THE LAST -NARUTO THE MOVIE-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > THE LAST -NARUTO THE MOVIE-
 > (レビュー・クチコミ)

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-

[ザラストナルトザムービー]
2014年【日】 上映時間:112分
平均点:5.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-12-06)
アクションSFラブストーリーアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2014-12-12)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-07-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
竹内順子うずまきナルト
水樹奈々日向ヒナタ
中村千絵春野サクラ
森久保祥太郎奈良シカマル
日野聡サイ
井上和彦はたけカカシ
勝生真沙子綱手
関俊彦うみのイルカ
福山潤大筒木トネリ
津田英三日向ヒアシ
大谷育江猿飛木ノ葉丸
柚木涼香山中いの
石田彰我愛羅
手塚秀彰エー
江川央生キラービー
日野由利加照美メイ
西村知道オオノキ
玄田哲章九喇嘛
鳥海浩輔犬塚キバ
坪井智浩神月イズモ
河野智之はがねコテツ
朝倉栄介テウチ
高田里穂アカネ
堀内賢雄ペイン
佐々木望月光ハヤテ
能登麻美子カツユ
伊藤健太郎【声優】秋道チョウジ
落合るみ夕日紅
杉山紀彰うちはサスケ
原作岸本斉史「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」 (JUMP j BOOKS)
脚本岸本斉史(ストーリー総監修)
音楽高梨康治
主題歌スキマスイッチ「星のうつわ」(アリオラジャパン)
製作テレビ東京(劇場版NARUTO製作委員会)
集英社(劇場版NARUTO製作委員会)
アニプレックス(劇場版NARUTO製作委員会)
電通(劇場版NARUTO製作委員会)
バンダイ(劇場版NARUTO製作委員会)
Studioぴえろ(劇場版NARUTO製作委員会)
制作Studioぴえろ(アニメーション制作)
配給東宝
作画岸本斉史(キャラクターデザイン)
西尾鉄也(キャラクターデザイン・総作画監督)
安藤雅司(原画)
中鶴勝祥(原画)
編集森田清次
あらすじ
第四次忍界対戦後の「木の葉隠れの里」。ある日、日向ヒナタ(水樹奈々)の妹ハナビ(浅井清己)が何者かに誘拐される。そして月から大量の隕石が落下し始め、世界は存亡の危機に陥る。新火影・はたけカカシ(井上和彦)がうずまきナルト(竹内順子)らと調査を開始すると、謎の男・大筒木トネリ(福山潤)と遭遇する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 幼い頃からずっと自分の事を思ってくれる人の気持ちに気が付かない主人公。「BORUTO」も忙しくて息子にかまってやれず息子が反発というテーマで似ていますが、それが孤高の忍者だからとかはなくどちらも単にコミュニケーション不在なのだがそれが面白いと思ってしまう作者がまだまだ人間として未熟だという気がして、全く面白くない作品だと思います。
DAIMETALさん [インターネット(字幕)] 3点(2016-07-11 20:30:15)
2.《ネタバレ》 第四次忍界大戦から二年後、スカッと爽やか短髪男になったナルトが選んだのはヒナタ。フタリの恋愛アドベンチャー。冒険自体はアニメオリジナルストーリーと何ら変わらずツマラナイ。黒幕がヒナタに熱烈プロポーズを繰り返していて、威厳がなくナンセンス。月面でファイナルバウト、このマンガの舞台もついに母なる地球を飛び出しちまった。結ばれたフタリ、エンドクレジットに流れるウェディングシーンはブキミすぎ。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2015-09-13 22:48:21)
1.《ネタバレ》 テーマは愛というだけあって、ナルトとヒナタのやりとりがメイン。前半のラブコメよろしくな展開はつい口元がゆるむ。全体的には決して悪くない。しかし細部においてはところどころ気になるポイントがあり、もっと良くなったんじゃないかと思うと素直に喜べない。例えばナルトの中でも人気の高いサスケやカカシは申し訳程度に登場させるだけで見せ場はほとんどない。アクションシーンは迫力にかける。感動シーンの演出が下手(何かあざといし、そこはそのBGMじゃないだろ)。ご都合主義な幻術トラップ。もっと作り込んでほしかったなあという何とも中途半端な気持ちになってしまったのは残念だ。けっこう面白いんだけどね。
ばかぽんさん [映画館(邦画)] 7点(2015-01-18 00:34:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3133.33%
400.00%
500.00%
6133.33%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS