チャイナタウンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チャイナタウン
 > (レビュー・クチコミ)

チャイナタウン

[チャイナタウン]
Chinatown
1974年【米】 上映時間:131分
平均点:7.00 / 10(Review 84人) (点数分布表示)
公開開始日(1975-04-12)
ドラマサスペンスシリーズものミステリーハードボイルド
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-08-23)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロマン・ポランスキー
助監督ハワード・W・コッチ・Jr
演出ハル・ニーダムスタント・コーディネーター(ノンクレジット)
キャストジャック・ニコルソン(男優)ジェイク・ギテス
フェイ・ダナウェイ(女優)イブリン・モーレイ
ジョン・ヒューストン(男優)ノア・クロス
ペリー・ロペス(男優)ルー・エスコバー
ダイアン・ラッド(女優)アイーダ・セッションズ
ロイ・ジェンソン(男優)クロード・マルビヒル
ジェームズ・ホン(男優)イブリン家の執事カーン
バート・ヤング(男優)カーリー
ロマン・ポランスキー(男優)ナイフを持った男
ランス・ハワード(男優)集会で激怒している農夫
リー・デ・ブロー(男優)警官
瑳川哲朗ジェイク・ギテス(日本語吹き替え版)
上田敏也ノア・クロス(日本語吹き替え版)
鳳芳野アイーダ・セッションズ(日本語吹き替え版)
峰恵研カーリー(日本語吹き替え版)
玄田哲章ルー・エスコバー(日本語吹き替え版)
石井敏郎ホリス・モーレイ(日本語吹き替え版)
池田勝ローチ(日本語吹き替え版)
笹岡繁蔵クロード・マルビヒル/集会で激怒している農夫(日本語吹き替え版)
藤本譲ウォルシュ(日本語吹き替え版)
屋良有作ダフィ(日本語吹き替え版)
西村知道イブリン家の執事カーン(日本語吹き替え版)
脚本ロバート・タウン
ロマン・ポランスキー(ノンクレジット)
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アーサー・モートン〔編曲〕(ノンクレジット)
撮影ジョン・A・アロンゾ
スタンリー・コルテス(ノンクレジット)
製作ロバート・エヴァンス
C・O・エリクソン(製作補)
特撮ローガン・フラジー(特殊効果)
美術リチャード・シルバート(プロダクション・デザイン)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装アンシア・シルバート
編集サム・オースティーン
録音ラリー・ジョスト
デイヴィッド・ドッケンドルフ(ノンクレジット)
字幕翻訳高瀬鎮夫
その他C・O・エリクソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
1930年代、水不足が深刻なロス・アンジェルス。私立探偵ジェイクが引き受けた単純な浮気調査。それはロスの水と土地を巡る巨大な陰謀、そして醜い愛欲が生んだ悲劇の一部だった。調査の中で出会った薄幸の女イブリンへの愛と疑惑は、事件の真相と絡み合い、ジェイクを悲しい思い出の場所、すなわち警官時代の勤務地チャイナタウンへと導くのだった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
84.《ネタバレ》 悪役の印象があるジャックニコルソンが巨悪を暴いていくのが面白い。
悪役のジョン・ヒューストン、ロマン・ポランスキーも印象的。
老人ホームの入居者の名前を使っての土地転がし、水道利権に絡む不正、近親相姦、、、、
さらなる巨万の富、欲望を追い求める影の権力者。
数々の悪事を暴いていきながら最後に依頼主は死んでしまい、娘も連れ去られてしまう。
なんとも言えない虚無感・・。流れる音楽も素晴らしい。
「怠け者の街だ」
「忘れチャイナよ、ここはチャイナタウンだ」
ume0214さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-03-13 20:21:00)
83.ウィキペディアで背景を読んでおかないとついていけないと思う。
だがウィキペディアを読んでも乗り気がしなかった。
ストーリーに起伏がなく、つまらない。
80分くらいのところで、ニコルソンとダナウェイのラブシーン、ここでもうウンザリ。
見るのやめようかと思った。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-02-20 00:46:19)
82.《ネタバレ》 ちょっと起伏の少ない映画だけどまあ最後まで観るか、という気持ちで観ていて...哀しい。最後は本当に哀しいというか虚しい。
この最後のところ、それに尽きる作品。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-03-21 23:09:12)
81.床屋での中国ジョーク、好き。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-09-28 23:14:36)
80.アクの強い悪役のジャック・ニコルソンを見慣れてきたせいか、アクは強いが悪を暴こうとする本作の役どころは新鮮に映りました。こうして見ると、けっこうイケメンです。
少しずつ不気味な核心に迫っていく期待感・緊張感と、それを煽る音楽が秀逸。現実の社会問題と愛憎劇が絡み合って、なんとも不条理な世界観でした。そして衝撃のラスト、徒労感と理不尽さを感じずにはいられません。
聞くところによると、ニコルソンの鼻を斬りつけたチンピラ役を演じたのは、監督本人とのこと。やたらリアルな死体の描写といい、あまりに虚しいラストといい、この巨匠監督の精神構造にはたいへん興味深いものがあります。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-09-10 02:35:52)
79.《ネタバレ》 主人公がどんどん深みに嵌っていっちゃって、少々無理っぽい展開ですがサスペンス感は十分です。妹でありながら実の娘でもあるという告白、車が止まって鳴りやまないクラクションに悲鳴のラストシーン、結構インパクトの強い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-08-26 22:32:56)
78.《ネタバレ》 かのJ・ニコルソンが主演ということで観たが、観終えてみれば紛うことなきロマン・ポランスキーの映画だ、という感想に落ち着く。金と色と権力が蔓延る街、ロマン・ポランスキーの情念と怪奇趣味、J・ニコルソンとF・ダナウェイのむせ返るような"大人の色気"。およそ結びつかない要素が、あまりにも美しく"調和"したように思う。娘であり妹。一言聞いただけではピンとこないが、その意味に気づけばそれはあまりにも悲しく、それは不思議な、じっとりとした切ない余韻を残す。悲しくも美しきフィルム・ノワール、それは子どもたちは見てはならない世界、それは大人たちには極上の世界。
タケノコさん [DVD(字幕)] 8点(2017-03-06 22:53:24)
77.《ネタバレ》 あまりにも悲しく、そして恐ろしい話だ。「ローズマリー〜」の時にも感じたが、この辺りのロマン・ポランスキーの作品には生々しい何かがあって、その生々しさが映画に奇妙な普遍性を持たせているような気がする。この映画も40年以上前に制作されたものだが、あまり時代や古さを感じさせない。(そこがまた恐い。)その何かとは人間の中にある恐ろしさや、業なのだろうか。正にhard-boiledを地で行く作品だろう。
rain on meさん [DVD(字幕)] 7点(2016-09-15 09:35:25)
76.《ネタバレ》 久々に見返したが面白い。音楽も相当いい。出てくる役人は皆、カネまみれで買収されており、こんなもんなのかな〜、とため息が出てしまった。ニコルソンはアタマの切れるこういう役が似合いますね。ラストに判明するヒロインの生い立ちとあのクラクションが鳴り響くシーンはずっと記憶に残る。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 9点(2016-04-09 09:55:36)
75.ミステリーは好きなので、観ていてつまらないことはなかったのですが、逆にこの程度では物足りなさの方が大きいかな。
暇つぶしにみるのであれば、ダークなネタが絡まない分「コロンボ」の方が良いと思います。
マー君さん [DVD(字幕)] 5点(2015-11-08 14:38:08)
74.《ネタバレ》  観終わっての印象はやっぱり、この「脚本」のすばらしさに圧倒されるところがあるのだけれども、場面によっては、その脚本が絵をリードしすぎているように感じるケースもある。でもわたしはラストのシーンでの三人の男、警官のひとりが去って行くフェイ・ダナウェイの車に発砲しようとして、それを脇にいたジャック・ニコルソンがまずは止める。するとその脇の警官がニコルソンのとなりに出て来て、そこから車に発砲する、このシーンの演出が大好きである。どこか、「歌舞伎」の世界の所為を思わせられたりもする。‥‥そう思うと、この作品でのジョン・ヒューストンという強烈な存在がまた、まるで舞台空間のなかの世界を思わせてくれる気がした。みごとな映画である。

 フェイ・ダナウェイが保護していた女性が彼女の「娘」であり「妹」なのだという告白のあたりで涙がこぼれ(ここのニコルソンの反応がいいんだ~ただひっぱたくだけだけれども~)、その、例のラストのセリフ、「忘れろ、ここはチャイナタウンだ」でまた泣いてしまった。
keijiさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-07-05 10:57:29)(良:1票)
73.《ネタバレ》 舞台は米ロスのチャイナタウン。水道事業絡みの殺人事件を、ジャック・ニコルソン好演の鼻にキズがあり煙を吹かすハードボイルドな私立探偵が追いかけます。終盤で明かされる意外なカンケー。渋くて優雅でさえもあるテーマ曲が殺伐とした物語を優しく包み込んでいるようです。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2014-06-01 22:08:59)
72.《ネタバレ》 この監督はねちっこいなーというのが一貫しての感想。
ジャックニコルソンに似てるなーと思っていたら本人だったという。
終盤の展開は、監督自身がロリコンだから(訴えられてたし)仕方ないのかなーとか。
ヒロインが無惨に殺されるのは納得いかない。
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-11-28 22:21:33)
71.《ネタバレ》 警察が金で買い取られている世界の息苦しさは、まさにフィルムノワールである。メランコリーが非常にいい、ニコルソンが善悪を超えそうで踏みとどまっている感じがいい。物語がいまひとつつまらない分2点減点。
ひと3さん [DVD(字幕)] 8点(2013-10-07 11:33:04)
70.《ネタバレ》 う”…痛そうだ、いやーたまんない、こんなとこ切られたくない(ホントは切ってないと思うけど)…こんなシーン初めてみた…(溜息)。バート・ヤング出てましたね、あらら最初だけか?とか思ってたら最後にしっかり又出てきてました。この人はいつもこういうキャラな気がするけど(苦笑)。巨大な水利権にからむ陰謀を暴くかと思いきや、意外にそこらへんにはあまり興味は無く、ただ事の真実を知りたい、かつ強欲ジジィからイブリン(フェイ・ダナウェイ)を守りたい一心で動く…しかしそこで驚愕の事実が判明。。。なかなかホントよくできた展開だわ、賞とるだけのことはある(感心)。最後はチャイナタウンでのこれ以上ないバッドエンディングときたら、いやーポランスキー監督の悪趣味さが存分に発揮されてますね。独特の退廃的な雰囲気とジャック・ニコルソンのかっこよさにしびれた次第でゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-09-27 08:18:13)
69.《ネタバレ》 この映画にはハイライトが二つある。そのふたつはインパクトと同時に、時代の流れも映している。
ひとつ目はあれだ、あの鼻だ。鼻から流れる血を鼻血と言うが、あんなに痛い鼻血は見たことが無い。殴打で流れる鼻血とは質が違う。主人公が負わされる怪我という意味で、あの鼻は過去に見た映画の中でも最大級のインパクトだった。エイリアンに食い破られる腹のレベルだ。そして、あれは現代ではなかなか出来ない描写だと思う。鑑賞年齢が制限される。
ふたつ目はフェイ・ダナウェイの告白。「彼女は私の娘で妹よ!」。5秒くらい間を置いてから、やっと意味が分かる。なんか、百恵ちゃんの赤いシリーズみたいなオチだ。そんな時代だったんだ。彼女をソファまで張り飛ばすジャック君の力の入り方も、最近ではなかなか見られない激しさだった。
アカデミー脚本賞を受賞した本作。実は2回観て、じっくり吟味した。省略されている部分が「行間を読む」的な深さになっている。大人のサスペンスだ。ただ、ひとつだけ腑に落ちない部分がある。事の真相を知ったジャック君が彼女を逃がそうと画策している最中に、鬼畜ジジイにコンタクトしたこと。あれは明らかな失策だと思う。無事、船で逃げた後で良かったはずだ。そこだけは、熟練の探偵らしくなかった。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-19 03:19:20)(良:1票)
68.《ネタバレ》 映画脚本のお手本のような作品。
謎が少しずつ明らかになって衝撃の真実にたどり着くまでが丁寧に描かれ、サスペンスの王道といえる。
伏線がきっちり張られていて、もう一度見直すと見落としていた伏線が幾つもあることに気づく。
ラストの片目を打ち抜かれるところにも、見直せばそこに至るまでに幾つかの伏線が。
悪が完全勝利するという後味の悪さはあるが、余韻のあるエンディング。
好きな映画には入らないものの、完成度の高さには感心してしまう。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 7点(2013-03-17 19:53:48)
67.《ネタバレ》 脚本のしっかり絡めたすばらしさ、ニコルソンに限らず俳優のセクシーで、ダンディーな演技で楽しめたのに、ラストシーンで完全にやられました。ああ、チャイナタウンだったんですね。
minさん [DVD(字幕)] 8点(2013-03-02 20:06:34)
66.《ネタバレ》 むっちゃシビれました…。そら脚本賞取るわな。何か謎が1個だけ出てきては1個解決し、1個だけ出てきては…って感じで、ずっと1個ずつしっかり解決してくれるので見てる方としては分かりやすくてよかったです。てかこの映画、絶対2回以上見た方がいいです。さりげないセリフとかが伏線になってたりして、1回目で見逃した細部の仕掛けとかに気づいた時、よりこの映画の構成の緻密さを理解できます。最後、運命の綾が主人公を思い出したくない警官時代の勤務地チャイナタウンへと導き、そしてまた彼に起こる悲劇…。怒りや呆然をも通り越した虚脱感の無表情、「as little as possible…」「Forget it Jake!! It's chinatown!!」…。勧善懲悪の真逆というか、ハッピーエンドの正反対の極みですね。フィルム・ノワールって言葉は初めて聞きましたが、この退廃感すげー好きっす。
TK of the Worldさん [DVD(字幕)] 10点(2012-05-16 23:38:04)
65.ジャック・ニコルソンのダンディズム,セクシーさにやられてしまった良作。後半に判明する,ある家族関係に何とも言えない不快感を感じさせられますが,それもあの結末には必要な筋書きだったのでしょう。それにしても幅がある俳優というのは本当に素晴らしいものですね。キレてる変人キャラしかしらなかったので,前から好きではいても,まさかジャック・ニコルソンにときめいてしまう日がくるとは思わなんだ・・・。
さそりタイガーさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-02-23 22:54:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 84人
平均点数 7.00点
022.38%
100.00%
200.00%
300.00%
455.95%
589.52%
61416.67%
72125.00%
81416.67%
91517.86%
1055.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review7人
4 音楽評価 7.25点 Review4人
5 感泣評価 4.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1974年 47回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ジャック・ニコルソン候補(ノミネート) 
主演女優賞フェイ・ダナウェイ候補(ノミネート) 
監督賞ロマン・ポランスキー候補(ノミネート) 
脚本賞ロバート・タウン受賞 
撮影賞ジョン・A・アロンゾ候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジェリー・ゴールドスミス候補(ノミネート) 
音響賞ラリー・ジョスト候補(ノミネート) 
美術賞リチャード・シルバート候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞アンシア・シルバート候補(ノミネート) 
編集賞サム・オースティーン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1974年 32回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
主演女優賞(ドラマ部門)フェイ・ダナウェイ候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ジャック・ニコルソン受賞 
助演男優賞ジョン・ヒューストン候補(ノミネート) 
監督賞ロマン・ポランスキー受賞 
脚本賞ロバート・タウン受賞 
作曲賞ジェリー・ゴールドスミス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS