ファーナス/訣別の朝のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファーナス/訣別の朝
 > (レビュー・クチコミ)

ファーナス/訣別の朝

[ファーナスケツベツノアサ]
Out of the Furnace
2013年【米・英】 上映時間:116分
平均点:6.27 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-09-27)
ドラマサスペンス犯罪ものバイオレンス
新規登録(2014-10-07)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2015-11-12)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スコット・クーパー〔監督・1970年生〕
キャストクリスチャン・ベール(男優)ラッセル・ベイズ
ウディ・ハレルソン(男優)ハーラン・デグロート
ケイシー・アフレック(男優)ロドニー・ベイズJr.
フォレスト・ウィテカー(男優)ウェズリー・バーンズ
ウィレム・デフォー(男優)ジョン・ペティ
サム・シェパード(男優)ジェラルド・"レッド"・ベイズ
ゾーイ・サルダナ(女優)リナ・テイラー
トム・バウアー(男優)ダン・デュガン
東地宏樹ラッセル・ベイズ(日本語吹き替え版)
内田直哉ハーラン・デグロート(日本語吹き替え版)
小松史法ロドニー・ベイズJr.(日本語吹き替え版)
中村秀利ジョン・ペティ(日本語吹き替え版)
脚本スコット・クーパー〔監督・1970年生〕
挿入曲パール・ジャム"Release"(Sony Music Japan International Inc.)
撮影マサノブ・タカヤナギ(高柳雅暢)
製作レオナルド・ディカプリオ
リドリー・スコット
ライアン・カヴァナー
ダニー・ディムボート(共同製作)
ジョン・リドリー[脚本](共同製作)
トニー・スコット(ノンクレジット)
製作総指揮タッカー・トゥーリー
配給ポニーキャニオン
美術テレーズ・デプレス(プロダクション・デザイン)
編集デヴィッド・ローゼンブルーム
字幕翻訳松崎広幸
その他エディ・ヴェダー(謝辞)
あらすじ
ペンシルベニア州ノース・ブラドック。ラッセル・ベイズ(クリスチャン・ベール)は製鉄所で働き、恋人リナ(ゾーイ・サルダナ)とささやかな暮らしを送っているが、ある夜交通事故を起こしてしまう。ラッセルの弟・ロドニー(ケイシー・アフレック)はイラク戦争から帰還後、アウトローのジョン・ペティ(ウィレム・デフォー)を慕って、ボクシング賭博の八百長試合に出場しているが、ある日トラブルに巻き込まれる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 間違えて2度レンタルしてしまったのだけど、2回見ても心に浸みる…。脇を固める俳優陣も凄みのある演技。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 8点(2018-05-06 12:01:33)
10.《ネタバレ》  クリスチャン・ベールが髭を蓄えた姿に、最初は違和感も覚えたのですが、すぐに慣れる事が出来て、一安心。
 これはこれでワイルドな魅力があって良いんじゃないかと思えましたね。

 特にお気に入りなのは「弟を思いやって、密かに借金を肩代わりしてみせる場面」と「別れた恋人の妊娠を祝福してみせる場面」の二つ。
 主人公の優しさ、人の良さ、利己的になれない善人ゆえのもどかしさなどを丁寧に演じられており、相変わらず素晴らしい役者さんだなと、再認識させられました。

 映画の内容はというと、往年のアメリカン・ニューシネマを彷彿とさせる作りとなっており、全体的に陰鬱な雰囲気が漂っているのが特徴。
 鹿狩りが印象的に描かれている点などは「ディア・ハンター」へのオマージュではないかとも思わされましたね。
 脇を固める俳優陣も非常に豪華であり、彼らの演技合戦を眺めているだけでも楽しかったです。

 ただ、冒頭にてウディ・ハレルソン演じる悪役が、北村龍平監督の「ミッドナイト・ミート・トレイン」を観賞中に喧嘩を始めるシーンの意味は、少し分かり難くて困惑しました。
 後にキーパーソンとなるキャラクターを、事前に紹介しておく事が目的だったのでしょうか。
 上映作品のチョイスに関しても引っ掛かるものがあり、ともすれば映画がつまらないせいで作中人物が退屈して暴れ出したのかとも邪推出来たりするのですが、きっと監督さんがこの映画を好きだから選んだのだろうなと、好意的に解釈したいところです。

 基本的なストーリーラインとしては、弟を殺された兄が復讐する形となっているのですが、どうもそれだけでないような印象も受けましたね。
 それというのも、主人公の境遇が余りにも悲惨過ぎて、弟の死さえもがその「不幸な要素」の中の一つにしか思えなかったのです。
 老後は病に侵される事が約束されているような製鉄所での仕事。
 交通事故によって人を死なせてしまった罪悪感。
 刑務所で暴力に晒される日々。
 愛する女性との別れ。
 父親の病死。
 これらの事件が次々に起こり、主人公は鬱憤を溜め込んでいた訳なのだから、弟の死はそれを爆発させた引鉄に過ぎなかったのではないかな、と。

 勿論「数々の不幸に対しても感情を露わにしなかった主人公が、弟の死に対してだけは本気で怒った」訳なのだから、それだけ弟を愛していたのだと解釈する事も可能だとは思います。
 けれど、その場合はラストにて悪役に「お前の弟はタフだった」と言わせた事に、疑問符が残るのです。
 本当に弟への愛情だけが動機であったのならば、そんな弟の凄さを認めてもらった事に対し、主人公のリアクションを描いて然るべきだと思うのですが、彼は超然とした態度のまま相手を殺してしまう。
 そして、復讐を止めようとした保安官が、主人公の元恋人を妊娠させた男であるとなると、どうしても恣意的な動機であったように感じられました。

 単なる復讐譚としての映画であれば、ラストシーンの主人公は満足感や達成感を抱いていてもおかしくないのに、その顔に浮かぶのは、どちらかといえば「やってしまった」「これで終わった」という諦観の念。
 長く、深く吐息をつく姿には、未来を捨て去った人間だけが得られる、一種の解放感のようなものが漂っていたようにも思えましたね

 積み重なった悲劇が更なる悲劇に繋がるという、一種の悲惨美。
 そして、全てを台無しにしてしまったからこそ得られる、後ろ向きなカタルシスを描いた映画であるように感じられました。
ゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-06-19 04:21:51)
9.《ネタバレ》 映画の雰囲気は非常によく、出演者の演技も良いので惹きつけられる。ただ、物語自体に少し無理があるように思いました。あの大国アメリカで何世代も山地に住んでいて警察もお手上げ状態の悪党ども、、、どこかのアフリカとか南米ならまだしもアメリカが舞台だとリアリティに欠ける気がします。恐れられていた悪役も金を返すという言葉にのこのこと姿を現したり、主人公もその悪役を倒すのにスナイパーが使うような銃ですし、いやそこは普通の銃の方が良いでしょ、と思ってしまいます。まぁ映画途中の鹿を狩るシーンと掛けているのだとは思いますが無理があるような気がします。全体的な雰囲気がとても重厚だったのでなんかもったいない映画だと思いました。
珈琲時間さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-05-10 08:20:26)
8.《ネタバレ》 なかなかに豪華で渋い顔ぶれだが冒頭からインパクトのある演技を見せるウディ・ハレルソンに目が行く。他のキャストも良い演技をしているがウディ・ハレルソンの凶暴で凄みのある演技がある意味この作品を支えているように思える。

クリスチャン・ベイルが演じるラッセルは真面目な男だ。真面目すぎると言ってもいいくらいの男。ある事故を境に転落が始まっても彼は喚いたりしない。服役している間に病身の父が死に、金に困った弟が危ない仕事をしていることを知り、恋人が他の男の子を宿しても彼は感情を爆発させることはない。抑えている。抑えてはいるが彼の心の中は煮えたぎっている。タイトルのファーナスは溶鉱炉のことらしいが彼自身を指しているとも言える。いつ外に漏れ出してもおかしくないものを彼は抱えている。ウディ・ハレルソン演じるデグロートがなぜ弟とペティを殺したのかはわからない。が、「この男ならやりかねない」と思ってしまうのは冒頭のシーンがあるからだろう。この男のアクションによって主人公はやっと抱えていたものを復讐という形に変えることができるのだ。

地味でとても暗い話だ。復讐は遂げられるがカタルシスはあまり感じないし、この後の主人公のことを考えると救われた気もしない。撃たれてうつ伏すデグロートに近づくラッセル。観ている間「うつ伏している腕に銃を隠し持っているのでは…」とハラハラしてしまったのはそれほど凶暴な男だったからだが、彼の口から弟を「タフな男だった」という言葉が出たのは印象的だった。
さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-01-28 02:29:46)
7.《ネタバレ》 製鉄所で働けだって?馬鹿らしい、はっきり言ってやるよ、兄貴、製鉄所なんてクソだ。確かに俺たちの親父もずっと製鉄所で働いていたよ。でも、そんな製鉄所が親父を殺したんだ。生きるための立派な仕事だって?じゃあ、俺が派遣されたイラクでの戦いも立派な仕事だって言うのか、兄貴。俺はこんなクソみたいなところから一刻も早く抜け出したいんだ――。製鉄所や町工場が建ち並ぶアメリカのとある地方都市。長年にわたりそこの鉄工所で働いてきたラッセルは、愛する彼女と年老いた父親とともにささやかながらも充実した日々を過ごしていた。ところがある日、彼は飲酒運転中に事故を起こし、相手の女性を死なせてしまうのだった。当然のように刑務所暮らしを余儀なくされるラッセル。もちろん仕事も同棲していた彼女も失ってしまった。そんな彼をずっと支えてくれたのは、海兵隊としてイラクへと派遣されていた弟のロドニーだった。数年後、ようやく釈放された彼は弟のロドニーとともに新たな生活を営もうと決意するのだったが、イラクで心に深い傷を負った弟は一攫千金を求めて次第に闇ボクシングの世界へとのめり込んでいく…。貧困の連鎖に喘ぐアメリカの寂れた一地方都市を舞台に、どん底を這いずり回るような困窮した日々を送るそんな2人の兄弟を描いたヒューマン・ドラマ。クリスチャン・ベイルやウディ・ハレルソン、ウィレム・デフォーといった何気に豪華な役者陣競演に惹かれて今回鑑賞してみました。冒頭から薄暗い何処にも晴れ間なんてなさそうな鉄工所の映像から始まり、登場する人物たちも誰も未来なんてなさそうな鬱屈した人間ばかり、酒を飲んでは下品な冗談を交わし、賭け事や麻薬に溺れていく…。そして、ただ幸せになりたかっただけなのに、次第に心を擦れ違っていく兄弟に忍び寄る闇社会の住人たち。と、見れば見るほど気が滅入るような暗いお話なのですが、アメリカの地方都市が抱えるリアルな現実を冷徹に見つめ続けるこの監督の視線は鋭い。実力派の役者陣も静かな熱演でもってそんな監督の要求に応えていて、重厚な人間ドラマとして充分見応えのある作品に仕上がっていたと思います。ただ、脚本のところどころに細かな破綻があるのが惜しい。特に、ウディ・ハレルソン(いかにもいやらしいマフィアのボスを演じた彼の熱演も見事でした)が森の中でどうしてあんな行動にはしったのか、そこにいまいち説得力が感じられなかったのが残念でした。最後にお店に現れる彼ももっと用心棒を引き連れていてしかるべきでしょう。と、細かな部分に爪の甘さが目立つものの、この全編を覆う重厚な雰囲気はなかなかのもの。この監督の次回作も期待して待ちたいと思います。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2015-12-07 13:55:02)(良:1票)
6.渋めの本格的なヒューマンドラマを期待して観たのだが..雰囲気、シリアスな創り、そして等身大の主人公(兄弟)..良いところはたくさん有るのに..肝心の物語が、ほとんど中身無し..共感も感動も無い..残念...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2015-08-09 12:10:30)
5.ウディ・ハレルソンのキ〇ガイ演技が素晴らしすぎて、彼が出ている場面には目が釘付けになりました。次の瞬間に何をしでかすか分からない怖さは『グッドフェローズ』のジョー・ペシに匹敵するレベルであり、製作陣もこの男の底知れぬ魅力に気付いていたのか、その登場場面を作品の冒頭に持ってくるという大盤振る舞い。これまたすごいのが、この登場場面が本筋にまったく影響を与えていないという点であり、作品の冒頭が一人の脇役を紹介するためだけに存在していたことには二度驚かされました。脇役をここまでフィーチャーした映画が他にあるでしょうか。
その割を食ったのが主人公であり、強面俳優がひしめく本作において、主人公は空気同然の存在感となっています。クリスチャン・ベールはいつも通りの深刻な顔で、演技に変化がありません。このままいくと、ハリソン・フォード並みのワンパターン演技の俳優となってしまう恐れがあります。
作品全体の空気はなかなか良くて、こういうガサガサした映画は私好みなのですが、前述した通り脇役が強烈すぎて、相対的に主人公の出ている場面がつまらないという点と、作品の要となるような強烈な場面を一つも作れておらず、結局は雰囲気もので終わってしまっているという点が残念でした。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 6点(2015-05-08 00:55:25)(良:1票)
4.《ネタバレ》 主人公の境遇が、とても不憫で共感しちゃうわけですよ。貧しいけども頑張ってまともな日々を送っていた主人公。ダメな弟の尻拭いをしつつも平穏を保ち続けているという、とても見上げた兄ですよ。でもあんな不運な事故を起こして刑務所に入り、なんとかつとめあげて出所したらパートナーが新しい男性の子供を妊娠してるっていう、、、。それを打ち明けられた時に、素晴らしいことだ、きっといい母親になれるよって、泣きながら言うシーンは本当にぐっときちゃいました。ちょっと気を緩めたら、すぐさま現実に押しつぶされて自分が粉々になっちゃいそうな、そんな気持ちですよね。クリスチャン・ベイルの素晴らしい演技も相まって、こりゃ良作だな~と感じていたのですが、それに比べると後半はただの復讐劇になっちゃってて残念。あれだと、また彼はムショ行きになるの?なんだか救いようがないです。とにかく、前半までは素晴らしかったです。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-17 23:21:37)
3.曲者俳優たちによる王道クライムバイオレンス。俳優たちは皆いい演技をしていてなかなか見応えはある。だがそこ止まり。それ以上のものは特にない。それと、いくら田舎町とはいえ、警察が無能すぎてリアリティに欠ける。雰囲気や映像的なセンスはいいのでその点は評価したい。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2015-02-07 10:22:42)
2.《ネタバレ》 有名俳優ばかり出るハードボイルド、という事で公開当時から期待しすぎたせいもありますが、普通のバイオレンス映画だという印象です。丁寧に作ってありますが、悪党が二人を殺害するのが唐突過ぎると思います。我慢し続けた兄貴が爆発するというのはわかりますが、映画としての面白さには繋がっていないです。終盤は登場人物も更に少なくなり、寂しい映画で終わった感じです。内容は違いますが、鑑賞後の寂寥感は「ヒミズ」に近いです。フォレスト・ウィテカーは「96時間 レクイエム」でも使えない警官役で、ここでもやはり使えない警官で残念でした。
DAIMETALさん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-04 00:14:05)(良:1票)
1.ストーリーは極めてシンプルな上に王道です。悪く言えば目新しさが全くありません。でも、面白かったんですよね。一番気に入ったのは、登場人物の生い立ちを必要以上に説明しないところ。「今」だけにフォーカスしているんです。でも、彼らの言動を見るとその人の過去とか人生観がなんとなく見えてくるんですよ。出てくる人は皆、何かしらの傷を持っています。問題も抱えています。そして、それぞれが大切にしている物も異なります。そんな人たちの人生が絡み合うのを見るだけでハラハラしました。俳優陣の演技の凄まじさもこの作品をワンランク上げていました。結構好きです。
Y-300さん [映画館(字幕)] 8点(2014-11-30 23:19:09)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
519.09%
6872.73%
700.00%
8218.18%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS