フューリー(2014)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フューリー(2014)
 > (レビュー・クチコミ)

フューリー(2014)

[フューリー]
Fury
2014年【英・米・中】 上映時間:134分
平均点:6.12 / 10(Review 74人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-11-28)
アクションドラマ戦争もの
新規登録(2014-10-25)【+】さん
タイトル情報更新(2018-03-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・エアー
キャストブラッド・ピット(男優)ドン・コリアー(ウォーダディ)
シャイア・ラブーフ(男優)ボイド・スワン(バイブル)
ローガン・ラーマン(男優)ノーマン・エリソン(マシン)
マイケル・ペーニャ(男優)トリニ・ガルシア(ゴルド)
ジョン・バーンサル(男優)グラディ・トラヴィス(クーンアス)
ジェイソン・アイザックス(男優)ワゴナー大尉
スコット・イーストウッド(男優)マイルズ軍曹
ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(男優)デイヴィス軍曹
ゼイヴィア・サミュエル(男優)パーカー少尉
アナマリア・マリンカ(女優)イルマ
堀内賢雄ドン・コリアー(ウォーダディ)(日本語吹き替え版)
小松史法ボイド・スワン(バイブル)(日本語吹き替え版)
梶裕貴ノーマン・エリソン(マシン)(日本語吹き替え版)
坂詰貴之グラディ・トラヴィス(クーンアス)(日本語吹き替え版)
田中正彦ワゴナー大尉(日本語吹き替え版)
渕上舞〔声優〕(日本語吹き替え版)
木村昴パーカー少尉(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・エアー
音楽スティーヴン・プライス〔音楽〕
撮影ローマン・ヴァシャノフ
製作デヴィッド・エアー
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮ブラッド・ピット
配給KADOKAWA
美術アンドリュー・メンジース(プロダクション・デザイン)
衣装アンナ・B・シェパード
編集ジェイ・キャシディ
ドディ・ドーン
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
1945年4月、ドイツに侵攻中の連合軍。射撃手バイブル(シャイア・ラブーフ)、操縦手ゴルド(マイケル・ペーニャ)、装填手クーンアス(ジョン・バーンサル)の3人と共にシャーマンM4中戦車「フューリー」を駆る、車長ウォーダディ(ブラッド・ピット)の部隊にある日、新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が副操縦手として配属される。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
74.本物のティーガーをやっとこさ映画で観られる、月並みながらそこから興味を抱いての鑑賞
戦闘シーンは最後の戦いをのぞけばあとはどれもよかった
ティーガー以外にもパンツァーファウストや白リン弾など、武器の名称を台詞に出して紹介してくれるので
戦争映画初めての人にはいいかも
逆にそれまでに何本か観てるとアレやアレなどオマージュのモザイクということもあってストーリーは既視感まみれ
登場人物の設定もあまりにも既視感強すぎて印象に残らない
将来的にどの映画の登場人物かわからなくなる恐れ大
話の流れとしてオイオイとつっこみたくなる場面もいくつかあった
うまシネマさん [インターネット(吹替)] 5点(2019-08-08 12:00:46)★《新規》★
73.《ネタバレ》 戦闘シーン、休み、戦闘シーン、休みのサンドイッチで、見た後にどっと疲れる映画。
最後の籠城シーンは、銃を持っていない敵兵がいたり、味方が一人また一人と死んでいく様が脚色し過ぎだなぁとは思う。
たろささん [インターネット(字幕)] 8点(2019-04-23 21:17:15)
72.《ネタバレ》 なかなか見応えのある戦争モノでした。中盤の幕間劇のような食事シーンを含め、全編にわたる冗談抜きの緊張感がいい。ブラッド・ピットって存在感のある役者だなと、あらためて思います。「理想は平和だが、歴史は残酷だ」なんていうセリフもシビれました。
が、終盤の戦闘はどうなんでしょうねぇ。もう戦争自体が間もなく終結するとわかっていたはずのこの時期に、あえて無謀な戦いを挑む理由がわからない。ランボーやゴルゴじゃないんだから。「これはオレの家だ」なんていうセリフも、お涙頂戴みたいで興ざめ。要するに「ブラピかっこいい」「ブラピかわいそう」と思わせたいがための強引な演出だったような気がして、そこだけちょっと残念。しかし傑作であることは間違いありません。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-08-10 02:55:17)
71.《ネタバレ》 戦場の緊張感はよく伝わってきた。
ただし、最後の作戦は無茶だ。
敵が道を通ってくる場合は両脇に地雷を仕掛けておくべき。
時間がなかったといえば仕方ないが・・・
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 6点(2018-08-06 11:53:32)
70.やっぱりこれ、単に「戦車を撮りたかっただけ」なんでしょ。主要キャラで5人もいながら、人物造形やその変化にはほとんど配慮されてないし。ただ、映画ではあまり見ない「移動しながらの戦車同士の砲撃戦」なんかは、その執念が結実したかなりのこだわりが見られます。といっても、いくら砲撃や銃撃描写を頑張っても、ドイツ人女性宅での4人の静かな会話のやりとりの方が、はるかにドラマチックでスリリングだったりするのですが。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-07-25 23:54:09)
69.《ネタバレ》 描写はグロいです。ですが、戦わなければ殺されてしまう。ブラピの「フューリー」にかける情熱にやられてしまった。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 8点(2018-05-07 13:15:46)
68.戦車1台で戦うと決めてからは、急に対象年齢が下がったような・・・・
東京ロッキーさん [インターネット(吹替)] 6点(2017-12-07 18:07:39)
67.心がギリギリ痛むようなストーリーにおいて、狂気を孕んだ役をやらせると
ブラピは、ピッタリはまる。他の乗員のキャラ設定も良かったが、それらを
帳消しにするくらい、最後の戦闘シーンは、嘘っぽい。白けました。
代書屋さん [DVD(字幕)] 4点(2017-03-27 22:26:11)
66.《ネタバレ》 グロテスクなシーンや無抵抗の捕虜を殺害するシーンを加える事を戦争のリアリズムの表現と勘違いする傾向が何故か21世紀に入ってからのアメリカ映画に多い。戦争が始まって4年経っているのに新兵が「戦場で人は殺せません」などという事を言うはずがない。米国でも新兵はそれなりの覚悟をして戦場に来るものです。新兵ノーマンはさしずめ現在の戦争と関係のない観客達を戦場に強制的に連れ込んだときに感情移入しやすいように設定された役柄とは思いますが、敢えて捕虜を殺すことをリアリズムと正当化する手法は現在米国が中東で行っている所業を「仕方の無い事」と映画を通して一般人に思わせる意図があるのかも知れません。米軍人をBC級戦犯として裁く人はいないからリアリズムで片付けて良いのだという気の弛みが今の米国人にはあるのでしょう。プライベートライアン以降、映画における戦闘シーンのリアルさ(実はclear viewの度合い-実際の戦場は何が起こっているのか煙や埃でよく見えないというのが本当と思う)は凄い出来だと思います。皆さんが指摘するようにストーリー展開にもリアルさを入れてくれればより卓越した戦争映画になり得たものをと残念に思います。
rakitarouさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-01-04 13:11:29)
65.《ネタバレ》 序盤は戦争のむごたらしさを前面の押し出してくるので、リアリティを追求した反戦映画かな、と期待したのですが・・・。
中盤あたりから怪しくなってきます。
現存するティーガーが出てくるシーンは「おぉ~」と思うと同時に「戦車単騎でつっこんでくるなんて不自然すぎる。」と思ってしまう。
戦車が隊列で進軍してる時に、先頭と最後尾をまず攻撃するセオリーをしないドイツ兵士に違和感。
戦車内で手榴弾が爆発しても人間1人で爆風を防げたり、つっこみどころ満載です。
ラストの戦闘は、主人公バリアがすごすぎて、失笑レベル。
新人君が見逃してもらったのも意味不明。
みけらさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-10-17 23:03:11)
64.ブラピが不変のカッコよさ。戦場でも際立つ。
戦車マニアにはたまらないでしょうね。
まぁまぁでしたよ。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-09-13 12:16:13)
63.《ネタバレ》  一度言ってみたかったセリフ。
 きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで・・・
 戦車ファンタヅーでした。
 ぞくぞくさせてくれたドイツの固いティガー戦のみに点を献上申し上げます。
ぱいなぽさん [地上波(字幕)] 5点(2016-06-06 23:16:30)
62.《ネタバレ》 2016.05/12 観賞。単体の戦車での兵士達に絞っての人間ドラマはちょっと記憶に無い。プロローグでの戦場跡のシーンは凄い。また戦車内部の詳細シーンも珍しく良い視点。でも甘甘の展開はかえって作品を損なう。ラブシーンは無いよ、まだ強姦のほうがリアルか・・。生き残りも甘いがちょっとは気分良く・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-06-01 21:55:23)
61.《ネタバレ》 戦場の実際は知りませんが、本作はリアリティの置きどころを一台の戦車隊員たちの関係性描写に絞っているところに特徴があると思います。厭戦的な雰囲気の漂う戦車搭乗員たち。仲間の一人が戦死した直後だったことが後に分かる。補充されたのは事務方になる予定だった若者。彼が引き金が引けず、味方側に被害が出る。ブラピ軍曹を始め、仲間たちはそれぞれのやり方で戦場の厳しさを教えようとします。若者が戦場を嫌がっている間は見応えがあって、戦場に馴染んでからはフツーの戦争映画になりました。占拠した街の民家での食事シーンが私に取ってのクライマックスでしたね。最後の戦闘でメインキャラたちは戦死したけど、戦果という意味でコスパは高い。映画的なヒロイックシーンで、ありがちな結末だと思いました。
例えば「フルメタル~」では戦場へ行く前に敵をコロス心構えを徹底的に教えています。本作はOJTでそれをやっていて、戦場で必要とされる資質は普遍で不変なのだと思います。それがテーマであれば、今更って印象でした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-05-07 19:41:44)
60.《ネタバレ》 戦争嫌いなインテリ(観客のことでもある)を戦争に無理矢理引き入れるという構図。まだこんな反ナチが大義名分の映画作っているのだな。
ひと3さん [DVD(字幕)] 4点(2016-04-03 09:57:11)
59.《ネタバレ》 地獄、泥、地獄、泥、地獄。
「ガルパンが面白かったからついでに…」と思って見ましたが、痛烈に痛い目に遇いました。
戦車で巡るドイツ地獄巡り。とにかくリアリティたっぷりの両国兵士の死にっぷりに疲れました。僕が一番苦手な手の映画です。
まぁ見所は何と言ったら、なんといっても戦車を使った戦闘。戦車同士の戦い。ドイツ戦車の丈夫っぷりが光りますね。弾の跳ねっぷりもなかなか。
そしてとても長い最後の篭城戦。TVゲームかと言わんばかりのタワーディフェンス。コマンドー並の敵の量相手に、ブラピ側も虐殺と言わんばかりの殺しまくりで、もうどっちも応援したくないですよコレ。最後はそりゃ死ぬに決まってます。
まぁ新兵さんの戦争の狂気にかられっぷりとかは、目に見えていたのと、結局彼は生き残り…ってそこはよく見るパターンですね。
映画の質はとても高く、ブラピもカッコいいですが、ついでに気分も悪くなる映画でした。
えすえふさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2016-02-18 18:33:47)
58.《ネタバレ》 昔の娯楽ラインのアメリカ戦争映画は、リアリティじゃなくって娯楽性を追及して(戦勝国万歳的に)作られてた。でも、その後只管リアリティに満ちた作品(初めの頃は感情的に、徐々に視覚的に)が作られ、今や寧ろ反戦的であることが主流なので(当然か)娯楽一辺倒な作品は少数派。そんな中で、この作品はどっちつかずの印象です。だから不満なレビューも多いのかな?
ブラピ演ずるドン・コリアーの死への決意や、ノーマンが若いSS兵に見逃してもらうところ辺りは、日本映画で描かれる武士道的なシーンを思わせ、変わったな~、アメリカ戦争映画というのが一番の印象です。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-14 11:27:13)
57.《ネタバレ》 士気高揚のためにみんなで酒を飲み交わす場面はいいと思うが、いつ敵が来るかわからない状況なのに常に見張る役がいない。緊迫感に欠けるし、切羽詰った状況であることが伝わってこない。
ドイツ軍が一艇の戦車に対してただ逃げ惑うだけであったり、戦闘中の位置関係もカットが切り替わった瞬間いきなり変わっていたり、戦闘の真っ只中でただ会話する場面が度々出てくるので、場面に連続性が無く、緊張感が途切れてしまったり。
今まで散々死体をリアルに残酷に見せておいて、最後は何度撃たれても綺麗なまま死ぬブラピであったり、何事もなくドイツ兵に見逃されるノーマンであったりと作品内のフィクションラインがバラバラですごく違和感を感じた。
ちゃじじさん [DVD(字幕)] 4点(2016-02-14 10:25:29)
56.《ネタバレ》 閉塞感ばかりの描写の中、途中で一服の清涼剤の如く登場するドイツ人女性の存在が効いている。
主人公ご一行に弾がなかなか当らないお約束は有れど、米独双方の戦車が轟音と共に動き回る様は一見の価値有り。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-19 12:56:09)
55.久しぶりに面白い映画を見た!という充実感を感じました。戦争映画はそんなに好きでもないんですが、戦闘シーンでは、まるで自分もフューリーの乗組員になったかのように、緊張感が感じられました。戦争映画ですが、エンターテイメント作品としても高く評価できると思います。
たけたんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-01-17 13:25:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 74人
平均点数 6.12点
000.00%
100.00%
222.70%
311.35%
479.46%
51216.22%
62128.38%
72027.03%
8810.81%
922.70%
1011.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.25点 Review4人
2 ストーリー評価 4.00点 Review11人
3 鑑賞後の後味 4.22点 Review9人
4 音楽評価 4.71点 Review7人
5 感泣評価 2.16点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS