Menu
 >
 >
 > 新宿スワン

新宿スワン

Shinjuku Swan
2015年【日】 上映時間:139分
平均点: / 10(Review 15人) (点数分布表示)
ドラマシリーズもの犯罪ものヤクザ・マフィア漫画の映画化バイオレンス
[シンジュクスワン]
新規登録(2015-03-05)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2016-07-10)【DAIMETAL】さん
公開開始日(2015-05-30
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督園子温
キャスト綾野剛(男優)白鳥龍彦
山田孝之(男優)南秀吉
沢尻エリカ(女優)アゲハ
伊勢谷友介(男優)真虎
金子ノブアキ(男優)葉山豊
深水元基(男優)関玄介
村上淳(男優)時正
真野恵里菜(女優)栄子
久保田悠来(男優)洋介
安田顕(男優)松方
山田優(女優)涼子
豊原功補(男優)山城神
吉田鋼太郎(男優)天野修善
丸高愛実(女優)梨子
桜井ユキ(女優)
梶原ひかり(女優)
藤原季節(男優)
中野裕太(男優)
YOUNG DAIS(男優)売人
桜木健一(男優)
関根勤(男優)キャバクラの店長
森田彩華(女優)
伴杏里(女優)
冨手麻妙(女優)
朝倉えりか(女優)
平岡亜紀(女優)
佐野光来(女優)
古藤ロレナ(女優)
池田純矢(男優)
脚本水島力也
鈴木おさむ
挿入曲森進一「新宿・みなと町」
撮影山本英夫〔撮影〕
製作講談社(「新宿スワン」製作委員会)
ハピネット・ピクチャーズ(「新宿スワン」製作委員会)
企画講談社(企画協力)
プロデューサー山本又一朗
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
美術磯見俊裕
編集掛須秀一
その他小栗旬(予告編ナレーション)
あらすじ
ある夜、白鳥龍彦(綾野剛)は底辺から脱したいと思ってやって来た新宿歌舞伎町を当てもなく歩いていたが、ゴロツキたちに絡まれたところを真虎(伊勢谷友介)に救われる。真虎は龍彦にスカウトマンにならないかと誘い、基本を叩き込む。龍彦は真虎が所属するスカウト会社「バースト」に入社し、仕事に励み始める。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.《ネタバレ》 園監督っぽさがほぼ無い。雇われ監督感が凄いと思ったら、やはり脚本は書いておらず、書いたのは鈴木おさむ……。この人の無難で意外性のない上部だけをなぞったような脚本って苦手なんだよな~。この出来に納得。
eurekaさん [地上波(邦画)] 4点(2017-09-02 09:26:27)
14.《ネタバレ》 2017.07/06 BS鑑賞。新宿歌舞伎町の一端をみる。スカウト会社を隠れ蓑に風俗界での縄張り争いで近代版ヤクザ?映画。風俗嬢を幸せにするをモットーのスカウト男スワンの設定が面白いが・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2017-07-07 23:01:09)
13.《ネタバレ》 田舎者には歌舞伎町と言う町のエネルギーを直接肌で感る事はないので
現実に照らし合わせてこの映画の持つ雰囲気を感じ取って評価するのは難しいのですが話の内容としてはどうかと。
あまりドラマしすぎると胡散臭くなるとは思うが、それにしてももう少しなにかドラマ要素が欲しい。
とにかく見所がないしそれに伴って山も低い。ただ見ただけで内容もすぐ忘れてしまう事でしょう。
デミトリさん [DVD(邦画)] 4点(2017-04-26 15:16:51)
12.そこそこ面白かったが、それはたぶん原作のおかげで、
映画としてはちょっと尺が長すぎた印象。
この手の話で2時間半近くは撮りすぎ。どれを削れば?という話にもなってしまうけども。
それでも数ある漫画の実写化の中では、それなりに不満もない出来にはなっています。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 6点(2017-04-02 16:18:22)
11.《ネタバレ》 綾野剛さんのパワー、まわりのキャストのそつのない演技で、作品の性格づけには成功してると思うけど。
何を伝えたいのか?
まぁ新宿に生きる人たちのってのはわかる。
わかるけど二つのスカウトチームの統合については『?』
『2』でわかるのかな?
山田さんの演じたヒデヨシについては、少年期から現在に至るまでの心の変遷が読みづらく、
もったいない扱いでした。
それでもリアル新宿の風景の数々は、作品を鑑賞するうえでとても良かったです。
学生時代、あの町を歩けるようになったとき、少し大人になったかな?って思ったのを思い出しました。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-04-02 06:33:02)
10.キャバクラや風俗に女性を送り込んで、幸せになってもらいたいも何もあったもんじゃないでしょうに。。。
もしそこで、「私は幸せです。楽しいです。」と主張する女性が万が一いたとしたら、状況としては一層深刻でしょう。
スカウトした女性の自殺にショックを受け街中を彷徨う主人公を、優しく励ます人達。。。薄ら寒いものを感じました。
マー君さん [DVD(邦画)] 4点(2017-02-05 14:03:02)
9.《ネタバレ》 これは話の内容がスカスカ。話の骨組みがない。演出や俳優は良いのにもったいない。
紫電さん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2016-12-31 22:57:17)
8.《ネタバレ》 熱量を感じる作品ではありました。園監督だったのですね。新宿の風俗スカウトって仕事が本作通りなのかは知りません。原作も読んでいない。人と人を繋ぐことを大義としている主人公は街の風情に似合わないキレイな奴でした。でも、こんな奴が本当にいたとしても、自分とは接点の無い世界だからなのか、具体的な感想が浮かんできません。SFみたいなジャンルは接点が無くても感想が持てるので不可解ですけどねぇ。つまりその程度のシナリオだったのかなってことで。無駄に熱量だけはあるので、それだけで見られる作品でした。綾野クンは芸達者になったなぁと感心。それが一番の感想かな。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-09-04 17:32:40)
7.《ネタバレ》 居心地が悪く中盤までなかなか入り込めませんでしたが、龍彦が街頭で女の子たちに次々と感謝されるシーン、ボーリング場のシーンあたりから面白く感じるようになりました。真虎はいつもスマートにキマッてるし、深水元基は今回はタフガイで格好良かったです。秀吉の本名が私と一緒でダイキなのですが、この映画はダイキが成り上がれなかった話だったという事でしょんぼりしてしまい全く予想外の気持ちになり、意外な収穫に観て良かったです。
DAIMETALさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-07-09 15:43:30)
6.《ネタバレ》 園子温監督作品で、はじめてつまらないと感じた。原作の漫画は知らないが、
こんなひどい脚本を書く、鈴木おさむにはがっかりだ。
カッコつけたクズどもしか登場しないし、台詞が全て嘘くさい。古臭い。女優からも何も伝わらない。
つまりこの映画には、「狂気」が無いんだよ。
ブタノケ2さん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2016-04-06 01:09:41)
5.綾野剛の憎めないキャラと、勢いにやられてしまった感じ。
まあ、園子温の映画はいつも勢いだけだと思ってるけど。
今回はいつものくどい演出は控えめですねぇ。一応ファンとしてはちょっと物足りないですよ~。
でも、喧嘩シーンなんかは「TOKYOTRIBE」よりよっぽどリアルで良かったかな。
そこそこ面白かったので6点。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 6点(2015-10-06 22:41:51)
4.《ネタバレ》 堅気な自分には、キャバクラや風俗に女の子を紹介するスカウトとヤクザやさんとの違いが分からない。殺しはやらないヤクもやらない。でも暴力や恐喝はする。でラスト、あっけなく秀吉は殺されてしまう。ん~・・・ほんと分かりません。大体あれだけいた秀吉の舎弟分たちは、みんなどこにいっちまったんだい!?不思議。秀吉が孤立無援になるまでの過程がなさすぎです。全体的に力技で押し切っている感じのする映画です。ただ龍彦役の綾野剛のハマり具合が異常な程良く、龍彦が愛おしい存在になったことは素直に評価したい。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2015-10-05 00:08:48)
3.《ネタバレ》  風俗産業そのものを否定する気は毛頭ありません。(そんなことしたら、天からつばが滝のように降ってきてびしょ濡れになってしまうからw)
でも、スカウトってどうよ。あんなもの無くたって求人の仕方はいくらでもあるはず、単に若い女の子に寄生して生き血を吸ってる薄汚い寄生虫にしか思えないんですが。
 そんな職種の人間を何らか肯定的な要素があるように描く、映画化までしてしまう。まあ、道徳や倫理を重んじてこられた墓の下に眠ってる歴代の講談社社長に是非ご意見を聞きたいところで(笑)
 実は、この漫画が連載開始され、それと同時に珍走団の漫画が幅を利かすようになった時点で創刊以来購読してたヤングマガジンを打ち切ったんですがね。
だから、カスみたいな人間が出てきてカスみたいな理屈をまき散らす映画だってことは最初から承知の上で見に行きました。
ただ、カスはカスなりにもう少し理解可能な行動を取ってほしかった。もう少し意味がわかる話にしてほしかった。
女の子の生き血をすするだけで飽きたらず覚醒剤をさばく、それがばれそうになったら探ってる相手を罠にかけ口封じをする。ここまではOK、十分理解可能。
だけど、そこからが理解不能というかポカーン、回復可能な怪我を負わせて大満足(連れの女の子にいたっては完全無傷)、厨房の喧嘩かよw はっきり言うと何故そこまでしといて殺さない? で、あげくが全てばれて命を含めて全てを失う。全く訳が分からない。鈴木おさむがよくこんなイミフな脚本書いたものだと。

でも、エリカ様はよかったw
rhforeverさん [映画館(邦画)] 5点(2015-06-01 20:43:07)
2.《ネタバレ》  演出は特に語るべきものも無く。強いて言えば「安っぽいタランティーノ」?

 問題は脚本ですね。マンガ原作をまとまりの無さの免罪符にしてる、原作がマンガだから脚本もこの程度で仕方ない的な仕上がり。エピソードが羅列されるばかりで流れが無いのでダラダラした印象。
 それでも男側のエピソードにはまだ起承転結があるけれど、女側はただ状況があって結末がある(あるいはそれも無い)だけ。まるでドラマが形成されておらず、セリフにあった「女を道具にしている」状態を映画自体が実践しているという皮肉。
 栄子の腕にリストカットの痕が無数にあるというのは栄子の設定を語っているだけで、具体的な要因となる描写も無く自殺へと至ったところで、そこにドラマは生まれません。「元々死にやすそうだった娘が死んで悲しい」と龍彦のキャラを立たせるためだけに存在しています。
 それに比べればアゲハは幾分マシな扱いを受けているようですが、道具的なポジションという意味では実は栄子と一緒。栄子の反省もなくエピソードを重ねているだけに見えます。
 まあ、いかにも「オッサンが作った映画」ではあります。

 見せ場と言えば格闘シーンなのですが、どれも同じような撮り方で、肝心なクライマックスも盛り上がりに欠ける感じ。

 そんな映画での見どころと言えば、山田孝之と伊勢谷友介の顔。二人のキレのあるオトコの顔がこの安っぽい映画にシャープな印象を与えています。綾野剛も普段のカッコつけた役よりもこっちの方が似合ってる感じでヘラヘラとバカっぽい役がハマっておりますが、山田孝之と対峙してしまうと、ちょっと格の違いが出ちゃうなぁ。

 風景的な新宿らしさは出てたと思うので、東京観光をした気分にはなれるんじゃないかと。その内側で生きる者のドラマはともかくとして。
あにやんさん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-31 20:18:23)
1.《ネタバレ》 バカで素直。天は二物を与えてしまった奇跡の男、タツヒコが新宿でスカウトマンとして華麗に舞ったり、舞わなかったりする話。
メインキャストはもちろんのこと、ヒデヨシの金魚の糞みたいな方々まで教育が行き届いてて、割と楽しめました。ここら辺のスカウトとしての園子温の人選は認めるのは悔しいですが、好きです。他、一切全て嫌いですが。
うーさん [映画館(邦画)] 5点(2015-04-22 17:33:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 4.87点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4640.00%
5533.33%
6426.67%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 0.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 0.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS