Menu
 >
 >
 > インサイド・ヘッド

インサイド・ヘッド

Inside Out
2015年【米】 上映時間:94分
平均点: / 10(Review 55人) (点数分布表示)
ドラマコメディファンタジーアニメファミリーCGアニメ3D映画
[インサイドヘッド]
新規登録(2015-06-27)【+】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【イニシャルK】さん
公開開始日(2015-07-18
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピート・ドクター
エイミー・ポーラーヨロコビ
ビル・ヘイダービビリ
カイル・マクラクランパパ
ダイアン・レインママ
竹内結子ヨロコビ(日本語吹き替え版)
大竹しのぶカナシミ(日本語吹き替え版)
小松由佳ムカムカ(日本語吹き替え版)
花輪英司パパ(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕ママ(日本語吹き替え版)
佐藤二朗ビンボン(日本語吹き替え版)
さとうあいママのカナシミ(日本語吹き替え版)
定岡小百合ママのイカリ(日本語吹き替え版)
立木文彦フリッツ(日本語吹き替え版)
小宮和枝夢監督(日本語吹き替え版)
辻親八潜在意識の守衛(日本語吹き替え版)
仲野裕潜在意識の守衛(日本語吹き替え版)
落合弘治ビビリ(日本語吹き替え版)
浦山迅イカリ(日本語吹き替え版)
脚本ピート・ドクター
音楽マイケル・ジアッキノ
作曲中村正人日本語吹き替え版主題歌「愛しのライリー」
編曲Dreams Come True日本語吹き替え版主題歌「愛しのライリー」
主題歌Dreams Come True日本語吹き替え版主題歌「愛しのライリー」
製作総指揮ジョン・ラセター
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.《ネタバレ》 少しずつ複雑化していくことも匂わせているので、小学生くらいまでの表現としては、この程度でいいのではないかと思います。
これより前に公開された「脳内ポイズンベリー」の方が、制御不能な「本能」が表現されていたり、真木よう子が可愛かったりした分面白かったかな。
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2017-09-03 11:20:04)
54.そうそう!どの感情も感じる事が大切で全て必要。
悲しみがあるからこそ楽しいがより感じられる!
喜びが全てじゃない、
悲しみも怒りもムカムカもビビリもネガティブだからだめじゃなく、
ネガティブな感情こそ肯定する。
そこにフタはしなくていい!子どものように生きたらいい!

そして、感情は溜めてはいけない。出して表現することが大切。
川の流れも、お金の流れも、血の流れも、うんこも、笑
溜めるのではなく流して循環させる。溜めると濁るし腐るし破裂するよー

この映画では主人公の感情は頭の中で操作されていたけど、
これ実際そうなのかも知れないのご存知でしょうか?
みんな自分で考えて、自分で行動してるように思えて、
実はこれが何かの指示通りに動いている可能性も否定出来ないんです。
というかもっと言うとこの世は幻想。笑

これトンデモのように聞こえるでしょうが、
実際に科学の最先端の現場で議論、研究されている内容なんですよ!
ノーベル賞物理学者がこう言ってます。
「この世界が“ホログラム”であるかもしれない」
ゆにおさん [地上波(吹替)] 9点(2017-06-28 22:46:47)
53.悲しみちゃんが何でこんな業を背負わなくてはいけないのか。
たろささん [地上波(字幕)] 6点(2017-06-25 20:03:42)
52.《ネタバレ》 子供向け映画だけど、子供向けじゃないかんじ。幼少時に見たら、すごく記憶に残る映画でしょうね〜。純粋に面白いとは思うけど、結局感情や行動は自分で決めているのではないようで、人間はただの乗り物みたいな扱いはちょっと違和感を感じるかなぁ。でも、こういうアイデアをちゃんと楽しめる映画に仕上げてしまうところは流石と言ったところですね!吹替の竹内結子さんも、大竹しのぶさんもすごくうまかったです。
はりねずみさん [地上波(吹替)] 6点(2017-06-25 12:22:25)
51.感情が主人公になるなんて、じつによく考えられたアイデアだ。
頭の中の感情がどのように働いて影響を及ぼしているのかとか、大切な思い出などの記憶についてのストーリーも興味深い。
子供向けなのか、中盤かなりドタバタと騒がしいのは個人的には好きじゃないが、それを差し置いてもとても惹かれる映画ではある。

まぁ現実の人のアタマのなかでは、感情は意識の中からほぼ自動的に作られるものであって主役でもないし、居座っているものでもないところに注意したい。多くのところ、感覚をつかさどる右脳と言語をつかさどる左脳が司令塔に居座っていて、膨大な表層意識と無意識から感情が生まれる。

ヨロコビはポジティブで前向きでいいことづくめなので、他の感情が浮かんできたらなるべく切り替えることが望ましい。
のだが、でもじつはカナシミやビビリなども自分にとっては守ってくれる重要な存在であることに気づく。そんな感情を大切にでき、きちんと相手に伝えられる人こそ実は強くてたくましい。
感情や重要な記憶こそがわたし自身という人間のキャラクターを作っている。
ネガティヴな感情もきちんと受け止めることが大切。でもそれにいつまでも引っ張られないでヨロコビに戻るのがハッピーに生きる秘訣かと、そんなことを考えながら見ていた。
mhiroさん [地上波(吹替)] 7点(2017-06-21 19:42:13)
50.《ネタバレ》 感情のバランスを保つためには泣くのも必要だという事がよく分かります。カナシミはデザイン的に萌えだったので楽しめました。
にしきのさん [地上波(吹替)] 6点(2017-06-20 16:15:18)
49.《ネタバレ》 子供から大人へ向かって成長していく感情を分かりやすく表現していく、という試みが良く分かる。
単純な感情がより複雑なものへと変わっていく、ということ。そして、悲しみの感情が成長にとって重要であること。まあそれはそうかもしれない。
でも、最初の段階で展開の肝心な部分が読めてしまうので、単純な映画としての感想だけ残る。
simpleさん [地上波(吹替)] 5点(2017-06-18 15:54:40)
48.《ネタバレ》 発想が面白いと思ったが、実際見てみるとあんまり面白くなかった。人間の感情ってあんなに単純じゃないだろうという疑問が消えない。これはもしかすると製作者(アメリカ人中心だと思われる)の文化的限界かも知れない。土居健郎著「甘えの構造」によると、欧米の言語には「甘える」という言葉がないという。日本語も英語もできるある女性が自分の子供のことについて英語で筆者と話していたときに突然「この子はあまり甘えませんでした」とそこだけ日本語でいい、また英語に戻って話を続けたという出来事があって、筆者が後で「なぜあのときだけ日本語を使ったのか」と質問すると「あれは英語では言えません」という答えが返ってきたという。またマーク=ピーターセン著「日本人の英語」によると「悔しい」という気持ちを英語で一言で表現することはできず、「彼女は悔しかった」という言葉を英語で言うなら「彼女はちょっといらいらしてどうのこうの…」といちいち説明しなければならないとのこと。日本人は感情をあまり顔に出さないが、それは文化的に感情を表に出すのが大人の態度ではないと考えられていることに加えて、日本語が欧米の言語では表現できないような「ちょっとした感情」までをも事細かく表現できる語彙を持っているせいかもしれない。ある欧米人神父によると日本語で一番わかりにくいのは「気」という言葉だという(甘えの構造)。確かに「気が重い」「気が晴れる」「気になる」…等々、いくらでも出てくるちょっとした感情を表現する言葉がある。日本人には普通に使い分けられても欧米人には難しいということは、逆に言えば欧米人の言葉は感情(ことに微細な感情)を表現することにおいて日本語よりも格段に劣っている可能性が高い。言葉だけの問題ではなく、理解そのものが浅い可能性もある。「甘えの構造」には英米人の精神医たちが患者と面接する部分を筆者が見学する場面があるが、そのとき筆者は医者たちが患者の隠れた甘えの感情を容易に察知できないでいることに気がつき「専門家ですらこうなのか」と驚きを隠せなかったとある。
これらがことごとく事実だとすると、人間感情を理解する点において、欧米人は日本人の足元にも及ばないと言えるだろう。あまりにも単純すぎる理解しかない。この映画にしても人間感情がたった5つの感情の働きで支配されているわけだし、しかもその5つのうち映画で活躍するのは「よろこび」と「かなしみ」だけで、極論すればたった2つの感情だけに人間は支配されているとも単純化できる。これはあまりと言えばあまりにも浅い人間理解であり、ここの批評を見てもわかるように物足りなさや浅さを感じてしまう日本人が多いのも納得できるような気がする。それと蛇足だがカタカナ邦題(しかも原題と違う)が気に食わない。「心の中の物語」とかなんとかした方がいいだろう。子供向きなんだから、子供にもわかる方がいい。
空耳さん [インターネット(吹替)] 5点(2017-06-17 11:32:18)

47.《ネタバレ》 やられました。この作品は秀逸ですね。
少女の物語は他人から見れば、さほど複雑ではありません。転校により過去から
新しい環境に移り住む過程を描いただけの物語ですが、子供の頃の微妙な心理を
1本の映画にしエンターテイメントにしてしまう発想と手腕に脱帽です。

脚本の好みで言えば、ヨロコビとカナシミが司令部に戻る旅の序盤が
戻れそうで戻れない所が少々じれったいのですが、その感情たちの別世界の冒険が
実際の少女の微妙な感情と成長と言う全く異なる世界を、互いに邪魔する事無く
自然とシンクロさせて居る所が見事です。少女の方が感情の存在を意識しすぎたり
感情側が少女を動かしすぎてもこの話が架空の物語になり興醒めしてしまった事でしょうから。
子供の頃のキラキラした心や、思い出がいつの間にか消えて居たり思い出せなく
なっていく過程が悲しくも成長である事を感じさせる。素晴らしいですね。

人の頭の中を映像化するというアイデアが出たとしても人の心や記憶の仕組みは
複雑で簡単では無いだろう。それを見事に具現化しただけでなく、
子供から大人まで楽しめるようコミカルで夢のある世界で描ききる
制作者達の力に関心させられるばかりです。時間も長くなりすぎず良いですね。
デミトリさん [DVD(吹替)] 9点(2017-03-26 08:18:41)(良:1票)
46.《ネタバレ》 人間の感情を本当にうまく具現化した作品

描かれていた全てのことについてなるほどと思えることばかり
特に子供のころ一緒に遊んだ空想キャラクターのビンボンを忘れるところや
ヨロコビが他の感情の大事さを知るところは秀逸
悲しくもあり、成長するってこういうことなんだろうなと考えさせられました。

あまりに斬新でしっかりと作りこまれており本当におもしろかった。
メメント66さん [DVD(字幕)] 8点(2017-01-10 08:39:45)
45.《ネタバレ》 ライリー可愛かったね。心の裡というか頭の中の右往左往を題材にした面白い映画でした。
『吹き替え版』で見た方が絶対に楽しめただろうなぁ。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-12-30 19:41:55)
44.《ネタバレ》 アイデアは素直に面白いと思った。けど、ヨロコビにもカナシミにも魅力を感じなかった。ヨロコビが序盤でカナシミにこの輪から出ないでというシーンから興醒めです。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-09-15 23:31:20)
43.感情を擬人化するというワンアイディアだけで終わらず、それを生かすバラエティーにとんだアイディアがたくさん散りばめられていて非常に楽しい映画でした。ストーリーラインもしっかりしていて全体としてのまとまりもよかったです。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 9点(2016-08-29 21:41:31)
42.開始10分でもう泣きそう。
脳内会議みたいなアイデアは昔からあるけど、それ自体を1本の作品にしてしまったピクサーの功績は大きい。
今まで謎だった頭の中の複雑な仕組みがわかって良かったです。
感情のコントロールが出来なくなったときにこの作品のことを思い出して、少し冷静になれたらいいな。
そして、感情は自分にだけじゃなくて、他の人にもあるということを理解させてくれる。
特にママの感情のリーダーがカナシミだったのは奥深い設定だなぁって感心させられた。
変なCMソングが勝手に再生されるなんて小ネタも脳の仕組みの不思議を象徴する興味深い現象だね。
因みに僕の場合は、ポ~ニョポ~ニョポニョポニョポニョポ~♪
終盤の展開には散々泣かされたけど、僕も複雑な感情をコントロール出来るようになったようで、成長するってこういうことなんだろうなって納得出来たような気がします。
あと、初見では開始10分で泣きそうだったけど、改めてもう1度最初から見始めたら、開始6分で泣きました。
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2016-08-27 16:08:58)
41.《ネタバレ》 11歳の男勝りな少女ライリーは、父親の都合でそれまで過ごしてきたミネソタの田舎町から突然、大都会サンフランシスコへと引っ越すことになった。ところが夢見ていた新居は薄汚れた狭いアパート、おまけに引越し業者の手違いで荷物は一向に到着せず、優しかったお父さんもお母さんもイライラしっぱなし。おまけに転校した先の学校では新しい友達にもうまく馴染めず、ライリーの心はどんどんと沈んでゆく。そんなライリーの頭の中を覗いて見ると…、そこには常に天真爛漫なヨロコビ、いつもめそめそしているカナシミ、いつだって不機嫌なムカムカ、絶えず不安なことを考えてしまうビビリ、今にも噴火しそうなイカリ、そんな個性豊かな〝感情〟たちがライリーを見守っていたのだった。ところがある日、カナシミとヨロコビが頭の中の司令室から飛び出してしまう…。いまや3Dアニメーションの代名詞とも言えるピクサーの新作は、そんな一人の少女の頭の中を想像力豊かに擬人化した冒険活劇でした。いやー、実は個人的にこういう少女の観念的世界を映像化した作品に弱いんですよね~。しかも記憶の貯蔵庫や映画撮影所のような夢製作現場、見ているだけでワクワク感が止まらないイマジネーションランド等々、少女の頭の中をとても魅力的な舞台として視覚化されていて僕は大変満足でした。ライリーの頭の中だけが舞台なのかなと思いきや、途中、お父さんやお母さんの頭の中も見せてくれたり(しかも、お母さんの頭の中はカナシミ、お父さんの頭の中はイカリがそれぞれ主導権を握っているところなんか凄くリアル)、ガムのCMソングがどうしても忘れられないと思ったら作業員が毎回司令部に戻していたりと遊び心も満載で観ていてとても楽しかったです。特に僕は、近道として抽象概念の部屋に入った主人公たちがどんどんと単純化され二次元になって最後は色と物だけになるという、そのポップさとシュールさが渾然一体となったマジカルなシーンにもう痺れちゃいました。ただ一つ不満な点を挙げるとすれば、物語で重要な役割を果たすビンボンというキャラクターの造形が正直微妙で、僕はいまいち魅力を感じなかったところですかね。もうちょっと可愛くすれば良かったのに…、と思ってしまったのは僕だけでしょうか。とはいえ、思春期に差し掛かった少女が如何にしてままならない現実と折り合いをつけていくのかという、考えてみればとても深いテーマをこれだけのエンタメ作品に仕上げてしまうピクサーの手腕にもはや脱帽です。うん、8点!
かたゆきさん [DVD(吹替)] 8点(2016-08-22 23:55:16)
40.《ネタバレ》 頭の中の感情を擬人化して~というのは面白いアイデア。
そこに世界観があるのも面白かったと思う。
ただ話の流れは単純で、実に想像するに易い内容。
「カナシミ」も人間を形成するのに必要な感情のうちというお話。
もう少し話が捻ってあったり、意外性があるともっと面白いかなーと思うけど。
逆にこれだけストレートだから面白いのかも、とも思った。
こころないてんしさん [地上波(字幕)] 6点(2016-07-17 20:25:28)
39.《ネタバレ》 もう涙なくては観れんよね。だってそうでしょ。ヨロコビとカナシミが困っている時に助けてくれたのが、子どもの頃、一緒に遊んだ空想のキャラで、そのキャラが忘却の彼方に置いてかれることで、(まぁ結果的に)新しい土地での生活が始まるんだもん。もう泣いちゃって、泣いちゃって。次回の続編では、思春期編を観たいなぁ。今回、あまり出番のなかったビビリとイカリとムカムカが大活躍しそうだもんね。それにしてもアメリカ人って、体もデカいけど、ハートもがっしりしてるなぁ。しかもこんな映画創っちゃうんだから、IQの高さを感じる~。でもまぁ、どこの国の人間も同じだね。ホントは政治の話に一喜一憂することもないかもしれないね。やっぱ人って全世界温かい。(テロは別)
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2016-07-16 21:41:38)
38.可愛い女性の性格は可愛い。
美人の内面は美しいに決まっている。
イケメンは考え方もカッコイイよね。
そう決め付ける人には全く理解できない映画。

この映画と似てる映画は、全世界に一つもない!
そう断言できる映画。
ビンボンはいい奴だ。

余談だが、私は人間には「心はない」と考えている。
パルプンテ未遂さん [DVD(字幕)] 8点(2016-07-06 16:52:41)
37.頭の中のキャラの出番は可能な限り少なくしたほうが良かったのでは?
感情が第三者にコントロールされているとしか思えず。頭の中のキャラを出した意図が良くわからなかった。
Robbieさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2016-06-25 19:34:31)
36.なかなか評判の映画だったから期待したけど
自分には合わなかった。
そんなに人間の感情って単純かなぁというところがずっと引っかかって映画に入り込めなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2016-05-29 00:11:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 6.95点
000.00%
100.00%
211.82%
300.00%
423.64%
51018.18%
61120.00%
7610.91%
81425.45%
9814.55%
1035.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 4.50点 Review2人

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
脚本賞ピート・ドクター候補(ノミネート) 
長編アニメーション賞 受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS