0.5ミリのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > 0.5ミリ
 > (レビュー・クチコミ)

0.5ミリ

[レイテンゴミリ]
2013年【日】 上映時間:196分
平均点:6.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-11-08)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2015-01-19)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2017-04-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督安藤桃子
キャスト安藤サクラ(女優)山岸サワ
坂田利夫(男優)
津川雅彦(男優)真壁義男
織本順吉(男優)片岡昭三
ベンガル(男優)
東出昌大(男優)
柄本明(男優)佐々木健
草笛光子(女優)真壁静江
木内みどり(女優)
浅田美代子(女優)
原作安藤桃子「0.5ミリ」(幻冬舎文庫)
脚本安藤桃子
プロデューサー奥田瑛二(エグゼクティブプロデューサー)
美術竹内公一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 個々のエピソードはそれぞれ印象的で悪く無いですし、坂田利夫や津川雅彦の話には引き込まれました。
が、かなり長い上にテーマを詰め込み過ぎな感じで、最後の柄本明の話になるとやや冗長になり、子供の話のまとめ方など??で、何が映画のメインテーマなのかよく分らなくなりました。もう少し脚本をシンプルにした方が良かったと思います。出演者の演技もよかっただけに残念。特に主演の安藤サクラは流石に素晴らしかったです。
クリプトポネさん [DVD(邦画)] 5点(2017-08-11 13:07:38)
4.3:17分と非常に長い映画なので見るのを遠慮していましたが、Huluで公開されていたので思い切って見ました。見始めるとあっという間の3時間でしたが、これほど引き込まれたのはサクラさんの演技力が一番にあったと思います。また年寄り陣もかなりの役者ぞろいだったのが間延びせずに良い方向へ作用したものと思います。

日本映画特有のなんか暗い絵作り&テーマですが、随所に何となく笑える雰囲気が漂っています。各老人たちとのエピソードはそれぞれが非常に面白くて熱中してしまいました。この流れの良さは桃子監督の手腕だと思いましたが、全体を通して見た時にテーマが判りにくい&結果が出ていないと感じられました。高齢化問題?金?性?それとも別の何か?何となくモヤモヤした感じが残りました。

ラスト、観客とは裏腹にサクラさんは晴れ晴れした表情をしていますので、時間が取れたら又見てみようと思います。
アラジン2014さん [インターネット(邦画)] 6点(2017-03-22 13:04:28)
3.他の人と同じ。
長い! とにかく長すぎる!
始まりは面白く作ってあるけど、テンポもかわらず、主人公はただ似たようなおじいちゃんと遭遇するだけ。
疲れたから、途中で休んでしまった。
で、この映画、最後は何を言いたかったの?
主人公は何を得たの?
全くわからない。
映画製作者に言いたい。
社会人は忙しい合間を縫って映画を見ているのだ。
映画を見終わって何も得ることが出来ない作品に、私は価値を持たない。
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-09-07 21:34:44)
2.《ネタバレ》 長かった。しかし安藤サクラが自然な演技で傍にいてくれたので、心地よかった。でも映画としては、言いたいことが多かったようで、観ている間、日本は暗いなぁ~と思うこと多々で、辛かった。今や、邦画は特にスクリーンの前にいると、問題山積な現状をこれでもかと言われて、逆に外に出ると、あ~良かった、皆、呑気な顔してるよ、とホッとしてしまう。映画って、こんなもんでしたっけ?非日常な映画ばっかりで、映画青年は心のバランスをとかく欠きがちになってしまう。安藤サクラの楽な感じの演技が救いだ。演技、演技した演技では、こっちに来るなと言われてるようで、孤独な感じがしてしまう。映画って孤独な人のためにあるもんだけど、拒絶された感じがしてしまうと、あまり演技の巧い俳優の映画は、選びにくくなってしまうね。それにしても孤独な老人を巧い演技で演じる津川さんの観てたポルノまがいの映画は、安藤サクラさんのお父さんの監督作品ではないかな?「少女」ってタイトルだったけど・・。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2015-08-23 21:51:42)
1.うわあ誰もレビューしてない・・・最初のレビューってなんだか緊張しますね。
取り敢えず最初だから軽くストーリーを紹介したほうがいいのかな?勿論ネタバレなしで!

え~っと、ジャンルは人間ドラマ。じじい・・・いや、お年寄りが多く出てきます。
皆それぞれ色々問題を抱えていたり精神を病んでるような人達です。
主人公は安藤サクラ。演技が上手いです。が、前述の人達と積極的に関わろうとします。
弱みを握って家に潜り込み、強引にそこで生活します。勿論嫌がられて追い出されそうになりますが、料理は上手いし、なんでもこなすのでなんだかんだと居座っちゃう。そして、いつしかその老人達と心を通わせていくんですね。そこから見えてくる現代日本の抱える闇。そんなお話。

3時間超えの長編ながらとにかく安藤サクラの演技に引っ張られっぱなしの3時間でした。全く気が抜けないというか、引き込まれてしまった。改めて凄い女優さんだなと思いました。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 9点(2015-07-01 22:20:31)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5120.00%
6120.00%
7120.00%
800.00%
9120.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS