ファンタスティック・フォー(2015)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファンタスティック・フォー(2015)
 > (レビュー・クチコミ)

ファンタスティック・フォー(2015)

[ファンタスティックフォー]
Fantastic Four
2015年【米】 上映時間:100分
平均点:5.00 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-10-09)
アクションSFアドベンチャーファンタジーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2015-08-14)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-03-03)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョシュ・トランク
キャストマイルズ・テラー(男優)リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック
ケイト・マーラ(女優)スー・ストーム/インビジブルウーマン
マイケル・B・ジョーダン(男優)ジョニー・ストーム/ヒューマン・トーチ
ジェイミー・ベル(男優)ベン・グリム/ザ・シング
トビー・ケベル(男優)ビクター・フォン・ドゥーム/Mr.ドゥーム
ティム・ブレイク・ネルソン(男優)ハーヴェイ・アレン博士
木村昴リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック(日本語吹き替え版)
ゴリベン・グリム/ザ・シング(日本語吹き替え版)
堀北真希スー・ストーム/インビジブルウーマン(日本語吹き替え版)
阪口周平ビクター・フォン・ドゥーム/Mr.ドゥーム(日本語吹き替え版)
土師孝也フランクリン・ストーム博士(日本語吹き替え版)
てらそままさきハーヴェイ・アレン博士(日本語吹き替え版)
原作スタン・リー
ジャック・カービー
脚本サイモン・キンバーグ
ジョシュ・トランク
音楽マルコ・ベルトラミ
フィリップ・グラス
撮影マシュー・ジェンセン
製作サイモン・キンバーグ
製作総指揮スタン・リー
配給20世紀フォックス
美術クリス・シーガーズ
衣装ジョージ・L・リトル
編集エリオット・グリーンバーグ
スティーブン・E・リヴキン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 ジェシカ・アルバが出ていた「ファンタスティック・フォー」からさほど時間が経過していないと思ったのですが、あれもすでに10年以上前の作品なのですね。いやぁ、歳を重ねると時間の経過が早い早い。
でも、このリメイクは何がやりたかったのかイマイチ不明瞭でした。映像的にも、ストーリー的にも。10年前から映像技術は各段に進歩していますが、ジェシカ・アルバ版に比して特に新しいものを見せてもらった感は無かったです。ストーリーはかなり適当で、「?」が幾つも浮かびました。ドゥームが地球を壊したいと考える理由が分かりません。リードが雲隠れしていた期間に何をやっていたのかに興味を持ちましたが特に言及されません。あの異次元の星へ行って4人の体を元に戻す計画や能力の軍事利用はどうなったのか…。
他の方のレビューで知ったのですが、この世界とX-MENのフュージョンのための「地ならし」らしいですね。まぁ、やってくださって結構ですが、別世界の既存個性をぶつけ合わないと、新しいモノは作れないってところまで来てるのかな。だとしたら、マーベル作品の映像化はそろそろ限界に近いのかな、と。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-09-08 00:39:21)
15.《ネタバレ》 ゴムゴムの実、メラメラの実、スケスケの実、イシイシの実の能力者が、力を合わせて元仲間を退治する物語ですが、いかんせん能力を得るまでが丁寧に作られ過ぎてて長く感じます。最近のアメコミ映画は物語に深みを持たせようとしていますが、本当にそれが世の中で求められているものですかね。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-08-22 20:04:26)
14.もともと映画化するほどのモンでもなかったんだから、ましてやリメイクするモンでもなかろう。ってなコト言うくらいなら、観なきゃよかろう、とも反論されそうですが、いずれにしても、何ともネガティブな言い合いであることは間違いありません。リメイク? リブート? そんなんどっちだっていいです。
どんな些細なコトでもいいから、2005年版と別にもう一本作って良かったと思わせる点があればいいんですけど、すみません、私には見つけられませんでした。
どこかの星で、どうでもいい戦いが、もちろん全部CGだよという描写で描かれる。
マイケル・B・ジョーダンにとっては、『クリード チャンプを継ぐ男』との、まさに冗談のような凄まじい落差。この何でもアリな幅の広さは、2代目ウィル・スミスの称号に値するでしょう。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 4点(2016-08-11 10:26:04)
13.世評とは裏腹になかなか楽しめてしまい、自分の感性はどこかおかしいのではないかと気になってしまいました。
アメコミ映画ブームで様々な特性を持つヒーローが実写化されている昨今ですが、ゴム人間、透明人間、人間たいまつ、岩石男という冗談にしかならないメンツがチームを組む『ファンタスティック・フォー』実写化企画の難しさは際立っています。この点、2005年版は思いっきりマンガ寄りのおちゃらけ路線に振り切ることで娯楽作品としての体裁を作り上げてまずまずの興行成績を残したものの、まったく深みのない物語で批評家やファンからの敬意を勝ち取る事は出来ず、たった一本の続編が製作されただけで自然消滅となりました。対して仕切り直しの本作は徹底して暗く、荒唐無稽なキャラクター達を可能な限り本物っぽく見せるというリアル路線に振り切っています。アメコミヒーローのクロスオーバー企画が続々と製作されている中で、フォックスとしてはすでにブランドを確立している『X-MEN』とファンタスティック・フォーのクロスオーバーをどうしても作りたいという思惑があり、シリアスな『X-MEN』の作風との統一感を出すために本作もこの路線をとったのだろうと推測されます。
前作『クロニクル』にて「もし高校生が超能力を身につけたら、きっとこんな風になるだろう」というドラマを作り上げたジョシュ・トランク監督の真価は、本作の前半部分で見られます。テクノロジーへの憧れを持つリード・リチャーズの幼少期からの物語を見せることで、物質転送装置という非現実的なアイテムを違和感なく登場させているのです。後にファンタスティック・フォーとなる面々が被験者第一号となるまでのくだりもうまく説明されているし、超能力を身に付けた後の各キャラクターのリアクションや、現実世界との接点の持たせ方もよく考えられています。ヴィジュアル面においては、超能力を身に付けた者達が変異する過程がなかなかおぞましく、またドゥームが暴れる場面では過剰なほどの血が飛び散り、残酷描写からも逃げていません。あのメチャクチャな設定のヒーロー達で深刻なドラマを作れという要求にはきちんと答えられているのです。監督は作品をフォックスに取り上げられ、元は140分あったとされる本編をズタズタにカットされたり(予告編にあった場面のほとんどが本編に無い)、監督以外の者(噂によるとプロデューサーのマシュー・ヴォーン)が撮った追加カットを勝手に挿入されたりといった大変な目に遭わされたのですが、それでも作家性の片鱗を残せているのはさすがだと思います。
ただし、短い上映時間のほとんどは超能力を身につけるまでのドラマに費やされており、ドゥームとの決戦がやっつけで終わってしまうという点は残念でした。また、4人がそれぞれの能力を生かして強敵に挑むというチーム戦としての面白さも追求されておらず、見せ場については2005年版よりも劣っています。最終決戦の場所が無人の惑星というチョイスも悪く、ヒーローの活躍に必要不可欠なオーディエンス不在の舞台でラスボス戦をやっても盛り上がりません。そもそもファンタスティック・フォーはアメコミヒーローとしては珍しく素顔も本名も明らかにされている設定のヒーローであり、一般市民からの応援と尊敬が彼らの特徴のひとつだというのに、その一般市民が作品にまったく姿を現さないのではファンタスティック・フォーのドラマとして失格でしょう。
ま、肯定的に考えれば『X-MEN』の第一作や『バットマン・ビギンズ』だって見せ場の盛り上がらなさ加減はこんなもんだったし、本作については超能力を得る前のパートが作り込まれているので物語の基礎部分はしっかりとしており、続編を作ればちゃんとした娯楽大作になる可能性はあります。もし製作されればの話ですが。フォックスとの関係を見るに、ジョシュ・トランクの再登板は絶望的という様子ですが。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-08-08 20:06:54)
12.丁寧に作ったつもりなんだろうけど、超人になるまでが長すぎ。超人としての活躍、短すぎ。それと超人スーツ、やっぱ、ジェシカアルバじゃなきゃダメだよね。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-08-03 22:41:22)
11.《ネタバレ》 4人が能力を得るまでの流れはとてもよかったが、そこからラストまでの展開があっさりしていて物足りなかった。ドゥームの存在も最初の強さがウソのようにあっけなく倒されたのも残念。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-07-31 01:48:45)
10.前作もよく覚えていないが(5点だから可もなく、不可もなくってところ)、本作は前段が長すぎて飽きる。ついでに言えば、前作は、地球上(それも都会)での戦闘だった気がするが、本作は殺風景な異次元(?)での戦闘なので鬼気迫るものがなくて少々つまらない。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2016-07-09 16:06:36)
9.《ネタバレ》 本国では酷評だったそうですが、個人的には結構楽しんで観れました。
まぁ、元々のコミックを読んだことがないし、最初からすごい力持ってたり変な仮装してる
アメコミの世界にどうも入り込めなかった自分にとっては、入り口がSFだったためすんなりと世界観に入り込めたんですよね。
それぞれのキャラは、こういう経緯でこうなったんだ、ということがしっかり描かれてるから。
向こうの惑星の風景も、奇をてらわずリアリティを持たせてるのも良い。
ただ、続編を意識した作りで、さぁこれからが戦いの本番ですという感じで終わるので、
そういう点で不満を持つ人も多いのかな。個人的には是非続きが見たいんだけど、本国で酷評となるとどうなんだろう。
ちゃんと続編は制作されるのだろうか。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-02-09 21:41:06)
8.2005年版よりはマンガチックな要素を多少排除し、洗練された形となった。それが良いか悪いかは好みの問題でしょう。個人的には荒唐無稽な2005年版も、今回の2015版も、どっちもウエルカムです。ただあんなとんでもない機械を民間の人間が管理運営しているとこが、オイオイオイ!ってツッコミたくなりました(笑)出入りも厳重じゃないしね。それと肝心のバトルシーンが呆気なく、殺風景な異世界が舞台になっているから、イマイチ盛り上がりに欠けるんですよね。一番の見せ場だけに残念です。あと主人公の家庭環境や友人とのエピソードが薄いかな。まあそこまで時間を割けないのは分かってはいるけれど、もうちょっと上手いことやってほしかったな。と、あれこれとディスってきましたが、決してつまらなかったわけではないんです。そこそこ満足はしたんです。なぜなら、作り手側の試行錯誤が私にはとっても心地よく受け止められたから。これは「バットマン・ビギンズ」を観た時の感覚に近いです。残念ながら本作のクオリティはアレですけど(笑)6点は甘めに付けました。ご了承を。で最後にもう一言。ヒロインがもっと可愛ければな~・・・。以上。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 6点(2016-02-07 14:30:36)
7.そこそこ面白い。
吹替え版はインビジブル・ウーマン役の堀北真希は違和感なし。声優かと思った。ザ・シング役のゴリ〈ガレッジセール〉はそれなり。
ガブ:ポッシブルさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-02-03 11:42:00)
6.《ネタバレ》 ヒーロー登場の前ふりが長くて何の映画だか忘れてしまいます。Marvel作品のアクションや独特の世界観を期待していたのですが、いたって普通なんですよね。ヒーローっぽく活躍するのは後半20分くらいで物足りなさも残るし、友達が悪者になっちゃったからやっつけろ!的な薄っぺらい動機です。そのくせ終わりには自信満々な4人。なんだか救えない映画です。
Keytusさん [ビデオ(吹替)] 5点(2015-11-29 04:34:43)
5.《ネタバレ》 ゴムゴムのリード、スケスケのスー、メラメラのジョニー、ゴツゴツのベン。マーベル最初のヒーローチーム誕生秘話。ヒーロー登場までの前座ドラマがものすごく長げぇ。何の映画観てるのか分かんなくなっちまうべや。クライマックスは破壊王になっちゃった旧友とのSFバトル。とにかく終始散漫で支離滅裂な印象。今年のワースト候補。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 5点(2015-11-01 22:24:18)
4.《ネタバレ》  『クロニクル』に『ベイマックス』を足したような世界の話。

 特殊能力を持ってしまうまでのシチュエーションをじっくり描いているのですが、そこに肝心のドラマが無いんですよね。ひたすら状況が描かれるばかりで、それぞれがどういう関係性、感情の流れで結びついていくのか、特殊能力を持ってしまった事に対してどう感じているのか、そこがすっぽり抜け落ちていて。事故後の時間を一気に飛ばした事によって、事故とその結果がもたらした物に向き合う部分が無い状態。せっかくアクションを犠牲にしてまでチームの成り立ちを中心に描いているのに、そこに心が無いのは問題です。

 また、仲間だった筈の一人が敵となってしまう、そこからも感情が抜けちゃってて。見捨ててしまった負い目とか見捨てられた事に対する恨みとか、そういうのは無しでとにかくやっつけなくちゃ、で終わっちゃう。その割り切りがクライマックスのアクションすらもスッキリしない結果を招いてしまう訳です。

 やっぱりアガるアクションシーンが無いってのはヒーローものとして致命的だと思うんですよね。尺が短いので決して退屈はしない、のでこの点数なのですが、じゃあ何か誉めるべきところがあるかというと、うーん。 各人の特殊能力を駆使したと言えるだけのアクションもありませんし、ラストもなんだか強引だし、マーベル映画定番のエンディング後のオマケは無いし、3か月後には殆ど記憶から消えちゃいそうな映画ではありました。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2015-10-12 21:24:38)
3.《ネタバレ》 気鋭の監督と俳優を起用して、将来性を見込んだ映画作りもむなしく、全くもってファンタスティックでない残念な仕上がりだ。

リブート前と最も異なる点はメンバーの年齢設定で、主人公たちはティーンエイジャーに設定された。ダイバージェント、ハンガーゲームなどのティーン向け映画が最近のトレンドでもあるハリウッドにおいては、この層へのアプローチを狙うのは当然の方向転換でもある。
この変更を受けて、ティーンに向けた等身大のテーマが用意され、それを描くに相応しいスタッフが投入されている。監督は「クロニクル」でも若者の感情を描いたジョッシュ・トランクが務め、役者もフレッシュな面々だ。といっても、実は主要4人の実年齢は、役柄の年齢よりは10歳は上である。年齢は置いといて、「セッション」で熱演したマイルズ・テラーを初め、頭角を現してきた有望株のキャスティングは興味深い。

この面子が大作でどのような魅力を放つのか。しかしここからがこの映画の酷い点で、期待させる部分がどうでもいいと思えるほどつまらないのである。脚本は壊滅的で、ドラマとアクションが互いに独立しているような印象さえを受ける。

監督の性質上か、ドラマに焦点を当てたいのは分かる。長い時間を割いているが、しかしそれが効果的かは疑問だ。この手の映画ではじっくりと描くのではなく、短い時間でどれだけ印象的に演出できるかに手腕を発揮してほしい。そのための若手演技派ではないのか。

結果としてアクションは少なく、実質はクライマックスのバトルのみと言っていい。アクション映画としての物足りなさは否めない。映像の質としても優秀とは言えず、ラボと異次元をうろうろするだけで、申し訳程度に地球にクレーターをつくる程度である。

ドラマも機能せず、アクションもマズい。新鋭クルーが作るリブートということで、定石から外したかった面もあるだろうが、面白くないならばそれは失敗だ。冒頭、中盤、終盤に見せ場を設け、その間に葛藤と成長を印象的に演出する。ベタかもしれないが、彼らのようなオールドスタイルのヒーローはこういった基本で攻めても違和感はないはずだ。積み上げたドラマのエモーションをアクションに注ぎ込めなければ、燃えるヒーロー映画にはならないだろう。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕)] 3点(2015-10-12 02:41:14)
2.メンバーを変えて作り直すほどのものとは思えないほど面白くないなあ。残念
pokobunさん [映画館(字幕)] 4点(2015-10-11 18:21:32)
1.《ネタバレ》 すべてが中途半端な映画だった。
やはり「MARVEL」といえば「ヒーロー」そして「アクション」だが、
今回の「ファンタスティックフォー」は“ドラマ”でした。

多くの人はMARVEL=ヒーローアクションとして見に来ているので、
少し気分は落ちました。

また「中途半端」でしたね。
中途半端な幼少期 中途半端なドラマ 中途半端なアクション 中途半端なストーリー

上映の半分は幼少期と自分が能力者になるまでの過程の話だったので、
正直飽きてきました。
半分時間が過ぎてやっと少し興味が出ましたが、ストーリも中途半端だったので、なかなか話に入り込めなかったです。
以前の「ファンタスティックフォー」のほうがストーリー性もアクションも良かったと思われます。
映画泥棒さん [映画館(字幕)] 4点(2015-10-09 14:08:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
4637.50%
5425.00%
6212.50%
7318.75%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS