愛の狩人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛の狩人
 > (レビュー・クチコミ)

愛の狩人

[アイノカリウド]
Carnal Knowledge
1971年【米】 上映時間:97分
平均点:4.50 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1972-01-08)
ドラマ青春もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-20)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・ニコルズ
キャストジャック・ニコルソン(男優)
キャンディス・バーゲン(女優)
アート・ガーファンクル(男優)
アン=マーグレット(女優)
リタ・モレノ〔1931年生〕(女優)
キャロル・ケイン(女優)
樋浦勉(日本語吹き替え版【VHS/LD】)
金内吉男(日本語吹き替え版【VHS/LD】)
小原乃梨子(日本語吹き替え版【VHS/LD】)
鈴木弘子(日本語吹き替え版【VHS/LD】)
北浜晴子(日本語吹き替え版【VHS/LD】)
来宮良子(日本語吹き替え版【VHS/LD】)
仲村秀生(日本語吹き替え版【テレビ】)
撮影ジュゼッペ・ロトゥンノ
製作マイク・ニコルズ
クライヴ・リード(製作補)
製作総指揮ジョセフ・E・レヴィン
配給ブエナビスタ
美術リチャード・シルバート(プロダクション・デザイン)
衣装アンシア・シルバート
編集ステュー・リンダー
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.某作品の「女は子宮でモノを考える」のお説が思い浮かぶ、脳味噌が海綿体から出来ている野郎二人の安物の欲情をひたすら見せられる。アホクサ。
The Grey Heronさん [ビデオ(字幕)] 0点(2009-10-29 19:24:22)
5.先日サイモン・ガーファンクルの80年代の臨時編成ライブの放映を観てこの映画を思い出しました。当時、配役につられてこの映画を観たのですが美形女優二人が老け役を演じている上にアートの髪の薄いのに驚いた記憶があります。映画の設定では多分50年代に学生生活を過ごしたカップルだったと思います。それにしても原題「性交体験」の凄さは。
たいほうさん 6点(2004-10-19 01:04:25)
4.どこまで行っても空回りなマイク・ニコルズの笑えない笑いにクラクラしつつ、頑張って最後まで観ていたらあまりにも救いの無いオチにさらにクラクラ。一番セクシーだった頃のジャック・ニコルソンが無駄にオーラを放っています。キャストも豪華だし、テーマは深遠。雰囲気一発で楽しむにはいいんだけど、当代きってのジャック・ニコルソンファンを自認していた私でさえ退屈したのだから普通の人が観通すにはかなりの覚悟が必要だろう。なんとなく、美しい風景とかに騙されちゃったりするんだけど。だから何なのよ。
anemoneさん 5点(2003-11-30 01:39:47)
3. A. ガーファンクルに役者としての才能と魅力が感じられなかったし、映画全体の密度が薄かった.見事に波長が合わなかった映画.
シャリファさん 5点(2003-09-10 22:12:35)
2.これ、子どもの頃自分のおこずかいではじめて見た映画です。小学6年でした。風と共に去りぬ目的で行ってなぜかこっちに。まだ性の事なんかまるで知らない年頃で、ちんぷんかんぷんだった。サイモンとガーファンクルは知ってて、そのアートガーファンクルが全裸であそこにモザイクが、、、それだけでショックでした。ジャックニコルソンがアンの豊満な胸に顔埋めても、なんかいやらしいなぁと思っただけ。ストーリーはよくわからなかった(小学生じゃ当たり前か!)初めてだったせいかな?シーンを細切れにかなりの数で覚えてますね。
ユーフラテスさん 3点(2003-06-12 21:38:07)
1.同じM・ニコルズ監督の「卒業」の姉妹編とも言われている本作だが、前者が“青春映画のバイブル”と謳われて、今尚熱い支持を得ているのに比べ、高い完成度ながらそれほどポピュラリティを持ち得ていないのは何故だろうか。(アメリカではともかく、少なくとも日本ではあまりウケなかったように記憶している)物語はひとことで言うと、ジョナサンとサンディという典型的な(当時の)二つのタイプのアメリカ人男性を通して、学生時代から社会人になってからも付いて廻る、性(SEX)と結婚(生活)への願望と幻滅を描いたもの。SEXの道具としてしか女性を愛せない男と、その一方で心の結びつきを大切にしようとする男。映画は彼のどちらにも肩入れすることなく、むしろ二人ともが否定されるかのように、痛々しくそして極めてシニカルな眼差しで描かれていく。ここに当時流行った「アメリカ神話の崩壊」を見てとれ、決して彼らに感情移入する隙を与えず、まさに絶望に突き進んでいくような、かなり辛口の青春ドラマだといえる。果たして彼らに救いはあるのだろうか。しかしこの明朗快活でない作品も、絶妙のキャスティングがひとつの魅力でもあり、またキャンパス・ファッションにも大いなる影響を受けたものだった。
ドラえもんさん 8点(2003-05-18 17:08:43)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 4.50点
0116.67%
100.00%
200.00%
3116.67%
400.00%
5233.33%
6116.67%
700.00%
8116.67%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1971年 44回
助演女優賞アン=マーグレット候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1971年 29回
主演男優賞(ドラマ部門)ジャック・ニコルソン候補(ノミネート) 
助演女優賞アン=マーグレット受賞 
助演男優賞アート・ガーファンクル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS