Menu
 >
 >
 > ドライビング Miss デイジー

ドライビング Miss デイジー

Driving Miss Daisy
1989年【米】 上映時間:99分
平均点: / 10(Review 141人) (点数分布表示)
ドラマ戯曲(舞台劇)の映画化
[ドライビングミスデイジー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-01-05)【ESPERANZA】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブルース・ベレスフォード
キャストジェシカ・タンディ(女優)デイジー・ワサン
モーガン・フリーマン(男優)ホーク・コバーン
ダン・エイクロイド(男優)ブーリー・ワサン
パティ・ルポーン(女優)フローリン・ワサン
エスター・ローレ(女優)アデラ
佐々木すみ江デイジー(日本語吹き替え版【VHS】)
北村和夫ホーク(日本語吹き替え版【VHS】)
菅生隆之ブーリー(日本語吹き替え版【VHS】)
弥永和子フローリン(日本語吹き替え版【VHS】)
原作アルフレッド・ウーリー
脚本アルフレッド・ウーリー
音楽ハンス・ジマー
撮影ピーター・ジェームズ[撮影]
製作リチャード・D・ザナック
リリ・フィニー・ザナック
アルフレッド・ウーリー(製作補)
製作総指揮デヴィッド・ブラウン〔製作・1916年生〕
配給東宝東和
特撮ウィリアム・メサ(視覚効果スーパーバイザー〔ノンクレジット〕)
美術ヴィクター・ケンプスター(美術監督)
ブルーノ・ルベオ(プロダクション・デザイン)
クリスピアン・サリス(セット)
衣装エリザベス・マクブライド
編集マーク・ワーナー〔編集〕
録音マイケル・ミンクラー
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
1940年代のジョージア州。ユダヤ人の老婦人デイジー(ジェシカ・タンディ)が起こした自動車事故をきっかけに、息子ブーリー(ダン・エイクロイド)は、彼女専用の運転手を雇う。頑固なデイジーは、黒人ホーク(モーガン・フリーマン)に冷たく当たるのだが、彼女たちは人種の壁を越えて、絆を深めていき・・・。アカデミー賞4部門を受賞したヒューマンドラマ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.大好きな作品。以前、老人介護をしている人が、私からすればただのガンコじいさんのことを「長く生きて来られた分、私達よりこだわりや個性が強くて当然でしょ」と言っていたのを思い出した。自分の視野の狭さや心の小ささを思い知った一言です(汗)。個性の強い老人二人だからこそ、少しづつ心を開いてゆく過程にドラマがあり、あたたかさがある。そういや、学校さぼって、映画館で立続けに3回観たんだよな~。またあらためて見直したいです。
たまねぎ君さん 9点(2003-09-03 18:58:28)(良:3票)
40.モーガン・フリーマンとジェシカ・タンディをこの映画で知りました。たんたんとしている中に寂も錆びも効いています。とても好きな映画ですが、名画座でこれと一緒に上映されていたのが「田舎の日曜日」でした。あちらに9点をつけたので、こちらは比較して9点に近い8点です。
omutさん 8点(2003-09-02 01:09:02)
39.R40かも R60かも R80かもしれない。 バブル期にこれが作られ、多くの人に認められたことがとてもいいと思う。ヘビーにならないように、いろんなテーマを伝えてくれる。ラストには涙涙、(いつも声優専門の吹き替えじゃないと文句たれる私が)ビデオの最後に【北村和夫 佐々木すみ江】さんの文字見てまた涙、ほんとあったかい吹き替えでした。 年とっても心はシャンとしていたいなー。
かーすけさん 8点(2003-08-25 21:24:58)
38.アカデミー賞取ったのも納得できます。寂しい老婆と中年男の関係はよく描かれていると思いました。でもなぜだか私は、不機嫌な赤いバラの方が好きなんです。
もちもちばさん 7点(2003-08-21 22:27:12)
37.ミス・デイジーは教師という生き方をほうふつとさせるかくしゃくとした頑固な老人。自らも差別の対象でありながら黒人への差別意識もある。でもそれを認識していない。運転手や息子に対する態度は小憎らしいほどで、身近にいたら煙たくてたまらないだろう。なのに息子は辛抱強くて面倒見がいい。運転手は長い付き合いの中でいつの間にか彼女と心を交わすまでになる。ジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマンは実に自然に人間性や経年変化を見せて素晴らしい。息子のダン・エイクロイドもいつの間にか自然に年をとっている。淡々とした流れにマッチした美しい映像、優しい音楽。年をとること、差別など考えさせられるシーンを含みながら、しみじみと心に残る優しさがある。
キリコさん 8点(2003-06-22 12:35:36)
36.淡々としたストーリーの中に友情、人種差別、老いを描いている作品。アカデミー賞受賞も納得のいく作品でした。ラストは老人同士の友情に軽く涙。
ジョッジさん 10点(2003-06-16 14:40:47)
35.非常に濃厚な脚本だった。モーガン・フリーマンは微妙な役どころを実に巧く演じている。ラストシーンは感動的ではあるけど、切なく、感慨深かった。名作です。
スマイル・ペコさん 9点(2003-05-28 03:02:14)
34.出だしから中盤にかけての展開は、「ベタ」であるけれど、中ごろから最後にかけての展開はうまい。痴呆、人種差別といったテーマを題材にすると、とかくありがちな「行き過ぎた演出」をしがちだが、本作は必要以上に多くを見せず、淡々と描いたのが良かった。淡白すぎるくらいだが、であるからこそ、むしろ胸に来るものがある。あとは何といってもキャストの演技力の素晴らしさだろう。M・フリーマンは朴訥としながら芯の強さを表現し、カクシャクとしたオールド・レディを演じたJ・タンディの気品溢れる雰囲気は「英国淑女」の面目躍如だと思わせた。2人の演技が本作の魅力を大半を担ったと言っても過言ではない。
給食係さん 7点(2003-05-15 23:55:58)
33.見ていてほのぼのといい気分になった。最初の方のデイジーとホークのやりとりは最高!二人の演技のレベルがすごく高い。ただアカデミーというとこで言うと少々物足りない気もしたなぁ。
小美さん 8点(2003-05-14 22:01:21)
32.とてもあたたかい作品だと思う。確かに、最近の映画と比べると古さはあるが、ただ見ておもしろかったぁっていう作品に終わっていない。ホークが単に優しい性格ではなく、俗っぽい言葉も使うし、デイジーからきついことを言われると小声で言い返したりと、人柄が上手く出ているような気がした。ただ、いきなり次の場面で何年も経っているのはちょっと・・・ ○年後とか出さない方が、知らず知らず年老いていくようで心に響くが、いきなり年で顔が老けてしまうと、一瞬誰なのか考えてしまう。でも全体としては上手くまとまっているし、私的には泣ける映画です。ホークがデイジーにとってかけがえのない存在に変わってしまっていたこと、ラストのパイを食べさせるシーン、その時のセリフなど、心に残ります。
ビーバーさん 10点(2003-05-13 21:49:52)
31.本当に凄く温かい作品ですよね。誰もが気難しい年寄りを相手にするのは難しいと感じますが、雇われ運転手演じるモーガン・フリーマンの豊かな表情としぐさから、次第に関係がほぐれていく展開を観てると、これから深刻化する「年寄りが年寄りを助ける」高齢化社会における真の意味での人間の接し方を教えられてるような気がします。どこまでもほのぼのとして地味ですが、これほど心に残る作品はそうはないですね。大好きな作品です。
叫真さん 10点(2003-05-04 20:35:41)
30.もうモーガンフリーマン氏うますぎ!泣かせすぎ!氏が出てくるだけで私はノックアウトされてしまうのでした。もちろん映画も素晴らしかったです~
Reiさん 9点(2003-04-15 14:14:17)
29.墓石の字が読めなくておろおろするモーガン・フリーマンとそれを心配そうに見つめるジェシカ・タンディ。モーガンがようやく目的の墓を見つけた時のジェシカのほっとした表情。とても好きな場面です。それとラストシーンもいいですねえ。
森寸さん 9点(2003-03-13 03:48:42)
28.《ネタバレ》 いろんなところで笑ってしまった後で、いつしかそれが涙に変わっていくという卑怯な映画。派手な映像や凝った設定がなくても、人の心の動きや変化が的確に表現できて、それが見ている側に伝わったら、感動は生まれるのです。文盲の問題や黒人差別の問題など、ベタな演出をしたらいくらでもできたと思いますが、この話の中心的主題はそんなところではないし、あえてそれをせずにこのレベルに達したのは素晴らしい。人物については、デイジーおばあちゃんは救いがたいほど頑固なのに妙に憎めないし、ホークの方も、単に有能なだけではなく、言動は結構俗っぽいところが面白い。最後、ボケたデイジーがホークの手を握るところでいつもぐっときます(2人の身体が接するのは、この場面だけなんですよね)。
Oliasさん [DVD(字幕)] 8点(2003-03-12 00:32:36)(良:1票)

27.じんわりいい映画。ラストでケーキを食べさせるシーンはうるうるしてしまった。
ぽやっちさん 8点(2003-02-28 05:49:38)
26.ジェシカ・タンディ演じる老婆、彼女を支えるモーガン・フリーマン演じる黒人運転手の変わり方が短いながらもよく描かれている。老後の理想を描いた作品かな。
いかりや800さん 7点(2003-02-27 10:42:05)
25.最近リニューアルされた北米DVDで久しぶりに鑑賞しました。日常の出来事の中にこそ社会的なトゲが表出しているもの、という考えてみれば当たり前なことですが、それらをさりげなく、かつ、丁寧に描写することで声高に訴えるよりも心に染み入っていきました。時の移ろいの表現と包容力、ユーモア、そして開放感を絶妙に絡ませた音楽の貢献度も非常に高いと思いました。主演のふたりは言うに及ばずですが、息子役のエイクロイドも魅力的でした。"Mama"の言い方の中にも彼の母親に対する様々な感情が入っているようで、役作りの徹底さと役者の上手さを感じました。
ぴーおさん 10点(2003-02-15 09:57:38)
24.モーガン・フリーマン、ジェシカ・タンディの熟年演技で魅せる。難点を言えば、時間の流れが速すぎて、二人の微妙な人間関係を楽しむ時間が少なかったこと。ラストを撮りたいがために速めた感がある。
ゆたKINGさん 6点(2003-02-08 16:28:24)
23.こういう静かな世界もいいなぁと感じてしまう僕は、現代病でしょうか。病めるアメリカの文化は、こういうドラマも巻き起こす。人間、みな平等だよね。
小僧さん 7点(2003-02-05 03:34:00)
22.いろんなテーマがぎっしり詰まった映画でしたね。特に、老いについて考えさせられました。モーガン・フリーマン演じる運転手とデイジーとの掛け合いが面白くて、このまま映画は終わるのかなと思いきや・・・。人間には必ず老いていくものというのを痛いほど見終わったあと感じました。
はがっちさん 8点(2003-02-04 00:04:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 141人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
221.42%
310.71%
410.71%
585.67%
61611.35%
73726.24%
84229.79%
92517.73%
1096.38%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review6人
2 ストーリー評価 7.81点 Review11人
3 鑑賞後の後味 8.41点 Review12人
4 音楽評価 7.66点 Review9人
5 感泣評価 6.28点 Review7人

【アカデミー賞 情報】

1989年 62回
作品賞 受賞 
主演男優賞モーガン・フリーマン候補(ノミネート) 
主演女優賞ジェシカ・タンディ受賞 
助演男優賞ダン・エイクロイド候補(ノミネート) 
美術賞ブルーノ・ルベオ候補(ノミネート)(美術)
美術賞クリスピアン・サリス候補(ノミネート)(装置)
衣装デザイン賞エリザベス・マクブライド候補(ノミネート) 
脚色賞アルフレッド・ウーリー受賞 
編集賞マーク・ワーナー〔編集〕候補(ノミネート) 
特殊メイクアップ賞 受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS