味園ユニバースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > 味園ユニバース
 > (レビュー・クチコミ)

味園ユニバース

[ミソノユニバース]
La La La at Rock Bottom
2015年【日】 上映時間:103分
平均点:5.60 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-02-14)
ドラマ青春もの音楽ものアイドルもの
新規登録(2014-12-10)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下敦弘
キャスト渋谷すばる(男優)ポチ男
二階堂ふみ(女優)カスミ
鈴木紗理奈(女優)マキコ
松岡依都美(女優)
野口貴史(男優)
宇野祥平(男優)
脚本菅野友恵
音楽北原京子(音楽プロデューサー)
主題歌渋谷すばる「記憶」「ココロオドレバ」(インフィニティ・レコーズ)
製作ジェイ・ストーム(「味園ユニバース」製作委員会)
ギャガ(「味園ユニバース」製作委員会)
プロデューサー小川真司〔プロデューサー〕
配給ギャガ
美術安宅紀史
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.耳に残るキャッチーな音楽が気になって見てみたけれど
映画としてはとても普通だった。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2018-08-15 15:24:25)★《新規》★
9.《ネタバレ》 僕は生まれも育ちも生粋の大阪人ですが、この映画、ディープな大阪のアングロ感がちゃんと出ていて、すんなり映画の世界に入っていけました。特に赤犬の公園でのライブ風景、ディープな大阪ならありそうな、あのヘンテコ空間にやられました。そして、そこでの血だらけの男のアカペラの「古い日記」、体がマジ、ゾクゾクしました。いやー、すごい、主役の渋谷すばるの圧倒的歌唱パフォーマンス。ビビりました。ジャニーズすげー。この時点で、僕はもう渋谷すばる演じる主役から目を離せない状態になっちゃいまして、歌一発で、僕の心は映画の中に持ってかれちゃいました。なんだろ、この主役のキャラの存在感は。クズに戻った時の渋谷すばるの演技も説得力ありまくり。やっぱ僕は説得力があり、なんらかの魅力あるクズには惹かれちゃう所があるみたいです。で、この映画、クライマックスにかなり問題がありまして、恐らく、多くの人はここでのありえない展開に目が点になってしまうと思われます。なんやーそれー!みたいな。でも、僕は、その前の子供と主役の対面に実はボロ泣きしてしまいまして。あの束の間の2人の出会いが不憫すぎて。僕にも一人息子がいて、ちょうど年齢も同じくらいからかもしれませんが、モロに感情移入しちゃいまして、それもこれも、とにかく主役のキャラ性です。どーしようもないクズなんですけどね。だから、クライマックスの非現実的すぎる展開も、なんかもう、どーでもよくなっちゃって、もうこの映画は、こーゆうもんなんだと強引に納得する始末でした。ちなみに、主役がゲロを吐くシーンの場所、梅田の近くにあります。そして、主役の姉のオドオドした旦那役の人、よく見たら白石映画常連の宇野祥平さんじゃないすか。この人、こーゆうオドオドした役もうまいんですけど、危ないチンピラ役もめっちゃうまいです。とにかく、バイオレンスな冒頭から最後まで面白く観れた歌とクズの映画でした。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 10点(2016-09-24 05:21:44)
8.《ネタバレ》 それなりに面白く観れました。脚本、シナリオがもう少し、シリアス感を求めてはいけないレベル
cogitoさん [DVD(邦画)] 6点(2016-07-28 19:44:34)
7.予告編を観て、興味をそそられ、観ることに..普通の映画とは、ちょっと毛色が違うなぁ..って、思いながら、観てたら..それもそのはず、「リンダ リンダ リンダ」 「松ヶ根乱射事件」 「天然コケッコー」 の 山下敦弘 監督..どうりで..納得..本作の評価は、なかなかシリアスで、シブい、ヒューマンドラマ..(いつもながら、リアリティーに徹していて、好感が持てる..) でも、山下監督の割には、少し安易なストーリー展開だったかな..もっと、後半、捻りがほしかった..ストーリー設定が面白かっただけに、物足りない..う~ん、次作、期待してます..
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 7点(2016-05-09 22:09:49)
6.良くも悪くも淡白な映画だった。過剰な演出や台詞が多くないので、人物の表情や行動で心情が表現されていた。歌の力をしっかりと声で表現し、真正面から音楽に向き合う姿勢には熱いものを感じた。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 5点(2015-11-18 03:49:23)
5.主演のジャニタレはいい意味でジャニーズっぽくなくて意外といい演技だった。これはハマり役。
二階堂ふみは相変わらずの安定感。
話自体いまいち盛り上がりに欠けたが、あえて王道から外す辺り、山下監督らしいなと思った。
赤犬ってバンドについてよく知らないけど、ノスタルジックで良いと思った。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 6点(2015-09-03 21:10:46)
4.《ネタバレ》 主演俳優の歌唱力を誇示する三か所が、どうも歌の力に依存しすぎの感がある。
映画ではなく。
よってその一つ、クライマックスのパフォーマンスも感興が湧かない。

縁側に座っての西瓜の種飛ばしも、既視感が邪魔して乗れない。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 4点(2015-03-25 14:12:00)
3.《ネタバレ》 あまりとっかかりもなく、さらっと終わったなあという印象。ラストに至るまでの過程があまりに淡々としているせいか。主人公の晴れ舞台で終わる作品は王道と言えば王道で、そこに挑もうという心意気は好きだし、あとはポチ男姉の首にエレキバンという、些細なところに山下風味はあるのだけれど。なぜ脚本が向井康介じゃないのか、という疑問を抱かずにはいられない。
よーちーさん [映画館(邦画)] 5点(2015-03-07 11:12:56)
2.《ネタバレ》  なんかハッキリしない映画。いや、判りやすいマンガ的、記号的なセンを避けているんでしょうけれど。

 作品世界も登場人物も曖昧で、脇キャラに至るまでボンヤリした描写で、全てが「そういうリアリズム」を逆に意識しまくったような作りに思えてしまって。
 赤犬の面々にしてもこの映画の中では「最初からそういう存在」という描かれ方をしているだけで、何の魅力も語ってはいませんから、そこにこの映画ならではの価値を見出す事ができないんですよね。

 そしてそれは主役であるポチ男も。渋谷すばるはその危なさを見事に表現しています。でも、その危なさは結局のところ最初から最後まで変化する事なく、そのキャラはそもそも彼が元から持ってるものなんじゃないの?って気がしないでもなく。
 「クズがただクズです」
 内容はそれだけなんですよね。記憶喪失から過去の自分を思い出して、じゃあそこからクズなりのオトシマエを付けるかっていうと、この映画はそこも目指さない。
 大きな変化がありそうなクライマックスでの超展開なんて、あれ、こちらは脳内で行間を埋められませんし。あそこ以降は実は夢です幻覚ですくらいに認識した方がいいのか?って感じですが、それにしては描写があくまで三人称状態ですしねぇ。

 「味園ユニバース」である事の意味も感じられず、つまり地域性に対するこだわりなんかも意図的に回避しているように思えて、じゃあ、この映画は結局何がしたいんだ?っていう。
 状況の、意識の、ほんのちょっとした微妙な変化を感じ取ってくださいね~、って感じ?

 個人的にはこの素材で、もう全く違った表現法で見たかった気がします。意識して挫く、はぐらかす、寸止め、みたいなのが繰り返され続けるの、タマ子にならいいのですが、ポチ男にはキツいわ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 5点(2015-02-27 23:50:25)
1.《ネタバレ》 小綺麗な味園。
最後の演奏シーンにカタルシス皆無!!
あー脚本が。ねぇ。
ピスタチオさん [映画館(邦画)] 4点(2015-02-15 21:06:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 5.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4330.00%
5330.00%
6220.00%
7110.00%
800.00%
900.00%
10110.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS