やさしい本泥棒のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヤ行
 > やさしい本泥棒
 > (レビュー・クチコミ)

やさしい本泥棒

[ヤサシイホンドロボウ]
The Book Thief
2013年【米・独】 上映時間:131分
平均点:7.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマ戦争もの小説の映画化
新規登録(2015-04-19)【8bit】さん
タイトル情報更新(2021-10-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストジェフリー・ラッシュ(男優)ハンス・フーバーマン
エミリー・ワトソン(女優)ローザ・フーバーマン
ソフィー・ネリッセ(女優)リーゼル・メミンガー
ハイケ・マカッシュ(女優)リーゼルの母
ベン・シュネッツァー(男優)マックス・ファンデンベルク
マティアス・マシュケ(男優)ヴォルフガング
ロジャー・アラム死神 / ナレーター
小川真司〔声優・男優〕ハンス・フーバーマン(日本語吹替)
川島得愛マックス・ファンデンベルク(日本語吹替)
根本泰彦死神 / ナレーター(日本語吹替)
河西健吾ルディ・シュタイナー(日本語吹き替え版)
脚本マイケル・ペトローニ〔脚本〕
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影フロリアン・バルハウス
衣装アンナ・B・シェパード
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 マックスとリーゼルの曇り空のやりとりに言葉を紡ぐ事を考えさせられました。苦しく生き辛い時代に精いっぱいの愛情を注いでくれた里親と真友ルディの亡骸と対峙するリーゼルの姿に、ペラペラ(失礼)喋る死神に怒りがこみ上げます。ジェフリー・ラッシュのような聖人君子ではなくとも、見た目とは異なる人情を持ち合わせているエミリー・ワトソンが絶品でした。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2016-09-18 23:07:57)
2.《ネタバレ》 1938年、ドイツ。ナチスがその汚れた爪で世界をずたずたに切り裂こうと手ぐすねを引いていたその年、とある一人の少女が貧しい老夫婦の元へと養子に出される。彼女の名前はリーゼル、まだ思春期を迎えたばかりの何処にでも居るような平凡な女の子だ。甲斐性はないが心優しいおじいさん、口が悪く一見性悪に見えるが根は善人のおばあさん、そして腕白盛りのクラスメートの少年たちと貧しいながらもリーゼルは新しい生活に少しずつ馴染んでゆく。学校で文字を習い始めた彼女は、図書館にある様々な本に描かれたまだ見ぬ世界に強く惹かれてゆくのだった。だが、社会ではナチスがその正体を徐々に表し始める。リーゼルが愛する様々な本たちは、彼らによって有害図書に指定され、強制的に燃やされていくのだった。そんな折、彼女の家に突然一人の大怪我を負った青年が訪ねてくる。彼の名前はマックス、昔おじいさんの命を救った恩人の息子であり、そしてユダヤ人だった。地下室に匿うことになった彼に少しでも楽しくなってもらいたかったリーゼルは、本をたくさん隠し持っている市長の家に忍び込み、夜な夜な彼に朗読して聞かせるために一冊ずつ盗み出してゆく…。時代の波に翻弄されたある一人の少女の青春を、死神という特異なストーリーテラーの視点でもって描き出す大河ドラマ。そういった変わった設定ではあるものの、とても堅実に創られた歴史ドラマの秀作としてなかなか良く出来ていたと思います。特に感心したのは、主人公の少女を演じた女の子の瑞々しさもさることながら、やはりジェフリー・ラッシュ&エミリー・ワトソンという名優コンビが演じた主人公を養子に迎える老夫婦の存在でしょう。どんどんと悪化していく世情に決して負けることなく、一人の人間として必死に生きていこうとする彼らの姿は全編を通じて胸に迫るものがあります。地下室に隠れ住むことになるユダヤ人青年マックスも、リーゼルに大切なものをたくさん教えてくれた男として存在感を放っています。特に僕としては、主人公に恋する同級生の男の子が非常に魅力的でした。常にリーゼルのために頑張ってくれた彼が、その後に辿る運命のことを思うと今でも胸が熱くなってしまいます。ただ、一個の物語として見ると少々散漫な印象を受けたのも事実でした。タイトルにもなっている〝本泥棒〟というエピソードが物語の中でいまいちうまく機能していないうえに、ラスト、彼らが戦後どうなったかを駆け足で説明するくだりも何だかとってつけたような感じがしてちょっと残念でした。とはいえ、丁寧に実直に創られた大河ドラマの秀作としてとても好感の持てる作品に仕上がっていたと思います。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2016-08-24 01:00:38)
1.《ネタバレ》 近年のジェフリー・ラッシュを見ていると名優の名を欲しいままにしているといった感じですが、
本作での静かなる素晴らしい演技もまた感動的でした。
ちょっと怖い、でも実は優しいその奥様を演じたエミリー・ワトソンも、
主人公の少女リーゼルを演じた女の子も、この家に匿われたユダヤ人青年を演じた男優も、
皆が素晴らしい仕事をしています。
彼らがやがて本当の家族のようになっていく過程や、
ナチスにより言論や行動の自由を奪われた生活の中でリーゼルが本と出会い、
読み、そして自ら書くことを通して成長し過酷な境遇、時代を力強く生き抜いていく姿が感動的です。
冒頭の本作の語り部が語る内容が辛い展開を予感させてしまうのはどうだったのかと思いますが、
理不尽に大切な人の命が一瞬の内に奪われていく。これが戦争。
この語り部の正体は意外な人物?だったのですが、
その彼ですらラストではリーゼルの人生を通して生きること、人生の素晴らしさを語っている。
リーゼルが素晴らしい生涯を全うしたことを伝えてくれる、この語り部の本作最後のメッセージもまた良かった。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2015-04-25 15:12:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
73100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2013年 71回
作曲賞ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS