母と暮せばのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 母と暮せば
 > (レビュー・クチコミ)

母と暮せば

[ハハトクラセバ]
2015年【日】 上映時間:130分
平均点:5.33 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-12-12)
ドラマファンタジー戦争もの
新規登録(2015-08-29)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-11-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督平松恵美子
キャスト吉永小百合(女優)福原伸子
二宮和也(男優)福原浩二
黒木華(女優)佐多町子
浅野忠信(男優)黒田正圀
加藤健一(男優)「上海のおじさん」
広岡由里子(女優)富江
本田望結(女優)民子
小林稔侍(男優)復員局職員
辻萬長(男優)年配の男性
橋爪功(男優)川上教授
北山雅康(男優)
脚本山田洋次
平松恵美子
音楽坂本龍一
挿入曲岡晴夫「憧れのハワイ航路」
撮影近森眞史
松竹衣裳株式会社(撮影協力)
製作松竹(「母と暮せば」製作委員会)
テレビ朝日(「母と暮せば」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「母と暮せば」製作委員会)
博報堂(「母と暮せば」製作委員会)
朝日放送(「母と暮せば」製作委員会)
講談社(「母と暮せば」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「母と暮せば」製作委員会)
木下グループ(「母と暮せば」製作委員会)
大谷信義(製作代表)
平城隆司(製作代表)
製作総指揮迫本淳一
プロデューサー榎望
制作松竹
配給松竹
特撮オダイッセイ(VFXスーパーバイザー)
美術出川三男
編集石井巌
録音岸田和美
東京テレビセンター(光学リレコ)
照明渡邊孝一
その他井上ひさし(献辞)
坂本龍一(指揮・演奏)
東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 脚本がこの二人のタッグという時点で、陳腐な説明台詞オンパレードになるのは想定内だったのですが、中途半端で聞くに堪えない九州弁が、さらに輪をかけてしまっている(方言指導の人、これで名前をクレジットされて大丈夫なの?)。息子の幽霊が出てきて元カノの行方が母共々気になる、という設定が導入部で完了したのは分かったけど、その後はどこかで物語が次のステージに行くのかと思っていたら、何と最後までその一本だけで押し切ったのにもびっくりした。それだったら、100分以下でまとまる話ではない?唯一光っていたのは、おじさんが母親に迫っている場面で、後ろでやきもきしてあれこれする息子のアクションだけでした。もちろん、台詞がないからこそまともになっているのです。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2019-04-12 01:34:20)(良:1票)
11.ファンタジー要素がこの作品の世界観では受け入れることができなかった。
母親と、死んだ息子との感動話を期待したけど、感情移入することなく終わりました。
エンドロールが死後の世界を描いているのか不明ですが、気持ちわるかった
へまちさん [DVD(邦画)] 4点(2017-08-05 23:30:53)
10.《ネタバレ》 可愛いとか綺麗などと表現される役柄に、黒木華は絶対無理がある。
お前の主観、趣味と批判されるなら、広範囲にアンケートを取って調査してもらっても勝算はある。

すごく可愛らしくて素敵な彼女を残して消えていかなければならなかった主人公の哀しさ、未練、そうしてそんな彼女を息子以外のほかの男性の嫁にすることを喜ばなければならない母親の悲しさ。

この映画の重要なテーマだと思うのだが。それが黒木華?

映画には、なまじっかな演技力よりも、ルックスの方がよほど大切な役もあると思うのだが。
rhforeverさん [DVD(邦画)] 5点(2017-05-30 19:44:21)(良:1票)
9.う~ん、序盤から中盤にかけて、なかなか良かったのに..終盤、展開が早すぎて、しかも意外で(予想していたものと違ってて)、ガッカリ..作者は何を伝えたかったのか..あの結末を観て、何を感じろというのか..何も感じない..それから(いつも言っていることだが)、いい加減、吉永小百合 は、自分の年齢(72歳)相応の役をやった方がいい..親子だったり、夫婦だったり、ギャップがありすぎて..違和感を感じる、観てて痛々しい...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 6点(2017-05-29 23:34:27)
8.《ネタバレ》 井上ひさしが構想していたという「父と暮せば」に対する長崎原爆をテーマとした物語を山田洋次監督(井上ひさしとは「キネマの天地」で一緒に仕事をしている。)が映画化した作品で、「父と暮せば」とは逆に原爆で死んでしまった息子・浩二(二宮和也)が生き残った母親・伸子(吉永小百合)の前に現れるという設定は見事に「父と暮せば」と対になっている。「父と暮せば」と同じく二人の会話劇が中心で進んでいくが、夢や希望に満ちた将来がありながらそれを原爆によって絶たれてしまった息子の無念さや、息子に先立たれた母親の悲しみがよく描かれていて、考えさせられるものがあるし、戦争に対する山田監督や井上ひさしの思いも伝わってくる。あまり回想シーンを使わずにセリフだけで語らせているのも「父と暮せば」同様に舞台的ではあるが、登場人物たちの口から発せられるセリフを聞いていて思わずその情景が頭に浮かんでくる。中でも浩二の恩師(橋爪功)の最期や、浩二の恋人・町子(黒木華)が友人を原爆で失った時のことを話すシーンは思わず胸が張り裂けそうなほどつらかったし、町子の同僚のメンデルスゾーンのエピソードも良かった。山田監督は作品によっては説明過多になってしまう場合もあるものの、映画を見ている人に想像の余地を与えるのがうまいなとあらためて思う。(回想シーンとのバランスも良い。)冒頭の原爆投下シーンの見せ方も決してスペクタクル調になることなく、それでいて原爆の尋常ではない恐ろしさを伝えるにはじゅうぶんな映像になっているのが見事で、直接には生々しさを見せていないのも山田監督らしい。主演の吉永小百合はいつものように演技は微妙ながら「母べえ」ほどの違和感はそれほど感じなかった。ただ、坂本龍一の音楽はやはり少し癖があって山田監督の映画には合わないかもしれない。(このテーマだからこそのこの二人の起用なのは分かる。)それにラストの結末部分がファンタジーに寄りすぎてしまった感があり、とくに伸子が死ぬシーンは完全にホラー映画のようで、全体的にかなり浮いてしまって見えたのが残念。せめて同じ展開でももう少し違う描写の方が良かった気がするし、伸子の死を暗示だけで済ましても良かったのではとも思う。しかし、エンドロールの合唱は多少宗教的ではあるものの、原爆への怒りよりも戦争によって亡くなってしまった人々に対する山田監督の鎮魂の思いがストレートに感じられるエンディングで、同じく長崎原爆を題材とした木下恵介監督の「この子を残して」よりも幕引きとしてはこちらのほうが良かった。(ただ、音だけならもっと良かったような気はする。)「父と暮せば」には劣るものの、全体的には優しい雰囲気で作られた山田監督らしい良作だと思う。7点でもいいのだが、やはり話の結末はもう少し違う展開や描写でもっと余韻のあるほうが良かったと思うので1点マイナス。それにしても山田監督も80歳を超え、そろそろ死を意識する年齢になってしまったが、あと何本新作が見られるだろう?
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2017-03-25 17:14:59)(良:1票)
7.そろそろ死を意識する人が作りそうな作品だった・・・。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2016-12-11 22:05:19)
6.《ネタバレ》 山田洋次の映画は、心がほっこりする。AIには創れない映画だ。結局、どんなにビッグデータやらAIやら言ったところで、こんなもんでいいよねの姿勢がコンピューターにある限り、山田洋次の愛の込められた作品には到底勝てまい。さて本作だが、ご存知井上ひさし原作の「父と暮せば」へ捧ぐ作品になっている。優しい父親役の原田芳雄と宮沢りえのじゃんけんのシーンが忘れられない。ここでは山田洋次らしく、幽霊さんにも寅さんみたく失恋させてしまう。そして吉永小百合のラストのこの世とのお別れのシーン。山田洋次がここ何作かで、自分の作品にどんどん落とし前をつけるような作品を創っていってることは確かだ。「小さいおうち」がそうだった。山田映画で子どもの頃から観てきた吉岡くんにけりをつけている。山田監督が死の準備に入っていることは仕方のないことだ。それは避けられないもの。我々は寂しい気持ちはあるものの見守るしかない。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2016-09-18 22:25:31)(良:1票)
5.《ネタバレ》 原作も「父と暮らせば」も未見の状態で映画館で観ました。
原作が舞台にために書かれたものだと聞いていたので、演劇的な脚色は受け入れられましたが、
そもそも幽霊が出てくる演劇は薄っぺらくなりがちなので監督は色々工夫をすべきだと思いましたが、
どうも逆に薄っぺらさを印象づけられた感があります。
ハタキの取り扱いはその典型だと思います。
しかし、原爆の炸裂シーンは見事でした。CGを使えばいくらでも大げさなスペクタル調の映像が作れたでしょうに、
小さなフレームだけで尋常ではない光と熱を感じさせ、それ故に計り知れない破壊力とその恐ろしさを伝えた演出はお見事でした。

この映画を観てすぐに「父と暮らせば」をDVDで鑑賞しましたが、優しく温厚な母親が自分の娘が死んだ後訪ねてくれた友人に、
「なぜわたしの娘が死んだのにあんたは生きているんだ!」と形相を変えたエピソードがありましたが、そのエピソードが本作では2つのパターンで使われていました。そう、2つめに吉永小百合にそれをさせたことで戦争のむごたらしさが迫ってきたように思います。

吉永小百合については、職業柄大切なガーゼのたたみ方や、ラスト近くで布団を敷くときの敷布の扱いが雑に見えたのが残念でした。こう言うことの身のこなしが病弱とは言え、ちんとこなすはずの女性として描いて欲しかったと思いました。
karikさん [映画館(邦画)] 6点(2016-02-03 16:55:55)
4.僕は本作を終始息子の立場から鑑賞していました。
愛する人を残してこの世を去った無念。
1人残された母を心配しながらもまだまだ母の傍にいたい思い。
様々な感情が入り混じる息子の思いを二宮和也が好演しています。
劇場には吉永小百合さん演じる母親と同年代、
あるいは年上の女性の方も沢山見に来ておられました。
息子を失った癒えることの無い悲しみ。
終盤には劇場の至るところから鼻をすする音が聞こえていました。
きっと皆さん、母親の立場から本作を見ておられたのでしょう。
ラストで吉永小百合と二宮和也の母子の姿が消えていく。
戦後長い年月が経過し、戦争の記憶も少しずつ薄れていく。
本作は松竹の120周年記念作品ということですが、昨年は戦後70周年の節目の年でもありました。
このタイミングでの本作。作品に込められた戦争で亡くなられた方々への鎮魂の思い。
エンドロールの合唱には、山田監督のそんな思いを特に強く感じました。
とらやさん [映画館(邦画)] 7点(2016-01-08 23:14:17)(良:1票)
3.《ネタバレ》 元気に話す幽霊の浩二くんと母の会話を見ていて、
浩二くんのような将来有望な若者のたくさん命が戦争によって奪われてしまったんだな。
そして生きながらえた周りの人たちの気持ちを思うと胸が詰まって途中涙が止まりませんでした。
恋人役の黒木さんもとてもよかったです。
でも結末が、、、。。。もう少し違うラストを私は期待しました。
カルーアさん [映画館(字幕なし「原語」)] 6点(2015-12-30 20:16:49)(良:2票)
2.《ネタバレ》 <完全ネタバレです>井上ひさしの「父と暮らせば」は未読で予備知識が全く無い状態で見たので、途中で原爆から生き残りトラウマや罪悪感を背負ったは母親が過去を吹っ切って立ち直る話かと思って見ていたら、あらら意外、幽霊の息子と一緒にあの世に行ってしまう話になるとは思わなかった。何、この夢も希望もない結末は。山田洋次監督は何を描きたかったのか?これが原爆のせいと言うのも違う感じがするし、親子の絆とか言っても死神になって現れて家族をあの世に連れて行く絆なんていらないだろう。母と幽霊息子との会話シーンも驚くほど面白く無かったし、80歳にもなってよくこんなものを作ったなという感じ。山田監督の作品は何十本も見てきたが、間違いなく一番がっかりした作品。一刻も早く記憶から消し去りたい。
rosebudさん [映画館(邦画)] 2点(2015-12-22 01:45:53)
1.《ネタバレ》 長崎を舞台とする映画なら、坂の勾配は必須の要件と云っていい。
舞台となる二階家は結構な高台の上だ。映画の当初からそれは湾の眺望と共に提示される。
それだけでなく、大学の講堂の座席から教壇を見下ろす、二階から階段下を見下ろす、
枕元の吉永小百合を見下ろすなど、二宮和也のポジショニングにも高低や段差が意識されている。

中でも上がり框を舞台として履物を脱ぐ、居間に上がる、鼻緒を治すなど足への拘りは顕著で、二宮の白いソックスに関わる演出はとりわけ目を引く。

舞台劇的な趣向をベースとしつつ、
二階部屋に差し込む美しい西日や長雨や曇天、木枯らしなど天候の効果を加味してドラマの緊張を高めている。
映画は雲の上から始まり、雲の上へと帰る。宗教画になったきらいもあるが。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2015-12-20 23:54:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
2216.67%
300.00%
418.33%
518.33%
6541.67%
7325.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS