THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦
 > (レビュー・クチコミ)

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦

[ザネクストジェネレーションパトレイバーシュトケッセン]
2015年【日】 上映時間:94分
平均点:5.43 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-05-01)
アクションSFシリーズもの刑事もの特撮もの
新規登録(2015-04-19)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-09-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督押井守
助監督辻本貴則(2ndユニット監督)
キャスト筧利夫(男優)後藤田継次
真野恵里菜(女優)泉野明
福士誠治(男優)塩原佑馬
太田莉菜(女優)カーシャ[エカテリーナ・クラチェヴナ・カヌカ・エヴァ]
しおつかこうへい(男優)御酒屋慎司
藤木義勝(男優)淵山義勝
千葉繁(男優)シバシゲオ
森カンナ(女優)灰原零
吉田鋼太郎(男優)小野寺
高島礼子(女優)高畑慧
榊原良子南雲しのぶ
原作ヘッドギア
脚本押井守
音楽川井憲次
主題歌絢香イメージソング「Lose Control」
撮影町田博
製作迫本淳一(共同製作)
プロデューサー二宮清隆(エグゼクティブプロデューサー)
制作東北新社
配給松竹
特撮石井教雄(VFXスーパーバイザー)
オムニバス・ジャパン(VFX制作)
美術上條安里
龍田哲児(装飾)
寺田克也(レイバーデザインイメージ)
編集太田義則
録音柴崎憲治(音響効果)
若林和弘(音響デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.シリーズの中では、一番レイバーが動いたね。
どうでも良いけど光学迷彩を装備しても、レーダーや熱源探知で撃墜されるんじゃないのかね? つまり、兵器としては欠陥品じゃない?
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2015-11-08 00:03:21)
6.《ネタバレ》 「パト2」のオマージュらしいということは分かっていたが、今、それをやる意味があるのか、今の時代を舞台にして娯楽として楽しめるのかという疑問があったが、あまり嫌悪感を感じる表現になっておらず、アクション映画として楽しめた。
誤解を招くような言い方だが「状況」を娯楽として楽しむ映画で、その部分は「2」同様よく出来ている。

アクションについてはパトレイバーというより、昔のヘリアクション「ブルーサンダー」を思い出してしまった
あの街中のヘリアクションをCGとはいえ東京で再現出来る時代になったのだという感慨があり、自分としてはそれだけで劇場で見た価値はあったと思う。

策を弄す前隊長に対して、弄されている感じの現隊長は現実的ではあるが「状況」を前にした主役として悩みすぎなのが少々つらい。悪い意味で隊長の本性が見えてしまった感じで観客としてはやや幻滅してしまった。せっかく実写でいい役者さんを出しているのだから、娯楽映画として官僚に啖呵を切るぐらいの芝居はして欲しかったのが惜しい。

また、実写シリーズを通してカーシャの存在感が非常に強いが(カーシャがアクションをすると他の役者が何をやっても印象が消し飛んでしまう)監督がどんなに演出で計算をしているにしても、生身の役者が演じる予測しきれない、制御しきれないものが滲み出てくるのがアニメと違った実写の面白さであると改めて思うし、アクション監督などのスタッフもここぞとばかりに腕を振るったに違いない。
これは実写で作った収穫のひとつであろう。

若い人には理解できない感想かもしれませんが、久々にこの監督の作品としては劇場で見た価値はありました。
どっぐすさん [映画館(邦画)] 7点(2015-05-15 01:55:40)
5.《ネタバレ》 実写ドラマは見ていないまま映画を観ました。劇場版2と実写版のフュージョンというかリミックスというかセルフカバーというか、テーマも演出も全然『ザ・ネクスト・ジェネレーション』じゃなくて煮え切らない物がありました。【蛇蟇斎狐狸窟】さんが書いておられる“気恥ずかしさ”や“青臭い「平和論」”、“まーだ、こんなことやりたいの?”と同じ感想です。ファンサービスで盛り上がってもらうはずが、反対に白けさせてしまってると思います。 アクションシーンはなかなか迫力があって楽しめました。CGも国産ならこの程度だと期待していなかったので。クライマックス、弾が当たって“ちゅど〜ん!”と墜ちる様子だけで何の演出も無く「それだけ?」と拍子抜けでした。 あ、倉庫内の敵ヘリを下からクレーン(?)で上がって撮るカットがあったのですが、これがまたカックンカックンと凄くぎこちなく、これで映画にしちゃうのかとビックリしました。
リンさん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-14 00:03:52)
4.《ネタバレ》 レインボーブリッジに向けて突き進むミサイル。
命中直前にカットが切り替わり、爆発の瞬間は映らない。
その後に画像解析によってミサイルとヘリを割り出す謎解きシーンがあるのだから、
本来は最初飛行物体を見せず原因不明の爆発として事件を見せていくのが定石だろう。

つまりは、兵器フェチの監督にとっては爆発や謎解き構成よりも
メカニック描写を優先したかったという事らしい。

そうした志向は全編にわたって窺える。

それまでほとんど存在感すらなかった、一応はヒロインらしき真野恵里菜が
クライマックスでヘリ操縦者:森カンナにライバル心を燃やして対決するのだが、
そこに至る二人の因縁の劇がまるで無いのでは盛り上がりようがない。

要は、キャラクターが立っていないということだが、
その中で、太田莉菜のキビキビしたアクションが救いである。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-07 23:56:36)
3.《ネタバレ》  前のアニメシリーズとかマンガとか映画とか、昔のヤツは大体見てるハズですが、何しろ昔なもので。最近の実写のヤツはスターチャンネルでやってるのをチラチラと見た程度。これは、その続きなのでしょうけれど、むしろ映画の『2』の実写リメイクみたいな感じ。

 良くも悪くも、まごう事なき押井守作品で(バセットハウンドもちゃんと出てきますし)、あのごちゃごちゃ長々とゴタクを並べるあたりは健在です。だけどまあ、実写でやるとダサいつーか、たちまちハリボテ感が出るというか。
 今にして思えばアニメ版『2』は、製作された1993年より後に起こった地下鉄サリン事件や9.11、一連のテロを予期し警鐘を鳴らすような鋭い作品であったと思いますが、今作はいまだにそれと同じところをグルグルしている感じで、ある意味、悪い形で時代にシンクロしたのかな?って。口だけ、頭だけで実際の行動には反映されないネット民と同水準まで降りてきましたよ、みたいな。
 筧さんと高島さんに色々と負わせ過ぎている気がします。生身の人間にあの押井節を長々と演じさせるのは見てる方がシンドいです。無機的アニメキャラに無機的に語らせるのならいいのですが。

 で、そういうゴタクを並べてるシーン以外(いや、ゴタクを並べてるシーンが半分超くらいあるのですが)は面白かったです。実物大イングラムがラウレンティス版『キングコング』を思い出したりしたのはご愛嬌、ハンパなバジェットゆえに、CG丸出しなのも、舞台が限定されるために映画全体の動きが鈍くリズムが悪い感じなのも仕方ないとして(いや、モンクばっかりですが)、特車二課が頑張ってます、って画はやっぱりアガります。

 ただ、やっぱり一見さんお断りなんですよね。『パトレイバー』知らない人がこれいきなり見て楽しめるか?って言ったら無理。私だって色々登場するキーワードを、必死に「なんだっけ~なんだっけ~」って思い出しながら見てましたし。ゴタク並べシーン長いんで楽しいロボットアクション映画を期待しちゃうと肩透かしもいいところですし(せっかくのイングラムが動くクライマックスだって、1つのアクションを引っ張り過ぎ)。

 押井ブランドの知名度と興行予測、そこから得られるバジェットを考えると、ここら辺が限界なんだろうねぇ、って感じですね。
あにやんさん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-04 21:24:32)
2.《ネタバレ》 かつてアニメ版パトレイバーに熱中していた者として。今回の長篇だけでなく、短篇12話もすべて劇場で見ましたが、やっぱり押井監督はパトレイバーそのものが好きじゃないんだろうなぁ、と感じます。往年のファンへのサービスのつもりか、過去作の台詞をそのまま持ってくるシーンも多く、かつてのパトの雰囲気を感じられなくもないですが、時代が進んでしまったこととアニメでなく実写化によるリアルな質感によって、かつて我々が夢中だったパトレイバーのノリが、むしろ気恥ずかしさを生起させてしまっているような感じで。それでも押井脚本でない回はまあまあ面白いものもあったのですが、第5/6話の怪獣騒ぎや、第12話からつながる今回の劇場版を見ると、「押井さん…まーだ、こんなことやりたいの?」という、いささか食傷気味の感想しか抱けません…。歴代作品の中でも「最もレイバーが登場しない」とも言われるMovie2(1993年)の正統な?続篇ともいうべき、今回の首都決戦。やってること自体はあまり変わらず、前作で荒川が後藤に延々と語った青臭い「平和論」を今回は高畑が後藤田に語り続けます。でも22年の間に世の中はおそらく押井監督の想像以上に進んでしまっていて(なんせその22年の間にEVAも踊る大捜査線も、2つの大震災さえもすっぽり入ってしまいます)、正直その語りは古臭いし鼻につく感じです。サービスで声だけ登場した南雲さんも、あまり必然性を感じられず…この作品なら後藤さんは無理に出さなかったのは正解ですね(正直今回のテーマなら、南雲と柘植よりも、世界線が異なるものの、後藤と甲斐冽輝の方を掘り下げて欲しかった感も)。長くなってしまいましたが、今回の犯人(灰原)の動機も結局うやむやだし、テロで大騒ぎした割に解決もなく終わるんでカタルシスも不足…つまらなくは無いけれど、非常に残念な作品と思いました。
蛇蟇斎狐狸窟さん [映画館(邦画)] 5点(2015-05-04 00:41:19)
1.《ネタバレ》 押井さんの映画でした。元々パトレイバーの映画版は原作ヘッドギアとは名ばかりの押井劇場ですけど。
いっそ本広克行さんが監督した方が一般受けはしたと思います。
本広さんがパトレイバーの影響を受けているのがとてもよくわかる映画でした。本広さんが監督・・・って話はあったんですね。そっちの方がよかったのに。

the movieから時代が流れ、アニメではなく実写でできる環境になったからの実写化なんでしょうけど、
シナリオはthe movie1と2の焼き直し。
2の続編なんでしょうけど、灰原は1のある人物の設定そのものだったし。
それでも南雲さんの声が聞こえた時はしびれました。でもそれなら後藤さんを出すべきだったと思います。

いろいろ書きましたが、思い出補正もあってとてもおもしろかったです。
20数年経って、まさかパトレイバーの実写を見られる時代になったなんて、OVAからリアルタイムで見てた世代としては感涙ものでした。
cow1456さん [映画館(邦画)] 7点(2015-05-03 00:57:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.43点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
5457.14%
600.00%
7228.57%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS