ANNIE/アニー(2014)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > ANNIE/アニー(2014)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ANNIE/アニー(2014)

[アニー]
Annie
2014年上映時間:118分
平均点:5.47 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-01-24)
ドラマコメディミュージカルファミリー
新規登録(2014-12-10)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2023-10-04)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィル・グラック
助監督デヴィッド・M・ダンラップ(第二班監督)
演出木村絵理子(日本語吹き替え版)
キャストクヮヴェンジャネ・ウォレス(女優)アニー
ジェイミー・フォックス(男優)スタックス
ローズ・バーン(女優)グレース
ボビー・カナヴェイル(男優)ガイ
アドウェール・アキノエ=アグバエ(男優)ナッシュ
デヴィッド・ザヤス(男優)ルー
マイケル・J・フォックス(男優)マイケル・J・フォックス
キャメロン・ディアス(女優)ハニガン
アシュトン・カッチャー(男優)サイモン
ミラ・クニス(女優)アンドレア
パトリシア・クラークソン(女優)女被験者
トレイシー・トムズ(女優)アニーの偽のママ
中井和哉スタックス(日本語吹き替え版)
本田貴子ハニガン(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ガイ(日本語吹き替え版)
楠大典ナッシュ(日本語吹き替え版)
小島敏彦ウエーター(日本語吹き替え版)
梅津秀行NY1のレポーター(日本語吹き替え版)
宮川一朗太マイケル・J・フォックス(日本語吹き替え版)
志村知幸アニーの偽のパパ(日本語吹き替え版)
斉藤貴美子アニーの偽のママ(日本語吹き替え版)
内田雄馬犬を拾う少年(日本語吹き替え版)
脚本ウィル・グラック
アライン・ブロッシュ・マッケンナ
作詞ウィル・グラック"Easy Street"(2014年版) 他
作曲ウィル・グラック"Opportunity" 他
主題歌平井堅"Tomorrow"(日本版主題歌)
挿入曲クヮヴェンジャネ・ウォレス"Tomorrow"他
撮影マイケル・グレイディ〔撮影〕
デヴィッド・M・ダンラップ(第二班撮影監督)
製作ジェームズ・ラシター
ウィル・グラック
ジェイダ・ピンケット・スミス
ウィル・スミス
製作総指揮セリア・コスタス
制作東北新社(日本語版制作)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
美術パトリシア・ウッドブリッジ(美術監督)
録音グレッグ・オーロフ
字幕翻訳佐藤恵子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.オリジナルはよく知らないのだが、良くも悪くもアニーが世間ズレしていて物怖じしないので富豪と「対等化」しているように思えた。そこが、皆さんのおっしゃるアニーに魅力を感じないという要因ではないだろうか。経済的な格差拡大はあっても自由主義と(人権的な)平等主義が台頭した現代社会を投影しているのかと。その結果として、配役の人種的なバランスにも配慮しているんだろうし。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2020-09-29 01:20:41)
16.アニーが黒人って意外だったけど、ジェイミーフォックスとの相性ばっちりだった。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-23 15:19:53)
15.《ネタバレ》 偶然或いはイヤイヤ引き受けたガキンチョがいつの間にか。。。というパターンはこれまでにいくつも観てきた分、勝手に脳内補完してしまい、何かいい話だったように感じでしまうが、振り返ってみると、この映画の主人公はそれほど魅力的な要素がなく、社長との関係についての演出も、そこまでしてあげたくなることを納得させるには不十分。
それと、「突然歌いだす人」に抗体を持たない私としては、微妙な気分になるシーンがしばしば。。。
でもあの社長さんの表情は何となくいいなぁと思えたので+1点。
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2017-02-11 11:52:54)
14.《ネタバレ》 十分楽しめる出来です、でもミュージカル好きとしては乗り切れない自分がいました。
まず、オープニングからルーズベルト賞賛かぁ・・・。皆を幸せにしたって言われてもねぇ(汗
あと、ミュージカルシーンの見せ方がありきたりで見せ場らしい見せ場が無かった事が残念。歌はいいんだけれど、概ね軽いストリードダンスだけでは納得できない。
また、スタックスと同居する事が決まる下りや、携帯会社の裏事情をアニーに教えたり等々無理がありすぎる展開についていけない。(バカでやり切ってくれる映画なら気にならないけど。)
ミュージカル映画を観るに当たって、一番嫌いな「歌でごまかす映画」になっているのが本当に残念。
ただ、J・フォックスの演技は素晴らしいに尽きる。
Opportunity を歌うアニーを見守るJ・フォックスの表情・・・この映画でも、ここだけはうるっときます。
一方、キャメロンディアスはこんなビッチな役やるようになったんですね・・・なんか悲しいなぁ
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2016-07-23 21:48:34)
13.《ネタバレ》 1982年版には感銘を受けたので楽しみにしていたのですが随分と萎んだ印象です。細かい設定が現代用にアレンジされていますが原型は同じ。なぜ見応えが違うのかは、ラストシーンで分かりました。82年版のアニーには富豪の養女に収まるだけの魅力と能力がありました。それは徹底したポジティブさ。前作のアニーなら、偽両親が「彼からお払い箱にされた」と言っても軽く一蹴したでしょう。そのポジティブな波動で周囲を啓蒙したり浄化したりすべき部分が薄い。文字が読めない設定もアニーのポジティブに翳りを落としていました。挙句、通信会社の社長さんは選挙戦を辞退してアニーのご機嫌を取ってハッピーエンドって、それでいいのか? 本作のアニーに「トゥモロー」は似合わないです。中盤以降、印象に残る歌唱シーンがほとんど無く、これがミュージカルだと云うことを忘れていました。これもマイナスポイントですね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-06-28 03:23:02)
12.《ネタバレ》 観ていてとても気持ちの良い作品でしたね。
他の方も言われるように、確かにスタックスさんが、改心してアニーにゾッコンしていくまでの気持ちの変化描写が少ないのは事実だと思います。
私の印象では、心が変わっていくというより、もともといい奴だったんだろうなと。目標に一直線で仕事のことしか頭になかったから、
もともと持ってた彼のいいとこが隠れていただけなのだろうな、なんて。
オリジナルの奴も見たことはありますが、本作は良くも悪くも「フラット」な感じで現代風に仕上がっております。
挿入されてるミュージカルの曲はどれもすごく良かったです。耳に残る曲ばかりでした。
意外といい演技をしていたのはキャメロン・ディアスで、今回は割と汚れ役をやっているわけです。
可愛かったキャメロンも、こんな意地悪おばばみたいに劣化しちゃったのよ、みたいな、自分のキャラを逆手に取ってるみたいな役柄がすごく良かった。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-10-18 23:45:20)
11.《ネタバレ》 細かいことを言わなければまあまあ。
すでに皆さんも書いてますが
アニーをあそこまで気に入る過程の描写が弱い。
あれだけではそこまでアニーが魅力的に見えない。
あんなに消毒消毒で人嫌いだった異常な人の性格が治る為の描写が無い。
現代の学校に行ってて字が読めないのはさすがにおかしい。
しかし、古いほうのアニーをちょっと観てみたくなるぐらいの出来ではありました。
虎王さん [DVD(字幕)] 6点(2015-09-30 12:33:38)
10.《ネタバレ》 リメイクされて脚本は大きく変わってはいるが、好きな映画。物事がうまく進み過ぎたりというつっこみどころはあるが、そういう論理性や現実性といったファクターが大事になってくるストーリーではなく、肩の力を抜いて見れる映画。スタックスの豪邸、ハニガンの孤独なオオカミ姿の演技は見ごたえあり。でも結局本物のアニーの両親が迎えにくるのを心の何処かで期待していた部分はあるので、真のハッピーエンドになっていないところに消化不良を感じる。随所随所に挿入されている歌がGOOD。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 7点(2015-08-06 07:24:36)
9.オリジナルのアニーを観てからあまりにも時間が経っていて詳細はほとんど覚えていないものの、主人公のアニーがとても魅力的で素直に泣いた覚えがある。が、こちらはアニーを含めたメインキャスト陣にさほど魅力を感じなかった。今も昔もアメリカ人が夢見る成功だとか幸福とはこういうものだ、というステレオタイプにきっちりはまっていて、代わり映えしないな~という印象。現代版らしくSNSやらIT社長ならではの権力行使などの描写はありがちながらもそれなりに面白くまとまっていたと思うが、そもそも、ミュージカルなのに歌も踊りもステージとして魅せるものに乏しく、楽しめなかったのが残念。あと、食べ物を粗末にする様を子どもにやらせて回収なし、というのは昭和生まれの母ちゃんとしては誠に遺憾。
lady wolfさん [映画館(字幕)] 3点(2015-06-25 02:06:58)
8.《ネタバレ》  前作アニーを「アイリーン・クイン」という小女の勝利だと評したが、そういう意味では今作は主人公の少女は勝てなかったのかもしれない。

 私はこの物語(ミュージカル)を、明日を信じて生きる少女の物語というより「孤児院の貧しい少女が大金持ちのお父さんを得る」、一種のシンデレラストーリーとして見ていた。
 さて、シンデレラとして(大金持ちの)お城に招かれた時の「素敵さ」がショボいのも私的には残念なところである。ウォーバックス…じゃないスタックス(なぜ、この人だけ名前が違うの?)の家のハイテク的な描写は全然ステキな感じがしなくて、ましてや所有している通信会社の通話を盗聴してしまおうとする行動には驚かされる。(王子様として)「こんな人ダメじゃん」感がハンパない。
 そして、庶民と触れた時に必ず消毒していた彼の、その部分での変化をちゃんと見せないのもダメだ。伏線はちゃんと回収しないと。

  本当は明日を信じて前向きに生きる少女の物語、というのが基本コンセプトで、そういう意味では今作のアニーは、時代設定を現代に変更することを含めて全く間違ってないんだと思う。だけど、残念ながらこの少女に魅力を感じないのは事実である。
 アニーの年齢がちょっと上がったからだろうか?その衣装が綺麗すぎて孤児院でつらい目に遭っている感もない、学校に通っているため可哀想感も薄いからだろうか。(ところで先生、ちゃんと字教えろよ。)
Tolbieさん [映画館(字幕)] 6点(2015-02-16 17:38:26)
7.《ネタバレ》 ○映画開始早々からスタックスがアニーの父なんだろうなと見始めたがさっぱり見当違いだった。○序盤の親探しエピソードは偽両親の時に出てくるだけとは。○でもライトなミュージカルものとしては良かった。明るく、曲も良い。○エンドロールで流れる平井堅の歌はいらんだろう。アナ雪で味を占めたのか。○キャメロン・ディアスが思いのほか良かった。
TOSHIさん [映画館(字幕)] 6点(2015-02-12 21:52:38)
6.いくら現代風にアレンジしたとしても、もともとの舞台が大恐慌時代のニューヨークなのでストーリーにどうしても不自然さが残る。キャメロン・ディアスは大健闘と思うが、ジェイミー・フォックスはどう見ても百万長者にも市長候補にも思えずオリジナルとは大違い。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 5点(2015-02-09 19:30:18)
5.《ネタバレ》 評点は6点ですが、ミュージカルが好きな人にはおすすめできる映画だと思います (ガチのミュージカル好きを除く)。
ローズ・バーンが素敵なお姉さんなのと、キャメロン・ディアスの好演に点を入れた感じです。
名作の映画化と聞いていたので、もうちょっと…深みと山谷があるかな…と思ったんですが、
ちょっと色々入れすぎてるかな?
映画館で見てると、ちょくちょくダイナミックなカメラワークにオケのBGMがのるので迫力と情感があり、涙もろい私はそれだけでグッと来てしまいました。
物語のコアはシンデレラ・ストーリーなのかな?純真な心で希望を捨てないことなのかな?
でも、彼は努力でのし上がれるNYの素晴らしさを語ってたなぁ…。そのコントラストが、完璧ではない人間たちが一緒に生きていく人生の素晴らしさを描いているのでしょう。
あのスイートな部屋をどうやってロケしたのか気になります。
向こうのお金持ちの部屋を借りて撮影したのですかね…あんな部屋があるんだったら…お金持ちってすごい!あとワンコはもうちょっと活躍の場面が欲しかったかなぁ。
ラストは個人的にアリだと思いました。
彼女が知りたかったことは結局分からないままなのだけど、
そして彼がなろうとしていたものにはならないままなのだけど、
良い意味で人間は変わるもの。二人とも、オポチュニティを掴んで大事なものを見つけたんだね。
という感じで、悪くはない映画でした。
よこやまゆうきさん [映画館(字幕)] 6点(2015-02-09 02:29:34)
4.《ネタバレ》 これはB級ですね~悪くはないですが、ストーリーも子ども向け。歌はいいです。NYの町並みはとてもきれいです。
エイドリアン・モンクさん [映画館(字幕)] 5点(2015-02-01 17:46:17)
3.《ネタバレ》 オリジナル「アニー」を知らないので勝手な想像ですみませんが、本来アニーは貧民層エリアで里子として育てられながらも真っ直ぐに生き、前向きな姿勢と不思議な魅力で周りを幸せにするというキャラクターだと想像していました。今回のアニーはどーしてもそんなイメージのキャラクターに思えなかった。この時代に学校行っていて字が読めないなんて、、逆に読めないなら里親は学校に行かせてるのにアニー自身の努力が足りないってことじゃん。アニーの魅力で周りが変わっていくストーリーじゃなく、ストーリー上仕方なくアニーを好きになっていく無理やり感がイライラした。観終った後に「あんな子だったらオレも養女にしたい」って映画にして欲しい。
かのっささん [映画館(字幕)] 5点(2015-01-26 12:47:05)
2.《ネタバレ》 そもそも82年版の『アニー』はかなり歪な作品であったので、今回の再映画化は結構期待していました。また、監督が『Easy A』や『ステイ・フレンズ』のウィル・グラックなので、現代的なコメディ映画が出来上がるのではないか?と思っていたのですが、その予想は半分当たって半分外れてたといった感じでした。
現代ならではのtwitterやネットニュースサイトを、アニーが大衆の人気を得ていく過程に入れたのは、良いアレンジだと思います。またキャメロン・ディアスが自分の現在の価値を分かっている様な汚れ役を演じた勇気を讃えたい。スタックスに売春婦と間違えられるシーンはかなり笑ってしまいました。オリジナルのミュージカルがロングラン作品ですから、楽曲が良いのは勿論ですが、それにストンプ(足を踏み鳴らしてリズムを取る音楽)を取り入れたり、音楽のアレンジも良いと思います。
次に不満点を述べます。先ず、劇中の殆どギャグは基本的に、食べ物を吐き出したりする様な子ども向け。子ども向けが悪いとは言わないけれど、大人が楽しめる毒っ気もある程度は欲しいです。あと、映画のテーマが歌にも堂々と歌われている通り、「今日が最悪でも、明日はいいことあるかもね!」という話に綺麗にまとまり過ぎている気もします。楽しく観れて楽しく劇場を後に出来る映画だったと思いますが、もう少しパンチ力のある何かが欲しかったです。ちょっと贅沢な要求ですが。
民朗さん [映画館(字幕)] 6点(2015-01-25 23:13:11)
1.《ネタバレ》  『アニー』の基本フォーマット部分は楽しめますが、現代版としてアレンジされた部分に魅力が薄く。

 まずはミュージカル映画としての基本がつまらなくなっちゃってるのがキツいです。歌をちゃんと聴かせてくれない、踊りをちゃんと見せてくれない、って。
 プロモーションビデオの如く映像は編集で細かくコラージュされ、カメラは動きまわり、踊りはなんだかずいぶんとお手軽。歌っている表情がちゃんと捉えられていない部分だらけで、ミュージカルのキモが抜かれているような感じ。ロケで大ロングなんかで歌ってると、ミュージカルである事の不自然さまで醸し出されてしまって、あー撮影大変ねえ、なんて妙に褪めて見ちゃったりして。
 お馴染みナンバーの微妙なアレンジ(いや、ハッキリ改悪と言うべきですか)まで含めて、なんとも安っぽい現代語訳されちゃったねぇ、という印象。

 ニューヨーク市長選に立候補する携帯会社の社長という設定も映画を安っぽくする要因で。選挙の支持率アップのためにアニーを利用していたけれど、っていう部分はドラマを作るには悪くないと思うのですが、ハイテクに囲まれてハイテク駆使して、みたいなのが必要だったんでしょうかねぇ。映画を構成する要素そのものにハイテクを組み込んでますが、クライマックスでのSNSの脳天気な描写なんか、それでいいの?と疑問に思ったり。製作会社がソニーじゃ仕方ないのかな。

 それでも役者は魅力的で、特にジェイミー・フォックスのコミカルな感じが良くて。アニーよりも彼がこの映画の主役になっちゃってましたが。
 あと、個人的にはサンディの扱い軽すぎ!って。もっと大切に扱ってよ、サンディ。

 広告では『レ・ミゼラブル』『アナと雪の女王』に並べる形で売り込んでいましたが、ミュージカルとしてはかなりキビシい出来。エンドロールの平井堅が更に映画をキビシいものにしちゃってて。
 あの~、日本版主題歌って吹替版だけに入れておいてくれませんかね? 字幕版はなるべくオリジナル通りにして欲しいのですが。よくやるソニーやディズニーも含めて各配給会社さん、再考お願いします。正直なところ、あれ、すっげーウザいっす。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2015-01-25 21:35:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 5.47点
000.00%
100.00%
200.00%
315.88%
415.88%
5635.29%
6741.18%
7211.76%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 7.66点 Review3人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2014年 35回
最低続編・リメイク賞 受賞 
最低助演女優賞キャメロン・ディアス候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2014年 72回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)クヮヴェンジャネ・ウォレス候補(ノミネート) 
主題歌賞ウィル・グラック候補(ノミネート)(楽曲|"Opportunity")

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS