イントゥ・ザ・ストームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イントゥ・ザ・ストーム
 > (レビュー・クチコミ)

イントゥ・ザ・ストーム

[イントゥザストーム]
Into the Storm
2014年【米】 上映時間:89分
平均点:5.71 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-08-22)
アドベンチャーパニックもの
新規登録(2014-08-18)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2018-09-09)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・クエイル
演出ウェブスター・ワイナリー(第2班スタント・コーディネーター)
キャストリチャード・アーミテージ(男優)ゲイリー・モリス
サラ・ウェイン・キャリーズ(女優)アリソン・ストーン
マット・ウォルシュ〔男優〕(男優)ピート
マックス・ディーコン(男優)ドニー・モリス
アーレン・エスカーペタ(男優)ダリル
ジェレミー・サンプター(男優)ジェイコブ
てらそままさきゲイリー・モリス(日本語吹き替え版)
山像かおりアリソン・ストーン(日本語吹き替え版)
咲野俊介ピート(日本語吹き替え版)
内山昂輝ドニー・モリス(日本語吹き替え版)
早見沙織ケイトリン・ジョンストン(日本語吹き替え版)
音楽ブライアン・タイラー〔音楽〕
撮影ブライアン・ピアソン
製作トッド・ガーナー
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮ウォルター・ハマダ
制作ACクリエイト(日本語版制作)
配給ワーナー・ブラザース
特撮シネサイト社(視覚効果)
リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
日本語翻訳アンゼたかし
あらすじ
シルバータウンの街に巨大竜巻が次々と襲来し、住民たちはシェルターに避難する。一方で、プロのストームチェイサーのピート(マット・ウォルシュ)、息子・ドニー(マックス・ディーコン)を捜す高校教頭・ゲイリー(リチャード・アーミテージ)らは竜巻に立ち向かうが、炎に包まれた巨大竜巻は猛威を振るい、ジャンボジェット機すら飲み込んでいく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 映像だけのおバカ映画だと思っていたのですが
POV好きな自分としては、そこ視点なのは良かったりします(中途半端なPOVですが)

で、ストーリー的に残念なのは
前半いきなりだらけてしまうのと、

建物とか飛行機とかガンガン飛ばされるレベルの風なのに
そこそこ頑張る車と

残念だったやつが自己犠牲をだすテンプレ的展開が
実はあまり好きじゃなかったりします。

あとシェルターにいる生徒が全員脱出するかなぁ。と
いやいや、外行くなんて無謀でしょ。って思って
居残る生徒も沢山いてもおかしくないと思いますが。

とはいえ、映像は映画館で見たかったレベルですごかったです。

ってことで6点で
シネマレビュー管理人さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-04-01 17:30:00)★《新規》★
27.《ネタバレ》 手持ちカメラだの監視カメラの映像をちょいちょい挟んでくるのは、リアルな映画っぽく見せるためだというのはよくわかるのですが、それは逆にそこまで荒唐無稽なエンターテイメントにはしませんよ、というスタンスを表してもいるわけです。
しかし、この手のディザスター娯楽映画に期待するもののは、暴力的なまでの破壊の嵐と絶望的な状況、悲劇とそこからの救いなわけで、そういう意味ではこの映画はちょっと弱いかなぁ、と思います。エピソードもキャラの立て方も何もかもが小粒で、ダイナミズムが全くありません。

終盤の竜巻のシーンだけはなかなかなんですが、冒頭30分がとにかくだるく、しかもオチもいただけません。
兄貴と彼女がそれなりにラブラブのシーンがないってのは意味不明ですし、ましてやアホyoutuberが生き残ってるのがラストシーンってのはどういう事なんでしょうか?狂言回しにもなってない存在意味不明の不愉快なキャラを生き残らせてラストを締めるとか、製作者のセンスを疑います。
唐突に出てくる空港のシーンとかね。あれももっと生かせるでしょ?飛ばされたタイタスの周りをジャンボが浮かんでる画とかさぁ…ほんとセンスないわ。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-01-09 13:14:59)
26.扱うテーマが人災と天災では、人間ドラマの厚みにも差が出るのだろうか。
昔見た『タワーリング・インフェルノ』は、言わずと知れた人災のパニック映画。重大なミスを犯して多大な被害を出したメインキャラたちの苦悩や、人命救助に命をかける消防士の決断など、重厚なドラマが魅力的だったし、徐々に炎がビル中に燃え広がる不気味さや絶望感も見ごたえがあった。
しかし天災では、その発生と人間の相関性が薄く、どんなドラマでも好きなように作れるため、どうしても取ってつけたようになってしまう。
天災の規模と人間ドラマの双方で勝負できる作品を作るとなると、脚本が相当難しくなるのではと思う。
いっそ、スピルバーグの『激突!』のように、登場人物たちのセリフを極限まで削ってドラマをシンプルにしていたら、かえってメリハリが効いたかもしれない。
誰もかれもがぺらぺらとしゃべるから見ているこちらはすんなり事情が頭に入って楽だけれど、そのかわり鑑賞し終わったら、「竜巻が圧巻だったね」という思いしか残らない。
それに、「ツイスター」でも感じたことだが、本作も竜巻の破壊力ばかりに力が入りすぎていた。
この天災の特徴は、悪魔が通った道のごとく通過の痕跡が残る。ということは、破壊された家屋と被害をまぬかれた家屋が目と鼻の先という皮肉な事態も起こりうる。人間ドラマを描くのであればかっこうのネタになるのに、どうしてこの理不尽さを描こうとしないのだろう。
また、空に舞い上がったものが全て地面に激突するということもないのでは。運よく風に乗って無事地上に降りられれば、ユニークな絵になったろうにと思う。こんなふうに、竜巻のいろんな「表情」を見せてほしかった。
tonyさん [DVD(字幕)] 5点(2017-07-15 01:25:09)
25.竜巻、怖っ。人間模様はこの手の作品のまさにありがちそのもの。どうせ竜巻映像を楽しむのが目的なんだから、前半の前設定の日常生活はまどろこしかった。けどお約束だから仕方ない。ここが見せ所や!というのも分かり易い。ある意味普通の中の普通の作品。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-10-18 15:18:46)
24.《ネタバレ》 ​これが世界の終わりか。
崖っぷちの竜巻ハンターが遭遇したのは竜巻地獄。不仲な家族が遭遇したのも竜巻地獄。バカなユーチューバーが遭遇したのも竜巻地獄。
圧巻です。普通竜巻から、多重竜巻、炎を巻き上げる火炎竜巻に世界の終焉のような超弩級巨大竜巻まで、サメは飛んできませんがバリエーションに溢れる竜巻を様々なカメラから撮るという手法で、超映像でこれでもかと見せてくれます。
いや、ホント凄いですよ。こんなシンプルな題材なのに登場する様々な人々のドラマが交錯し、リアルな映像は自分もそこにいるかの様な錯覚に陥ります。特にあの生真面目なお父さんは応援したくなりますね。
そして見所は何と言っても竜巻ハンター専用特別車両タイタス!カッコいいですね!丈夫!役立つ!安心感!見ていて頼れるタイタス!良いですね!
最後の最後までテンションを維持し、盛り上げていく展開は本当に凄いです。それに人が死ぬ描写も少ないので、怪獣映画感覚で見れる高クオリティのディザスタームービーでした。面白かったです。
…って、お前ら生きてるんかい!!
えすえふさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-09-10 19:07:32)
23.《ネタバレ》 どうだ?次にくる竜巻は本当にでかいのか?今度こそ限界まで接近したい。分かるだろう、俺はどうしても台風の〝目〟を撮りたいんだ――。のどかな田園風景が拡がるアメリカの田舎町。気のいい個性豊かな人たちがのんびりと暮らすそんな田舎町だったが、最近は地球温暖化の影響か、以前では考えられないほどの強大な竜巻が何度も発生するようになったのだった。被害を少しでも減らすためにそんな竜巻を追う女性気象学者、大金を得るため竜巻の映像を撮ろうと目論むフリーのカメラマン、卒業式を目前に控えた高校生の兄弟、彼らの父親で生徒の規律をもっとも重んじる教頭、そして何も考えずにただ目立ちたいという理由だけでユーチューブに画像をアップする馬鹿二人組み…。その日、史上最大規模にまで膨れ上がった竜巻によって彼らの平凡な生活は無残にも破壊の限りを尽くされるのだった…。最新のCG技術を駆使して描かれる本作は、そんな王道のパニック・アクションでした。もうそのストーリーを聞いただけで内容のほぼ大半は予想できる典型的なB級作品なのですが、こういう頭空っぽにして最後まで安心して観ていられるエンタメ映画もけっこう嫌いじゃないんで、今回ビデオ屋さんでレンタルしてきました。とまあ、ほとんど期待せずに観始めたのが功を奏したのか、けっこう面白かったですよ、これ。カメラマンが撮った映像や携帯の動画撮影、監視カメラの映像等々、POV手法を要所要所で差し挟む演出手法が抜群に利いていて、造り込まれた迫力のCG映像と相俟って、なかなかの緊迫感を煽ることに成功しています。「す、すぐそこまで竜巻が迫ってきてるぞ!お前ら、早く逃げろよー!」と思わず手に汗握っちゃったし。所々、「これって完全に『ツイスター』のパク…、おっとオマージュやん!」ってシーンがあるのはご愛嬌(笑)。親子の確執や人のために働く気象学者と大金を得たいだけのカメラマンの対立など、人間ドラマとしてもそこそこよく出来ていたと思います(まあ、超ベタですけどね)。というわけで、B級エンタメ映画として僕は最後まで面白く観ることが出来ました。うん、7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2015-11-09 13:50:36)
22.POVを多様しまくりですが、そんなに必要に感じませんでした。名前と職業紹介のテロップが出てましたが蛇足です。ディザスターにそんなものいるかな。思いのほか被害者が少ないのはアレだが映像で補っているので相殺って所ですね。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2015-08-12 21:04:33)
21.何にも考えずに観る映画。パニックムービーとしてなかなか楽しめました。しかし死んでもいいキャラが残るのは近年のお約束なのかな。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-07-27 20:32:31)
20.竜巻までのドラマ部分は、退屈で早く終わってくれいなかなーと思っていたが、竜巻、特にラストの巨大竜巻がくると、これは別な意味で早く終わってくれーと、二つの早く終わってくれ感を楽しめました。竜巻の迫力はすげーし、炎の竜巻に人が巻き込まれて燃えていくシーンはこえーし。映画館で竜巻を存分に堪能する映画ですが、家でもそこそこ堪能できました。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-07-19 02:35:29)
19.竜巻が結構迫力があり面白かった。とにかく竜巻。竜巻が出て来ないシーンは退屈で、早く竜巻出ろっと。ストーリーはベタベタな定番だけど、竜巻はCGと判っていても楽しめる。当方47インチのテレビで鑑賞したが、映画館で観れば凄い迫力なのかな。大画面での鑑賞をお薦めします。
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-07-08 19:31:58)
18.《ネタバレ》 オープニングからめっちゃ怖い! そこからは、群像劇的に人々が描かれて、しばし安息の時。基本的には登場人物の誰かが回したカメラやPOV(主観ショット)で、映像が映し出される。ホラー映画のPOVは、手持ちカメラ系が多くてカメラがガタガタ揺れるばっかりで見難いものが多いけれど本作はプロのカメラマンのカメラや固定カメラがメインだから見やすい。それでいて臨場感も抜群。
全てを破壊し尽くす怪物、迫り来る竜巻の恐怖は尋常ではない。後半になるとすさまじい映像の数々。観ているこっちまで物が飛んできそうで、こっちまで竜巻に巻き込まれそうで全く気が抜けない。もうこんなの耐えられない、早く終ってくれー!!と、通りすぎるのを半泣きで願うばかり。90分足らずとは思えないぐらい体感時間が長い(もちろん良い意味で)。
ドラマも熱い。目の前で登場人物が死にそうなシーンがあれば、全力で応援してしまうし、死んでしまったりするようなら本当にショックを受けてしまうのである。死が怖い。ここまでのめりこんで映画を見たのは本当に久しぶり。
ローランド・エメリッヒ監督が歯噛みしていることだろう。
本作は、ディザスター映画の新たな金字塔となるとともに、後年まで語り継がれるべき名作だ。
無事、映画館から生還できて本当に良かった!!生きててよかった!!
すべからさん [映画館(字幕)] 9点(2015-04-10 01:08:07)
17.これは映画館で観てナンボでしょ。映像命の作品なので。意外と退屈はしなかったので5点献上です。メイキング観るとかなり大掛かりでお金の掛かった作品だと分かる。そこも楽しめたw
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2015-02-05 21:52:24)
16.B級感バリバリだが、映像をみせる映画だと割り切れば楽しめる。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-01-24 22:34:15)
15.《ネタバレ》 なんというかリアリティに欠ける残念な作品。
竜巻で建物が壊れるシーンは,まるでゴジラに蹴飛ばされたかのような壊れ方をするし,炎の竜巻のシーンでは,周りの煙はゆったりと流れているし,下水溝?で竜巻に襲われるシーンは,入口,出口の両方で吸い出されるようなシチュエーションになっているし,突っ込み始めたらキリがない。
宣伝が印象に残っていてそれなりに期待して観たのだけれど,Twisterの方がはるかにマシ,と感じました。
たるださん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2015-01-19 10:26:38)
14.確かに家のテレビで観ちゃうと、アメリカの人が2時間ドラマで十分、とか言ってるんじゃないかと思っちゃいますね。
なたねさん [DVD(字幕)] 3点(2014-12-29 21:15:55)
13.映像を自慢したかったんだろうね。確かにそこがすべてです。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 4点(2014-12-27 00:34:46)
12.《ネタバレ》 私は「ツイスター」すごく好きだったし、あの作品から大分年月も立ってるんでどれほど映像が進化してるのかな~と思ってみたけど、正直それほどでもなかったですね。序盤からアホなユーチューバーや高校生たちが出てくるもんだから、これ大丈夫かしらと思って見てたけど、まぁストーリーはないに等しいのですよ。スペクタクル映画だから、主人公は竜巻だろ。ストーリーなんていらんねん、て言う意見もわかるけど、映画としてボリュームが全然ないのよね。印象に残ったシーンといえば、マンホールの下にみんなで逃げて、勇敢なおっちゃんが外に出て車でみんなを守ろうとするシーン。そんで空中に舞って一瞬美しい夕日がのぞいて、そんで地獄に真っ逆さまみたいな。あのシーンだけは良かったですね。印象に残ったのはそれぐらい。あとは飛行機が次々飛んでくシーン?いくら竜巻とはいえ、飛行機があんな簡単に飛んでくもんなん?
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2014-12-26 20:32:33)
11.《ネタバレ》 これぞディザスター・ ムービー。牛も飛びますwww こういう映画のシナリオは後付けということにしておいて、とにかく竜巻を疑似体験。建物の中に隠れていても、窓を突き破ってくる突風や、建物を震わせる音。実際に竜巻にあった時の恐怖は、こんなものじゃないんでしょうね。自然の力は人知の及ぶものではありません。でもこの映画、小さい画面で見たら、肝心のディザスター感が半減してしまうでしょうw
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 6点(2014-12-14 23:41:53)
10.《ネタバレ》 およそ20年ぶりの「ツイスター」の続編。と言うよりもリメイクと言った方が良いのか。しかしストーリーもビジュアル面もツイスターよりもレベル低下したとしか思えないのが残念。竜巻の映像を追い求める主人公たちの目的もあいまいだし、兄を助けに行く父と弟の物語も華がなく(あるわけがないが)、全般的に退屈なストーリーでした。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 5点(2014-09-14 22:07:04)
9.乱立する巨大竜巻に襲われる町、あらゆるものが吹き飛ばされていく中で、さりげなく“牛”の看板が飛ばされていく。
これは明らかに「ツイスター」オマージュであり、今作はそのオマージュを捧げるに相応しい“竜巻映画”に仕上がっている。

3ヶ月前に竜巻映画の金字塔である「ツイスター」を鑑賞し直したばかりだったので、類似点や相違点を比較することも楽しかった。
「ツイスター」が、竜巻ハンターの男女を主人公に配していることに対して、今作は竜巻ハンターも含まれていはいるが、あくまでも竜巻被害を受ける市井の人々を主軸にしており、「ディザスター映画(災害映画)」としての立ち位置としては、今作の方が正統だと思う。

全く予測可能な“モンスター”として描き出される今作は、竜巻という災害の恐怖感をより一層増幅させてみせていると思う。
ファウンド・フッテージを主軸にした撮影手法も、臨場感を効果的に高めている。
若者たちがiPhoneやハンディカムで延々と“恐怖”を映しとっていく様は、あながち非現実的ではなく、あまりにも巨大過ぎる事象を目の当たりにして衝動的にカメラを手にし続けてしまうことは、人間の心理として理解出来ることだろう。

映画のジャンルとしては、災害もののB級映画という範疇を超えていないかもしれない。
けれど、安直に過小評価することははばかられる程、意外にも完成度の高い映画だったと思う。

三連休中日にも関わらず鑑賞した上映回は、幸か不幸か“お一人様”状態だった。
映画館内でたった一人、まさに悪魔的な強風に襲われる登場人物たちを目の前にして、思わず座席の手すりを強く握ってしまった。
ディザスター映画好きであれば、そりゃマストな作品であることは間違いない。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 7点(2014-09-14 09:20:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 5.71点
000.00%
100.00%
200.00%
3310.71%
427.14%
5725.00%
6725.00%
7725.00%
813.57%
913.57%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 1.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review2人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 0.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS