すべては君に逢えたからのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > すべては君に逢えたから
 > (レビュー・クチコミ)

すべては君に逢えたから

[スベテハキミニアエタカラ]
2013年【日】 上映時間:106分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-11-22)
ドラマラブストーリークリスマスもの
新規登録(2014-06-19)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2016-09-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本木克英
キャスト玉木宏(男優)黒山和樹(「イヴの恋人」)
高梨臨(女優)佐々木玲子(「イヴの恋人」)
木村文乃(女優)山口雪奈(「遠距離恋愛」)
東出昌大(男優)津村拓実(「遠距離恋愛」)
市川実和子(女優)岸本千春(「クリスマスプレゼント」)
本田翼(女優)大友菜摘(「クリスマスの勇気」)
時任三郎(男優)宮崎正行(「二分の一成人式」)
大塚寧々(女優)宮崎沙織(「二分の一成人式」)
倍賞千恵子(女優)大島琴子(「遅れてきたプレゼント」)
小林稔侍(男優)松浦泰三(「遅れてきたプレゼント」)
松本来夢(女優)
出演ハンフリー・ボガートリック(劇中映画「カサブランカ」)
イングリッド・バーグマンイルザ(劇中映画「カサブランカ」)
脚本橋部敦子
音楽池頼広
作詞北川悠仁「守ってあげたい」/「守ってあげたい」
作曲北川悠仁「守ってあげたい」/「守ってあげたい」
編曲ゆず「守ってあげたい」
主題歌ゆず「守ってあげたい」
挿入曲JUJU「守ってあげたい」
製作ワーナー・ブラザース(「すべては君に逢えたから」製作委員会)
白組(「すべては君に逢えたから」製作委員会)
朝日新聞社(「すべては君に逢えたから」製作委員会)
制作白組(制作プロダクション)
配給ワーナー・ブラザース
美術金勝浩一
編集川瀬功
その他松竹(プロダクション協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.オムニバスかと思い込んでました。テレビドラマ(2時間スペシャル)でいいのでは?って雰囲気かな。何ヶ月かしたら記憶から無くなりそう、、、。でも他ごとしながらの暇つぶしにはいいかもね。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-01-23 14:55:11)
1.《ネタバレ》 クリスマスの東京駅を舞台にしたラブストーリーで、同時に6つのエピソードが進行する群像劇。ハリウッドのラブロマンス映画のような作品を日本でも作ろうという意気込みは悪くない(少なくともハリウッドもどきのパニック邦画よりは好感が持てる。)し、それなりに雰囲気も出ているのだが、群像劇としてはなにか物足りなさを感じるし、ラストももう少しうまく出来なかったものかと思えて、これだったら群像劇ではなくオムニバスにしてしまったほうが良かったかもしれない。一応、各エピソードにタイトルがつけられていて最初は群像劇ではなくオムニバスにするつもりだったのかなとつい憶測してしまった。(もし最初から群像劇のつもりでこういう風にしたのならセンスを少し疑う。)各エピソードもなにか組み立てが下手くそに感じるのだが、それでも、時任三郎の主演パートは恋愛ではなく家族愛を描いていて、このエピソードにはさすがにくるものがあり良かった。倍賞千恵子の過去の大失恋エピソードも素敵な結末で良かったと思う。でも、このふたつはもっと長くしてちゃんとした一本の長編として見たかった気もする。とくに倍賞千恵子のエピソードはいかにも一本の長編映画として成り立つような設定だっただけに惜しい気がする。それに過去の大失恋がセリフで語られるのみなのも物足りなかった。それと最後にもう一言、ラスト付近で玉木宏と高梨臨が初デートで見る映画がリバイバルの「カサブランカ」というのはちょっと違和感がありすぎる。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2014-11-20 10:52:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
52100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS