サクラ花 -桜花最期の特攻-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サクラ花 -桜花最期の特攻-
 > (レビュー・クチコミ)

サクラ花 -桜花最期の特攻-

[サクラバナオウカサイゴノトッコウ]
2015年【日】 上映時間:88分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-11-04)
ドラマ戦争もの
新規登録(2015-10-30)【こんさん99】さん
タイトル情報更新(2015-11-05)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督松村克弥
キャスト大和田健介(男優)尾崎五郎(19歳)
緒形直人(男優)穂積機長
林家いっ平(男優)近藤
磯山さやか(女優)三沙子
キタキマユ(女優)多江
渡辺裕之(男優)桐生少佐
役所広司語り
脚本松村克弥
作詞海老名香葉子「桜舞う日は」(SANPEIDO)
美術柴田博英(装飾)
照明吉角荘介
その他遠藤憲一(予告編語り)
あらすじ
昭和20年、6月。沖縄は米軍の手に落ち、いよいよ戦局は終盤を迎えていた。ななおも戦争を遂行せんとする日本海軍は、米艦隊の進行を妨げるため、人間爆弾“桜花”を搭載した一式陸上攻撃機を出撃させた。もはや制空権は米軍のものとなり、生還を望むどころか標的となる艦隊へ到達するのも困難な状況であった。一式陸上攻撃機の8人の乗組員は任務の成功を願って、空に上がってゆくが…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 演出の手法や映画のタッチが似ているという意味ではないのですが、松林宗恵監督、岡本喜八監督など、戦争を実際に経験している監督が作った戦争映画に近いものを感じました。「戦争」というものの捉え方が近いのでしょう。使命感をしっかりと持った若者たちが、不条理な状況で次々と命を落としてゆきます。1,200kg爆弾を搭載したロケットエンジンの小型特攻機「桜花」をここまで詳細に描いた作品は珍しいのではないでしょうか。いい意味で「昭和の戦争映画」でした。90分に満たない上映時間ですが、見ごたえがありました。
こんさん99さん [映画館(邦画)] 7点(2015-11-07 23:16:03)
1.《ネタバレ》 夜の整備場内、夜の滑走路と先の見えない視界不良の場から続き、鹿児島から沖縄へと飛ぶ一式陸攻機内という限定空間を主たる舞台とすることで、
マクロな戦争スペクタクルを封じている。
沖縄まであと一時間半程度という台詞から、かなり実時間に近づけている事もわかる。

直前まで会話していた仲間が、突然の機銃音と共に血まみれになって即死する。
敵機に狙い撃ちされる度に機体に穴が空き、撃たれた隊員達は次々に身体から血を噴き出し、のたうつ。

低予算を逆手に取った風防外部の状況を示さない戦略は、より目前の戦場の惨状即ち人間が損壊し絶命していく痛みを際立たせている。

乗り合わせる隊員らの過去も多くは語られない。その事が一方ではサスペンスを生み、一方では桜花に乗り込み特攻していく十七歳の若者と
一式に残る若者の短いやりとりを感動的にする。

「ボタンの掛け違い」、「まさか時代がここまで急転するとは」といった科白の数々は今現在に向けられている。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 6点(2015-11-03 21:47:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS