喰女-クイメ-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ク行
 > 喰女-クイメ-の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

喰女-クイメ-

[クイメ]
2014年上映時間:94分
平均点:5.17 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-08-23)
ホラー小説の映画化
新規登録(2014-07-22)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2021-10-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
助監督渡辺武〔監督〕
キャスト市川海老蔵(十一代目)(男優)長谷川浩介(伊右衛門)
柴咲コウ(女優)後藤美雪(お岩)
伊藤英明(男優)鈴木順
古谷一行(男優)嶋田貫二
勝野洋(男優)尾形道三郎
マイコ(女優)倉田加代子
根岸季衣(女優)堀内みすづ
原作山岸きくみ「誰にもあげない」(幻冬舎文庫)
脚本山岸きくみ
音楽遠藤浩二
主題歌華原朋美イメージソング「難破船」/イメージソング「ROSIER」
撮影北信康
製作木下直哉
遠谷信幸
遠藤茂行
東映(2014映画「喰女-クイメ-」製作委員会)
電通(2014映画「喰女-クイメ-」製作委員会)
OLM(2014映画「喰女-クイメ-」製作委員会)
木下グループ(2014映画「喰女-クイメ-」製作委員会)
企画市川海老蔵(十一代目)
中沢敏明
制作OLM(制作プロダクション)
配給東映
美術林田裕至
衣装柘植伊佐夫(衣裳)
ヘアメイク柘植伊佐夫(ヘアメイクデザイン)
編集山下健治
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 四谷怪談の舞台と、それを演ずる役者たちの現実劇の二重構造になってる映画。四谷怪談の舞台は公演ではなく、稽古の最終段階で衣装着て実際の舞台で本格的な芝居を演ずる稽古を僕たちにガッツリ見せる感じです。舞台も周る舞台で超豪華。このまま本当の舞台として見せれるくらいちゃんとしてる。だから、見ごたえはありました。舞台の雰囲気とか、とにかく気持ち悪くて不気味で、四谷怪談ってこんな怖い話やったんやって改めて思えました。代わりに、間の日常ドラマが全然おもんなくて、それでバランスとってるのかな?
なにわ君さん [インターネット(吹替)] 5点(2022-04-15 01:27:18)
11.面白くないなー。黒いけど、怖くないですなー。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 5点(2018-01-01 06:40:22)
10.《ネタバレ》 映画としては、?・・・私的には、お岩さんってお皿の人じゃないってわかったからちょっと勉強になった。

最後、足でゴロゴロさせてて、やるじゃん柴咲って思った。

お岩役のお姉さんが、お腹にいない赤ちゃんを刺すシーンって、相手の男性の幻覚なのかなって勝手に解釈。
新しい生物さん [DVD(邦画)] 6点(2016-04-12 15:36:51)
9.とにもかくにもつまらない作品。
現実の世界とお芝居がリンクしてその境界があやふやになって・・・
となにやら上手いアイデアの気がしたけれど全くはねない。

登場人物に魅力が無く、ストーリーには下敷きがあるので展開にも期待ができず、
物語が進みだすまでにも時間がかかるので正直言ってだるい。

短い時間でもこれだけテンポが悪いと辛い。
三池監督なら途中で気づいたろうになんでこのままになったのか。
病気の犬さん [インターネット(字幕)] 4点(2016-03-16 18:13:46)
8.《ネタバレ》 グルグル回転する舞台は、観る側は面白いけど、演じる側は目が回ってクラクラしちゃうんじゃないでしょうかね。後で尻モチついたりして次のシーンへ行けなさそう。映画だからいいけどさ(笑)

それにしても、驚くほど怖くなかった。
全体にやたら暗くてスローテンポで意味ありげなセリフやカメラまわしを多用し、くるぞくるぞ~と煽っておいて結局こないのはジャパンホラーのお約束とはいえ、この怖くなさは反則なんじゃなかろうか。長いし。
まあ怖くない一番の理由は、全体に柴崎コウの演技がよろしくない上に、クライマックスもイマイチだったせい?特殊メイク以外に鬼気迫るものがないので、ただの陰気な女になっちゃってるのがなぁ…。
その点、海老蔵の方がうまいのかもしれんが、別に目を半眼にしてボーっと突っ立っていただけ、とも言える。それにさ~海老蔵演じる浩介とやらがあまり魅力のある男じゃないのに、なんであんなにモテる?主演男優だから?海老蔵本人も、バックグラウンドを取っ払ってしまえばそんなに女にモテるタイプじゃないからなぁ…まあ変な意味じゃなく、男からはいい男だと思われるタイプかもしれないけど。

あとね。好きな男の子どもを妊娠してでも男は浮気者でーって、よくある話だと思うんだが。
過食するのはともかく自分でフォークで掻破しようとするなんて、あり得ないでしょ。そのあり得なさに説得力を与えるのが女優の演技力なのだが、今回はそこに問題があり。舞台で主演をはろうって女優が普通以上に精神的に弱いなんて不自然な設定だな~って、後で実はそこら辺からは海老蔵の死の際の妄想(?)だったってわかるまで、少々シラケちゃいましたよ。

この現実の三角関係と四谷怪談のストーリーがまったくリンクしていないのも、なんだかな。
行燈に灯る明かりとか、背景のプロジェクターの絵とか、デクスターばりの部屋中を埋め尽くすビニールシートとか、グルグル回る舞台といい、映像的にはすんごくよかったので、肝心のストーリーがつまらなくって残念です。
りりらっちさん [DVD(邦画)] 4点(2015-05-08 23:04:19)
7.《ネタバレ》 大掛かりな舞台のセットがグルグル回るところは見てて楽しいし、低音を響かせて不穏な雰囲気をキープするところは、流石。しかし、三池監督ってこんな分かりにくい話作る人だったっけかな。終ってみると、なぜ?がいっぱい浮かぶんだけど、三池監督の場合、おぞましい画をとるために脚本を犠牲にしそうなイメージがあるので、深く考えるべきかどうか悩む。結局、豪快な首チョンパプッシャーシーンで色々チャラになっちゃうし。
それにしても、近頃の伊藤英明は「悪の教典」「WOOD JOB」と立て続けにいい役で存在感出してるけど、本作での劇中劇で演じる盲目のゲス野郎役は半端ない。そこまで存在感出す必要ない役なのに…。
すべからさん [映画館(邦画)] 7点(2015-04-10 01:12:29)
6.《ネタバレ》 お岩よりか根岸季衣の顔のほうが怖いというのはどうしたことか おネギ最強 幽霊が脇役に喰われてしまってどないすねんな
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-03-11 23:20:38)
5.《ネタバレ》 海老蔵が現代劇に主演するということで、どんな演技なんだろうと思って見てみましたが、これはまさに海老蔵そのもの。そのまんまの自分で出演してるという感じでしたね。四谷怪談の舞台セットが凄く良くできてて、それを見てるだけでもそれなりに楽しい。そんな怖くはないけど、一見の見所はあるって感じかな。特に、柴咲コウの役回りですよ。股ぐらにフォークをぶすぶすやったりとか、お岩さんのおぞましい顔を演じたりとか、女優さんとしては一皮向けた役をやっているわけであります。ファンとしては、お色気があればもっと良かったな~なんて思うのですが、それはまた今後の楽しみと致しましょう、はい。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 6点(2015-03-02 19:39:46)(笑:1票)
4.《ネタバレ》 現実と芝居(四谷怪談)とがリンクして、ドロドロな感じになっていく話。
似たような最近の映画で『嗤う伊右衛門』と『怪談』がある。この2本は、正統派Jホラー映画であるが、『喰』は、渋い正統派Jホラーを劇中劇として扱い、現代の現実の劇団たちが演じる四谷怪談っていうメタ構造で描いている。おかげで、純粋な四谷怪談を観たくなった。
ようは、現実世界が邪魔。いらない。せっかく優秀な役者がそろっているんだから、正真正銘の四谷怪談をやったほうが絶対良かったと思う。

現実世界のドラマが非常に軽い。えびぞうと柴咲が付き合っていて、共演者のかわいい女の子とえびぞうがイイ感じになってるもんだから、柴咲が嫉妬してえびぞうを事故で殺すっていうだけの話。四谷怪談のお岩さんの苦悩と、現実柴咲の嫉妬心が全く釣り合っていない。

ビニールシートの質感が良かった。部屋全体を覆うビニールシート、やがて稽古場のデスクまでおおわれていく。そして最後、えびぞうのしゃれこうべを包むビニール袋。そうか、映画中盤以降、ビニール袋の中のえびぞうの頭部からの視点だったということか。はい。
no_the_warさん [映画館(邦画)] 5点(2014-09-08 00:12:00)(良:1票)
3.《ネタバレ》 映画館で他に観客がなく貸切状態で観ました。広く真っ暗な空間で他に人がいない状態で観ると怖いです。心霊的な怖さというより、人として怖い感じです。ただ、他に人がいないということは面白くはないということです。それでも観るという人は、人がいない回を狙って観ましょう。
いっちぃさん [映画館(邦画)] 4点(2014-08-30 02:09:12)
2.《ネタバレ》 原作未読。それぞれが一人二役を演じて劇中劇の役柄と現実がシンクロする展開は割と面白かった。このままの配役で舞台『四谷怪談』を公演してもウケが良さそうです。 無能なくせに欲望だけ強い男の愚かさも、表面上は平気なフリをしながらも内面じゃドロドロしている一途なまでに愛しすぎる女の狂気も上手く描かれてました。純粋で強い想いも逆に出ると怨念となり恐ろしいモンですね。市川海老蔵がちょっと前の私生活まんまであまりにもピッタリな役なので、コレを観てこうなる前に悔い改めてくれと奥さんは願っているでしょうな。
ロカホリさん [映画館(邦画)] 6点(2014-08-27 22:00:24)
1.《ネタバレ》 四谷怪談の劇を舞台にして現実の俳優のドラマを重ねて描く手法そのものは悪くないです。映画の半分を占める舞台稽古のシーンはそれなりに迫力がありました。私は映画派で舞台にはまず行かないんだけど、舞台ってこんな風に稽古とかしてるのねと興味深かった。しかし、肝心のストーリーがあまり面白くないです。「真、四谷怪談」のお話も前衛的なだけでどこが新解釈なのか良く分からない。現実のお話も妄想的なシーンと現実があえてごっちゃになってて混乱させているだけです。そんな中で柴咲コウはなかなか良かった。あのセリフ「私が至らぬばかりにご迷惑をおかけしております」が我が家で流行りになりそうなくらいツボにハマりました。別に怖くはないけどね。海老蔵も素で演技してるんじゃないの?と思われるところはマイナスだけど悪くない演技です。役者の頑張りで4点にしたいところを1点プラスします。全体的には「面白くない」んでお勧めはしかねます。
ぴのづかさん [映画館(邦画)] 5点(2014-08-23 22:34:31)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4325.00%
5541.67%
6325.00%
718.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.50点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS