映画 みんな!エスパーだよ!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 映画 みんな!エスパーだよ!
 > (レビュー・クチコミ)

映画 みんな!エスパーだよ!

[エイガミンナエスパーダヨ]
2015年【日】 上映時間:114分
平均点:4.65 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-09-04)
コメディ青春もの学園ものTVの映画化エロティック漫画の映画化
新規登録(2015-05-30)【3737】さん
タイトル情報更新(2017-12-27)【かっぱ堰】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督園子温
キャスト染谷将太(男優)鴨川嘉郎
池田エライザ(女優)平野美由紀
真野恵里菜(女優)浅見紗英
マキタスポーツ(男優)永野輝光
深水元基(男優)榎本洋介
柾木玲弥(男優)矢部直也
高橋メアリージュン(女優)ポルナレフ愛子
冨手麻妙(女優)神谷秋子
星名利華(女優)サヤ
筒井真理子(女優)嘉郎の母
武田航平(男優)
志村玲那(女優)
秋月三佳(女優)ユウコ
サイボーグかおり(女優)
関根勤(男優)タエコの上司
板野友美(女優)エリ
柄本時生(男優)ヤス
神楽坂恵(女優)秋山多香子
安田顕(男優)浅見隆広
脚本園子温
編曲マキタスポーツ「LOVE ME TENGA」
挿入曲高橋優「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」
マキタスポーツ「LOVE ME TENGA」
製作ギャガ(製作幹事/映画「みんなエスパーだよ!」製作委員会)
東宝(映画「みんなエスパーだよ!」製作委員会)
テレビ東京(映画「みんなエスパーだよ!」製作委員会)
電通(映画「みんなエスパーだよ!」製作委員会)
講談社(映画「みんなエスパーだよ!」製作委員会)
プロデューサー福田一平(エグゼクティブプロデューサー)
配給ギャガ
あらすじ
愛知県豊橋市。月食の夜に性的興奮状態にあった高校生(童貞)の鴨川嘉郎 (染谷将太)は突然テレパシー能力を授かる。同時期に複数の超能力者が生まれたが、その殆どは残念な変態であった。浅見教授(安田顕)はそんな彼らを集め、迫りくる世界危機の阻止を命じる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 “パンチラ・フリーク”園子温の趣味が全開、この人ってエロとバイオレンスにふっ切れるとモロに本性が迸りますね。お話しはもう中高生のエロ妄想以外の何物でもないけど、ここまで行っちゃうともう清々しいと言える領域です。私は未見ですけどTVドラマの映画化だそうで、深夜帯とはいえこんなエロドラマを放送していたとはさすがテレ東と褒めてあげます。とくに前半は出てくる女性キャラがほとんどパンチラを見せてくれたような印象で、タモリ俱楽部のオープニングが好きな人には堪らないでしょう。ヒロインの真野恵里菜はかつてのハロプロのソロ・アイドル、いつの間にか園子温映画の常連に収まり、「パンチラは下ネタじゃない」なんてインタビューに答えてる、完全に園子温に洗脳されてしまったみたいで嬉しいやら悲しいやら、ぐれてしまった娘を見せられてるような心境です(笑)。あとカメオ出演の関根勤の嬉しそうな演技、すっかりラビット関根の昔に戻っていました。セリフも八割がたが三河弁、尾張弁もだがこの辺りの方言は可愛い女の子が使うとその強烈なギャップに震えます(笑)。 豊橋の名所案内は確かに出来たけど、よく市役所が協力してくれたと感心します、市長や幹部がよっぽどシャレが解る人達だったんでしょうかね、それが最大の謎です。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-09-19 20:12:10)
16.《ネタバレ》 まあ そうゆう映画なので、それはそれでいいんですが、中途半端に「だれが黒幕だ」とか、普通の映画っぽい展開はいらないな。そうゆう映画なので。
紫電さん [レーザーディスク(邦画)] 5点(2020-04-16 14:05:51)
15.ハズレまではいかないが、かなり残念な見終わり感だった。
ドラマ版は面白かったのに、残念。

ドラマの夏帆ちゃんも良かったけど、映画の池田エライザちゃんも良かった。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2019-03-23 11:18:18)
14.《ネタバレ》 ドラマ版はめちゃくちゃ楽しませてもらったけどこれは……。やはり二時間映画にするとテンポが悪くて息切れ感が否めない。池田イライザは良かったけど、この役は夏帆の方が良かった。下着姿の女性達がゲシュタルト崩壊してくる。脳みそが溶ける……。
eurekaさん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2017-09-02 09:02:00)
13.《ネタバレ》 そもそもくだらないドラマの延長線上の映画なのでくだらないに決まっているんですけど、予想以上でした。ちょっと時間を無駄にした感が強いです。ドラマ版を観たことがない人は観ない方が時間を有効に使えると思います。それにしても夏帆さんじゃなくなったのは痛いですね。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-10-12 01:11:12)
12.《ネタバレ》 ドラマを観てたこともあって、テイストを把握した上で観賞。
まーおバカですね。
そしてエロいw
清く正しく法的にも安心のエロさ(映画だからね)!
こんなの創ってくれる監督さんが他にいますか?さすが園子音監督!
内容は、まぁいい。
出てくる女の子がみんな可愛かった!
それで十分!
夏帆さんの代役、池田エライザさんもよかったですね。
主題歌が岡村靖幸さんになって画竜点睛、青春エロ&ピースの世界が完結しました。
ごちそうさまでした。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-09-18 06:33:58)
11.R15じゃない映画に無理難題かもしれませんが、中学生でもネットが見れる時代に下着姿や水着姿でエロだ、エロだって大騒ぎされても(苦笑)
それでも知っている好みの女優さんだったら多少嬉しかったかもしれないけど、真野さん以外はあまりに自分的には無名感が強くて。
エロを感じられなかったら単なる馬鹿騒ぎ映画ですよね、しかもあまり面白くない。
(染谷君主演作で比較するなら、ぶっちゃけこの映画全編よりも、寄生獣完結編のわずか数分間の例のシーンの方がよほどエロを感じましたw)
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-09-14 09:23:25)
10.《ネタバレ》 今更ながら、本作が初の園子温監督作品。
数多の話題作・問題作を世に送り出して来た監督故、いきなり重たい作品は精神的に立ち直れなくなるのではと心配し、軽そうな内容が伺えるタイトルの本作を選択。勿論、漫画の原作も読んだ事は無い。

結論 「くっ、くっ、下らねぇ~!!!!!(叫び)泣汗」

何ですかこの作品は? 園監督は単なるエロオヤジっすか??
豊橋市の皆さん、怒ってないですか? 大丈夫ですか?
この作品以降、私みたいなオヤジが鼻の下伸ばして街をウロウロしてご迷惑掛けてませんか?

多分、本作制作の話が持ち上がった時、豊橋市役所の皆さんは「おぉ、あの大監督が豊橋で映画を撮る!これは協力せねば!!」となった筈。
試写会、開催したでしょうね、どういう空気になったのか想像するのが怖いです。
誘致にGOサインを出した方、まだ市役所にお勤めでしょうか? クビになってませんか?

他の園子音監督作品を観るべきものか、今私は悩みまくっております...

と言う訳で3点は全部、池田エライザに献上! 以上!!(結局は喜んでいる泣)
たくわんさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-09-12 13:18:10)
9.《ネタバレ》 理想的な都市の在り方が描かれています。グラビアアイドルが大好きなので、こんなにたくさんの方が活躍していて夢のような映画だと思います。「新宿スワン」で深水元基が凄く格好良かったので、こちらも観たらこれはもうダメだと思い爆笑しました。愛知在住ですが近所にはおばあちゃんしかいないので今すぐ豊橋市へ越したいです!
DAIMETALさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-07-09 19:18:31)
8.《ネタバレ》 ドラマ版は大好きな作品です。
そして今回の映画版。真剣にふざけるのと、適当にやるのは全く違う。
本当に何から何まで酷いが、一番気になったのは話しの核である嘉郎の変化。
世界を救うのが嘉郎ではなかったのか。自分を救う事が、結果として世界を救う事になるのが感動的だったのではないか。少なくとも自分はひたすら不器用ながらも熱い思いを抱き行動し続ける、彼に心を動かされた。
しかし今作にはただ受動的な彼しかいない。運命をただ待つだけ。待ってたら実はみんな運命の人でした、という落ちもさる事ながら、誰と結ばれる事もなく、最後は再び自分の世界(部屋)に閉じこもり、自分をただ慰め現実から逃避する事に耽る様には心底がっかりした。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 1点(2016-07-02 05:01:25)
7.《ネタバレ》 いやあの私東三河の某市に住んでおりまして…なんというかもうけしからん!けしからんぞー私に無断でこんな楽しげなロケをしておったとは。ストーリーはあえて語らないぞ。間取って5点。
S.H.A.D.O.さん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2016-06-08 21:40:45)
6.《ネタバレ》 いや〜馬鹿ですねぇ。最近の園子温作品はどれも話が暴走してるのが多いけど、本作もまた酷い有様ですよ(笑)。
好みの問題かもしれませんが、僕としてはもうちょっと取り留めのあるストーリーに運びにして欲しいな。
漫画そのものの派手なボッキの仕方には笑ったけど。
それから、こんな破廉恥お馬鹿映画にロケーションを提供した豊橋市がすごいなと思いました。
この5点は豊橋市に献上したいと思います。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2016-05-24 20:41:07)
5.《ネタバレ》 TVシリーズは見ていない。夏帆が出ていないのは残念だが、代わった人がかなりいい感じなのでその点にはこだわらない。
内容的には確かにエロいがエロければ誰でもいいということにはならず(主人公と違って好みの問題がある)、またコメディといいながらそれほど笑えるわけでもないが、クライマックスの「あたしはオカズじゃない…」のところだけは爆笑した。ここで主人公は敵の実力行使を完全に無力化した上で相手に打撃まで与えていたが、しかしこれは単に男子の妄想力の問題であって超能力も何も関係ないではないか(笑)。オチを見る限りは普通に健全な若年男子のお話だったらしく、これは自分としても否定する気にはなれない。また無理に一般化していえば、物的なものを至上とせず、かつそれとは切り離した形で精神面・感性面に価値を見出そうとする点で、文化というものの本質に迫る映画だったといえなくもない。
なおエンドロールを見ると、現地のフィルムコミッションはまあいいとして、豊橋市なり豊川市といった公的機関がこんな映画にあからさまに撮影協力しているのはかなり呆れる。そうまでして地元PRをしたいのなら、自分としても「東三河」「豊橋」「豊川」といった地名を見るたびにこの映画を思い出すようにして協力していきたい。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 5点(2016-03-27 00:25:09)
4.ドラマ版全話観た人は特に観なくても良い内容。
え?また最初からやるの?なんか話のテンポもギャグも切れがない。劣化してない?
お色気シーンだけは120%増量してましたが・・・。そうか園監督はエスパーとか地球の危機とかどうでもいいのか。エロシーンさえいっぱい撮れればいいのね。気づくのが遅すぎたぜい!
ヴレアさん [DVD(邦画)] 3点(2016-03-15 19:06:31)
3.《ネタバレ》 ①鴨川嘉郎君はまあよろしい ②でも夏帆がいません。(夏帆は海街Diaryのほうをご選択。) ③替わりに池田エライザ。(悪くはない) 
④でも今回、真野恵里菜にぽっちゃり感がなかった。(このまま痩せ細っていってしまうのだろうか はあ残念。)
⑤ついでにマキタスポーツのオッサンにも今回ぽっちゃり感がなかった。(腰の振り過ぎなんだろか はあ残念。)

⑥そして安田顕(安定の出演。) ⑦だが、園子温監督嫁のオイ!神楽坂恵!(もちろんわざとやってるんでしょうね その安定のヘタクソ感といったらそりゃぁもう。)
⑧そして今回、夏帆の替わりに池田エルイザ。(悪くはない)
⑨あと柄本時生(あいかわらず顔が汚い・古事記顔。)
⑩そしてイジリー岡田(あいかわらず顔が汚い・ベロが汚い・生理的に受け入れられない・でもオモロイ。)

⑪そして今回のゲストの一人として、高橋メリージェーーン(正確にはメアリージュン。)年齢的とヴィジュアル的にもかなり浮く。
⑫そしてもひとり、サヘル・ローズ(確かこのひと芸名、滝川クリサヘル?)(無理にパンチラしなかったことが大人だと感じた(笑)) 
⑬そして東三河署の女刑事は石原さとみっぽかった。(だからなに)
⑭さて、板野友美。(あんだけ女子がわんさかいる中でアヒル口ってだけでは当然目立たない。そうだね せめてぱん2くらい見せなきゃ割り切らなくちゃ。)
⑮そして夏帆の替わりに池田エロイザ。(悪くはなかった むしろ良かったと言ってあげてもよいのかもだね 大健闘!夏帆の穴をよく埋めた。)
⑯そして最後に関根勤、どさくさ紛れにギャルに揉まれ囲まれうらやまし。

とまあ、はい、テレ東のドラマ全12話を全て観ていました。その上で鑑賞。
ドラマ版終了時の続編なのかなって思ってましたが違ってましたね 話が一からって感じでやり直し。
だから相当肩透かしになってしまったですが、まあいいかな お色気部分が割り増しだったってことでさ はい、あれはあれでこれはこれ。はい、割り切ってみました。でも終盤確実に飽きてきた。

PS. 今回、高橋優の「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」これはドラマからの持ち越しで今回も劇中かかります。だけど 石崎ひゅ~~~いの「夜間飛行」 こちらは残念ながらかからない。あの曲素敵だったのにさぁ~ はあ残念。 
3737さん [映画館(邦画)] 5点(2015-09-21 13:15:31)
2.《ネタバレ》 こんなに良い意味で馬鹿な映画は中々観たことがありません。園子温監督はこれまでの作品で色っぽいおねーちゃん達を必要以上に色っぽく撮っていた監督でしたが、本作は正にその集大成。全編に渡って、不要に体をムチムチさせた女性が映るサービスショットだらけ。名づけるなら、これはそう、エロのインフレ。そういう意味では非常に見る人を選ぶ映画でしょう。私が観た上映回では複数の女性が、途中で退席されていました。
ストーリーはあってないようなもの(何せ童貞がエロのパワーで世界を救うって深刻になり様がない)ですが、まあ完全にふざけ切った映画だったので、個人的にはストーリーの薄さは気にならなかったです。
民朗さん [映画館(邦画)] 8点(2015-09-06 17:59:11)
1.《ネタバレ》 一言で言えば「なんじゃ、こりゃ?」。原作漫画は未読。一昨年のTVドラマは話題になっていたので3話から見ていました。てっきりドラマ版の続篇かと思って見に行ったのですが、そうではなくて、キャストをほぼ同じまま(美由紀のみ夏帆から池田エライザに交代)で、再び物語の最初から始まるアナザーストーリーでした。とはいえドラマ版も十分不条理な作品でしたが、今回の劇場版の展開はさらに意味不明で、もはやストーリーの体を為していません。1話の区切りのあるTV番組なら、全体の筋をそっちのけにしても、シチュエーションごとの見せ場が小綺麗にまとまっててまだ見られたのですが、映画だとメリハリが全く無く、単に演技力皆無のグラドルを集めてお色気成分をプラスしただけの、園監督のおふざけを2時間見せられた感じ(まあある程度は予想してましたが)。正直、筋だけで言えば学園祭で上映されるムービーのレベルでしたね。まあそれでもところどころ笑える場面はあったので、辛うじて4点てとこか…
蛇蟇斎狐狸窟さん [映画館(邦画)] 4点(2015-09-06 12:51:42)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 4.65点
000.00%
115.88%
200.00%
3423.53%
415.88%
5741.18%
6211.76%
715.88%
815.88%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review2人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS