マイ・インターンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マイ・インターン
 > (レビュー・クチコミ)

マイ・インターン

[マイインターン]
The Intern
2015年【米】 上映時間:121分
平均点:6.71 / 10(Review 59人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-10-10)
ドラマ
新規登録(2015-08-31)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-09-25)【ゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ナンシー・マイヤーズ
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)ベン
アン・ハサウェイ(女優)ジュールス
レネ・ルッソ(女優)フィオナ
アダム・ディヴァイン(男優)ジェイソン
脚本ナンシー・マイヤーズ
音楽セオドア・シャピロ
ランドール・ポスター(音楽監修)
撮影スティーヴン・ゴールドブラット
製作ナンシー・マイヤーズ
スザンヌ・マクニール・ファーウェル
製作総指揮セリア・コスタス
配給ワーナー・ブラザース
美術クリスティ・ズィー
編集ロバート・レイトン〔編集〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.デニーロの器用な役者ぶりを再確認できた映画。ギャングや犯罪者役で見せる鋭い視線は封印して、笑顔が素敵な老紳士になりきっている。さすが名優といったところだが、肝心の映画そのものは非常に微妙な完成度だった。登場人物みんなありきたりというか、デニーロの役を含めて誰にも深みやリアリティを感じることができなかった。脚本も非常にぬるい。シビアな展開や毒のある要素がほとんどないため、気楽に観れるが、その一方で映画のテーマや訴えかけたいことが陳腐化している。もう少し重たい展開を盛り込んで、リアリティを高める工夫をしていたら点数を上げたかもしれない。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-11-16 16:41:31)★《新規》★
58.全体的な雰囲気も良くて面白いのだが、途中の泥棒紛いのエピソードはこの映画には合わないかな?
あとラストのオチが弱く、鑑賞後の余韻が悪いなぁ。
misoさん [地上波(吹替)] 6点(2019-10-18 23:21:15)
57.ほっとするいいお話です。が、デニーロが好人物なのはいいけど、もう少し背景があるとよかった。あと途中からデニーロが石坂浩二に見えちゃって困った。
nojiさん [地上波(吹替)] 6点(2019-10-12 22:55:33)
56.なんとなくリストから外してたんだけど、テレビ放映につき鑑賞。

観られて良かった。そう思える映画でした。

やっぱり私は人も映画も古き良きが好きなのかも。
movie海馬さん [地上波(吹替)] 8点(2019-10-09 20:50:40)
55.格差社会、分断社会、少子高齢化、地球温暖化などなど殺伐とした
世の中で、映画も希望のないものが多い中で、いい人ばかりのいい
お話でほっとさせられる内容ではあります。

しかし現実では絶対ありえないだろうな、という冷めた気分も
感じないではありませんでした。
あんな控えめで穏やかなナイス高齢者はまずいないでしょうね。多くは
卑屈になるか、あるいは自分のキャリアに固執して吹聴するのが現実。
受け入れる側も、キャリアのある年長者が入社してくれば、妬みや中傷の
入り混じった悪意に満ちたバッシングを受けるのが常だと思います。

このギャップを埋めるにはベンやジュールや周囲の人たちをじっくりと
描く必要があったのですが、映画の枠ではそれは無理で、なんか話が
トントン拍子に都合良く進んでしまった感は否めませんでした。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2019-10-07 13:46:18)
54. 見てよかった。よくできている。それぞれのキャラクターも面白い。
 さすがデニーロとも思ったが、きっとナンシー・マイヤーズという監督・脚本がいいんだね。
海牛大夫さん [地上波(吹替)] 8点(2019-10-07 00:01:55)
53.ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの映画は数多くみてきたが両者ともに一番魅力的で輝いているのがこの作品だと思う。今までは自分もやがて老いて醜く、みじめな姿になっていくのかという恐怖感があったが、このデ・ニーロのような歳の重ね方だったら何の抵抗もない。むしろ憧れさえ感じる。しかしアメリカのIT企業ってのはこんな若いおねえちゃんがトップでも成り立つんだね。オレがサラリーマンだった頃は大口の新規取引の際は部長、時には専務を連れて行って契約をまとめたものだ。やはりそれなりの年恰好の人間が一緒だと相手も安心できるのだと思う。また、違う部署では回収が遅れている取引先に社長よりも見た目の貫禄がある支店長が出向くとすんなり問題が解決していた。やはり日本ではまだまだ男性の年長者が信頼される、そんな傾向がある気がする。このデ・ニーロの風貌で「ぜひ末永いお付き合いをお願いします」と頭を下げられたら「はいっ!こちらこそよろしくお願いしますっ!」ってなるんじゃないかな。そういう役割の仕事をした方がいいと思うんだけどな…
イサオマンさん [地上波(吹替)] 7点(2019-10-06 11:07:54)
52.《ネタバレ》 仕事と家庭を両立して活躍する女性への応援するような映画。
女性は特に共感できると思うが、男性の自分でも大変おもしろかった。
今の職場でも見習いたいようなデニーロの気配りの数々。国や文化は違うけど、勉強になる部分も多い。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-01-07 00:09:29)
51.ストーリー展開も、役者の演技も、目を見張るものはないが、何となく好感をもてる映画。好き
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2018-12-30 20:37:25)
50.中身は嘘っぽいですがくつろぎを感じる感情移入しやすいコメディでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-03 22:27:43)
49.まるでNHKが深夜にやっている環境映像のような作品。才色兼備でバリバリ働くアン・ハサウェイと、そのすべてを柔和な笑顔で包み込むロバート・デ・ニーロは、さすがに「絵」になります。世の中のきれいな部分だけを慎重に切り取り、ほんのわずかな塩コショウでパパっと味付けして一丁上がり、という感じです。
ではつまらないかというと、案外そうでもありません。ときどき環境映像を見て癒やされるように、名優2人による嘘くさい上っ面の演技というのも、たまにはいいものです。しかし、仮にこんなものばかり見ていたとしたら、現実とのギャップを悲観して精神を病んでしまいそう。環境映像は、あくまでもときどき見るからいいんです。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-09-30 22:39:25)
48.《ネタバレ》 若者ばかりのスタートアップ企業に、インターンとして老人を放り込んだらどうなるか、しかもその老人とはデニーロ、となれば、どんな波乱やギャップや衝突が起こるのかつい期待してしまいますが、結局大したことは起こっていない。まわりの人の話を聞いてあげるとか、ちょっと手伝ってあげるとか、いやその程度で評価が急上昇なんて、どれだけ元の社員レベルは低かったの?とむしろ思ってしまいます。あとそれと、会社は君と一体だ的な台詞でハサウェイがうるっときてまた頑張ってしまうわけですが、トップへの業務の集中という問題は何も解決されておらず、むしろ「後続者を育成していない」というトップとしての致命的な欠点は課題として意識すらされてないわけで、この辺はナンシー・マイヤーズの限界ですね。結局は、デニーロとハサウェイの個人技に多くを頼っていますが、その辺の役者だったら、目も当てられなくなっていたでしょう。もっとも、デニーロは、ひたすら渋く地道に決めまくるという役柄が久々で面白かったのか、とりあえず楽しそうに演技はしています。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-09-29 01:13:00)
47.《ネタバレ》 暖かい映画。
ジュールズが車の中で大イビキ。
心を開く瞬間が嬉しいシーン。
デニーロの素晴らしさとハサウェイの素敵さには、今更コメントできません!
ボロミさん [インターネット(字幕)] 9点(2018-09-02 18:37:15)
46.しっかり作り込まれた映画。
デ・ニーロの大人感が良い。

心打たれる作品。
バッジョさん [映画館(字幕)] 9点(2018-06-12 16:26:35)
45.《ネタバレ》 紳士的なデ・ニーロが良い味出しています。アン・ハサウェイも相変わらずキュートですね。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 8点(2018-05-04 17:02:49)
44.《ネタバレ》 これは、ファンタジーですな。森や湖でなく21世紀の会社が舞台の。クライマックス(ハサウェイが夫の浮気に悩み、他所からCEOを呼ぶか否か決断するあたり)までは、まあ心地よい幻想に酔う勤労女子もいるでしょう。女社長としてのハサウェイのしゃかりきぶりや、専業ママらからの冷ややかな圧力などはリアルだし、デ・ニーロはいぶし銀の包容力を大放出していますから、この初老の紳士に癒されたいと思うのも、女子の抱くファンタジーのひとつではあります。
ところがラスト、ワタシは叫びました。うわー出た、ナンシー・マイヤーズ節。突然の、あり得ない大甘の展開はほんとこの人らしい。ハサウェイが「仕事を取る」ことを決意した矢先、浮気夫はなんと心を入れ替え(!)、キミを支えたい云々と彼女のオフィスに押しかけてぬかすのです。感激して涙ながらに夫を受け入れるハサウェイ。よくこんな無理な芝居ができるもんだ。
それにこの結末だと、夫は仕事に戻れないじゃん。かつてはやりがいのある仕事を持ち「バリバリ働いてた」のに。子育てするなら夫婦どっちかは仕事を諦めなさいよ、ってか。ワンオペ育児を強いられている世の女性の立場を夫に入れ替えただけです。この監督は女性の味方をしているようでいて、その実すんごく鈍感なのではないかと思っています。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-01-16 23:33:33)
43.《ネタバレ》 なんかぬるーくてありえない夢おとぎ話を見せられた感じ? デニーロさんもおじいさんになってしまったなぁ、全身から出てる「いい人」オーラ感が半端ないけどこれもやっぱりこの人の演技力の賜物?  まぁ、アン・ハサウェイがお好きな方にはとてもいいでしょうね、ある意味オススメでしょうハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-01-04 08:25:01)
42.《ネタバレ》 例えばホリディとか古くはファミリーゲームとかがそうなんですが、とにかくナンシーマイヤーズの映画は内容の深掘りだとか何かそういう肝心なとこが足りない映画が多いのです。
基本的にハッピーエンドが多いのですが、そこまでの展開が浅いので、そのハッピーもなんか安直で底の浅いものにとどまってしまうのです。
とにもかくにも事件は解決してハッピーエンドで終わる事で鑑賞後の後味自体は悪くないのですが、しかしそれだけ、と言った印象。
コメディにジャンルされる映画が多いわりに、コメディ映画の基本も抑えてない(笑いをとりにいくべきところで取らない)演出も多く、そっち方面でも中途半端。
まぁそんな監督が撮ってる以上大きな期待もし辛いわけですが、しかしこの映画に関してはコメディシーンのポイントはそれほど悪くなく、また人物に関する描き方も今までの映画よりは深く描かれていて、そういう意味では以前の映画よりは評価できるものになっていたと思います。

とはいえ、この監督ならではの都合のいい(人に厳しくない)ストーリー展開は相変わらずで、たとえば話の最後に浮気してた旦那が「自分が悪かった」と戻ってくるとこなんか、いや現実でそんな風にはまずなりません。
もしあぁいう事が実際にあるとすれば、たぶん、旦那が浮気してたママ友と体の相性が悪い事に気づいたとか、なんかそういう旦那側から見ての(都合のいい)計算した理由があるはずなんです。それが現実です。でもそういう事は残念ながらこの映画では描かれません。

いくらハッピーエンド大好きな僕でも、自分の実際の過去恋愛経験を鑑みて「こりゃファンタジーのレベルだろ」と思うような展開はさすがにちょっと覚めちゃうんですよね。
つか、そこまでハッピーエンドにしたいならそもそも不倫させる流れではない、もっと自然な別の事件を仕込めばいいと思うんです。
生きてく上ででイベントなんてたくさんあるわけですから無理して不倫をぶっこむ必要はないし、そもそも不倫は夫婦危機の題材として一番安直だから逃げにすら映ります。

と、まぁナンシーマイヤーズらしい底の浅さは映画中にいろいろ垣間見えたわけですが、しかし今回主演のアンハサウエイとデニーロの相性はなかなかに悪くなく全体としては感じのいい映画ではありました。

あと、デニーロが運転する車で女社長の指示に従わず「こっちの通りを行った方が早い」というシーン。
2016年までは問題ない普通のシーンだったんでしょうが、2017年の夏以降に見た日本人は、例の豊田議員の「ちがうだろーーーー!!!」の声が絶対に頭の中で響いてしまう事でしょう。悲しい話です。

つか運転と言えば注意された運転手が途中から急に行方不明になるんですが、あれはなんでしょうか、社長に取り入るために裏でこっそりデニーロが始末してた?とか思ったんですが、違うんでしょうか?

そうでもなければ急に姿を消す理由がわかんないし、デニーロが演じるキャラならそれくらいやりかねません。そして最後は会社を乗っ取るのです。やるなデニーロ。
あばれて万歳さん [映画館(字幕)] 7点(2017-10-10 17:52:18)
41.《ネタバレ》 とてもあたたかい映画。デ・ニーロのいいおじさん感がたまらない。中盤までのコメディっぽさが結構気に入っていただけに終盤に向けてのアン・ハサウェイの家族話中心にはちょっと物足りなさがあった。それでも最後まで楽しめる映画。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-07-23 17:39:40)
40.《ネタバレ》 とっても気分良く鑑賞終了。悪い人もいなくてハートフルに見ることができた。もちろん、我が身をデニーロに感情移入。観る前は、アンハサウェイが傲慢な女性経営者でそれをデニーロが改心させる成長物語だろうかなという先入観あったけど、新興企業の女性リーダーの苦悩をデニーロが癒すという感じだったので、意外性と共にあっという間の2時間だった。どうしてもプラダと比較したくなるのは人情なんだけど、プラダの方が作品としては断然優れているとは思うのだが、鑑賞後の後味がこっちの方が数段心地よい。なのでプラダ7点こっちは8点。それにしてもアンハサウェイはいいなあ。旬なんだろうなあ。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 8点(2017-06-20 13:43:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 6.71点
000.00%
100.00%
200.00%
311.69%
411.69%
558.47%
61830.51%
72033.90%
81118.64%
923.39%
1011.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS