スガラムルディの魔女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スガラムルディの魔女
 > (レビュー・クチコミ)

スガラムルディの魔女

[スガラムルディノマジョ]
Witching and Bitching
(Las brujas de Zugarramurdi)
2013年【スペイン】 上映時間:114分
平均点:3.80 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-11-22)
アクションファンタジー犯罪もの
新規登録(2015-05-02)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-05-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレックス・デ・ラ・イグレシア
キャストカルメン・マウラ(女優)グラシー
サンティアゴ・セグーラ(男優)ミレン
川島得愛(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎【声優】(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
小宮和枝(日本語吹き替え版)
岡寛恵(日本語吹き替え版)
三石琴乃(日本語吹き替え版)
脚本アレックス・デ・ラ・イグレシア
配給松竹
あらすじ
失業中のホセ(ウーゴ・シルバ)とトニー(マリオ・カサス)は、ホセの息子セルジオ(ガブリエル・デルガド)を巻き込んでマドリードで宝石店を襲撃し、偶然通りがかったタクシーに乗り込んで警察から逃走する。彼らはタクシーの運転手マヌエル(ハイメ・オルドニェス)らと共に北に向かい、バスク地方の魔女伝説が残るスガラムルディという村に辿り付く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 スガラムルディとは、スペイン=バスク地方の土地の名前で、そこに伝わる「魔女伝説」が映画のベースになっている。

具体的なストーリーは、あえて書きませんが
似た映画を挙げるなら、タランティーノの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」
序盤~中盤にかけての展開はほぼ似たようなもの。
ただし、タランティーノはヴァンパイアにバイオレンスをmixしてますが
こちらは魔女伝説に (スペインらしく?) 恐妻家コメディという笑いをmixしていますね。

さらに、あの偉大なる変態監督アリ・アスター的(※1)カルト風味と
「ボヘ・ラプ」的(※2)フェス感を微妙にトッピングし《超B級的(珍)映画》に仕上げています。
ホラーコメディを許容できるかどうかで、この映画を楽しめるか冷めるかが別れそう。

私は正直、この映画大好きです。(ジョン・カーペンターの「ゴーストハンターズ」とか大好物)
ある意味「ミッド・サマー」より、こちらを評価しています。(炎上発言かな?)
スターは出ていない、話題の監督でもない・・・でも、ガキっぽい遊び心を忘れない大人の悪ふざけ
ハチャメチャ感のある低予算映画で、とても好感が持てました。

それと〝毒をもって毒を制す〟という意味で、倦怠期夫婦のデートムービーにも最適!
(かどうかは責任持ちません・・・) 焙茶!

**

[脚注※1]
アリ・アスターのカルトは不快感を「美(bi)」で緩和しますが
アレックス・デ・ラ・イグレシアのカルトは「汚(o)」で笑いをコーティングしています。(←ナニ言ってんだか稚内)
[脚注※2]
「ボヘ・ラプ」= ボヘミアン・ラプソディの略
 
[補足]
YouTubeにも「予告編」動画がアップされていますが、見ると展開がほぼ読めてしまうので
映画をこれから観るつもりなら、予告編は「見ない」ことをオススメします。
墨石亜乱さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-08-07 00:01:44)★《新規》★
4.《ネタバレ》 スガラムルディはスペイン・バスクの実在の地名で、実際に魔女伝説で有名な村とのこと。ここに迷い込んだボンクラ連中が魔女集団に襲われる、というホラーではよくあるお話(ただ本作はホラーと言うよりはダーク・ファンタジーに近いが)。魔女どもは、人喰いということもあり、端的なイメージとしては吸血鬼かゾンビにも少し近い感じ。まあ、実際の魔女伝説を現代を舞台に一発やったりました、という作品なのだろうと思われる。

で結局、映画としては、コメディとしてもファンタジーとしても(加えて謎にロマンス要素も含むのだけど)非常に大雑把でイマイチ中途半端(描写の色々は結構派手めなんだけど)。ラテン系人種よろしく、おバカで適当でノリの軽い人々しか出て来ないのも要因の一つだろうと率直に感じる。だったらせめてもうチョイ笑える風に仕上げてくれないと、正直キツいっす、てな感じ。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 4点(2020-07-19 03:12:07)
3.中盤ぐらいの村に迷い込むシーンの不気味さはかなり好きな雰囲気だったのですが、無駄に大袈裟な展開になっていって怖さもなくなりがっかりでした。
主人公の別れた奥さん役の方がスペイン版ミザリーともいうべきネストにも出てた女優さんでしたが、こういう作品にはもってこいの顔をしていますね(笑)向こうのジェイミリー・カーティス的存在なんでしょうか
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-01-25 23:28:26)
2.《ネタバレ》 基本、魔女だから女ばかりなんだが、確実にオカマが混ざっていたよな 数名。いいのか あれは。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-08-26 17:16:38)
1.《ネタバレ》 オープニングのたくさんの魔女たちの肖像画や冒頭の強盗シーンは良かったですが、本編は悪い意味で90年代初頭くらいの既視感がある内容で退屈でした。主人公が若い魔女と一応恋愛関係になりますが女性の方が一方的に好きなだけでいまいちです。奥さんが中腰で用を足そうとして便器から手が伸びてきた図は良かったです。
DAIMETALさん [インターネット(字幕)] 2点(2016-01-09 02:18:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 3.80点
000.00%
100.00%
2120.00%
3120.00%
4240.00%
500.00%
6120.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS