グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
 > (レビュー・クチコミ)

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

[グレースオブモナココウヒノキリフダ]
Grace of Monaco
2014年【仏・米・ベルギー・伊】 上映時間:103分
平均点:5.36 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-10-18)
ドラマ伝記もの
新規登録(2014-09-24)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2018-04-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴィエ・ダアン
キャストニコール・キッドマン(女優)グレース公妃
ティム・ロス(男優)レーニエ3世
フランク・ランジェラ(男優)タッカー神父
パズ・ヴェガ(女優)マリア・カラス
パーカー・ポージー(女優)マッジ(秘書)
マイロ・ヴィンティミリア(男優)ルパート・アラン
デレク・ジャコビ(男優)デリエール伯爵
ロジャー・アシュトン=グリフィス(男優)アルフレッド・ヒッチコック
ジャンヌ・バリバール(女優)バチョッキ伯爵夫人
田中敦子〔声優〕グレース公妃(日本語吹き替え版)
楠見尚己タッカー神父(日本語吹き替え版)
小形満デリエール伯爵(日本語吹き替え版)
作曲ジャコモ・プッチーニ歌劇「ジャンニ・スキッキ」より「私のお父さん」
撮影エリック・ゴーティエ
配給ギャガ
字幕翻訳古田由紀子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 前半は意外にいい感じ。文化も言葉も生活水準もまるで違うところに嫁いだら、たしかに戸惑いと不安の連続だろうと。そこから健気にがんばって、何らかの自分の居場所を見つけていくのかなと勝手に期待していました。
ところが、中盤以降は大きく裏切られます。チマい陰謀物語が始まり、公妃はいつの間にか国家どころか国際社会も操るスーパーファーストレディになってしまいまいした。最後の演説や、その後のプロモーションビデオのような妙な数分間も含めて、ひたすら安っぽいだけです。
で結局、「公妃の切り札」って何のことでしょう? それを言うなら「公妃が切り札」じゃないですかね。「あんたが大将」のノリで。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2019-08-06 01:40:01)《新規》
13.《ネタバレ》 素材としてこの伝説の人物に挑んだ意気は良いんだけど、構築の部分がまったくついていっていないというか・・・ニコール・キッドマンもティム・ロスも、公国の大公や大公妃の威厳や気品を纏うにまでは至っておらず、これではその辺の貴族のカップルと変わりがない。描写の方も、途中からは完全にB級サスペンスのノリになってしまっていて、これはむしろモナコ公国に対して失礼なのではないだろうかと思ってしまう。素材の特殊性に助けられて、一応最後まで興味をつなぐ水準にはなっていますが・・・。その辺の停滞感に風穴を空けているのは、時空をねじ曲げんばかりに割り込んでくるヒッチの存在。彼が絡んで衝突を感じさせるシーンのみ、緊張感が漂っている。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-06-12 00:23:13)
12.《ネタバレ》 グレース・ケリーに似てないとしても、ニコール・キッドマンの美貌とセレブ感に、納得してしまう。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-30 09:48:44)
11.《ネタバレ》 グレース・ケリーという一国のプリンセスとなった伝説の美人女優を演じるとしたら、やはり当代ではN・キッドマンしかいないでしょう。クール・ビューティな顔立ちや品のある佇まいなど、良く似ていると思います個人的には。
公妃の美貌を強調すべく、大変麗しく撮られているニコールであります。この人を見るといつもとりあえず綺麗だなあと思うのですが、本作では主人公は美人女優であることが肝になってますからそれはもう美しいこと美しいこと。特に相対する仏軍に差し入れに向かった妃は、彼女ならではの戦闘服姿でありまして神々しいばかりの華麗さ。その場の全員が息を呑む、まさに「The 女優」の圧巻の存在感でありました。
私人グレースの公国における迷い、悩みを織り交ぜて彼女の人生を描こうとしたのでしょうが、政治謀略話の筋書きが関わり過ぎてしまって、焦点がぼやけてしまいました。まさかドゴールがパーティでの女優の演説に心動かされて政治方針を変えたわけではありますまい。国の情勢に公妃が深く関与したかのような描写にはやや違和感を覚えます。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-09-01 00:31:18)(良:1票)
10.《ネタバレ》 ○グレース・ケリーが公妃となってからを描いた映画。○最後の演説にピークを持ってきているが、心を動かすようなものではなかった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-01-17 10:35:00)
9.《ネタバレ》 王族との結婚を夢見る人々は、その本当の意味が分かっていない――。ハリウッドで名実ともにトップクラスの人気を誇っていた名女優、グレース・ケリー。モナコ公国の王子と恋に落ちた彼女は、多くのファンから惜しまれつつも引退し、伝統と外聞をもっとも重んじる王族の一員となったのだった。本作は、そんな煌びやかな女優の世界から権謀術数渦巻く政治の世界へと身を投じた彼女の苦難に満ちた半生を描いた伝記映画である。というわけで、グレース・ケリーというもはや伝説と化した人気女優役をこれまた現代ハリウッドでトップクラスの地位にいる二コール・キッドマンが演じたということもあり、なかなか興味深いものを感じてこの度鑑賞してみました。観想は…、いやー、これがもう見事なまでに底の浅ーーい凡作でした。駄目な伝記映画の典型的な例が見事なまでに揃っていて、もう目も当てられません。駄目な点①史実として起こったことをただ時系列順に並べただけで映画として観客に伝えたいテーマがまったく絞られていない。グレース・ケリーという一人の女性の人生とはいったいなんであったのか。優れた伝記映画は、彼女の人生の本当の意義を観客に分かりやすく伝えるための明確なテーマが強固としてあるのだけど、本作にはそれがいっさいありませんでした。これじゃ事実を再現しただけの映像を単に羅列しただけに過ぎません。駄目な点②主人公の人生の転機となる重大な選択に説得力がいっさいない。本作でいえば、グレースがヒッチコックの新作映画への主演を諦め公妃としてそして母としてモナコに仕えることを決意するシーンがそれにあたるのですが、それがほとんど葛藤もないままにあっさり心変わりするものだから観客としては「え、そんな簡単に決めちゃうん?」と興醒めすること半端ないっす。駄目な点③物語のクライマックスとなる主人公の最後の演説の言葉がまったく心に響かない。彼女の苦悩がほとんど描かれていないのに、結論が「愛が私を強くしたのです!」って…。思わずずっこけそうになっちゃいました(笑)。という訳で、どこからどう見ても完全に凡作です。お年を召しても相変わらずお美しいニコール・キッドマンの美貌に免じて+1点。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2015-10-31 20:47:54)
8.今では伝説となったプリンセスを演じる。誰もが知っている人物だけに、容姿も含め難しい面があると思います。
近年では「ダイアナ」で主演したナオミ・ワッツを少し思い出しました。
グレース・ケリーとニコール・キッドマン。やはり似てはいませんが、
ニコールの醸し出すオーラやゴージャスさはさすがに演じる役にはまっていたと思います。

「上流社会」を最後に映画の世界を去りモナコに渡り大公と結婚し、モナコ公妃への華麗なる転身。
女優引退後の彼女に関してはそんなイメージがありましたが、
やはり国を守っていく立場になるということは大変なことです。
隣接する、というか周りを囲まれた大国フランスとの駆け引きを描きながらも家族を中心としたドラマでもある。
ラストの彼女の演説が意外に盛り上がらないのは惜しいところ。
モナコという小国と大国との駆け引きと、その駆け引きの中にいる、
ハリウッドからやってきた公妃を巡るサスペンス的要素がもう少しあっても良かったと思います。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2015-06-20 19:58:27)
7.《ネタバレ》 ニコール・キッドマンは全然変わらないなぁ。老けることなく、綺麗なままを保ってる。グレース・ケリーには似てないけど、これだけ気品だしてるんだからなんか許せちゃう。ヒッチコック役の人はけっこう似てたけど(笑)。フランスとモナコ、世界を股にかけた話だけど、実際はレーニエをはめようとする姉の策略、それを食い止めんとするグレースという、昼ドラ的な内輪揉めストーリー。それが一国の命運を左右するという、せせこましさと壮大さが表裏一体となっているのが面白いですね。ただ個人的にはあの最後の演説は、なんだか当たり障りのない印象であまり心動かされませんでした。佳作ということで6点。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2015-05-30 22:54:48)
6.《ネタバレ》 今をときめくオスカー女優が、モナコ大公に見そめられ電撃結婚して公妃に。まるで絵に描いたようなシンデレラストーリーに潜む苦悩の日々の内実に迫る伝記ドラマ。華やかに見える王宮に差し迫る国家存亡の危機。それを公妃のスピーチで乗り切ったとはとても思えないけど、映画の品位は高かったのでは。ニコール・キッドマン熱演のグレース嬢も口先をとがらせたヒッチコックもやはりホンモノには似つかない。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2015-01-02 00:16:48)
5.女優として絶頂期にありながら惜しまれつつ引退したグレース・ケリー、カムバックを期待したファンもさぞ多かったろう。ヒッチコックの誘いに一度は考えたものの、ついに公妃としての道を貫く。そのままの伝記ではなく、事実に基づくフィクションであり、愛の物語である。この映画はすべてラストの彼女のスピーチのためにあると言ってもよいくらいだ。中盤がちょっとだけ中だるみになるような気もするけど・・・。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 7点(2014-11-10 19:32:48)
4.《ネタバレ》  オープニングのスクリーンプロセス、あそこに大きな意味があるとばかり思ったんですよね。ニセモノの道を走るニセモノのドライブ。また、以降ヒッチコックがモナコの街を眺める峠やグレースが車を走らせる道など、『泥棒成金』ネタが頻出して。ところがそれらが大して意味持ってないし。グレースの人生を思えば、あのファーストカットのイメージをラストまで引っ張れば効果的だったのに・・・

 冒頭にちょっと期待を抱いたけれど、中身は音痴でした。
 全編やたらに説明的な音楽がうるさいですし、ここぞという時に極端なクローズアップが頻出します。まるでクローズアップの効果を盲信しているかのように。
 その盲信っぷりは重要なクライマックスで多用される事でも明白。そして、それが実際にはさしたる効果を生みはしなかった事も。
 映画全体をサスペンスとし、国家存亡の危機に王妃が一大勝負に出る、そのクライマックスの語りにちっとも説得力が無く、ボヤけた腰砕けの展開で終わるような感じ。
 舞踏会に臨む王妃が「武装」するシーンは『ランボー』や『エイリアン2』のパロディみたいな映像なわけで、ならばそれはもっと徹底的にやるべきです。
 何もかもがボンヤリした印象。

 そう、ニコールの極端なアップは逆に表情の印象をボヤけさせます。ヒッチコックはキチンと明るい場所に顔を持ってくる事を避けますし、見終わってみれば、キャストに印象に残る表情が少なく、全体にモヤがかかったような映画だったと。
 それは女優と王妃の間で実体の見えなかったグレース・ケリーという人を象徴しているのかと言えば、決してそうではなくて。
 女優と王妃とを煌びやかに描き分けてこそ、その裏側の実体も浮かび上がってくるものなんじゃないですかねぇ。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 4点(2014-11-06 21:23:39)(良:2票)
3.《ネタバレ》 あくまで極私的評価ですので… ファースト・ラストシーンが「泥棒成金」のクランクアップ、カムバックを考える作品が「マーニー」と、完全にわたしのツボなので冷静な評価は出来ません。マーニーはヒッチコックとしては駄作ですが、日曜洋画劇場(もしかしたらゴールデン洋画劇場)で、初めて全体を通して観たヒッチ作品なので感慨深いものがあります。ニコール・キッドマンがマーニーを演じるシーンが観られただけでもうけもの。固有名詞出なかったけど共演はショーン・コネリー。「トラウマ」って単語この作品で知りました。だけどニコールはグレースやティッピ・ヘドレンみたいな “クール・ビューティ” じゃないんだよね、そこが残念。それからカメラワークが不自然な気がすごくするんだけど、これってヒッチの手法を真似したものなんでしょうか? 一ヵ所「裏窓」っぽい引きがあったけどかなり中途半端。ヒッチに詳しい人のコメント待ちます。そうそう、ポルシェ356(だからパワートレインはワーゲンビートル)で飛ばしまくるシーンはいいものを観せてもらったって感じです。
shintaxさん [映画館(字幕)] 8点(2014-10-23 15:34:25)
2.《ネタバレ》 延々と続く路上の移動風景が画面右からのワイプで切れたかと一瞬錯覚するが、
それは実は撮影スタジオ内で映写されているスクリーンプロセスの裏側からの
回り込みの映像であり、カメラはそのまま、撮影を終え祝福されながら
スタジオを出て行く女優の後ろ姿を捉える。

付き人を伴い、控え室へと戻る彼女をカメラは延々と追う。
控え室の中には部屋一杯の花束があり、そこにグレース・ケリーの
ロイヤルウェディングを伝えるラジオ音声が被る。

女優からの転身を出だしのワンショットで語るその簡潔さや
103分のコンパクトな上映時間は好ましいのだが、
その間ニコール・キッドマンの表情を
何度も「異常接近」レベルでクロースアップするカメラは相当にクドい。

シネスコで何ゆえにそこまで、何故その場面で、という寄り方を
クライマックスのスピーチに至るまで延々と繰り返していくので、
次第に印象が悪くなっていく。

ヒッチコック(ロジャー・アシュトン=グリフィス)との通話も、
わざわざ画面分割してみせたりと、結局は要領が悪いのではないか。

アナモルフィック・レンズによる画面の感触は良好で、衣装と調度品はよく映えている。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2014-10-20 22:36:34)
1.飛行機で鑑賞。いくら美しき我らのプリンセスにコール・キッドマンでも、ここはGrace度が足りないですな、残念ながら。顔もいささか「改良」されているのかしらと、いろいろなところが目についてしまい、集中できませんでした。あと邦題が気に入りません!無念。。。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2014-09-26 14:27:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 5.36点
000.00%
100.00%
200.00%
317.14%
4214.29%
5535.71%
6428.57%
717.14%
817.14%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS