トカレフ(2014)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トカレフ(2014)
 > (レビュー・クチコミ)

トカレフ(2014)

[トカレフ]
TOKAREV
2014年【米・仏】 上映時間:98分
平均点:5.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-06-07)
アクションサスペンス犯罪ものヤクザ・マフィア
新規登録(2015-06-14)【かたゆき】さん
タイトル情報更新(2018-04-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストニコラス・ケイジ(男優)ポール・マグワイア
レイチェル・ニコルズ(女優)ヴァネッサ・マグワイア
ダニー・グローヴァー(男優)セント・ジョン
ピーター・ストーメア(男優)オコネル
てらそままさき(日本語吹き替え版)
楠見尚己(日本語吹き替え版)
手塚秀彰(日本語吹き替え版)
廣田行生(日本語吹き替え版)
配給クロックワークス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 ニコラスや アンタきっちりロシアンマフィアに対して謝罪せい。
ロシアンマフィアが気の毒でしょうがないですわ(^_^;)

まるで同情できない男が主人公。
人間として好きになれない男が主人公。
結果、この男の雄叫びに 誰が同情などしようもんか
はい、結構楽しめました。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-07-19 18:40:18)★《新規》★
4.若い頃チンピラギャングだった主人公、今では足を洗って平穏な家庭の親父となっているが、ある日突然、娘を殺害される。で、かつての仲間の手を借りて、復讐に乗り出すのだけど、だんだん歯車が狂いはじめて・・・というオハナシ。
ってのはわかるんだけど、前提となる「平穏な生活」も弱いし、「娘を失った父親の慟哭」という面でも弱いし、「向き合わざるを得ない過去の自分の罪」という面でも弱いし、なんとも張り合いのない展開。見せ場というものにずいぶん無頓着だと思う。それなりに陳腐なオチを活かすも殺すも、中盤の見せ場次第だと思うんですけど。
カーチェイスなんかも、見づらいばかりで面白味がなく、あんまりおカネも手間暇もかかってないのかなーと。おカネがなくても少しでも派手に盛り上げようと頑張ってくれるのは、大いに結構なのですが、ゴチャゴチャさせてそれをごまかそうとするのは、感心しません。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 5点(2017-09-24 09:07:22)
3.《ネタバレ》 復讐に燃えたニコラスのドンパチアクションかと思ったら、随分悲しい話だったのですね。私は綺麗な奥さんを疑ってましたが、綺麗な奥さんは綺麗な心の持ち主で、血にまみれて汚れていたのはニコラス君の方でした。それにしても、ケイトリンのあの死に方、あんなのありですか?銃など子供の手の届くとこに置いておくニコラスも悪い。(しかも弾を入れたまま)アメリカの高校生って、飲酒にドラッグは常識なんでしょうか?
ぽじっこさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-09-26 21:25:39)
2.《ネタバレ》 ようやくの登録、待ってました。ニコちゃん主演のアクション・サスペンス、意外と良作でしたよ。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2015-07-26 22:00:14)
1.《ネタバレ》 トカレフ、TT‐33。昔、ロシア軍が使っていた銃、装弾数8発、いまじゃこの街のロシアンマフィアが好んで使う。そう、お前がかつて襲撃して金を奪った、あのロシアンマフィアさ。それがお前の最愛の娘を殺したんだ――。過去に犯罪集団の一員として様々な事件に関わってきたものの、いまや足を洗い堅気の生活を送っているポール。ところがある日、彼の最愛の娘が誘拐されてしまう。かつての仲間たちと共に手段を選ばず娘の行方を捜し求めるポールだったが、それも空しく娘は額を撃ち抜かれた死体となって発見されるのだった。悲嘆に暮れながらも、彼は娘のために復讐を固く誓う。やがて、娘を殺した銃が“トカレフ”であることが判明すると、ポールのかつての因縁の相手であるロシアンマフィアたちの存在が浮かび上がってくるのだった…。ニコラス・ケイジ主演で、そんな娘を殺された父親の決死の復讐劇を濃厚に描き出すクライム・サスペンス。なんだけど、いやー、これが超つまんない映画で僕はびっくりしちゃいました。ニコラス・ケイジ主演ということで、それだけでかなりハードルが下がっているというのに僕のそんな下がりに下がりまくったハードルのさらに下をゆく(笑)完成度の低さでしたね、これ。とにかくお話のテンポが恐ろしく悪く、一向にストーリーが動きださないものだから、映画が始まって30分くらいもう眠くって眠くって…。具体的な敵の正体が分かり、ようやく父親の復讐劇が始まったと思ったら、ニコちゃんもさすがにしょうもない映画に出過ぎて疲れているのか、怪我して足を引き摺りながら逃げるロシアン・マフィアにいつまでたっても追い付けないって、あんた身体なまり過ぎっしょ!それに、街中でかなり無茶苦茶なカーチェイスをやらかして警察に囲まれたのに、そこに友達の刑事がいて「俺が全責任を負うから逮捕せんで見逃せ」ってどんなけ甘い警察やねーーん!挙句、最後に明かされる驚愕の真相も「はぁ、なんやねん、それ!客をナメとんのかー、ハゲーーー!!」と大声で叫びだしたいくらいアホらしいものでもう呆れるしかなかったです。うーん、昔は「ニコラス・ケイジ、しょうもない映画出過ぎ!」と笑って突っ込んでいられましたが、最近は本作といいもう笑えないくらい酷いレベルの作品が続いているのでちょっと心配になってしまいました。ニコラス・ケイジ、そろそろ長期休暇でも取って、自分探しの旅にでも出かけてみてはいかがでしょう?
かたゆきさん [DVD(字幕)] 2点(2015-06-15 12:32:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
2120.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7240.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS