フィルスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フィルス
 > (レビュー・クチコミ)

フィルス

[フィルス]
Filth
2013年【英・独・スウェーデン・ベルギー】 上映時間:97分
平均点:4.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-11-16)
コメディ犯罪もの刑事もの小説の映画化
新規登録(2015-01-02)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2015-08-07)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストジェームズ・マカヴォイ(男優)ブルース・ロバートソン
ジェイミー・ベル(男優)レイ・レノックス
イモージェン・プーツ(女優)アマンダ・ドラモンド
エディ・マーサン(男優)クリフォード・ブレイジー
ジム・ブロードベント(男優)ドクター・ロッシ
シャーリー・ヘンダーソン(女優)バンティ
ジョアンヌ・フロガット(女優)メアリー
マーティン・コムストン(男優)ゴーマン
ショーナ・マクドナルド[英・1981年生](女優)キャロル・ロバートソン
ゲイリー・ルイス〔1958年生〕(男優)ガス・ベイン
ブライアン・マッカーディー(男優)ギルマン
ロン・ドナキー(男優)ヘクター
デヴィッド・ソウル(男優)
トルーディ・スタイラー(女優)マダム・R・ゼン・ファッキン
イアン・デ・カーステッカー(男優)オッキー
原作アーヴィン・ウェルシュ「フィルス」
音楽クリント・マンセル
撮影マシュー・ジェンセン
製作ジェームズ・マカヴォイ
マーク・アミン
トルーディ・スタイラー
製作総指揮アーヴィン・ウェルシュ
配給アップリンク
パルコ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 ひとりの刑事が破滅していく姿をきわどくスタイリッシュに描こうとした品性に欠け過ぎてるブラックコメディ。そんな映画でした。
最初はハチャメチャ刑事のブラックだけどホンワカもありのコメディなのかと思っていたら、徐々に人格障害を患っているんじゃないかと感じられ、過去や現在の状況が明かされていく。でもそれがかなり笑えない現実なんです、それを上手くブラックコメディにできなかったと思います。ていうかコメディにする必要があったんですかねぇ。
途中で挫折しなかった理由はキャストです。まず主演のジェームズ・マカヴォイ、キレた演技が良いです。今さらだけどほんとにラッセル・クロウに似てる。
「リトル・ダンサー」のビリーと父さんまでいるし。キャストの顔ぶれを見るのが実に楽しかったです。
フィルス。。。不潔、堕落、卑猥、、、俗語で警察の意味もあるらしい。まさにそういう映画でした。
コレ、もっと違う撮り方してたらかなりいい映画になったんじゃないかと思えまして、それが残念。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-04-28 17:46:01)
1.《ネタバレ》 イギリス、スコットランド。薄暗い地下道で、留学中の日本人青年が何者かに暴行されて死亡するという凶悪な事件が発生。捜査を担当することになったブルース刑事は、過去の出来事をきっかけにアルコール・ドラッグ・セックスにボロボロに溺れるどうしようもない“フィルス(くず)”刑事だった。それでもその出世欲だけは人一倍強く、同僚や上司の弱味を握るための努力だけは惜しまない。事件の捜査など二の次、ただひたすらどん底へと堕ちてゆくような生活を送るブルース。そんな中、離婚したはずの妻が彼の目の前に現れ…。果たして、ブルースは無事に殺人事件を解決し人生を立て直すことが出来るのか?青春ドラッグムービーの古典的名作「トレインスポッティング」の原作者であるアーヴィン・ウェルシュの破天荒な小説を、ジェームズ・マカヴォイ主演でシニカルにそしてエネルギッシュに映画化したクライム・コメディ。うーん、なんだかいかにもトレスポ・テイストな作品でしたね、これ。八方塞がりのどうしようもない駄目駄目青春を送っていたあのジャンキーたちが、そのまま大人になって何故だか刑事になっちゃったような駄目中年どもの駄目駄目日常を同じようにスタイリッシュで猥雑に、そしてスピード感溢れる演出で描き出そうと頑張っているのは分かるのだけど、出来上がってみたものは残念ながら「トレインスポッティング」には到底及ばない残念な代物でありました。全編を通じて言えるのは、とにかく下品!「トレスポ」ではそんなガサツで品のないエピソードを描きながら、それでもそこに何故だか上質のユーモアを漂わせていたところが名作たる所以なのですが、今作はひたすら下品なだけの描写が延々と続き途中から僕はもうウンザリしちゃいました。特に、あの誰のポ〇チンが一番デカいか女たちに当ててもらおうという馬鹿丸出しゲームで、皆で並んで自分のナニのコピーを撮りにいく刑事どもには、「お前ら、とっとと仕事せいや!!」と殺された日本人青年に代わって怒り狂いそうになっちゃいました(笑)。そして、ラストの奇をてらったようなへんてこなオチにも別段心を揺さぶられることもなく…。ま、いかに「トレインスポッティング」が優れた作品であったかをあらためて再確認した次第であります、はい。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2015-01-03 23:09:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
5150.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS