マレフィセントのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マレフィセント
 > (レビュー・クチコミ)

マレフィセント

[マレフィセント]
Maleficent
2014年【米・英】 上映時間:97分
平均点:6.21 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-07-05)
アドベンチャーファンタジーファミリーリメイク3D映画
新規登録(2014-06-08)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2019-03-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ストロンバーグ
キャストアンジェリーナ・ジョリー(女優)マレフィセント
エル・ファニング(女優)オーロラ姫
シャールト・コプリー(男優)ステファン
サム・ライリー(男優)ディアヴァル
イメルダ・スタウントン(女優)ノットグラス
ジュノー・テンプル(女優)シスルウィット
レスリー・マンヴィル(女優)フリットル
ブレントン・スウェイツ(男優)フィリップ王子
ケネス・クラナム(男優)ヘンリー王
エラ・パーネル(女優)ティーンエイジのマレフィセント
深見梨加マレフィセント(日本語吹き替え版)
上戸彩オーロラ姫(日本語吹き替え版)
福田彩乃ノットグラス/シスルウィット/フリットル(日本語吹き替え版)
阪口周平ディアヴァル(日本語吹き替え版)
てらそままさきステファン(日本語吹き替え版)
勝部演之ヘンリー王(日本語吹き替え版)
萩尾みどり大人のオーロラ/ナレーター(日本語吹き替え版)
仲野裕将軍(日本語吹き替え版)
花輪英司中尉(日本語吹き替え版)
テリー伊藤農民1(日本語吹き替え版)
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
作曲サミー・フェイン"Once Upon a Dream"
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
ジョン・キュール
ジェフ・アトマジアン
主題歌大竹しのぶ「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」(日本語吹き替え版)
撮影ディーン・セムラー
製作ジョー・ロス
製作総指揮アンジェリーナ・ジョリー
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
特殊メイクリック・ベイカー[メイク](マレフィセントのメイクアップ・デザイン)
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
デジタル・ドメイン社(視覚効果)
衣装アンナ・B・シェパード
編集クリス・レベンゾン
リチャード・ピアソン〔編集〕
字幕翻訳古田由紀子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 美しい映像なのだが、アンジェリーナな怖い魔女にしか見えない。本当に怖い。
にけさん [映画館(字幕)] 5点(2019-01-25 22:18:33)
52.《ネタバレ》 美しい映像と平凡なお話。アンジーが眠ってる間に翼をもがれて、目覚めてビックリ。それってどうなのよ。痛みで起きるでしょ。後半で翼と合体した時に、あっ、着脱可能なのね。うんうん。うーん、なんか納得いかん。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2017-10-15 18:01:14)
51.《ネタバレ》 おとぎ話定番の王子様が颯爽と登場して王女を救うみたいな展開ではないディズニー映画。おとぎ話の世界は今や昔になってしまったのか。これも時代の変化・ニーズに合わせた商業としての映画作りの一遍なのかもしれない。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-08-30 02:37:46)
50.あらゆる面でクオリティは高いと思う。が、あまり面白いとは感じられない。なぜなんだろうって首を捻ってしまうが、面白くないのは仕方がない。自分的にヒットする要素が無かったからなんだろう。全てが優等生過ぎて、「ここだ」という一点の魅力に欠けているように感じてしまった。
もんでんどんさん [地上波(吹替)] 4点(2017-01-27 13:53:50)
49.美女はどこにいたのか?一人も出てこなかったぞ。
王子はデーブ・スペクター?
マー君さん [DVD(吹替)] 4点(2016-11-05 12:11:20)
48.とてもいい映画です。「眠れる森の美女」を軽くおさらいして、ネタバレ抜きで鑑賞すると良いかも。
にしきのさん [地上波(吹替)] 7点(2016-09-18 14:54:40)
47.《ネタバレ》 恋人に裏切られた復讐心から、赤ん坊のオーロラ姫に呪いをかけたマレフィセント。でも、オーロラ姫の可愛らしさに、母性が目覚めてサポートしてしまう。
そんな人間臭いマレフィセントに好感が持てる。子供向けファンタジーかと思ったが、大人でも結構楽しめる。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 6点(2016-08-01 19:21:17)
46.分かりやすいストーリーで、まあごく普通の感覚で観るには悪くない。
終盤もいいと思う。マレフィセントの哀しさも分かる。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2016-07-24 20:42:57)
45.劇場でみたら大人でもびびるシーンはあると思う。あかちゃんめっちゃかわいかった。
HRM36さん [地上波(吹替)] 6点(2016-07-13 12:44:32)
44.《ネタバレ》 アナ雪に引き続き、これまたディズニーが「王子様なんていない」と言い放っております。うわあ。呪いから解き放つのは姉妹愛だったり母の愛だったり。愛の多様性を提示して、男に頼るなと女の子たちを啓蒙してんのかいな。
とは言っても女の子はフツーにロマンスに憧れるものでしょう。白馬の王子様をかのディズニーが放棄してしまったらガールズの夢は一体どこへ向かえば?
マレフィセントは私が幼少期に聞いたシンプルな筋においては単なるイジワルな悪いやつ。世の中にはそういう輩も存在するよ、ということで子供にはそれで良いんじゃないだろうか。悪キャラの隠れた内面まで探って掘り下げて理解しようとか、ややこしくなるからいらないんじゃないかなーと思っちゃった。
アンジーはもう容貌がずばりハマってますので、問題なし。エル・ファニングは素朴な顔立ちで抜擢されたのでしょうが、一生懸命感が伝わりすぎで観ててやや辛い。王様は声が良くないなあ。余裕も無くてダメキングだ。VFXもキラキラしすぎかな。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-07-10 17:29:01)
43.《ネタバレ》 男が悪者すぎる。子供の頃から、元々からあんなに悪い人だったのか?
テレビ放送で観たのでどっか大事なシーンがカットされてる?
特に理由もなく別人格になってて違和感すごかった。
展開はかなり平凡。幼少→突然老けるのでビビる。
虎王さん [地上波(吹替)] 5点(2016-07-10 14:30:05)
42.《ネタバレ》 アンジーがコスプレしてツンデレ役をする映画。
たろささん [地上波(字幕)] 3点(2016-07-08 23:36:46)
41.ステファンが終始クズ過ぎて「妖精のクセにどんだけ人を見る目が無いんだよ!」とストーリーに集中出来ませんでした。
アンジーはあまり好きな女優さんでは無かったけど、オーロラに張り付いて遠くからいたずらに興じるシーンは可愛かったです(若マレフィセントがこれまた可愛い)。
ただ、内容的には起伏が無くて退屈の一言。ロードオブザリング的な戦闘シーンを入れてみたり、お茶濁しにディズニーっぽいモンスターを出してみたり、サントラは安っぽいんだけどキャストは無駄に豪華だったりとチグハグな感じ。最後もあれでいいのかなぁ?ハッピーエンド感がありませんでしたね。
Kの紅茶さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-02-12 15:36:45)
40.《ネタバレ》 予想以上に面白かった。
とにかくアンジーがはまり役。この方、本当に楽しそうに演じていますね。観ていて気分がいいです。
鉄板の展開ばかりながら、チャラい若造王子のキスでは目覚めず、心からオーロラ姫を案ずるマレフィセント自身の「真実の愛を込めたキス」で
眠りから覚める展開はベタだけど感動してしまいました。
また、是否は別としてアニメと実写はCGと言う魔法のおかげでもはや垣根が無くなった事を痛感した次第。
絵には絵の、実写には実写の良さがあり、簡単に結論付けられる事では有りませんが、
今後の作品の幅は正に無限大だなと感慨深くなりました。
追伸:贔屓のシャーロット・コプリーもはまり役です。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-19 13:18:08)
39.《ネタバレ》 お話が単純というかわかりやすすぎる。キャラクターも深みに欠ける気がします。アニメならこれでよかったんだろうけど実写だと物足りない。
Robbieさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2015-09-22 17:29:38)
38.可愛かったマレフィセントが急に歳食っちゃって、どうなることかと思ったけど、オーロラ姫が可愛かったので、何とか持ち直した。
話の流れとしてはどこかで見たなぁって、リメンバー・マイ・ラブを思い出した。
これは最近流行りのパクリ作品だな。
でも、冷静になって考えてみたら、リメンバー・マイ・ラブが眠れる森の美女をパクッてたんだな。
まあ、そんなことはどうでもいいけど、肝心の内容はかなり予定調和に進む。
ツンからデレに移行するのも早過ぎて、感動も薄かった。
溜めて溜めて最後にデレなら泣けたかも知れない。
あと、ドラゴンが意外と弱くて斬新だった。
生温いファンタジーだとドラゴンは例外無く最強なのにね。
もとやさん [DVD(吹替)] 6点(2015-08-31 12:20:51)
37.《ネタバレ》 これは「ウィキッド」でしょう。ウィキッドは、誰も知らない、もう一つのオズの物語です。そして本作は誰も知らない、もう1つの眠れる森の美女です。どちらも共通するのは、歴史的に有名な悪女はじつは悪女ではなかったという点です。正直に告白すると、私はこの映画を観る前に結末を確かめました。もし、マレフィセントが死に、オーロラ姫が助かってメデタシメデタシというラストだったら私は観るつもりはなかった。それを私は心の底から恐れていた。しかし結末は完全無欠の予定調和だと知って、私は激しく安堵した。さすがディズニー。予定調和を嫌う観客もいるが、ハッピーエンドで何が悪い?リアルティが好きなら、映画を見ずに新聞でも読んでいろ。そう言いたくなってくる。映画は常にハッピーエンドであるべきだ。映画は希望だ、これが私の持論です。とは言っても、世間では罪には罰を与えよ!という意見があることも重々承知だ。つまりいくら悪人が更生しても悪人は最後にくたばってもらう。そして観客は悪人マレフィセントの死にざまに涙を流せという押し売り型の物語もよくある。私は断じてそのようなストーリーを受け入れるつもりはない。この映画のなかで悪役として登場するのはマレフィセントではなく王様だが、彼もマレフィセントを殺せるのに殺さなかった。生粋の悪ではないと思う。そういう何気ない描写も印象に残る。そしてマレフィセントの人物描写を決定づけるシーンはやはり憎むべきオーロラ姫をけっきょく愛してしまった描写だろう。オーロラ姫を憎みたいと思いつつ、どうしても憎めない。オーロラ姫は美人とは言えないまでも、どこまでも無垢な女性だ。彼女の心には悪も善も受け入れることができる純粋さがある。虚無に陥ったマレフィセントはオーロラ姫を救うことによって、自分自身が救われるという人生の1つの真実がそこに描かれている。つまり、人は人を救うことによって自分自身が救われるのだ。いずれにせよ、現実はもっと厳しいと思う人には向かない映画でしょう。いま、心が傷ついている人、将来に対する不安を抱えている人、失恋した人、優しい心を求めているすべての人に鑑賞してもらいたい。これぞファンタジー映画の王道です。久しぶりに泣きました。また、このような映画を泣ける自分の純粋さに満足しました。中年になっても私の感性はなかなかのものだ。いやぁ、映画って本当にいいもんですね。
花守湖さん [DVD(字幕)] 10点(2015-08-16 20:32:14)(良:2票)
36.予想外の展開。ディズニー、最近、殻をぶち破ってきますね。
ギニュー隊長★さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-08-15 16:29:52)
35.世の中に根っからの悪人はいないと信じていた子供の頃、「なぜそんなに魔女は意地悪くなってしまったのだろう」と、思っていました。やっぱり、魔女も根っからの悪人ではなかったと今更わかりました。あと、多くの男は権力に弱いと思われていることも。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-07-28 15:14:10)
34.冒頭から長いナレーションで、それだけで、この作品がクソに思えた。
アンジェリーナ・ジョリーって、どこが魅力的なのか私にはわからないし、偽善的で上っ面だけのキャラクターにしか見えなかった。
「真実の愛のキス」って「アナ雪」でも使われていたけど、せめて、そこだけでも、ちゃんと描いてくれなければ作品が成立しないでしょって思った。
白馬の王子の登場で目を覆いたくなったが、あれが、ただの間抜け面で終わったのは笑えた。
どうしてヒットしたのか疑問が残る作品。
90分で終わったのが唯一の救い。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2015-07-28 05:29:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 6.21点
000.00%
100.00%
200.00%
335.66%
447.55%
5916.98%
61324.53%
71732.08%
847.55%
900.00%
1035.66%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review5人
4 音楽評価 6.50点 Review4人
5 感泣評価 5.00点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2014年 87回
衣装デザイン賞アンナ・B・シェパード候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS