LUCY ルーシーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ル行
 > LUCY ルーシー
 > (レビュー・クチコミ)

LUCY ルーシー

[ルーシー]
Lucy
2014年【仏】 上映時間:89分
平均点:5.55 / 10(Review 65人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-08-29)
アクションサスペンスSF
新規登録(2014-07-02)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2017-11-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
キャストスカーレット・ヨハンソン(女優)ルーシー
モーガン・フリーマン(男優)ノーマン教授
チェ・ミンシク(男優)チャン
アムール・ワケド(男優)ピエール・デル・リオ
ジュリアン・リンド=タット(男優)
アナリー・ティプトン(女優)
佐古真弓ルーシー(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ノーマン教授(日本語吹き替え版)
後藤敦(日本語吹き替え版)
飛田展男(日本語吹き替え版)
脚本リュック・ベッソン
音楽エリック・セラ
主題歌デーモン・アルバーン“SISTER RUST”
撮影ティエリー・アルボガスト
製作ヴィルジニー・シラ
製作総指揮マーク・シュミューガー
配給東宝東和
衣装オリヴィエ・ベリオ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
65.《ネタバレ》 スカーレット・ヨハンソン強すぎ!。こういうスカッとする映画は好きです。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 8点(2018-04-25 21:11:47)
64.《ネタバレ》 「若い女が薬物で覚醒し、超人類になった」。それがあらすじ。

金になる薬物なのだろう。だから暴力団が絡むし、超人類だからSFである。『2001年宇宙の旅』と『攻殻機動隊』と『レオン』を足して、かき混ぜて、土に埋めて15年後に取り出すと「ハイ、できました!」そんな映画かもしれない。


久しぶりに映画に没入した。
他にない映画なので、10点差し上げる。
完成度なんて、どうでもいい。万能になった主人公が、好き勝手するのが良かった。
パルプンテ未遂Gさん [DVD(字幕)] 10点(2018-01-06 23:03:48)(良:1票)
63.いろんな人が考える題材だけど、それぞれどうなるか想像して、それが納得できるかできないかで評価が変わる。
これは、脳が覚醒しても、他の人や物を動かせるようになるのは理屈がわからんから無理。
最初に青いやつ吸ったやつも覚醒してたのかな?
Skycrawlerさん [地上波(字幕)] 6点(2016-12-25 16:45:04)
62.《ネタバレ》 マフィアが売人の荷物の中身が分かっていないし、そこからもう意味不明ですよね。
なにかと無理があるけどアクションは面白いし、ストーリーは置いといて観ました。
脳が活性化されると超能力者になるのは、いくらなんでもついて行けないなと思いつつ・・・

スカーレットさんの演技力と迫力がとても良かった。
さらっと観ると面白い。
たんぽぽさん [DVD(字幕)] 6点(2016-10-31 16:40:34)
61.《ネタバレ》   
なんとも、まぁ
ベースのコンセプトは面白いのですが
所々の演出も面白いのですが
まぁ、なんとも言えません
ベッソンが考えたオリジナルシナリオのままなのか
商業的な演出を無理くり加えたのか
ベッソン好きな個人的には
後者であって欲しいです
こっちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2016-07-18 19:13:09)
60.《ネタバレ》 「スカーレット・ヨハンソンで斬新なSFアクションを撮ってみました」的な。ん~、一言でいうなら「説得力皆無」。脳の覚醒率20%時点の「外国語をすぐにマスターできる」くらいまでは納得できるのだが、覚醒率30%くらから「何じゃそら!!!」的な事象ばかり。この手の物語は、観客をいかに納得させるかがミソなのになぁ。監督のオタク気質が悪い方向に出ちゃった感じ。観客は置いてけ堀になること必至。リュックベッソン監督の映画は映像表現やアクションは好みなのだが、「根幹の理論」をもう少し何とかして欲しいところ。残念。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 4点(2016-06-06 22:08:33)
59.「なんジャそれ!、、、なんじゃあそれ、、、」と鑑賞後につい声に出ました。まんまと予告に騙されたね、、、全く想像と違ってた(悪い意味で)。配給会社の売り方が上手かったよ。《脳ミソ20〜30%》くらいまでは面白かったんだけどな。勝手に期待してた私が悪いね。SFコミックだったら感心して楽しく読めたかも。でもスカヨハはカッコよかったよ。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2016-05-24 01:27:20)
58.高評価を耳にし、観ることに..う~ん、まったく予想していなかった ストーリー..(これは、これで、面白かったけど..) 超能力を持つ主人公が、犯罪組織と戦い、大活躍するヒーローものかと思ってたら..冒頭から、まったく違う展開..まさか、あんなことになるなんて..悪役が、韓国系マフィア、というのは斬新だったかな..アクションもCGも、合格点! 深く考えないで、暇つぶしに(娯楽作品として)観るなら、OK!
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 7点(2016-05-09 22:00:34)
57.《ネタバレ》 面白かったです。前略なしのストーリであっという間でした。脳が100%覚醒するとどうなるかが本映画の本題ですが、ぶっ飛びすぎていていて着地点がありませんでした。気持ちは分かるけど、消えたら元も子もないやろ、と。間違った選択ではないと思いますが、物語としては中途半端です。でも、現実的に表現して中二病的な展開で興醒めするより良かったのかもしれないし、まぁこんなところかなぁとも思います。個人的には、逃げずに現実的な路線で物語を完結して欲しかったし、最後までアクションにこだわって欲しかった。もう少し主人公の人間ドラマを含めて欲しかったなぁ。
Keytusさん [DVD(字幕)] 7点(2016-02-21 22:54:22)
56.とりあえずニュータイプになりたいです。何%くらいかな?
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2016-02-12 11:41:29)
55.《ネタバレ》 ストーリー的には大して面白くない。だって、脳が20%であんな超人なんだから、それ以上になったら、なんだかよくわかんない状態で消えちゃうかなーって思っていたら、本当にそーなっていくだけのお話なので、先が読めちゃいます。ただ、テンポもよく、派手なシーンも多く、結構、シンプルにまとまっているので、退屈はしなかった。冒頭のギャングの怖さは緊迫感あったし、街がドンドン過去に戻って、原始時代までいくシーンも観ていて、楽しかった。カーアクションも、超人的になったら、もう運転、こんな感じでっせってゆう縦横無尽な走りにはテンションあがったし。脳のどうたらこうたらってゆうのをまともに解釈しちゃうと、リアリティーがなく、なんでもありで面白くないってゆう感じにはなるが、そこまで真剣に観てなかったからか、B級SF的な感じでお気楽に観ていたからか、僕は楽しめたほうかな。特に印象に残ったセリフはルーシーが、超常的な存在になてゆく過程で、1+1は決して2ではないと解説をするくだり。無限を恐るあまり人間は単位を考えてそれに縛られてるだけってゆう概念はなんか納得してしまったです。
なにわ君さん [DVD(吹替)] 7点(2016-01-14 13:49:59)
54.《ネタバレ》 前半は「おっ」と思わせるような始まり。チャン氏にブツを運んで、手術が完了して目覚めるくらいまでは、チャン氏率いる闇の組織の威厳を感じさせてサスペンス色が強く、ハラハラ・ドキドキの展開で素直に面白かった。人間が脳を通常以上に使えたら・・・それを10%〜100%まで段階的に示してくれているのだが、ルーシーが常人離れした能力(例えば、周囲の何人もの人を昏睡状態に陥らせるであったり、使ってるパソコンを電話相手のテレビにつないだり)を見せていくのがあまりにも現実離れしていて、リアリティがなくなり、前半に味わったような緊張感というものがなくなっていった。マトリックスとスターウォーズ、007、ターミネーターの4作のシーンを感じさせるような部分も随所随所にあり、新鮮味にかけたというのもある。オチも弱く、いまいち意図が伝わらなかった。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 5点(2016-01-06 14:52:36)
53.《ネタバレ》 安っぽいB級SFやインチキ通販でお馴染みの「人間の脳を100%活用したら」というおバカなコンセプトを大真面目に映像化するところは、さすがリュック・ベッソンです。使われていない脳のシナプスが大量にあるのは当たり前のことで、現状の機能を発揮するためにはそれだけバック・アップが必要なんです。パソコンのメモリー残量がゼロに近づいたらどうなるかを思い浮かべれば良いだけです。 この映画はとにかくあのコリアン・マフィアのボスのキャラが立ち過ぎで、すっかりスカヨハは喰われてしまいましたね。ルーシーがどんどん超能力者に進化(?)してゆくのに比例するかの様にボスの暴れっぷりもエスカレートするのが愉しいです。最後に警察が待ち構える大学構内にまで突っ込んでいくところまで来ると、もう損得関係なしで何がしたいのか判らない状態でしたね。このボスのキャラはもっと背景などを掘りこんでいたらこの映画はもっと面白くなったかも。 まあはっきり言ってラストに繋がる展開はベッソンの限界を見せられた気がしました。ルーシー繋がりで人類の始祖である類人猿ルーシーにまでタイムワープしてまさかのE.T.ごっことは、さすがベッソン、フリーダムというかまさに発想が中学生です。この人、もうSF撮るのは止めた方が賢明だと思います、アクション撮らせたら上手いんですがね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-12-29 20:06:29)
52.《ネタバレ》 中盤までは良かったんだけど、覚醒してくにつれてアクションが地味になってくのが残念かも。。。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 6点(2015-09-20 23:28:15)
51.《ネタバレ》 最初の30分だけは面白い。普通で良かったのに、もったいない。
ピストルを天井に貼り付けたり、人間を浮かせたり、
空き放題やり出してからがもう全く面白くもなんともない。
途中で上がっていくパーセンテージは意味不明度だったらしくて、
最後はもう100%意味不明です、ってことで終わる。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2015-08-14 23:27:09)
50.一週間したら、観たことを忘れそうだけど、次どうなるのかわからず予定調和じゃなかったので面白かったです。
スカーレット・ヨハンソンは相変わらず美しかったですし・・。
たぬき野郎さん [DVD(吹替)] 7点(2015-08-11 23:32:07)
49.思ってたより悪くない。アクションしたいのかSFしたいのかどっちつかずでえらく中途半端な作品となっていますが90分ぐらいの時間でさくっと観られるのでそこまで時間を無駄にした感もない。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 7点(2015-08-11 18:35:55)(良:1票)
48.《ネタバレ》 人間は、脳の本来の機能の10%しか使っていない。もし、自分の脳の力の100%を使いこなすことが出来たなら、人類は未知の領域に達するだろう――。クラブで知り合ったばかりの彼氏に強引に手渡されたアタッシュケース。それをホテルで待つチャンという男に届けるだけで500ドルをくれるというので、ルーシーは仕方なくホテルのロビーへと向かう。ところが、外で待っていた彼氏はいきなり射殺、ルーシーは黒スーツの集団に捕らえられ気を失ってしまう。「お前には新しいドラッグの運び屋になってもらう。まことに勝手ながら君のお腹にブツを埋めさせてもらったよ」。目を覚ましたルーシーは、麻薬密売組織のボスであったチャンにそう告げられ、有無を言わさず空港へと連れ出されるのだった。ところが、ほんの些細な手違いから彼女の体内に埋め込まれた謎の薬が漏れ出してしまう。それは、人間の脳を極限まで進化させる危険な薬だった。何もかもが鮮明に見え始めたルーシー、難なく敵を皆殺しにすることに成功した彼女は、自分の未来を守るためにその道の権威である一人の脳科学者の元を目指すのだった…。スカーレット・ヨハンソンを主演に迎え、リュック・ベッソン監督が新たに挑んだのは、そんなサイキックなSFアクションでした。まー、一言で言うなら「荒唐無稽」ですよね、これ。どうして脳の機能を30%使えただけで、自分の髪の色を自在に変えたり、大勢の人間を一瞬で眠らせたり、デジタル回線を自由に操れたりするのか、僕にはさっっっぱり理解できません(笑)。こういう荒唐無稽な作品って、だからこそ観客に説得力を与えるために考え抜かれたディテールが必要となるのに、本作にはそれが一切ないのです。もう気が付いたら、主人公ルーシーが無敵のスーパーウーマンになっちゃってて敵をばったばったと薙ぎ倒してるし、無謀な運転で街中を走り回ってるし、出会ったばかりの刑事とチューしちゃってるし、観客である僕たちはもう完全に置いてけぼりです。挙句、最後のトンデモ展開に至っては、「もう勝手にやっとくれー!!」っと呆れるしかなかったです。リュック・ベッソン、きっとサイキックSF漫画の名作「AKIRA」の実写版をやりたかったのだろうけど、さすがにこれでは脚本がテキトー過ぎと言われても仕方ないでしょう。でもまあ、映像的にはけっこう綺麗だったし、アクションシーンもそこそこキレがあったし、それ程退屈せずに最後まで観ることが出来たし、適度な暇潰しとしてはぼちぼち楽しめるんじゃないでしょーか。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2015-08-10 22:12:20)
47.《ネタバレ》 ちょっと期待してただけに、がっかりでした。
物語の入りは良いんだけど、脳が覚醒されて行くにつれて
凄い事が起こると思いきや、得に何か凄い事が起こる訳でもなく。
使い古されたエスパー演出の果てに脳の覚醒で得られたものがコンピュータって??
それで最後に残した物が意味深USBデータ端末?って。なんだそりゃ。
それらは所詮人間が20世紀に想像した産物。くだらない。
30年前に同じ設定なら新しいかもしれないが。もっと何か思い浮かばなかったの?
そしてせっかく脳の覚醒の話しなのに、最後は韓国?マフィアが
銃を乱射して戦うというのが何とも原始的で作品にマッチしてない。
B級映画として割り切って見れる人ならどうぞ。
デミトリさん [DVD(吹替)] 3点(2015-08-03 23:22:20)
46.「彼女の脳は麻薬の力で覚醒し、超人的な力を発揮し」という設定なので期待していたのだが、消化不良でガッカリ。
『クロノクル』の方がずっと面白い。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2015-08-01 20:40:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 65人
平均点数 5.55点
000.00%
100.00%
223.08%
3710.77%
4913.85%
51624.62%
61015.38%
71218.46%
869.23%
923.08%
1011.54%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.12点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.14点 Review7人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 2.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS