風に立つライオンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 風に立つライオン
 > (レビュー・クチコミ)

風に立つライオン

[カゼニタツライオン]
2015年【日】 上映時間:139分
平均点:5.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-03-14)
ドラマ戦争もの医学もの小説の映画化
新規登録(2015-01-02)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-07-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
キャスト大沢たかお(男優)島田航一郎(ケニアの熱帯医学研究所で働く医師)
石原さとみ(女優)草野和歌子(ケニアの赤十字病院に勤める看護婦)
真木よう子(女優)秋島貴子(島田が日本に残してきた恋人)
萩原聖人(男優)青木克彦
鈴木亮平(男優)田上太郎
藤谷文子(女優)児島聡子
中村久美(女優)秋島清美
山崎一(男優)秋島誠一
石橋蓮司(男優)村上雅行
ちすん(女優)
松本穂香(女優)小島聡子
原作さだまさし「風に立つライオン」(幻冬舎刊)
脚本斉藤ひろし
音楽遠藤浩二
作詞さだまさし「風に立つライオン(シネマ・ヴァージョン)」(ユーキャン)
作曲さだまさし「風に立つライオン(シネマ・ヴァージョン)」(ユーキャン)
編曲渡辺俊幸「風に立つライオン(シネマ・ヴァージョン)」(ユーキャン)
主題歌さだまさし「風に立つライオン(シネマ・ヴァージョン)」(ユーキャン)
撮影北信康
製作市川南〔製作〕
日本テレビ(「風に立つライオン」製作委員会/製作幹事)
東宝(「風に立つライオン」製作委員会)
OLM(「風に立つライオン」製作委員会)
読売テレビ(「風に立つライオン」製作委員会)
企画大沢たかお
日本テレビ
プロデューサー奥田誠治(ゼネラルプロデューサー)
坂美佐子
制作OLM(制作プロダクション)
配給東宝
美術林田裕至
編集山下健治
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ノンフィクションなら事実との整合性を保つために、踏み込めず「旨味」を出すのに苦労することはあると思う。でも、これはフィクションで。その割には淡泊な印象しか受けなかった。あざといくらいの押しつけが必要なときもあるということかな、フィクションだから。だからかな、残念なことに自分には「風に立つライオン」をイメージすることは出来なかった。
monteprinceさん [DVD(邦画)] 5点(2016-03-21 01:46:58)
2.う~ん..この手の作品が、まるまるフィクションだと..なんだろう..心の中が、もやもやして、すっきりしない..登場人物、病院、施設、エピソード..それらが、架空なんだ..って、思った瞬間、ガッカリ感、ダマされた感、そして怒りに近いものが込み上げてくる..イイ話なのに、素直に共感することができない..本作は、日本人の誰もが知っているアフリカの日常、ではなく..内戦続く非日常、が描かれているわけで..現地の当事者しか分からない心情とか状況とか、想像もできないくらいの壮絶な実態があって..それを遠く離れた日本で、少し聞きかじっただけの物書きが、浅はかな考えで(想像だけで)物語を創るなんて..どうかしている..(どうせ、寄せ集めた情報を継ぎ接ぎして、ストーリー仕立てにしただけの作り話だろう..きっと、) 私は、内戦状態のアフリカの悲劇を描いた作品に、中途半端な嘘があってはいけないと思う..(そこで暮らす人々、一所懸命活動している人達に対して、失礼だ..) さらに、映画の構成が、あたかも実話であるかのようになっているのは、なぜ? 結局、観ている者をダマしているわけで、ほんと、悪質で、タチが悪い! くどいようだが、嘘までついて、映画にする意味があったのか? はなはだ疑問だ..とても興味深い題材だけに、ちゃんと現地を取材して、なぜ実話を基に創らなかったのか..残念極まりない..(製作側の金儲けに目が眩んだゲスな考えがプンプン臭ってくる..) 物語とは直接関係ないが、映画として気になるところを、2つあげる..作中、地元の人と思われる素人(役者でない人)が数ヶ所、数人出てくる、台詞回しが酷くプロの役者との差がありすぎて、とても違和感を感じた..台詞があるのなら、台詞が言える人を使おうよ..次に、主人公のわざとらしい台詞が、散在していていただけない..「熱い」「クサい」台詞と、「わざとらしい」台詞は、紙一重..明らかに、不自然で、変..ってところが、目について仕方がない..脚本が悪いのか、監督の演出が悪いのか..いずれにせよ、センスの無さが露呈してしまっている..最後に、実話に基づいた物語だと思って(ダマされて)観ただけに..いろんな意味で、残念...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2016-02-10 20:51:16)
1.《ネタバレ》 B級テイストの作品を得意とする三池崇史監督が、まさか壮大なヒューマンドラマを手掛けるなんて・・・。もうビックリ!でその感想ですが、確かに感動はしますし、いいお話だな~とも思います。主役の大沢たかおもなかなか良い!しかし何というか、大沢たかおの日本の恋人さん関連のシーンがちょっと多すぎで、少々ダレます。その分をカットしてもう少しコンパクトにまとめた方が良かったかも。まあそうは言うても原作がそうなら仕方ないのかも。サンダーバードがシュバイツァーの伝記になってしまったとこは、良い終わり方でした。好きです、こういうの。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2015-10-22 22:33:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
53100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS