素敵な人生のはじめ方のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 素敵な人生のはじめ方
 > (レビュー・クチコミ)

素敵な人生のはじめ方

[ステキナジンセイノハジメカタ]
10 Items or Less
2006年【米】 上映時間:82分
平均点:6.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマコメディロマンスロードムービー
新規登録(2014-08-04)【SAEKO】さん
タイトル情報更新(2017-08-27)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブラッド・シルバーリング
キャストモーガン・フリーマン(男優)映画俳優(役名無し)
パズ・ヴェガ(女優)スカーレット
ボビー・カナヴェイル(男優)ボビー
ジョナ・ヒル(男優)パッキー
クマール・パラーナ(男優)リー
ジム・パーソンズ(男優)受付係
ダニー・デヴィート(男優)ビッグD
池田勝映画俳優(日本語吹き替え版)
宮島依里スカーレット(日本語吹き替え版)
脚本ブラッド・シルバーリング
音楽アントニオ・ピント
撮影フェドン・パパマイケル
製作ブラッド・シルバーリング
製作総指揮モーガン・フリーマン
編集マイケル・カーン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.シンプルでありながらも、登場人物の行く末にまで、いろんなストーリーが展開していきそう…、と感じさせてくれる作品。最近、こんな映画は少なくなったなぁ〜。映像の仕上げ方も、物語の場所の空気感を運んでくれます。ただ、何と言っても、評価不能な邦題にのみマイナス点を付けざるを得ないところが残念です。
Let it Snowさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-02-03 18:24:24)★《新規》★
5.《ネタバレ》 あ~いいですね~、こういう力の入ってない映画。モーガン・フリーマンに役名すらないというのも何か全般的にリラックスした雰囲気が心地よいというんですか、製作総指揮を彼がしてるからでしょうね。アメリカらしい空気感もとても良かった、さら~っと観れる良い映画です〇
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-09-05 07:46:55)
4.本作のモーガン・フリーマン、有名な俳優というだけで役名がありません。でも、それで全然OK。
作品の中で彼と会う人たちは、みんな彼のことを知っている。
現実のモーガン・フリーマンは相変わらず途切れることなく映画に出続けていますが、
演じる男は現実の自分自身とは異なり、久々に俳優にカムバックしようとしているかつての名優。
復帰作の役作りのためにスーパーを訪れる序盤は「もしもモーガン・フリーマンがふらっと町中のスーパーに現れたら」みたいな感じで、
飾り気のない彼の魅力がとてもうまく引き出されています。
演じる男は役作りのためにスーパーを訪れたりしていますが、本作のフリーマンはありのままのフリーマンという感じです。
パス・ベガ演じる、現状から脱却しようともがくスーパーのレジ係の女性。フリーマンとのたった1日の交流が彼女の心に安らぎを与える。
そんなモーガン・フリーマンを見ているだけで何とも言えない安心感のようなものがある作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-09-02 17:43:05)
3.人生には諦めも必要で、現実を見据えてある程度の妥協もしつつ、それでも人生を生きなければならないわけで。ただ、「諦めない・前向きに」ってスローガンには違和感を感じるな。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-03-23 12:46:16)
2.小品の印象。でも掘り出し物と言っていい出来。
いろいろと解明されない背景が多いが、それでも「人生をあきらめない」雰囲気を作っていて、二人のこれからの(それぞれ個別の)人生に希望が見える。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-27 22:29:19)
1.深夜放送を録画し、違う映画だと思い込んで鑑賞。「素敵な人生の○○○方」ってタイトルの映画多すぎやしませんかね?しかしこれは日本では劇場未公開作だったようで、レアなもの観られてツイてるかも。名は売れているものの、長く映画界から退いてしまい、4年振りの復帰作の撮影に臨まんとする俳優役にモーガン・フリーマン。楽しそうに演じていて、まるで素のようでした。相手役のパス・ヴェガも、不遇ながらも勝気でせっかちなレジ係の女性をように見えました。嫌なことが続いて、なんとなくやさぐれている時に見たら、包み込まれそうな映画です。好きなこと10個、嫌いなこと10個。それらについてあーだこーだ言いながら、ゆっくり誰かと話してみたい。
SAEKOさん [地上波(字幕)] 7点(2014-08-08 05:24:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5116.67%
6116.67%
7350.00%
800.00%
9116.67%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS