トーク・トゥ・ザ・デッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トーク・トゥ・ザ・デッド
 > (レビュー・クチコミ)

トーク・トゥ・ザ・デッド

[トークトゥザデッド]
2013年【日】 上映時間:84分
平均点:5.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-08-03)
ホラーオカルト映画
新規登録(2014-07-02)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2015-03-27)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督鶴田法男
キャスト小松彩夏(女優)川久保百合
加藤和樹(男優)三枝亮
桜井ユキ(女優)斎藤祥子
須賀貴匡(男優)本間優一
嶋田久作(男優)鴨下信司
毬谷友子(女優)川久保民子
三島ゆたか(男優)客E
大塚千弘(女優)笹本洋子
原作一瀬隆重(原案)
脚本鶴田法男
一瀬隆重
音楽遠藤浩二
プロデューサー一瀬隆重
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 松嶋奈々子のリング、そのアプリ版と言えばよいのか、はたまたデリヘル版とでも言えばよいのか 
とにかく ゾンビものと勘違いする方も多いのじゃないでしょうか 
視覚的ホラー要素は少なかったのですが 心理的(小説的)には少なからずの魅力はあったので、まあそこは良しとするところでありましょう。

でもですよ、余談といたしましては、三十分で五万とか 一時間で十万とか そっちのほうがよっぽど震えあがるよ 恐怖だよ
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-02-09 21:50:59)
1.《ネタバレ》 『リング』の“呪いのビデオテープ”から始まったオカルト近代テクノロジーシリーズは、『着信アリ』の携帯電話を経由して、スマートフォンのアプリにまで辿り付きました。本作の趣向は“死者と話ができる”というもの。言わばリアルイタコシステム。実はコレあまり危険ではないのです。普通に会話を楽しんでOK。上手く使えば生きる活力にさえなります。死者の方から不意に電話がかかってくる心配もありません。注意点は「会いたい」と言われても断ること。この1点のみ。ですからホラーとしては全然怖くないのです。劇中、何人かこのアプリが原因で命を落としていますが、呪い殺されたというより覚悟の自殺(ラストの一人を除く)。死者と話したいと望む時点で、多かれ少なかれ病んでいる訳ですから。それにしても本作のタイトルは悪質です。絶対ゾンビ映画だと勘違いする人がいるでしょうに。タイトルは『霊界通信』とか『もうイタコは要らない』でいいんじゃないでしょうか。猛烈にダサイですが。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 5点(2014-07-18 19:28:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
52100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS