ジョン・ウィックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジョン・ウィック
 > (レビュー・クチコミ)

ジョン・ウィック

[ジョンウィック]
JOHN WICK
2014年【米】 上映時間:101分
平均点:6.09 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-10-16)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪ものヤクザ・マフィアバイオレンス
新規登録(2015-08-14)【miki】さん
タイトル情報更新(2018-07-07)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャド・スタエルスキ
デヴィッド・リーチ(共同監督、クレジットなし)
キャストキアヌ・リーヴス(男優)ジョン・ウィック
ミカエル・ニクヴィスト(男優)ヴィゴ・タラソフ
ウィレム・デフォー(男優)マーカス
ジョン・レグイザモ(男優)オーレリオ
イアン・マクシェーン(男優)ウィンストン
ブリジット・モイナハン(女優)ヘレン
アルフィー・アレン(男優)ヨセフ・タラソフ
エイドリアンヌ・パリッキ(女優)ミズ・パーキンス
ディーン・ウィンタース(男優)アヴィ
デヴィッド・パトリック・ケリー(男優)チャーリー
ダニエル・バーンハード(男優)キリル
森川智之ジョン・ウィック(日本語吹き替え版)
堀内賢雄ヴィゴ・タラソフ(日本語吹き替え版)
山路和弘マーカス(日本語吹き替え版)
家中宏オーレリオ(日本語吹き替え版)
安原義人ウィンストン(日本語吹き替え版)
金城大和ヨセフ・タラソフ(日本語吹き替え版)
東條加那子ミズ・パーキンス(日本語吹き替え版)
根本泰彦アヴィ(日本語吹き替え版)
音楽タイラー・ベイツ
ジョン・フーリアン(音楽監修)
撮影ジョナサン・セラ
製作エヴァ・ロンゴリア
デヴィッド・リーチ
製作総指揮エリカ・リー
キアヌ・リーヴス
配給ポニーキャニオン
編集エリザベット・ロナルズドッティル
動物デイジー
あらすじ
ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は妻・ヘレン(ブリジット・モイナハン)が遺してくれた子犬・デイジーと平穏に暮らしていた。しかしある夜、車目当てに押し入って来た男たちにデイジーの命は奪われてしまう。男の正体がロシアン・マフィアのボスであるヴィゴ・タラソフ(ミカエル・ニクヴィスト)の息子・ヨセフ(アルフィー・アレン)だと知ったジョンは、復讐を決意する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 キアヌリーヴスの所作がかっこよすぎる…。ウィレム・デフォーとの静かなバディ感も最高(退場が残念すぎる)。
終盤の敵ボスとのB級カンフーがなければ、より良かったなぁ。
尻すぼみ感が少し残念ですが、良作のアクションモノです。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 7点(2019-08-12 20:03:44)★《新規》★
52.《ネタバレ》 冒頭の10分ほどでジョンウィックという人物像を淡々と効率よく観客に伝えて上手いなと思いました。犬1匹のために壮絶な復讐劇を行うというのは家族同然のように犬を飼ってたことがある人なら対象が人間よりも響くんじゃないでしゃょうかね?少なくとも僕にはそうでした。冷酷な殺し屋ながら非常に親しみのわくヒーローでありシナリオの組み立てに無駄が少なくエンターテイメントとして優れていた作品でした。
ウィリアム・デフォーの銃を組み立てるたどたどしさと、キアヌ・リーブスのやはり全盛期を過ぎ若干足がもたつく感じもこの映画の持ち味かなと思います(笑)
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2019-08-02 00:37:03)
51.《ネタバレ》 『復讐もの』と耳にしておりましたが、敵討ちに伴うカタルシスはありません。愛車と愛犬を奪われた主人公が、単純にブチ切れただけに見えます。多少穿った見方をするなら、この機会をいいことに本来自分が居るべき“闇の世界”に戻ったという感じでしょうか。復讐劇というより、一般的な『クライムアクション』という括りの方が適当でしょう。さて、本作で致命的なのはジョン・ウィックのキャラクター。彼に、殺し屋としてのカリスマ性は感じられません。シュワちゃんやスタローンのような問答無用の肉体美もなければ、ジェイソン・ステイサムのようなキレキレな格闘スキルも、リーアム・ニーソンのような圧倒的な渋さもありません。何というか、要するに髭面のNEOなんです(特殊能力はナシね)。マフィアのボス曰く「あいつは必ず仕事をやり遂げる。鉛筆で3人殺したんだ」なんて煽り文句が出てきますが、鉛筆は立派に凶器ですし(ただしHB以上の硬さの場合)。確かに射撃能力は抜群ですが、いくらなんでも無双過ぎやしませんか?まるで桃太郎侍を観ているような錯覚を覚えました。それなら、それで、ジョンに早押ボタンを押させて「○リングルス!」くらい言わせればエンタメとして成立したと思いますが(嘘です。しません)、荒唐無稽なアクション続きでは本物のスリルを味わう事は出来ません。しかも彼、一度敵に捕まってましたよね。何故殺されなかったかって?そりゃ主人公だからですよ。2作も続編が創られるくらいですから、どこかに魅力はあるのでしょうが、私には解りませんでした。普通の映画です。
目隠シストさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2019-06-25 17:59:49)
50.伝説の殺し屋、の割に簡単に家を襲撃されるのね。セコムくらいやりましょう。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-06-12 20:05:57)
49.《ネタバレ》 活劇アクションの佳作。きれっきれっのガンアクションに目を見張る。テンポもよし。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-03 20:41:43)
48.《ネタバレ》 ボスとの最後の格闘シーンで、わざと腹を刺させてナイフを奪うところが良かった。
あと、金貨は死体片付けだと何枚とか、価格表があるんですかね。
チェブ大王さん [DVD(字幕)] 6点(2018-11-17 21:52:42)
47.《ネタバレ》 主人公が扱う銃器も拳銃メインで派手さに欠けるし格闘もあまり見所がない。
復讐の動機が「犬を殺されたから」という理由なのは少し面白かった。
Nigさん [DVD(字幕)] 4点(2018-08-18 03:10:49)
46.《ネタバレ》 相手が悪かったとしか言えない。皆に恐れられる奴に手を出したらこうなると言わしめる作品。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-07-29 22:34:16)
45.《ネタバレ》 キアヌかっこいい&強すぎ。あまりアクションを見ることがなかったので、斬新に感じた。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 7点(2018-05-03 13:55:35)
44.マフィアのボスが震えるほどのレジェンド級ブギーマンなのに雑魚敵相手にあわや!と言うシーンが多過ぎませんかね?
久々にキレのあるキアヌが見られて安心した一方、同じ様な格闘シーンばかりが延々続くので終盤に掛けて若干飽きてしまいました。
3作目が決まった様なので、チャプター2も観てみようかな…。
Kの紅茶さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-01-19 11:47:30)
43.《ネタバレ》 黒装束に身を包み闇夜を駆ける殺し屋。キアヌ・リーブスらしいスタイリッシュアクション。愛妻と愛犬を殺され車もパチられて怒り爆発。復讐の鬼と化す。続編公開に向けての観賞。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2018-01-17 01:16:10)
42.《ネタバレ》 キアヌかっこいいなぁ~~、やっぱこの人はスターだわ~、でまた本人は割と普通にしてるけど実はすごい人、の設定・描写が面白いよね。結構荒い展開であれなんだけど、たかが犬、されど犬ですよ、犬好きからすればこのバカ息子は許せませんよホント。ドンドンスピーディーに進むお話しはなかなかなんだけども正直後半はだらだらだったかなぁ、ここで終わればいいのにと思うところがチラホラとあったかと。まぁそういいつつ、ボスが追いつめられてケラケラ笑う(笑ってしまう)様はなんか分かる気がしたなぁ。いいところもありの惜しいとこもありの6点。
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-01-03 08:40:00)
41.こういう設定はやはりカッコイイしワクワクする。でも、それまでの映画、ということ。
simpleさん [地上波(吹替)] 5点(2017-12-02 19:17:51)
40.だいぶ「総合格闘技」からヘンな影響を受けてしまった感のあるアクションですが、それが何とも小気味よいというのも事実。昨今、格闘シーンが細切れで撮影されることへのアテツケなのか何なのか、異常なまでに長回しの格闘シーンが映画に取り入れられることがあり、観てるとこちらも緊張してしまうというか、やらされてる俳優さんが気の毒になってくるというか、あまりやり過ぎるとかえって、自己目的化した「長回し」そのものが気になってしまいかねません。その点、本作は、いいバランス保ってるんじゃないでしょうか。高度な身体アクションを見せるためにこそ存在する、見事な長回し。ホントにキアヌ・リーブスが強そうに見えるではないですか。
本作、復讐譚の体裁をとっているのですが、「飼い犬が殺されたこと」がキッカケになっている、というのが何とも思い切った設定。これも場合によっちゃ「そんな大袈裟な」と言われかねないところですが、まずそれ以前にこの映画を支配する雰囲気を見れば、実は「キッカケ」なんていうのはどうでもいいんだなあ、と(愛犬家にとっては、どうでもよくないかも知れませんが)。むしろ、これがあくまで「キッカケ」に過ぎないからこそ、主人公が闇と暴力の世界へと向かって行く流れも、より強く、より避けがたいものとなる・・・。
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2017-10-29 15:27:48)
39.あんなに強く不死身なのに、最初なんであんなにへなちょこ野郎にボコボコにされたのか?辻褄があわないだろうとずっと見てて違和感が捨てきれなかった。アメリカ人のロシア人嫌いって言う土壌があっての爽快感設定なんだろうけど日本人には理解できない。
かれくさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2017-10-14 09:23:43)
38.たかが犬のために、あそこまで徹底して復讐をするのは同期として弱い気がします。
そりゃなき恋人からもらった大事な犬だというのはわかりますが。
殺し屋やSPとはいえ、彼らも人間であり、家族のある人もいるでしょうに。
プラネットさん [インターネット(字幕)] 4点(2017-09-02 16:41:50)
37.《ネタバレ》 とにかく、カッコイイキアヌを見るためのプロモーションムービーという感じ。
ストーリーは有って無いようなもの。
愛犬と愛車を奪われた殺し屋が人をカッコよく殺しまくるというだけの映画です。
結局、キアヌのファンか、そうじゃ無いかが映画の評価に大きく関わってくるでしょう。
シネマファン55号さん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2017-08-03 15:19:41)
36.見ていて爽快になるも、いらいらしたところが数点。じれったいというか、ご都合主義というか。キアヌの特徴ある歩き方はやっぱりいいですね。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-07-31 10:14:16)
35.《ネタバレ》 ▼本作が、凡百の復讐アクション映画と一線を画してるのは、殺し屋たちの【コンチネンタル・ホテル】の存在。でも、このアイディア、そう新しいものでもないんです。1960年代のスパイ映画なんかだと、よくある設定の一つ。1970年代には陳腐化して、40年近く忘れられていたアイディアの掘り起こしなんですね。しかし、21世紀の組織はひじょうにソフィスティケイテッドされてる。ここがミソ。
▼似たような設定のアクション映画は「よくある」とよく指摘されていますが、この作品における主人公は「ほとんど喋らない」のがいいんです。虚仮威しは一切なし。しかし、その「偉大さ」は、同業者たちがよく知っているというのがかっこよさ倍増ポイントです。
▼個人的にロシアン・マフィアのボスに同情します。息子を的にかけられ…… 次々と部下たちは殺され…… ほぼ全財産を燃やされ…… そりゃあ、ラストシーンで笑っちゃうのも仕方ないよねえ。
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 8点(2017-07-22 02:31:46)(良:1票)
34.《ネタバレ》 盛大なる復讐劇で、ジョンが情け容赦なしにとことんやるので爽快。
殺し屋御用達ホテルのフロント役がなかなか味があってよかった。
ジョンもジョンの敵側も、「殺せるのに殺さない」場合が多いので、都合よく話が進んでいる印象が拭えないのは残念。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-06-14 19:09:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 6.09点
000.00%
111.89%
200.00%
311.89%
4611.32%
5815.09%
61426.42%
71528.30%
8713.21%
900.00%
1011.89%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.66点 Review3人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS