インフォーマーズ セックスと偽りの日々のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インフォーマーズ セックスと偽りの日々
 > (レビュー・クチコミ)

インフォーマーズ セックスと偽りの日々

[インフォーマーズセックストイツワリノヒビ]
THE INFORMERS
2008年【米・独】 上映時間:98分
平均点:2.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
サスペンス犯罪もの小説の映画化エロティック
新規登録(2014-08-04)【飛鳥】さん
タイトル情報更新(2014-12-10)【飛鳥】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督グレゴール・ジョーダン
キャストビリー・ボブ・ソーントン(男優)ウィリアム・スローン
キム・ベイシンガー(女優)ローラ・スローン
ミッキー・ローク(男優)ピーター
ウィノナ・ライダー(女優)シェリル・ムーア
ブラッド・レンフロ(男優)ジャック
アンバー・ハード(女優)クリスティー
ジョン・フォスター〔1984年生・男優〕(男優)グレアム・スローン
リス・アイファンズ(男優)ロジャー
ルー・テイラー・プッチ(男優)ティム
ジェシカ・ストループ(女優)レイチェル
原作ブレット・イーストン・エリス
脚本ブレット・イーストン・エリス
音楽クリストファー・ヤング
製作総指揮ブレット・イーストン・エリス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 80年代、ハリウッドの上流階級で“酒とセックスとドラッグ”に溺れるセレブたちのどうしようもない自堕落な日々を、豪華なキャストをそろえてスキャンダラスに綴った青春群像。――と、言えば聞こえは良いのだけど、僕の理解力が乏しかったのか、それとも本作のスタッフたちが人様からお金を貰いさらには貴重な時間を割いてまで観てもらう映画表現とはどういったものであるかという基本中の基本を全く理解していないお粗末な人たちだらけだったのか、いったい誰が主人公でそこにどんなストーリーが展開されていかなるテーマを観客に伝えたかったのか、最後までさっっっっっっぱり理解できない、もはや映画と呼ぶのさえ躊躇われるほどの「クソつまんないショボ映画」でしたね、これ。あの最初に車に轢かれる男はなんだったの?浮気性のビリー・ボブ・ソーントンは何で嫁と縒り戻そうとしながら、一緒に浮気相手のパーティに行こうと(普通にアホやん!笑)したの?あの謎のロックコンサートシーンはいったい何の意味があったの?あの子供を誘拐しちゃうミッキー・ロークの意味不明なエピソードは何?そして、あの誰とでもセックスしちゃう糞ビッチなおねーちゃんは結局エイズになって死んじゃったってわけ?誰か僕に本作のストーリーを出来るだけ分かりやすく説明してください(笑)。もうとにかく意味不明、理解不能。久し振りに、人生というかけがえのないものの中の98分という大切な時間をドブに捨ててしまったと胸を張って言えるクソつまらない映画と出会ってしまいました。ほとんど裸で過ごしていた、あのビッチなおねーちゃんがなかなかの美乳だったので2点…、にしようかなと思ったけど、やっぱりここは厳正なる評価(だっておっぱい見たいなら普通にAV観ればいいねんもん!笑)をさせていただきます。1点!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 1点(2015-01-29 18:56:58)
1.《ネタバレ》 ドラッグとセックスに溺れた退廃的なセレブの世界。
欲望のおもむくままに体を重ねる男と女。
副題からB級エロ映画と思われそうだが、意外や豪華キャスト。
さすがにキム・ベイシンガーも若くはないのでヌードはなし。
代わりにアンバー・ハードが誰とでも寝るような女を演じて脱ぎまくっている。
私生活でジョニー・デップをメロメロにするだけのことはある。
でも、見どころはそれくらい。

人間関係が複雑で、頭の中で整理するのが追いつかない。
あの男とあの女が不倫で、あの男の妻はこっちの男と関係があって、それが息子の友人で…
もう肉体関係、血縁関係、交友関係が入り乱れて、何が何だかわからない。
もっと核となる人物を絞らないと、深いところまで描ききれないだろうに。
ラストも「え?これで終わり?」と口がポカン。
広げた風呂敷を広げっぱなしで置いていった感じ。
冒頭の交通事故死から始まって、ドラッグ、不倫、夫婦の崩壊、子供の誘拐、親子の断絶、最後はエイズと負の要素が連なって、退廃と閉塞感で後味も良くない。

出演者はそうそうたる顔ぶれなのに、無駄遣いでもったいない。
この顔ぶれなら日本でもある程度集客を見込めそうなものだが、ようやく製作6年後にテレビでオンエアされたものの、劇場未公開に終わったのも無理もない。
豪華キャストといえば、レンフロとミッキー・ロークにエンドロールまで気が付かなかった。
本作はレンフロの遺作になったけど「マイ・フレンド・フォーエバー」「17」の頃のシャープな美少年ぶりが跡形もない。
ロークの若い頃からの変貌ぶりにもビックリ。
花の色は移りにけりないたずらに――女だけでなく男にも言えることなのか、特に美形で売っていた人には残酷だ。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 3点(2014-08-07 18:56:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 2.00点
000.00%
1150.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS