ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 カ行
 > ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

[ガーディアンズオブギャラクシー]
Guardians of the Galaxy
2014年上映時間:121分
平均点:6.67 / 10(Review 64人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-09-13)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2014-07-22)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2023-06-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ガン
助監督ピーター・マクドナルド〔撮影〕(第二班監督)
キャストクリス・プラット〔1979年生〕(男優)ピーター・クイル / スター・ロード
ゾーイ・サルダナ(女優)ガモーラ
デイヴ・バウティスタ(男優)ドラックス
リー・ペイス(男優)ロナン
マイケル・ルーカー(男優)ヨンドゥ・ウドンタ
カレン・ギラン(女優)ネビュラ
ジャイモン・フンスー(男優)コラス
ジョン・C・ライリー(男優)ローマン・デイ
グレン・クローズ(女優)ノヴァ軍の指揮官 ノヴァ・プライム
ベニチオ・デル・トロ(男優)コレクター
ローラ・ハドック(女優)メレディス・クイル(クイルの母)
グレッグ・ヘンリー(男優)グランパ(クイルの祖父)
スタン・リー(男優)女性ザンダリアンの連れ
ラルフ・アイネソン(男優)パイロット
ジェームズ・ガン(男優)サカール人
ジョシュ・ブローリン(男優)サノス(ノンクレジット)
ロイド・カウフマン(男優)囚人(ノンクレジット)
タイラー・ベイツ(男優)パイロット(ノンクレジット)
ブラッドリー・クーパーロケット
ヴィン・ディーゼルグルート
ネイサン・フィリオン囚人
ロブ・ゾンビラヴェジャーズ・ナビゲーター
セス・グリーンハワード・ザ・ダック(ノンクレジット)
山寺宏一ピーター・クイル / スター・ロード(日本語吹き替え版)
朴璐美ガモーラ(日本語吹き替え版)
楠見尚己ドラックス(日本語吹き替え版)
遠藤憲一グルート(日本語吹き替え版)
加藤浩次ロケット(日本語吹き替え版)
立木文彦ヨンドゥ・ウドンタ(日本語吹き替え版)
石住昭彦コレクター(日本語吹き替え版)
東條加那子ベリート(日本語吹き替え版)
一柳みるノヴァ軍の指揮官 ノヴァ・プライム(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦グランパ(クイルの祖父)(日本語吹き替え版)
広瀬正志女性ザンダリアンの連れ(日本語吹き替え版)
宮島依里メレディス・クイル(日本語吹き替え版)
土田大クラグリン(日本語吹き替え版)
仲野裕デナリアン・サアル(日本語吹き替え版)
根本泰彦クリー大使(日本語吹き替え版)
銀河万丈サノス(日本語吹き替え版)
楠大典モンスター囚人(日本語吹き替え版)
伊藤和晃ブローカー(日本語吹き替え版)
野沢聡ノヴァ操縦士(日本語吹き替え版)
白熊寛嗣ロナン(日本語吹き替え版)
大滝寛ローマン・デイ(日本語吹替え版)
星野貴紀(日本語吹き替え版)
脚本ジェームズ・ガン
音楽タイラー・ベイツ
デイヴ・ジョーダン(音楽監修)
挿入曲デヴィッド・ボウイ”Moonage Daydream”
撮影ベン・デイヴィス〔撮影〕
製作ケヴィン・ファイギ
マーヴェル・エンタープライゼス
ムービング・ピクチャー・カンパニー
マーベル・スタジオ
製作総指揮スタン・リー
ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
フレームストアCFC(視覚効果)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
美術チャールズ・ウッド[美術]
衣装アレクサンドラ・バーン
編集ヒューズ・ウィンボーン
クレイグ・ウッド
あらすじ
トレジャーハンターのピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)は、無限の力を持つオーブを入手するが、暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)の襲撃に遭う。揉み合いになる2人に遺伝子改造されたアライグマのロケット(ブラッドリー・クーパー)と相棒の樹木型ヒューマノイドのグルート(ヴィン・ディーゼル)の賞金稼ぎペアが加わるが、4人とも逮捕され刑務所にぶち込まれる。4人にドラックス(デビッド・バウティスタ)が加わり脱獄するが、オーブの力で宇宙を滅亡させようとするロナン(リー・ペイス)と戦うことになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
64.《ネタバレ》 【MCU:エンドゲームまで完走済】
「俺が!俺たちが、グルートだ!」
インフィニティストーン絡みでMCUに属してはいるが、単品として見てもいい作品。
登場人物が割と多いのにキャラが立っているので、理解が難しいところは無い。
その分、淡々と自己紹介のシーンが続いてしまう。心に残るシーンも少なめ。

人型生物の肌色がカラフルな上、人外や機械化済も様々で、さながらゲームの映画化。
GBのSa・Gaシリーズにサガフロンティアをぶち込んだかの様なカオスっぷり。
所謂『善い人』は居なくとも、基本『憎めない奴』ばかりで気分は悪くならない。

しかしアメリカ映画のお約束、キレイ所のヒロイン役が赤・緑・青と分散。赤は爆散。
笑顔がチャーミングな青いモヒカンの子がヒロインってことでいいんですかね?
「スターロード」の通り名を覚えてもらえて嬉しそうな主人公もキュート。
古き良きジャクソンの歌声に+2で7点。
マダオ馳夫さん [インターネット(字幕)] 7点(2024-04-02 18:28:45)
63.《ネタバレ》 レビュー漏れでした。
マーベル時系列鑑賞中、キャプテンアメリカウィンターソルジャー ~ 本作 ~ 本作リミックス
実は時系列視聴する前に観ていましたので再鑑賞ですね。
新シリーズかと思っていましたら関連作品だったんですね。
軽いノリだけど対峙する敵はとてつもなく強大でバランス悪そう、わちゃわちゃしてるのが楽しめます。
ウォークマンのテープで流す最強ベストが良いね、実の所世代ではないので知らない曲ばかりだけど、どこかで聞いたことはありそうな曲で馴染み感があり引き込まれます。
ないとれいんさん [3D(吹替)] 8点(2023-12-11 11:54:14)
62.マーベルの中にあって魅力的なメンバー。珠玉のスペースオペラ。
TERUさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2023-05-18 20:50:19)
61.《ネタバレ》 この映画の点数ですか?もちろん満点ですよ。文句なしですよ。非の打ち所ありませんよ。じゃあなぜここで「5点」なんか付けてるかって?

まず冒頭からすごく良く出来てる。子供の不器用な振る舞い、爺さんも良い人だ。話が進んで、まずアクションが良い。そして良いのが最初まったく理解できない者同士が仲間になる過程、知的で痴的なジョーク、悪役含め全員にそいつなりの依って立つ根拠が感じられる魅力的なキャラ造形、音楽・・・。

・・・たぶんここなんだよ。サントラ曲を知ってるかどうか、70年代のポップス/ロックが好きかは関係ない。良い曲と思うかどうかも多分関係ない。あれらの曲に対する「受容体」を持っているかどうか。僕は持っていないので、あのよく出来た映像とストーリーが目の前を「ツー」と滑っていく。そして「ル」と止まらずそのまま視界から消えていく。

映画というのは広く一般に公開されるものだが、その映画を観て感じるという行為は改めてパーソナルなものなのだということを思い知った。自分が信頼する批評家やライターがみんな大絶賛、自分もその「良さ」は理解できる。しかし感じることが出来ない・・・。この映画は「サントラ曲」が劇中でも鳴っていてストーリーにも関わるというメタ構造になっている。だからそこに引っかかるフックがあるかどうかで感想が大きく変わってくるのだろう。

まあガモーラよりネビュラの方が可愛いよな。たぶんここなんだよ。(なのか?)
tubirdさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-03-22 21:54:57)
60.《ネタバレ》  スペースオペラ的作品に若干飽きが来ている今日この頃。それもあってか、アベンジャーズシリーズの中で、一番期待せずに見たこの作品。いやいや。これがなかなかどうして。面白いじゃないですか。
 『ザ・定番』なのは間違いない。凝った演出やエピソードだってありゃしない。何が面白いのかわからないけれど、強いて言うなら個性豊かなキャラクター達の魅力にやられたのかもしれないです。『異なる特技を持った仲間たちが力を合わせる』っていうシチュエーションがとにかく好きなんです。
 『脱出のプロでありメカに強いロケット』『木人のグルート』は特にお気に入り。マイケル・ルーカー演じるヨンドゥが、ペンみたいな武器1本でロナン軍を一掃しちゃうシーンも好き。この人『ウォーキング・デッド』で顔と名前を覚えたのですが、実は結構いろんな映画に出ているのですね。しかも結構見たことある映画ばかり・・・。凶暴さと父性を同居させた、なかなか好きな役者さんです。
 ストーリーは、悪い奴をみんなで力を合わせてやっつけるってだけなんで、なんてことないんですけどね。そーゆー定番の良さってのが土台にあるから、キャラクター達の魅力が際立つのかもしれません。アベンジャーズの布石として鑑賞しましたが、これ単体でも充分に面白い作品でした。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2020-03-23 12:34:02)(良:1票)
59.《ネタバレ》 アイアンマンから、マーベル作品を順に観てきました。
これまでのヒーローは全く登場せず、新たに3人と一匹と一本?のキャラが登場
ところが、その新キャラにどうも華を感じません。
主人公は、ハン・ソロ風の設定なのだけど、魅力はイマイチ
緑色のヒロインは、ケンナオコに似てるし、アライグマはいっそ「テッド」みたいなキャラにすればよかったのに‥‥と思います。
あの樹木人間は、今後活躍してくれそうですが、超人揃いのアベンジャーズチームの中で、他のキャラは今後どんな位置付けになるのかな、と思いました。
ストーリーもありきたりで退屈
見所がCGだけでは、中々満足できませんよね。
でも、昔、愛用していたウォークマンが出てきたのは嬉しかったです。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 4点(2019-10-06 00:45:27)
58.一人一人はそんなに強くなくスーパーヒーローとは言い難いが、チームになると強いですねぇ。
なんと言ってもアライグマのキャラがイカしてた!
全体的にゆるーい感じなので気軽に楽しめる作品となっている。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2019-04-22 17:32:04)
57.みんなの強み、弱みがそれぞれあって、思わず続編期待したくなりますよね。ここまでエンターテインメントに徹してくれてるのもうれしいです。劇場で見たかった・・・
HRM36さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-07-17 16:44:04)
56.X-メンの「私、こんな特技あります、映画の中で活躍してみせます」といういささか鼻につくアピールに比べると(そこが魅力なんだろうけど)、こちらは、どうしてこんなポンコツメンバーが集められて一つの作品になっているのやら、正直、企画の意図がよくわからない。
そこが魅力ですね(← 要するに何でもいいのか)。
それぞれが何やら屈託を抱えているらしいのだけど、そういうのも物語のちょっとしたスパイス程度に抑えて、あくまでお祭り映画のノリで。
ただし、本作を見た後は、「動物映画」を見ても素朴に「キャーかわいい!」とは言えなくなる副作用は、あるかもしれません。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 7点(2018-05-12 02:47:09)
55.《ネタバレ》 食わず嫌いしていた作品がここまで面白いとは!
近未来的な都市・警察・刑務所・惑星、と思う存分SFを味わわせてくれる。それもユーモアとともに。
ロケット&グルートという魅力的な仲間もいるし、悪の脅威から地上を守るというストーリーも楽しかった。
まさにガーディアンズ。次回作に期待。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-08-01 18:58:08)
54.普段はサスペンスものばかりみているので、何も考えずに見るには最適な映画でした。
2の方にも期待したいです。
面白さは、ギャラクシークエストの方が上だと思います。
ローグさん [DVD(吹替)] 7点(2017-07-09 20:58:47)
53.《ネタバレ》   
グルートとロケットは、
どこで、どんなふうに出会ったんだろう。
無茶苦茶なロケットはグルートが大好きで
どうしてグルートはこんなに優しいのだろう。

そんなことが気になって仕方ないw
基本、どんちゃん騒ぎ映画なのに
少し涙ぐんでしまいましたww
こっちゃんさん [インターネット(字幕)] 9点(2017-05-20 18:19:07)
52.《ネタバレ》 MCUの中では特異ともいえる一作。予備知識なしで観たので、まず固有名詞とか星と星、人と人の関係をつかむのに苦労しました。もうちょっとスッキリした設定にしてくれないものかな。
メンバーがそれぞれ個性的でキャラが立っているのですが、そのために主人公の影が薄くなってしまっていて、ちょっと物足りない感じ。統率力があるわけでもなし、得意技があるわけでもなし。存在感でアライグマに負けてる主人公ってどうなのよ。
とはいえ、あまり深く考えずに観る分には、そこそこ楽しめます。
それにしても、ここまで毛色の違うキャラたちを、これまでのMCUの他の正義感満載のヒーローとどうやって結びつけるつもりなのか、興味津々です。ってか、四次元キューブだったかエーテルだったか、あんな怪しい人に預けちゃっていいの? > アスガルド
EOSさん [DVD(吹替)] 5点(2016-11-24 11:23:56)
51.《ネタバレ》 色々な人種にアライグマに植物。生物多様性を考えさせられる映画ですね。グルートがいい味出してます。続編では成長した姿で戻ってくるのでしょうか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-11-06 21:10:49)
50.《ネタバレ》 予告編と違いだいぶしっとりとした始まり方をするのでアレレ~?と思ったのもつかの間、速効でアブダクトされたのには笑った。その後に続くノリノリのオープニングから魅力全開の主人公、スターロードはトニー・スタークに匹敵するナイスキャラ。往年のハリソン・フォードを思わせるクリス・プラットのなんとも色気のあるヤンチャさがイカス。
そしてなんと言っても前代未聞のボスの倒し方!キャプテンE.Oかよ!敵の「えっ、なにやってんの?」って顔が真に迫っていた。ママ選曲のサントラもかなりグッとくる出来なのでこの映画が気に入った方はぜひ購入をおすすめします。別にどこの回し者でもないですよ。
けんじマンさん [映画館(字幕)] 8点(2016-09-27 07:05:26)(良:1票)
49.《ネタバレ》 このストーンをもし自由に操ることが出来れば、世界などいとも簡単に消滅させることが出来るだろう――。地球暦2014年、銀河系の片隅にひっそりと浮かぶ廃墟の惑星モラグにある一人の男が降り立つのだった。彼の名は、スターロードことピーター。幼いころに地球外の未知なる者どもに連れ去られて以来、いまや銀河を股に掛けて活躍するようになったトレジャーハンターだ。今回の獲物はオーグという名の謎のストーン。易々と手に入れることが出来たものの、依頼主に届けようと訪れたザンダー星でいきなり見たこともないような緑色の肌をした女アサシン・ガモーラに襲われるのだった。さらには、偶然それを目にしたアライグマ姿の賞金稼ぎ・ロケットとその部下で植物型のヒューマノイド・グルートも加わり、ザンダーの街で大立ち回りを演じることに。当然、彼らは捕まり、刑務所にぶち込まれるのだが、そこでこのストーンを巡って悪の化身のようなロナンという反逆者が暗躍していることを知る。このままでは銀河が危ない!同じく刑務所に収監されていた、ロナンに家族を殺された大男・ドラックスと共に脱獄に成功した彼らは、銀河の平和を守るために危険な大冒険へと出発するのだった…。マーブルの人気コミックを原作に、個性豊かなキャラクターが銀河狭しと大活躍する姿をコミカルに描いた波乱万丈SF冒険活劇。いやー、十中八九予想していたこととは言え、もう超が何十個も付きそうなほどの超々王道エンタメでしたね~、これ。よく言えば家族揃って最後まで安心して観ていられる安定の娯楽作、悪く言えば新しい部分が一切ないベタベタな薄味作品。でもまあ、けっこう脚本がしっかりしていたりお金をたっぷり掛けただろうCG映像はさすがの迫力だったりで、僕はぼちぼち楽しめたかな。途中まではいがみ合っていたけど、なんだかんだ色々あって最後は大きな目的のために一致団結して戦うって、もはや「映画ドラえもん のび太のナントカカントカ」みたいなノリ(ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんとほぼ揃ってるじゃん笑)。でも、ここまでベタに徹してくれたらこれはこれで好感が持てるわ。全編に散りばめられた小ネタもキレがあってなかなか良かったしね。難があるとすれば、悪役の目的がいまいち分かりづらいところか。思いっ切り続編が作られる感じで終わっていったけど、きっと一週間もすればほとんど内容忘れちゃうだろうね。ま、でも別に問題なく観られる(笑)。そんな感じの作品でございました。6点っす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-09-26 22:56:11)(良:1票)
48.想定していたよりはかなり面白かった。ちょっとB級っぽいSFだが、作りはしっかりしている。
70年代音楽をもっと効果的に使ってもらえればさらに良かったと思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-09-18 21:56:05)
47.《ネタバレ》 マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズの一品。宇宙が舞台でアベンジャーズ絡みはあまりありませんが、例えばコレクターなどはマイティソーのダークワールドなんかに登場したり、インフィニティストーンやサノスもアベンジャーズ2で出てきたので、今後、お話がもっとクロスオーバーしていくかもしれません。ますますマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズは一見さんお断り的になってきていてます。で、本作、単品ではどーだったかとゆーと、僕は十分楽しめました。B級スペースオペラの王道的な展開ですけど、話ハコビといい、見せ方といい、うまくまとまっていると思います。主役たち面々も観ているうちにドンドン好きになっていて、最後はこーゆうヒーロー達もいいなーって思えたし、特に僕は、冒頭のシーンがあまりにもせつなくて、もうのっけから主人公に感情移入しちゃって、おかーさんとの悲しい別れを受け入れる間もなく、小さな子供が宇宙の冒険に巻き込まれちゃって成長しちゃったって設定が、グッときます。そして、それが最後のオチにまでつながっている所で、なんか泣けちゃって、母と子とゆう表現には本当弱いです。アライグマのくせに口が悪くでも実はかなり有能で仲間思いのロケットや、あまりしゃべらないけど意外な必殺技をもち頼もしいグルート、復讐に燃えて強いが素直な所もあるドラックス、セクシーな暗殺者だが正義感もしっかりあるガモーラなど、他の面々の心に傷をもつアウトロー感も素敵。合体して網になる飛行機もサイコー!
なにわ君さん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2016-09-14 17:59:25)(良:1票)
46.《ネタバレ》 ゆる~いヒーローもの。この種のテイストが久しぶりで、それが新鮮ってことも含めて楽しかったです。アウトローぶってるけど正義感はある。麦わらの海賊団みたいなものですかね。主人公とヒロイン(?)はどうってことなくて、実は何がやりたいのかよくわからない。でも、植物男と筋肉親父とアライグマはしっかりキャラが立っていて、彼らのアクションと台詞に期待感を持ちながら観ていました。漫才レベルのボケと突っ込み満載です。乱闘シーンのアングル選択とカット割りは最悪レベルに下手くそで、とても見づらかった。特に凝る必要を覚えなかったのは私だけかな。カセットテープのウォークマンでラナウェイズのチェリー・ボム。なんでウォークマン?とも思ったけど、懐かしいポップスを聴く風情の映画としてまとまっています。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-09-04 15:13:40)
45.期待せず鑑賞したら、いやいやSW最新作より全然面白いですよ。
70年代のポップスに合わせたオープニングクレジット・・・最高にカッコ良かったです。

70年代のポップスとSF、真反対なモノをうまく組み合わせましたね~、
全然違和感を感じませんでした。

個人的にはヨンドゥが良い味出してたなぁ。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 7点(2016-06-05 14:29:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 64人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
423.12%
51320.31%
61523.44%
71828.12%
8812.50%
969.38%
1023.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review5人
2 ストーリー評価 7.50点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.87点 Review8人
4 音楽評価 8.62点 Review8人
5 感泣評価 6.57点 Review7人
chart

【アカデミー賞 情報】

2014年 87回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS