太陽の坐る場所のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 太陽の坐る場所
 > (レビュー・クチコミ)

太陽の坐る場所

[タイヨウノスワルバショ]
2014年【日】 上映時間:102分
平均点:5.67 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-10-04)
ドラマサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(2014-09-07)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2018-10-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督矢崎仁司
キャスト水川あさみ(女優)高間響子
木村文乃(女優)鈴原今日子
三浦貴大(男優)島津健太
森カンナ(女優)水上由希
鶴見辰吾(男優)アルプス銀行支店長代理・野島
古泉葵(女優)高間響子(高校時代)
吉田まどか(女優)鈴原今日子(高校時代)
山谷花純(女優)水上由希(高校時代)
原作辻村深月「太陽の坐る場所」
脚本矢崎仁司
音楽佐々木次彦(音楽プロデューサー)
撮影石井勲
製作ファントム・フィルム(「太陽の坐る場所」製作委員会)
配給ファントム・フィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 何が言いたいのかわからない。基礎的な情報量が不足の上に、ラストで集中的に語られる台詞も意味不明ではどうしようもないわけだが、しかしわからないなりに少し考えると、とりあえず人間のプライドの持ち方が問題になっているような気がした。
まず響子と今日子はとりわけプライドが高く(悪い意味でなく)、特に響子は自分のことは自ら決めるという断固たる意志を持っている。これは例えば武士が名誉のために自決する覚悟のようなものかと思ったが、ただし劇中人物(大人の方)はそれほど毅然として見えないのには疑問が残る。またその響子を最も認めていたのが実は今日子だったらしく、高校時代の響子との出会いがその後の人生を変えたようにも取れる。
この二人に対し、由希はプライドというより表面的な虚栄心だけで、地方コンプレックスの強さも人一倍なのが痛々しい。この人物が最も性悪な(最も普通の?)女になっており、最後だけは弱音を吐いたようでもあったが特に共感できるわけでもなかった。一方で島津はプライドとは全く無縁な男のようだったが、栄転というのが本当であればプライドなどと関係なく社会には認められるということだろうから、今後はもう変な女に執着せず前向きに生きてもらいたい。

映画を見た限りでは以上のような感想だったが、映画がよくわからない場合の通例として一応原作を読むと、プライドの持ち方がどうというより人生全体に関わる重要テーマがあったらしく、それはこの映画でも表現されていなくもないようだが、ただ自分としてはよくわからなかったということである。原作では映画と違うラストの作り方が素直に感動的で、また映画で省略されたエピソードには泣かせるものがあった。
原作との違いでいえば、響子が今の仕事を始めた経緯や、現在の社会的地位がどうなのかについては映画でも示してもらいたかった。映画ではこの人が“田舎でくすぶっている”ようにしか見えず、一方でキー局からの引抜きの話など出したため、地方人の劣等感を払拭する方向に話が行っていない。これでは山梨県の各界を挙げて支援する意義も薄れているのではないかという気がした。
なお映画に出た天文現象としての日食とÉquinoxe、特に後者は理詰めで考えようとするとかえって混乱の元である。

ちなみに余談として、女優になるような人はもともと自意識が強いだろうから、この映画の出演者も昔はこういうことを普通にやっていたのではと思ったりもした。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 4点(2016-11-10 20:34:23)
5.全編に漂う山梨感で気が滅入る。
山梨に生まれ育ったというだけで、こんなにも辛い思いをしなくちゃいけないなんて可哀想。
若者を東京に盗られ、富士山を静岡に盗られ、山梨放送開局60周年記念作品だと言うのに主演女優は大阪出身。
内容的にはつまんない話だけど、森カンナの存在感のお陰で、そこそこ楽しめたのが救いではある。
いっそ森カンナを主演にして、三浦貴大とのラブストーリーにしてくれても良かった。
それから、スカートは捨てるんじゃなくて、返しに行って欲しかったけどね。
怒るのか、誤解してたことを反省するのか、どんな反応を見せてくれるのか興味アリ。
あと、高校時代を演じた山谷花純も良かったので、内容の割には収穫の多い作品でした。
もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2016-08-17 18:22:45)
4.《ネタバレ》 やっぱり矢崎仁司監督の描く世界は素晴らしいの一言。
特に、女性を題材にした群像劇を撮らせると日本一かと思ってしまう。

キャスティングが良いし、キャスティングの活かし方も良い。
印象的だったのは、水川あさみと森カンナ。
この二人の魅力を存分に発掘し、活かしていると思う。

森カンナがとにかくエロい。
喫煙させている所も、絶妙な演出。
制服のスカートを盗まれるシーン。
青春時代特有の偏執と背徳感。
誰にも言えない秘密。
中高時代の記憶が、その後の人生に、いかに大きな影を落とすか。
そこがしっかりと描かれている。

矢崎仁司という監督は、どこか性的な変態さがあって面白いし、臆面もなくそれを大画面に表現できちゃう凄さがある。
爽やかな青春映画も大好きだけど、本作の様な変態的・偏執的な作品も大好きだ。
だけど後者の様な微妙な題材を描いた作品は圧倒的に少ないし、それを絶妙に見せてくれる監督は少ない。
矢崎仁司監督にそういった題材を描かせると、水を得た魚のようになる。

熟練工の域に達した矢崎仁司監督だが、こういった題材の作品をもっと撮ってほしい!
にじばぶさん [DVD(邦画)] 8点(2016-02-29 02:33:28)
3.《ネタバレ》 クラスの天照大御神を自認する高校生・高間響子が、その高すぎる自意識故に挫折して精神的に引き籠るに至った“理由は何だったのか?”を探るミステリー。とはいえ、謎解きの面白さに重きを置いた物語ではありません。主要キャラクター4人の置かれた状況と心の機微を、丁寧に、でも決して説明過多に陥らずに綴るのが本作の流儀。私たちが所属するコミュニティの有様を浮き彫りにする仕組みとなっています。やはり、集団の中での立ち位置を自尊心の拠り所としてしまうのは、大変危うい行為という事が分かります。集団はさらに大きな集団に包括され、また別の集団とも重なり合うのが道理。そんな“あやふやな”地盤に自己存在価値を組み立てるなど、湿地にマイホームを建てるが如き無謀な行為。でもお手軽なので、きっと多くの人が似たような失敗を経験していることでしょう。もっとも、マイホームはどうしても必要なワケで、沼地だろうと氷の張った池だろうと、とりあえずは家を建てなければいけません。若いうちに沢山家を住み替えて、素敵なマイホームを手に入れる事が肝要なのですね。皆さまのお家は、大丈夫でしょうか?本作で特筆すべきは、キャスティングの素晴らしさ。高校生時代と大人時代の変化に全く違和感が無いのは拍手もの。この辺りが雑だと結構なストレスになるので、好感が持てました。やや大仰な台詞回しは、好みが分かれるところかもしれません。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 7点(2015-07-04 22:36:02)(良:1票)
2.《ネタバレ》 難解です。私には消化不良で解釈が出来ません。それとも何かあると思って観ていたのに、何も無かったのが難解にさせたのか。響子が「ここで生きなきゃいけない」ってのは何なのか?意図のわからない映画はつらい。原作読めって事か。
ラグさん [DVD(邦画)] 2点(2015-07-04 01:24:24)
1.《ネタバレ》 酔った水川あさみが夜の跨線橋を上司と歩くシーン、墓参りを済ませた森カンナが
墓地を後にするシーン、いずれも絶妙なタイミングで背後に列車を通過させながら
そこに作為を感じさせない自然なショットに仕上げるあたりが矢崎監督らしい。

体育館内の古泉葵と吉田まどかの周囲を旋回するカメラも一見ラフな手持ちだが、
その中で館内に差し込む光のフレアの一瞬一瞬を見事に取り込んでいる。

体育館の暗い備品室の中で並び座る水川と木村文乃。わずかに外からの光が
床の一点に当たっており、その微かな光の反射が二人の存在を浮かび上がらせる。
主題的に多々登場するローキー画面だが、いずれも光の加減の設計は緻密だ。

トンネルから外界へ。日食に伴い緩やかに暗転していく教室内。
1ショット内で光と闇が反転していく様が、ドラマを語っている。

二人の出会いを演出する、風と揺れるロングヘアも印象的だ。
走る自転車によって揺れ、寝そべることでふわりと広がる黒髪が画面を揺らす。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2014-10-06 23:00:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
2116.67%
300.00%
4116.67%
500.00%
6116.67%
7233.33%
8116.67%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS