王妃の館のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 王妃の館
 > (レビュー・クチコミ)

王妃の館

[オウヒノヤカタ]
2015年【日】 上映時間:123分
平均点:4.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-04-25)
ドラマコメディ小説の映画化
新規登録(2015-02-22)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-11-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督橋本一
キャスト水谷豊(男優)北白川右京
田中麗奈(女優)朝霞玲子
吹石一恵(女優)桜井香
尾上寛之(男優)戸川光男
青木崇高(男優)近藤誠
中村倫也(男優)クレヨン
安達祐実(女優)ミチル
山中崇史(男優)香取良夫
緒形直人(男優)金沢貫一
石橋蓮司(男優)丹野二八
安田成美(女優)ディアナ
石丸幹二(男優)ルイ14世
原作浅田次郎「王妃の館」 (集英社文庫)
脚本国井桂
音楽佐藤準
主題歌小野リサエンディングテーマ「PLAISIR D'AMOUR」(ドリーミュージック)
製作平城隆司
遠藤茂行
東映(「王妃の館」製作委員会)
テレビ朝日(「王妃の館」製作委員会)
電通(「王妃の館」製作委員会)
朝日放送(「王妃の館」製作委員会)
集英社(「王妃の館」製作委員会)
木下グループ(「王妃の館」製作委員会)
製作総指揮早河洋
配給東映
美術中澤克巳
尾関龍生(装飾)
編集只野信也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.純金の額縁に三流画家の描いた絵がハマってる感じ。取ってつけたような設定ばかりで、登場人物の誰一人として際立つ存在が全くいない。仰々しいミュージカルはもはや、どうだ凄いだろう、を前面に押し出しているようで観ていて辛い。ただ唯一この作品で褒めるところがあるとしたらそれは、かなり掛かったであろう製作費をサラリと流しているところ。よく日本の映画で海外ロケなんかに行くと、観光名所や街の外観なんかをじーっくりと見せ、正直意味のないシーンが多かったりする。でもこの作品はルーブルや王妃の館をあくまでも「一部」として扱っており、嫌味になっていない。ま、そこくらいでしょう。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 2点(2015-10-18 12:50:27)
2.《ネタバレ》  基本はドタバタコメディの群像劇ですが、ツアー客やツアコンのキャラを作り過ぎていて、笑うというよりはヒクわ、って感じ。
 キャラ一人一人に与えられた設定やファッションにあまり必然性が感じられないのですよね。平行するように描かれる小説世界と綿密にシンクロするようなキャラやエピソードがあるというのならば判りますが、それがあるのかどうか、と言われると殆どあるようには思えない状態で。
 オーバーアクションが笑いに繋がる、みたいな単細胞的な演出で、ウソくさいキャラがドタバタと混乱しているばかり。
 登場人物を整理して描くのがあまり上手くないなぁ、と。
 
 それでも田中麗奈、吹石一恵、安達祐実と女優はみんな魅力的に撮れていて、一方男優の方は何やらいい加減なビジュアルって感じがして、なんか監督に意識の差があるのかいな、みたいな感じがしないでもなく。

 映画としてのまとまりに欠いていて、何をとっかかりにして映画を見進めてゆけばいいのかを掴み兼ねる状態で、相当キビシい出来の作品。

 と、ここまでは映画そのものの話。ここからは個人的な趣味の話で。
 最近、宝塚が好きで、去年はフランス絡みの舞台だと星組の『太陽王』や宙組『ベルサイユのばら』を見まして。今年の雪組『ルパン三世』もマリー・アントワネットネタでしたし、来月には月組の『1789 バスティーユの恋人たち』もあって。
 で、そんな私ですから、この映画に出てくるキーワード「太陽王」「ブルボン朝」「ベルサイユ宮殿」に反応しない訳もなく、右京と共にその世界に想いを馳せ、深く気持ちが入っていって。小説のエピソード自体はフィクションですが、ルイ14世の人物像を考えると、いかにもありそうな切ない話で。
 小説部分でのフランス人を全員日本人が演じている事も宝塚を見慣れていれば、ねぇ。
 更にシネスコ画面に広がるベルサイユ宮殿やパリの街並に心囚われ、デキの悪い映画なのに、随分と堪能してしまったっていうのが正直なところ。困った作品ではありました。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-05 19:43:58)
1.《ネタバレ》 原作未読。ポジツアーとネガツアーでダブルブッキングしてヤバい会社を立て直そう、というツアコン会社社長と部下。面白い発想ですね。パリで本格的なロケをしているだけあって観光名所の数々は迫力があって良いです。特にルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿なんて一生行くことはなさそうなので色々見られて楽しい。 登場人物は多種多様で問題を抱えていて配役も悪くないので会話も面白くあります。ただ、水谷豊演じる北白川右京による小説の17世紀のパリの劇中劇にだいぶ尺をとっているせいか、どっちつかずになってしまいほとんどが中途半端な処理で終わっている感が強い。小説の神が降りてくるのは良いけど、あそこまで執拗に描写する必要を感じられなかったし最後のミュージカル風な歌もクドかった。もっと現代のツアー客たちの話の方に尺をとっていたら感想ももうちょっと変わった気がするけど原作はどんな感じなんだろう。まあなんにせよ、世間一般には杉下右京のイメージが完全に定着している中で、志茂田景樹にしか見えない奇抜な格好はある意味思い切ったなと。せめてハーフパンツとタイツは止めて欲しかったが座長がヨシとしてるのでいいんでしょうな。アレでお客さんを逃している気もするけど。色々な意味で水谷豊ワールドといった映画でしたね。
ロカホリさん [映画館(邦画)] 5点(2015-04-28 00:34:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
2133.33%
300.00%
400.00%
5266.67%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS