アントマンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アントマン
 > (レビュー・クチコミ)

アントマン

[アントマン]
Ant-Man
2015年【米】 上映時間:117分
平均点:6.89 / 10(Review 56人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-09-19)
アクションSFアドベンチャーファンタジーシリーズもの漫画の映画化3D映画
新規登録(2015-08-24)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-02-10)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ペイトン・リード
キャストポール・ラッド(男優)スコット・ラング/アントマン
エヴァンジェリン・リリー(女優)ホープ・ヴァン・ダイン
マイケル・ダグラス(男優)ハンク・ピム
コリー・ストール(男優)ダレン・クロス/イエロージャケット
ボビー・カナヴェイル(男優)パクストン
マイケル・ペーニャ(男優)ルイス
T.I.(男優)デイヴ
ウッド・ハリス(男優)ゲイル
デヴィッド・ダストマルチャン(男優)カート
ジュディ・グリア(女優)マギー・ラング
アビー・ライダー・フォートソン(女優)キャシー・ラング
ジョン・スラッテリー(男優)ハワード・スターク
ヘイリー・アトウェル(女優)ペギー・カーター
アンソニー・マッキー(男優)サム・ウィルソン/ファルコン
ジョルディ・モリャ(男優)カスティロ
マーティン・ドノヴァン〔男優〕(男優)ミッチ・カーソン
クリス・エヴァンス〔男優・1981年生〕(男優)スティーヴ・ロジャース/キャプテン・アメリカ
セバスチャン・スタン(男優)ジェームズ・"バッキー"・バーンズ/ウィンター・ソルジャー
スタン・リー(男優)バーテンダー(カメオ出演)
木内秀信スコット・ラング/アントマン(日本語吹き替え版)
内田有紀ホープ・ヴァン・ダイン(日本語吹き替え版)
大川透ダレン・クロス/イエロージャケット(日本語吹き替え版)
小杉竜一ルイス(日本語吹き替え版)
伊藤健太郎【声優】デイヴ(日本語吹き替え版)
山崎美貴マギー(日本語吹き替え版)
仲野裕ハワード・スターク(日本語吹き替え版)
園崎未恵ペギー・カーター(日本語吹き替え版)
溝端淳平サム・ウィルソン/ファルコン(日本語吹き替え版)
中村悠一スティーヴ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(日本語吹き替え版)
原作エドガー・ライト(原案)
ジョー・コーニッシュ(原案)
脚本エドガー・ライト
ジョー・コーニッシュ
アダム・マッケイ
ポール・ラッド
音楽クリストフ・ベック
デイヴ・ジョーダン(音楽監修)
撮影ラッセル・カーペンター
製作ケヴィン・ファイギ
製作総指揮マイケル・グリロ
エドガー・ライト
スタン・リー
ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
美術シェパード・フランケル
衣装サミー・シェルドン
編集ダン・レーベンタール
コルビー・パーカー・Jr
あらすじ
窃盗の刑期を終え出所したスコット・ラング(ポール・ラッド)は、前科がバレて仕事をクビになったため、友人のルイス(マイケル・ペーニャ)の話に乗り、とある家の金庫破りをする事を決める。金庫にあった謎のスーツを持ち帰り、興味本位でそのスーツを風呂場で着ると、手袋の人差し指の付け根の辺りにスイッチがあることに気づく。試しにスイッチを押した瞬間、スコットの体は縮小して蟻ほどのサイズになってしまう。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
56.《ネタバレ》 マーベル作品を最初から観続けてきました。
これは面白い。
アイアンマンなど、ここまでに出てきたヒーロー達とは、一線を画す能力
マイケルダグラスが良い感じに老けましたね。
アリさん達も大活躍
アントマンやアリさんが今後のマーベル作品の中で、どういう活躍をするのかが楽しみです。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 8点(2019-10-07 13:02:28)★《新規》★
55.《ネタバレ》 面白そうとは思ったがやはり面白かった。
頭空っぽにして観る作品でデカくなったり小さくなったり飽きさせない。

ただ他のMCU作品を観ていないと分からないシーンがいくつかあってちょっと不親切かなー。
ファルコンのくだりは知ってる人だけ楽しめて知らない人は置いてけぼり。
あと敵がお約束すぎる。
またこのパターンか。と思いながら観てました。

このスーツと手裏剣みたいなやつ使い方によっては最強じゃないかな。
SASUKEさん [インターネット(吹替)] 7点(2019-05-06 20:47:24)
54.主人公とマイケル・ダグラスとの、2つの「娘との関係」がシンクロする物語になってる、ってのがミソなんでしょうけれど、ではそれを物語の中にどう溶け込ませ、展開にどう絡ませるかがポイントになろうものを、映画の中盤はその設定自体を長々と引っ張って見せて、展開が重たいこと重たいこと。もう設定はわかったからさ、先に進もうよ、と言いたくなってしまいます。
小さいヒーローが飛んで走って、クルクルとキレのいい動きを、一連のアクションとしてみせてくれるのが、やっぱり見どころ。ただしこれも、サム・ライミが『スパイダーマン』で展開してみせてくれたアクションに近くって、どこか既視感を感じてしまうんですけれど、そこに大きさが変わることに起因するさまざまネタが絡んでくるあたりは、本作ならではの楽しさがあります。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 6点(2018-12-30 06:26:00)
53.《ネタバレ》 ちっちゃくなっちゃったヒーローとでっかくなっちゃった機関車トーマスの対比がグー!
お子ちゃまには分かるまいがホープお姉さんのお色気が悩ましくってかなりグー!
それに蟻さんが全然気色悪く撮られてないので むしろ気色よく撮られているのでそれもグー!
続きが観たくなったぞ グーグーグー!
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-11-09 21:47:54)(笑:1票)
52.《ネタバレ》 量子の世界に消えた博士の奥さんも救われるかと思ったが、それは次回作に持ち越しか?
アベンジャーズのキャラがもっとたくさんでてくれば楽しかったのだが。
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 6点(2018-09-15 18:50:17)
51.おもしろかった。小さくなったヒーローって斬新で新鮮だった。
ホットチョコレートさん [地上波(吹替)] 8点(2018-09-12 06:38:37)
50.あまりヒーローらしくない普通な主人公だからこそ自然とこの奇想天外な物語に入り込めた。ひょんなことからスーツを手にして、訳もわからず小さくなってしまう所が最高。まだ慣れない内は危険がいっぱいでハラハラドキドキ。あと、巨大化した🐜(アリ)が可愛いし、いつも主人公を助けてくれるいい奴!でも、アリって鳴くの?

【追記】
初見時は全くわからなかったが、MCUシリーズを1作目から連続で観た事により、シールドとの関係性やアベンジャーズのメンバーであるファルコンの正体についてもよくわかってより楽しめた。
ヴレアさん [地上波(吹替)] 8点(2018-09-10 23:12:54)
49.ダメダメな等身大の主人公が敵とやり合う展開は相変わらずだが、ヒーロー映画に陥りがちな力のインフレ、スケールのインフレに食傷気味な今日において、小型化という突出した設定を巧く脚本に活かしていて飽きさせない。見ていて記憶に残る映画ではないが、アベンジャーズとあまり絡まない分、それほど複雑にならず気楽に見られる。大衆迎合の娯楽作品としては具体点といったところ。
Cinecdockeさん [地上波(吹替)] 7点(2018-09-10 22:43:02)
48.《ネタバレ》 分かりやすいアメコミ。アリを操りながら、つぎつぎと試練を乗り越えていく主人公に共感できる。
こういうノリのいい映画が最近の流行なのね。
ラスト近くの機関車トーマスビックサイズ化にはちょっと笑えた。
mhiroさん [地上波(吹替)] 6点(2018-09-09 20:39:47)
47.ミクロの世界と普通の世界との行き来をアクションとも組み合わせるとか、面白いと思う。
大した内容では無いが、飽きない映画。もう少し発展させられそうな設定でもある。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2018-09-08 11:40:27)
46.これ、面白かったです。小っちゃくなったら世界はこう見えるとか、アリを味方につけるとこんなことができる、といった想像の世界を驚異のCGテクノロジーで楽しませてくれます。
まさかの出演M・ダグラスが活き活きと仕事してまして、脇キャラの息抜き的な余興も楽しくて笑いました。
ポール・ラッドは実に平均的なアメリカン男性の顔立ちでヒーロー顔には遠いんだけども、その分彼の普通さに親近感がわきまして、となりのお兄ちゃん型ヒーローとして成功してると思います。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-10-01 01:01:48)(良:1票)
45.アリが鳴いていたけど、アリって声帯はあるのか?
たろささん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-09-07 16:51:20)
44.《ネタバレ》 なかなか面白いですね、主人公の背景が、犯罪者で娘に会いたいパパってのは、よくあることなんですかね?
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 7点(2017-08-01 12:12:08)
43.アリのようなヒーローとはユニークだけど、内容は記憶からすぐに消えそう。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 4点(2017-02-28 20:44:21)
42.《ネタバレ》 たとえ設定がどうであろうと、やることは同じ。
悪者とドンパチ!
んなこたぁ、わかってるからいいんですけどね。
いろんなものを小さくする技術、欲しいわぁ。
最近の世相を反映してか、映画の主人公も離婚してるのが増えてきましたね。
それでも今までは活躍して元サヤに収まるのが多かったけど、本作は継パパのナイスフォローで大団円という結末。
この辺はなかなか面白かったですね。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-12-28 19:26:21)
41.《ネタバレ》 アリのようにちっちゃなヒーロー、アントマンが世界を救うために悪と戦うとても〝小さな〟大活躍を描いたマーブル・スーパーヒーロー・アクション。普通、ヒーローって大体の場合大きくなって戦うものだけど、本作の主人公は文字通り蟻んこレベルにまで小さくなり無数のアリたちを手下に従えて敵に立ち向かいます。まあこの逆転の発想は昔からけっこうあるもので、アイデア自体はそんなに新しいものではないけれど、見所はやはり最新のCG技術を駆使して描かれたそのちっちゃなアクションシーンの数々でしょう。浴槽の排水口や屋根裏(ネズミがあんなに怖い存在だったとは!)、掃除機をかけてる最中の部屋の絨毯、虫でいっぱいの庭の草むらなど、何気ない日常の風景がとたんに危険な戦いの場へと変貌を遂げる様は見ているだけでわくわく感が止まりません!特に、クライマックスでの娘の寝室で繰り広げられる一大ラストバトルは一見の価値あり。本人たちはドッカンドッカン真剣に戦ってるのに、娘視点から見れば機関車トーマスの玩具にコツン!って感じがなかなかツボでした。と、映像的には面白かったのですが、肝心のお話のほうは残念ながら「うーん…」と首をひねらざるを得なかったです。とにかく全体的にしっちゃかめっちゃかしてて何がしたいのかいまいちよく分からない。もうちょっと整理整頓して、観客にいま現在何を伝えるべきなのかをもっと考えてほしかった。それに「アベンジャーズ」とリンクするところなど、別になかったほうがスッキリして良かったんじゃないかと僕なんかは思ってしまいます。ファルコンって誰なの?せっかくこれだけで充分魅力的な題材なのだから、この一見さんお断りな作り、「アベンジャーズ」に何の興味もない自分からすれば凄く勿体無いと思います。まあ次回作が公開されれば必ず観るけどさ。次は、どんな〝ちっちゃな〟舞台で戦ってくれるのか今から楽しみ♪なんで、次はしっかりと脚本を練ってくださいね。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-10-21 21:24:51)
40.《ネタバレ》 ヒーローがちっちゃいって発想は面白いかもしれないけれど、ちっちゃくなった分アクションに迫力が欠ける気がします。そして、何より虫が嫌いなのです。人と虫と同じ大きさなら人なんて一瞬でやられちゃうと思うけどね。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-10-05 20:54:16)
39.《ネタバレ》 拡大し続けるマーベルシネマティックユニバースを文字通りキュッと小さくまとめ直してくれる箸休め的な作品。娘のためにガンバるパパと、美少女すぎない娘ちゃんのビジュアルがホッと安心感を与えてくれる。(褒めてます)
しかし中盤のファルコンとの戦闘とか、毎回全ヒーローが同じ世界観にいるよ!ってのをうまく盛り込むなぁと感心してしまう。一見関係ないのにそのファルコンとの絡みから次回作「シビルウォー」に登場し、"大"活躍をしてくれるのでコレもしっかりシリーズの一作なのである。
けんじマンさん [DVD(字幕)] 6点(2016-09-27 08:05:59)
38.《ネタバレ》 リアル不思議の国のアリスのような小さくなった時の演出など映像的に面白かった。アベンジャーズの話が出てきた時はその要素は
余計なんじゃないかなと思いましたが、ファルコン?と絡むシーンは結構面白くいい味付けになってましたね。一つ腑に落ちない点は見てる側には敵役が悪い人間ということはわかるが、主人公がそこまで相手が悪い人間だと認識して行動できてるようには思えない所がちょっと気になりました。こういう悪者には珍しく小さくなる技術も試行錯誤の末自分で作り出してましたしw  
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-09-16 13:25:45)
37.《ネタバレ》 このところ、ヒーローものばっかでちょっと飽きてきた傾向があったんだけど、これ観ちゃうと、ヒーローものの面白さを再認識しちゃって、うわ、まだこんな面白いもの作れちゃうんだと感心してしまいました。とはいうものの、話の作りとしてはベタで、娘のためにがんばるお父さんが主役の物語。展開もヒーローものとゆーより、スパイものやルパンなどの泥棒チーム系のお話に近い。でも、主役を導く博士の娘への想いと主役の娘への想いを重ねたストーリーの展開や、小さくなるだけでなく、色んなアリを味方につけて戦う面白さなどで、全く飽きずに楽しめて、最後、ちょっぴりホロリときてしまいました。戦闘シーンではトーマスのおもちゃが舞台の戦いが結構面白かったです。トーマスのおもちゃをあんな大迫力で観れるなんて、しかも娘目線では、チンッチンって感じで全然盛り上がってない、あのギャップ感が最高です。マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズの作品なので、アベンジャーズと同じ世界観って設定であり、あっちが世界のためにド派手にがんばってる傍らで、こっちはミクロ的にがんばってるって所も僕的には好きです。ちなみに、同じ世界観なのでファルコンが登場し、彼との戦いってゆうサービスもあって、さらにはクレジット後にシビルウォーへの伏線もあります。でも、これ単体でも、十分面白かったですけどね。
なにわ君さん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2016-09-14 13:34:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 56人
平均点数 6.89点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
458.93%
535.36%
61119.64%
71730.36%
81526.79%
947.14%
1011.79%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.80点 Review5人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 5.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS