評価するとしたら中盤の教官役の男が「俺は5つ全部持っていたい」と言うセリフ。そりゃそうだろう。システムに根本的に無理があるよ。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 3点(2014-07-13 14:22:29)
2.《ネタバレ》 5つの派閥に分けられ均整を保つ世界という設定が売りなのに、その世界観があまりにも薄っぺらくてビックリ。
人間を容易くカテゴライズする管理社会への警鐘的なデストピアSFではなく、ただのティーン向けSF青春映画といった趣。
主人公が選択した「勇敢」以外の派閥の特色や関係性が全くと言って良いほど描かれないため、
クーデターが起きる要因も、なぜ「勇敢」の人間たちが「博識」にいとも簡単に利用されてしまうのかもよくわかりませんでした。
主人公が「異端者」である設定やその意味も全然生きてこないし、作品の根幹をなす「アイデンティティ」について考えさせられることもありません。
単に「ノリ」で入った(ようにしか見えない)派閥での生活をだらだらと描く、前半のスポ根青春ドラマがあまりにも長すぎて困りました。
それにしても主人公と恋仲になる教官が高所恐怖症ってありえなくないか?だって「勇敢」の人たちみんなビルに登ったり飛び降りたりしてたじゃん・・・。
8bitさん [映画館(字幕)] 3点(2014-07-11 15:52:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 3.67点
000.00%
114.76%
2314.29%
3733.33%
4419.05%
5419.05%
614.76%
714.76%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 2.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.66点 Review3人
4 音楽評価 2.50点 Review2人
5 感泣評価 1.33点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS