機動戦士ガンダムUC/episode 4 重力の井戸の底でのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 機動戦士ガンダムUC/episode 4 重力の井戸の底で
 > (レビュー・クチコミ)

機動戦士ガンダムUC/episode 4 重力の井戸の底で

[キドウセンシガンダムユニコーンエピソードフォージュウリョクノイドノソコデ]
Mobile Suit Gundam Unicorn episode 4 At the Bottom of the Gravity Well
2011年【日】 上映時間:59分
平均点:6.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-11-12)
アクションドラマSF戦争ものアニメシリーズもの小説の映画化TVの映画化
新規登録(2015-01-22)【あきぴー@武蔵国】さん
タイトル情報更新(2021-03-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督古橋一浩
内山昂輝バナージ・リンクス
藤村歩ミネバ・ラオ・ザビ(オードリー・バーン)
甲斐田裕子マリーダ・クルス
浪川大輔リディ・マーセナス
手塚秀彰スベロア・ジンネマン
高木渉アルベルト
池田秀一フル・フロンタル
中村悠一ナイジェル・ギャレット
伊瀬茉莉也ロニ・ガーベイ
石塚運昇ヨンム・カークス
小松史法トムラ
小川真司〔声優・男優〕ローナン・マーセナス
森功至ダイナーの老主人
永井一郎サイアム・ビスト
白熊寛嗣
原作矢立肇
富野由悠季
福井晴敏(ストーリー)
脚本むとうやすゆき
音楽澤野弘之
制作サンライズ(アニメーション制作)
配給バンダイビジュアル
作画安彦良和(オリジナルキャラクターデザイン)
カトキハジメ(メカニカルデザイン)
佐山善則(メカニカルデザイン)
古橋一浩(コンテ)
大河原邦男(モビルスーツ原案)
録音木村絵理子(音響監督)
あらすじ
地球に降下したリディ・マーセナス少尉(浪川大輔)とオードリー・バーン(藤村歩)はリディの実家であるマーセナス家の屋敷に身を寄せる。マーサ・ビスト・カーバイン(塩田朋子)はマリーダ・クルス中尉(甲斐田裕子)の心を支配しようと目論む。バナージ・リンクス(内山昂輝)は砂漠に不時着し、スベロア・ジンネマン大尉(手塚秀彰)と共に砂漠を旅する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.ガンダム特有の主人公の悩み...だが、自分にとっては多少退屈。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2018-01-06 20:41:17)
4.《ネタバレ》 昔のモビルスーツが現代の綺麗な絵で動くのは良かったです。少尉が相変わらず邪魔です。面白いとは感じず最後まで観る事が出来るのかわからなくなってきました。
DAIMETALさん [インターネット(字幕)] 2点(2015-12-03 03:33:33)
3.《ネタバレ》 ブライト艦長の登場だけでなく、バラエティ豊富なモビルスーツ&アーマーの活躍が楽しいEP4。しかも今回は地球に降りているため、質素な宇宙空間に比べ見栄えが良いように思えた。地球に降りたということは、地球に住み続ける者との出会いもある。ダイナーの老主人の言葉に「あんたたちに何もしてやれんことを悔いながら生きている。ワシにはそのコーヒーを淹れてやるのが精一杯だ…」というのがあった。隕石落としをやったシャアへの恨み節こそ出ても、スペースノイド全体を敵視しているわけではない。むしろ彼らのことを想い、己の無力さを悔いている。ザビ家の血を引く者として、この世界に対し少なかれ影響力を持つ者として、やれることをやると心に誓ったミネバの姿が印象的だ。一方、バナージは同世代の女性パイロット、ロニ・ガーベイを血の呪いから解放し、負の連鎖、憎しみの連鎖を止めようとする。説得できれば一番良い、しかし失敗すれば多くの一般市民が犠牲になる。(赤ちゃんを抱いた母親が吹き飛ばされる場面も出てきている)「何を言っても無駄だ」と決断を迫るリディ少尉。このギリギリの戦い… 最後のたたみかけは圧巻。結末は書かないが「それでも!」と抗い続けることに希望はあると感じたラスト10分、本当に凄かった。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2015-03-08 21:18:21)
2.《ネタバレ》 新旧入り乱れるモビルスーツ戦、ロニの独白、ダイナーで語り合うミネバと老人、とにかく観応えがありすぎる。それでも、それでも俺は!と前進し続ける主人公・バナージ少年の真摯さが、眩しすぎて涙腺決壊した。
aksweetさん [DVD(吹替)] 9点(2015-02-13 03:03:27)
1.話が一気に進んだ感があるね。まとめて観ているから良いけど、半年に一回だと忘れているぞ・・・
やっとブライトさん登場ですね。ブライトさんが出てくると安心します。ただ、相変わらずの苦労人で、大変そうです。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 8点(2015-01-29 00:22:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.60点
000.00%
100.00%
2120.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
600.00%
700.00%
8120.00%
9240.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS